フィカス・ウンベラータという植物を知っていますか? 近年、インドアプランツとして多くの人から親しまれている樹木タイプの観葉植物です。薄く軽やかな可愛いハート型の大きな葉を茂らせ、仕立てによりさまざまなサイズや樹形があります。部屋の大きさや雰囲気によって自分のお気に入りを選べること、そして何より丈夫で育てやすいことが人気の理由です。この記事ではフィカス・ウンベラータの育て方について徹底的に解説します。

Print Friendly, PDF & Email

フィカス・ウランベータってどんな植物?

ウンベラータ

フィカス・ウンベラータはアフリカ熱帯雨林気候地域原産のクワ科の植物です。自生地では樹高10m程度にまで育ちますが、日本でインドアプランツとして購入できるのは50cmから1.8m程度のものが一般的です。

ゴムノキに似た雰囲気がありますが、ゴムノキもウンベラータと同じクワ科フィカス属の植物です。ベンジャミン(フィカス・ベンジャミナ)などと比べると葉が大きくて薄く、ツヤがありません。また、表面にはしっかりとした葉脈があり、よりナチュラルな樹木のたたずまいがあります。

シーグレープというインドアプランツの葉とも似ていて混同されがちですが、シーグレープの葉が丸くうねりがあるのに対して、ウンベラータはより幅広でハート型をしているので区別できます。

明るい場所でももちろん育ちますが、耐陰性といって少し暗い場所に置かれてもすぐに適応し、問題なく育てられます。自生地では常緑ですが、置かれた環境、特に気温の低下で葉を落とすことがあります。例え冬に葉を落としても枯れてしまったわけではなく、暖かくなれば再び新芽を出してきます。2週間に1回程度、土の表面が濡れる程度にサッと水やりをして春を待ちましょう。

フィカス・ウンベラータの基本情報

フィカス
ゴムノキやウンベラータなど、フィカスの仲間は観葉植物として人気。Yaoinlove/Shutterstock.com

ウランベータはクワ科イチジク属の樹木で、学名をフィカス・ウンベラータ(Ficus umbellata)といいます。

大きな葉っぱがまるで「日傘」のようだったことから「日傘」という意味の「umbella」が由来となっています。

もともとはアフリカの熱帯雨林地方に自生し、暑さには強いのですが寒いのはちょっと苦手です。成長速度が非常に速く、自生地では樹高10mにも及びますが、前述のように日本では50cm〜1.8m程度の樹高のものがよく販売されています。

よく育つので、いらない枝を剪定して好みの樹形を作ることも比較的簡単です。それほど強い光を必要としないため室内でも楽しむことができます。

花言葉は「永久の幸せ」、「すこやか」、「夫婦愛」など、平穏な幸せを感じさせるものばかりです。

風水では恋愛運上昇とリラックス効果があるとされます。

日本では流通量も多く、3,000〜20,000円で買い求めることができます。

フィカス・ウンベラータが好む環境

熱帯雨林
Ivanov Gleb/Shutterstock.com

フィカス・ウンベラータは置かれた環境に順応しやすく育てやすい植物ですが、ポイントを押さえることで失敗なく育てられることでしょう。ここでは育てるうえでウンベラータが好む環境について解説したいと思います。

フィカス・ウンベラータの栽培温度

温度
Depiction /Shutterstock.com

フィカス・ウンベラータの自生地は中央アフリカを中心とした熱帯雨林の森です。

そのため本来は高温多湿の環境を好みますが周囲の環境になじみやすい性質があり、日本の環境でも冬を除いて問題なく育てることができます。

熱帯原産ということもあり、寒さには弱いという一面があるため、温度の低下に伴って葉を落とし、休眠する場合もあります。枯死の危険を避けるために、冬期の温度管理については5℃を下回らないようにしましょう。

春から秋は戸外で育てることもできますが、肌寒さを感じる時期(最低気温が15℃程度)になったら、室内に取り込みましょう。

屋内管理の場合でもリビングなどの、できるだけ暖かくて寒暖差の少ない場所に移動するなどの工夫をすることで、休眠に入らず生長を続けることができます。ただし、置かれた環境により葉を落として休眠してしまう場合もあります。その場合もできるだけ暖かい場所で休眠が明ける気温になるのを待ちましょう。

フィカス・ウンベラータが好む日当たり・置き場所

観葉植物
photopia90/Shutterstock.com

フィカス・ウンベラータは適度に明るい場所を好みます。

屋外であれば冬期を除いて問題なく育てられます。ただ日光が強すぎると葉焼けを起こしてしまうので、真夏の直射日光にさらすことはやめましょう。

夏の間は午前中だけ日が当たる場所や日陰に移したり、30~50%程度遮光できる寒冷紗をかけたりして、先述したように冬期は室内や保温できる環境に移動させましょう。

またウンベラータは環境に順応しやすく、多少の暗い場所でも育てることができます。そのためインドアプランツとして人気が高いです。

屋内で丈夫に育てる際のポイントとしては、レースのカーテン越し程度の明るさと風通しの良い場所に置くことです。直射日光が当たる場所は、やはり葉やけの心配があるので避けましょう。室内の明るい場所はもちろん、蛍光灯の明かり程度でも育てることができます。ただその場合でも日中はできるだけ明るいところに移動させたほうが徒長の心配もなく、丈夫に育ちます。

フィカス・ウンベラータを育てる用土

土
SHDStockProject/Shutterstock.com

自生地は熱帯雨林のため多湿の環境を好みます。そのため用土は保水性のある物の方が生育が良いです。市販の物であればすでにブレンドされた観葉植物の土などがあります。しかし保水性が高すぎる、水はけの悪い用土を使うと屋内では特に根腐れを起こしやすいので注意しましょう。

生育環境に合わせて赤玉土や鹿沼土を混ぜ込み、水はけのよい用土にしましょう。腐葉土などがブレンドされた用土を使うとコバエが発生する場合があります。土の表面に赤玉土や鹿沼土、化粧砂など無機質の用土で覆うことで見た目もよくなり、虫の発生予防にもなるのでおすすめです。

フィカス・ウンベラータに必要な水やり

水やり
Irene_A/Shutterstock.com

春から秋の成長期の水やりは表土の乾いたタイミングで鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりとあげてください。根がしっかりと育っている株であれば乾燥にもある程度耐えることができるので神経質になることはありません。結構乾いてしまったなというタイミングで問題ありません。むしろ室内管理の場合は特に水やりのしすぎによって根腐れしやすいので、鉢内の空気を入れ換える意味でも用土内の水分をすべて入れ替えるイメージで行ってください。またウンベラータは多湿の環境が好きなので、葉水をすることでより健全に育てることができます。同時に大きな葉には埃がたまったり、ハダニが発生したりするので表面だけでなく裏面にもしっかりと水を吹きかけましょう。秋以降葉を落とし、休眠してしまったら水やりの頻度を減らし、乾燥気味に管理しましょう。

もし葉が落ちたら、常に用土が濡れているという状態は避けましょう。

フィカス・ウンベラータに必要な肥料

肥料
Singkham/Shutterstock.com

肥料を与えることで小さな鉢でも大きく育てることができます。施肥の時期は春から秋の成長期です。概ね2カ月に1度、緩効性肥料を与えていれば問題ありません。成長が活発になる夏などは併せて2週間に1度程度、規定の倍率に薄めた液体肥料を与えるのもよいでしょう。生育スピードの低下に合わせて施肥も減らしていきましょう。また市販の用土は肥料が混ざっている場合もあるので植え替え後など肥料過多にならないよう確認しましょう。

フィカス・ウンベラータ栽培、その他のポイント

ゴムノキ
MarinaTr/Shutterstock.com

フィカス・ウンベラータは環境の変化に順応しやすく、日向から日陰の環境どちらでも育てることができます。反面、屋内から屋外、屋外から屋内などのように急に別の環境に置かれると変化に耐えられず葉が傷んでしまったり、葉を落としてしまったりすることなどがあるので注意が必要です。ただ丈夫なのでそれで枯れることはほとんどなく、しばらくすると新しい葉が展開してくるので慌てずに様子を見てください。

屋外、屋内共にその場所をおしゃれに、そして素敵に彩ってくれるフィカス・ウンベラータですが、フィカス属の樹液には有毒な成分が含まれているのでペットや幼児の誤食や肌の弱い人が素手で触ることなどには注意が必要です。ペットや幼児が届かない位置に置いたり、剪定の際などはゴム手袋をして、樹液を直接触らないようにしましょう。

【お手入れ編】フィカス・ウンベラータの育て方

フィカスウンベラータ
Itsunfotos/Shutterstock.com

これまではフィカス・ウンベラータの基本的な育て方について解説してきました。ここではより具体的に日々のお手入れ方法について解説したいと思います。

フィカス・ウンベラータの剪定

剪定
Krisana Antharith/Shutterstock.com

フィカス・ウンベラータの成長期は春から秋です。その間は旺盛に葉を展開し、茎を伸ばします。葉同士が重なってしまうと通気が悪くなり、病気や害虫の発生源になることがあります。葉同士が重ならないようバランスを見て、枝や葉を剪定するとよいでしょう。また、新しい葉の展開と共に古い葉が落葉することがあります。そのため下部の葉が黄色くなってきても心配ありません。黄化してきたら早めに処分しましょう。また枝が伸び、剪定の必要が出てきたら、節の少し上の位置で切ることで脇芽を出させることができます。剪定した枝は適切な処置をすれば挿し木として利用できたり、花瓶などに活けてインテリアグリーンとしても活用できます。

剪定時に注意することは、先述したように樹液には人体に有毒な成分が含まれているので、できるだけ触らないようにしましょう。もし触れてしまったときは流水でよく流すようにしましょう。

フィカス・ウンベラータの増やし方

ウンベラータ
Maverick76/Shutterstock.com

フィカス・ウンベラータの増やし方は「挿し木」と「取り木」が基本です。挿し木をする場合は枝の先端から2〜3枚目の葉の下5cmくらいのところで切り、葉は全部落とすか、半分に切ります。

これは、必要以上に枝の内部にある水分が葉から蒸発するのを防ぐためです。

切り口から出る樹液を流水でよく洗い、挿し木用の用土や鹿沼土に挿しましょう。

挿し木の適期は5~6月です。直射日光は避け、半日陰で用土を乾かさないように管理しましょう。取り木をする場合は根を出させたい場所の節の皮を剥ぎ、剥いだ部分を濡らした水苔で巻きます。さらに保湿のためビニールなどで巻き付け様子を見ましょう。数カ月してビニール越しに根が見えてきたら切り取り、用土に植え付けます。

●フィカス・ウンベラータの取り木の方法は『観葉植物が伸びすぎた! 剪定して増やす簡単な方法』で紹介しています。

フィカス・ウンベラータの植え替え

植え替え
Irina Tkachuk/Shutterstock.com

フィカス・ウンベラータは根張りが旺盛なため長期間植え替えをしていないと根詰まりが起きます。根詰まりとは、鉢内が根でいっぱいになってそれ以上伸びることができず、水の通りが悪くなり、用土内が乾燥、加湿、酸欠などの状態に陥ってしまうことです。葉が落ちたり、空中に根が出たり、なんとなく元気がなくなったように見えたら植え替えが必要です。

植物や鉢のサイズにもよりますが、概ね1年から2年に1度は植え替えたほうがその後の経過がよいです。植え替えのタイミングに合わせて、枯れた根を取り、すっきりさせておくとその後の経過よく育ちます。適期は5~6月です。また植え替え時の鉢のサイズは今の鉢より一回り大きな鉢にしましょう。

植え替える際は、鉢のサイズに合わせて適切な鉢底石と湿らせた新しい培養土を敷き、フィカス・ウンベラータの根鉢が用土から外に出ないように高さを調整しながら用土を足していきましょう。このとき鉢を叩くなどして空気を抜き、割り箸などを使って根鉢と用土の間に隙間ができないように工夫しながら土を入れていきましょう。また用土は鉢の縁ギリギリまで足すのではなく、3cm程度のウォータースペースを取りましょう。植え替え後は鉢底から濁った水が出なくなるまでしっかりと水やりを行ってください。

植え替え後は直射日光などには当てず、徐々に元の環境に慣らしてください。20日前後で新しい葉が展開してきたら根の調子もよくなってきた証拠です。通常の管理に戻しましょう。

病気・害虫

病害虫
i-am-helen、Jonathan Oscar/Shutterstock.com

フィカス・ウンベラータのかかりやすい病気の一つに「うどんこ病」があります。葉の表面にうっすらと白い粉のようなものが広がるのが特徴です。原因はカビです。一年を通して発生する可能性があります。特に空気が乾燥する時期や室内の風通しの悪い場所で管理していると発生リスクが高いです。放置しておくとカビに覆われた葉は枯れ、全体に広がっていきます。最終的には他の植物に移してしまったり、枯れてしまったりするのでうどんこ病だと判断したら早期の対応が必要です。初期段階であれば発生元の葉をちぎり、ビニール袋などカビを封じ込められる物に入れて処分しましょう。あるいは重曹水を葉に吹き付けることでも広がりを抑えることもできます。それでも広範囲に広がってしまった場合は薬剤散布が有効です。葉の表と裏にまんべんなく吹き付けましょう。

フィカス・ウンベラータには害虫が付くこともあります。主にハダニ、アブラムシ、カイガラムシです。これらの害虫は日照不足や乾燥、風通しの悪い場所でより発生しやすく、また植物体が根腐れなどで弱っているときに被害が出やすいです。見つけ次第駆除することが望ましいです。アブラムシやカイガラムシであれば歯ブラシなどを使って、こすり落とすなどしてで捕殺しましょう。ハダニであれば付いている葉ごと処分しましょう。数が多く捕殺しきれない場合は薬剤散布が有効です。カビや害虫が付く場合、基本的にはその置き場所の環境に何らかの問題がある場合が多いです。日当たり、風通し、潅水頻度などをもう一度確認することで解決できる場合もあります。あわせて毎日の葉水など行うと予防に効果的です。

ウンベラータを育てておしゃれな空間を作ろう!

ウンベラータ
Sayuri Inoue/shutterstock.com

今回はフィカス・ウンベラータの育て方について解説してきました。丈夫でさまざまな環境への適応力もあり、とても扱いやすい植物です。特に室内でインドアプランツとしての活用が注目されています。室内で育てる場合は、これまでの解説の気を付けるポイントをしっかり守って元気なウンベラータを育ててください。

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email