数ある植物の中から、咲かせ時、育て時の植物をピックアップするシリーズ「Now blooming」。今回ご紹介するのは、ヒャクニチソウという名でもおなじみのジニア。日本ではお供え花としてもよく知られているため、地味なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、丈夫で育てやすく、花色豊富で、ガーデンプランツとしてもとても優秀な花です。

Print Friendly, PDF & Email

次々と咲くカラフルな花

ヒャクニチソウという名でも親しまれている通り、5~11月頃まで、長い期間次々と花を咲かせてくれるジニア。メキシコを中心に、南北アメリカを原産とする春播き一年草です。ヒャクニチソウ、というと、昔ながらのお盆の花やお供え花といった印象があるため、庭で育てるにはちょっと…、と敬遠しがちな人もいるかもしれません。しかし、カラフルな花を次々と咲かせ、花期が長いジニアはガーデニング素材としても人気が高く、矮性種や高性種、さまざまな花形や草姿を持つ品種などが流通し、花壇やコンテナガーデンで活躍しています。どれも生育旺盛で育てやすく、夏の厳しい暑さや強い日差しの下でも花を咲かせ、夏花壇の彩りに使いやすい花です。

ジニアの主な系統

ジニア・エレガンス

一般的にジニアやヒャクニチソウと呼ばれているのがジニア・エレガンス。最もオーソドックスなダリア咲きから、小さな花弁が集まって半球状になるポンポン咲き、細長い花弁のカクタス咲きまで、花形、花色がバリエーションに富み、さまざまな園芸品種が流通しています。

ポンポン咲きのジニア。
珍しい緑色の花を持つ大輪品種の‘エンヴィー’。
アンティークな雰囲気の色彩がかわいい‘クイーン・レッド・ライム’。

ジニア・プロフュージョン

丈夫なリネアリスと花色豊富なエレガンスを掛け合わせたプロフュージョンは、暑さや乾燥に強く、霜が降りるまで咲き続ける丈夫なジニア。花径6㎝ほどの大きな花を咲かせ、摘心しなくてもよく分枝し、自然にこんもりとまとまります。コンパクトに育つので、花壇や鉢植えにも。

ジニア・ハーゲアナ

花弁の中央と先端で花色が異なる、ツートンカラーが印象的な覆輪花。中央が濃い赤色、周囲が黄色のものがよく知られています。和名ではメキシコヒャクニチソウと呼ばれ、アレンジメントなどでもよく使われます。

ジニア・リネアリス

葉が細く、やや小輪で一重の花と相まって野生味のあるナチュラルな印象。性質は丈夫で、オレンジや黄色、白などの花がよく出回っています。摘心をしなくてもよく分枝し、群植するのもオススメです。

ジニアの育て方

ジニアの植え付け期は5月頃。この時期には苗も多く出回りますが、タネからでも容易に育てることができます。気温が低いと芽を出しにくいので、タネ播きは4月中旬以降に行うとよいでしょう。苗を植え付けるときは、日当たりと風通しのよい場所を選びます。日光にしっかり当てないと花つきが悪くなります。よく分枝するので、横に広がるタイプは株間を広くとって植え付けるように注意しましょう。

暑さに強い花ですが、乾燥すると株が弱りがちなので、水切れさせないように気をつけましょう。夏は乾燥しやすいので、必要に応じて朝夕2回水を与えます。一方で、梅雨時期などの長雨に当たったり、泥はねすると病害虫が発生しやすくなるため、鉢植えの場合は、雨の当たらない軒下などに移して管理するとよいでしょう。開花期に入ると花が次々と咲くので、肥料を切らさないように定期的に液体肥料などで追肥を施します。花が咲く時期は、こまめに花がらを摘みましょう。また、エレガンスは、数節下で茎を切る切り戻しをすることで、脇芽がよく出てさらに花数が増えます。リネアリスなどは特に花がら摘みを必要としませんが、8月中旬頃に草丈の1/3ほどを目安に切り戻すとよいでしょう。

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Photo/ 1)Nick Pecker/ 2)akekalak phatchaitong/ 3)Tapui/ 4)Aunyaluck/ 5)Jennifer Yakey-Ault/ 6)CMNK/ 7)Khairil Azhar Junos/ 8)Nick Pecker/ 9)Elena Odareeva/ 10)LookTarn.ss/ Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email