夏の暑さも落ち着き、人にとっても植物にとっても過ごしやすい秋の季節。この時期に忘れてはならないガーデニング作業が、来春に花咲く球根花の準備をすることです。ここでは、育てやすく可愛らしい花を咲かせる秋植え球根をご紹介します。買い忘れのないよう、ぜひチェックを!

Print Friendly, PDF & Email

1. チューリップ

定番の球根花ですが、あの愛らしい形と色合いはやはり春の庭にぴったりです。多彩な色合いに加え、シャープなユリ咲きやフリンジ咲きなど、花形もさまざま。小型で宿根しやすい原種系も、近年人気があります。

花期:3月中旬~5月下旬

植え方:植えつけ期は10月中旬~12月頃。尖っているほうを上にして植えつけます。その際、球根の平らな面が同じ向きになるようにすると、葉の向きが揃うので開花時に整然とした印象になります。

2. スイセン

白や黄色など明るい色合いのラッパ状の花を早春に開くスイセン。甘い香りが春を告げる、春花壇の定番花です。植えっぱなしでも何年も楽しめる育てやすさも人気の理由。品種により、開花期が大きく異なるので購入の際には忘れずに確認を。

花期:12~5月下旬

植え方:植えつけ期は9月下旬~11月中旬。二ホンズイセンなど、品種によっては年内に咲くのであまり遅くならないようにしましょう。庭植えなら数年は植えっぱなしでも毎年花を咲かせてくれます。

3. ムスカリ

ブドウのように鈴なりに小さな花を咲かせるムスカリは、春の花々との相性も抜群。群生させると見事な景色が楽しめます。花もちがよいので、切り花としてお部屋にちょっと飾っておいても素敵。おなじみの濃青色のほか、白やスカイブルー、ピンクなどの花色があります。

花期:2月下旬~5月中旬

植え方:植えつけ期は10~11月。遅めに植えると開花期に葉がコンパクトにまとまりますが、遅すぎると生育に影響が出るので注意。自然分球でも増え、植えっぱなしで毎年よく咲きます。

4. ヒヤシンス

ヒヤシンスは、早春に白や紫、ピンク、青などの華やかな色合いの花を咲かせる球根花。すらりと伸びる白い根の美しさから、水栽培で育てる花としてよく登場し、一株で部屋中に広がるほどの濃厚な香りも魅力的です。

花期:3~4月

植え方:植えつけ期は10~11月。水栽培にする場合は、12月くらいまで冷暗所で寒さに十分当て、芽が伸びてきた頃に明るい窓辺などに移しましょう。球根の表皮の色と花色が似ているので、球根でどんな色合いの花が咲くのかおおよそ検討をつけられます。

5. クロッカス

早春の光を浴び、空に向かって一斉に花開く様子は見ているだけでも元気をもらえそう。紫や白が一般的ですが、花色も豊富で小型の球根花のためちょっとしたスペースでも手軽に楽しむことができます。水栽培でも簡単に育てられます。

花期:2~4月中旬

植え方:植えつけ期は10~11月。植えっぱなしでも毎年咲いてくれる育てやすい球根です。何球かまとめて植えると、一斉に咲いた時の見た目も華やか。芝生の中に植えるのもナチュラルな印象でオススメです。

6. シラー

冬の寒さにとても強く、ブルーや白などの色の花を咲かせる球根花。宿根化しやすく、手を掛けなくても毎年咲く人気の球根です。一つの球根から数本の茎が伸び、それぞれに花序をつけるので、少量でたくさんの花を楽しめるのもうれしいところ。

花期:2月下旬~5月

植え方:植えつけ期は9月下旬~11月上旬。品種によって休眠期などには差があります。やや乾燥気味の気候を好むので、水は土の表面が乾いてから与えましょう。植えっぱなしでもよく育ちます。

7. フリージア

すらりとした美しい花姿と豊かな香りの球根花。一重咲きと八重咲きがあり、花色も豊富で切り花としても人気があります。霜に当たると傷みやすいので、暖地以外では鉢植えで管理し、冬は軒下や室内など霜に当たらないところに移すと良いでしょう。

花期:3~5月上旬

植え方:植えつけ期は9月下旬~11月中旬。連作を嫌うので、同じアヤメ科の植物が植わっていた場所は避けましょう。水やりは土の表面がよく乾いてから。特に発芽後の冬は乾燥気味に管理するよう心掛けます。

8. ラナンキュラス

薄い花弁が幾重にも重なった豪華な花が魅力のラナンキュラス。大輪種では花径が15㎝を超すものもあり、寄せ植えの主役としても存在感たっぷりです。赤、オレンジ、ピンク、絞りが入るものなどバリエーションに富んだ花色で、花形が多彩なのも人気の理由です。

花期:3月中旬~5月

植え方:植えつけ期は10~12月。市販の乾燥した球根は、そのまま植えつけると急激に水を吸って腐りやすいため、湿らせた砂やバーミキュライトに球根を埋め、数日冷蔵庫に入れてゆっくり吸水させてから植えつけましょう。

9. アリウム

長い花茎の先に真ん丸の花序をつけるユニークな姿はインパクト抜群。特に有名なアリウム・ギガンチウムは、紫色の丸い花序が直径15㎝ほどの大きさになります。ガーデンのアクセントとして活躍するほか、フラワーアレンジメントでも人気の花材です。

花期:4月中旬~6月

植え方:植えつけ期は9月下旬~11月中旬。酸性土壌を嫌うので、植え付け前に石灰などで中和しておくとよいでしょう。極端な乾燥に弱いので、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。葉が枯れて休眠期に入ったら、水を与える必要はありません。

10. アネモネ

初夏から夏にかけて、鮮やかな色合いの花を咲かせる球根花。名前はギリシャ語で「風」を意味するアネモスに由来し、神話や伝説にもよく登場します。ぱっと目を引く大輪の花と、バラエティーに富んだカラフルな花色が魅力的。

花期:4~5月

植え方:植えつけ期は10~12月。乾燥させた球根の場合は、ラナンキュラスと同様に、事前にゆっくり吸水させてから植えると失敗が少ないです。球根は尖ったほうが下、平べったいほうが上になりますが、上下が分かりづらいので、迷った場合は、横向きに植えつけましょう。

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Photo/ 1)Ilya Karnaukhov/ 2)V J Matthew/tj-rabbit/ 3)de2marco/Ioana Rut/ 4)de2marco/Flower_Garden/ 5)de2marco/Africa Studio/ 6)art-TAyga/Frank Gaertner/ 7)de2marco/Roman Prishenko/ 8)de2marco/ncristian/ 9)Jacqui Martin/Saida Nabi/ 10)de2marco/taylon/ 11)de2marco/icarmen13/ Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email