トップへ戻る

つるバラは長くしなやかな枝を壁やアーチ、フェンスなどの構造物に留めつけ、空間を華やかに演出することのできる優れた花材です。花の色や大きさ、枝振り、枝の長さなどは品種ごとに異なるため、植えたい場所の広さなどを考慮して適したものを選ぶ必要があります。ここでは長年つるバラを咲かせている面谷ひとみさんのお気に入りのつるバラ7品種と選び方のポイントをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

つるバラとは?

‘コンスタンス・スプライ’
柱に誘引したピンクのバラは、花にも葉にもハーブのような香りがある‘コンスタンス・スプライ’。

バラには自立して育つ「木立ち性のバラ(ブッシュ・ローズ)」と、自立せずに長く伸びたつるをアーチなどに留めつけて育てる「つるバラ(クライミング・ローズ)」、前者二つの中間のような性質を持つ「半つるバラ(シュラブ・ローズ)」の3タイプの樹形があります。

‘ポールズ・ヒマラヤン・ムスク’
樹高が6m以上になる‘ポールズ・ヒマラヤン・ムスク’。

つるバラの枝は1年で2m以上、品種によっては7mくらい伸びるものもあります。この長く伸びた枝をアーチやフェンスなどに留めつけることを「誘引(ゆういん)」といいますが、品種によって枝の太さややわらかさ、トゲの多さなどが異なるので、仕立て方や空間の広さ、誘引時の労力も考慮して選ぶことが大事です。

私のつるバラ選びの5ポイント

上記の通り、品種によって特性の異なるつるバラですが、私が気に入っているつるバラには、以下の5つのポイントが共通点として挙げられます。

‘メアリー・ディレイニー’
トゲがほとんどなく、枝が細くしなやかで誘引しやすい‘メアリー・ディレイニー’。

① 枝が細めでしなやか/誘引や剪定(枝を切ること)がしやすく、花や葉がなく枝だけの冬期も繊細な雰囲気です。
② トゲが少なめ/誘引しやすく、ケガの心配が少ないです。
③ 小輪〜中輪/他のつるバラや草花と組み合わせたときに馴染みやすいです。
④ 消毒なしでOK/病害虫の被害が受けにくく、丈夫な品種を選んでいるので、バラには基本的に消毒をしていません。
⑤ 香りがある/バラは品種ごとにさまざまな香りがあり、最盛期にはあたりに甘い香りが漂います。品種によっては香りがまったくないものもありますが、できるだけよく香るものを選ぶようにしています。

これらのポイントに加え、名前が素敵であることも選ぶときのポイントにしています。「このバラは何?」と聞かれたときに、素敵な名前やエピソードがあると、お話しするのも楽しいものです。そんな私のお気に入りのつるバラたちをご紹介します。

アーチ状になり誘引しやすい「クラウン・プリンセス・マルガリータ」

クラウン・プリンセス・マルガリータ

ヴィクトリア女王の孫娘で、一流の造園家でもあったスウェーデン皇太子妃の名前を冠したバラです。アプリコット色の中輪の花を房になって咲かせます。咲き進むにつれて外側の花弁が反り返ってクラシカルな花形になり、淡くなっていく変化も美しい花です。花は果物のような爽やかさを感じる強香。淡い紫色のガーデンシェッドの壁に、白花の‘スノーグース’とともに誘引しています。枝はしなやかで自然にアーチ状になり、トゲも少なめで誘引もしやすいです。樹高は3m前後。5月が一番花が多く咲きますが、その後も返り咲きます。

トゲがほぼなし!「メアリー・ディレイニー」

メアリー・ディレイニー

‘メアリー・ディレイニー’は2022年に「モーティマー・サックラー」から改名したバラで、品種自体は古くからあります。ほんのり淡いピンク色で、ゆるっと開く半八重咲きの花がナチュラルでリラックスした雰囲気を庭に醸し出してくれます。このバラも中輪でとても爽やかないい香りがします。病気に強く非常に丈夫ですが、一番のおすすめポイントはトゲがほとんどないこと。誘引時のストレスがありませんし、人が通る場所でも安心して育てることができます。樹高は3m前後で、四季咲き。

つるバラの使い方ワンポイント①

つるバラの庭

‘メアリー・ディレイニー’は低い位置からも花が咲いてくれるので、草花との共演も楽しめます。はかなげな淡いピンクの花と相性がよいのは、ブルーや白の花。私のお気に入りは水色の花をふわふわと咲かせるギリア・カピタータやニゲラです。一年草ですが、こぼれ種から毎年生えて育ちます。

青い花
左/ギリア・カピタータ。右/水色のニゲラ。

遅咲きでバラのシーズンを伸ばしてくれる「デビュタント」

デビュタント

社交界に初デビューする少女を意味する「デビュタント」。そんな可憐なイメージで咲く小輪のつるバラです。ほかのバラに遅れて、鳥取県米子市では5月20日過ぎから見頃を迎え、バラのシーズンを引き伸ばしてくれる貴重なバラです。半八重咲きでピンクの花色は、咲き進むにつれ淡く変化します。華奢な花枝がタランとこぼれるように咲き、高いところに誘引すると独特の風情が楽しめます。生育旺盛で6mくらい伸びる大型のつるバラで、壁にワイヤーを張ってそこに枝を誘引しています。花は微香で5月の一季咲き。同様に遅咲きで小輪、アプリコット色の‘ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド’と一緒に咲かせています。

‘デビュタント’
華奢な花枝を垂らして咲く‘デビュタント’。

朝夕の光に輝く「ティージング・ジョージア」

ティージング・ジョージア

深みのあるイエローの優雅な花は、朝夕の光に照らし出されて輝くように咲き、甘い香りをあたりに漂わせます。クリニックの玄関の壁からアプローチの屋根の内側へ誘引していますが、トゲは普通にあるほうなので、人が手を触れない場所に植えています。患者さんからは「このバラを見て気持ちが明るくなった」「香りに癒やされる」など、とても人気のあるバラです。そんな言葉から、イエローのバラはパッと明るく朗らかな印象なので、玄関など人をお迎えする場所には合っているのかなと思います。樹高は2.5〜3mほどで、非常に丈夫。病気や害虫に悩まされることなく、もう何年もこの場所で美しい花を咲かせています。

つるバラの使い方ワンポイント②

壁に誘引したつるバラは、他の花の背景としても活躍します。‘ティージング・ジョージア’を誘引した壁の前の鉢には、いつもブルー系の花を寄せ植えにしています。黄色とブルーは補色関係にあり、お互いの色を引き立て合い、美しい風景を作ってくれます。

ブルー系の寄せ植え
サルビアやフロックス、ブラキカムなどブルー系の花を寄せ植えした大鉢。

ナチュラルな咲き姿が魅力の「シャンペトル」

つるバラ

シャンペトルとはフランス語で「田園風」という意味で、その素敵な名前にひかれて買ったバラです。その名の通り、花と葉のバランスがちょうどよく、とてもナチュラルな咲き姿なのが気に入っています。バラの中には花つきがものすごくよく、空間をびっしり花で埋め尽くすように咲くタイプもあるのですが、この庭では他の草花との調和を重視してバラを選んでいるため、このくらいのフワッとした咲き具合がちょうどいいのです。このバラもトゲがほとんどなく、病気にもならず、とても丈夫。樹高は120〜150cmと、しなやかな枝は伸びすぎないので誘引の手間もほとんどかからず、とても使い勝手のよいバラです。

‘シャンペトル’
‘シャンペトル’の下には野生的な雰囲気で咲くセンティッド・ゼラニウムを。

四季咲きで冬のローズヒップも可愛い「スノーグース」

スノーグース
左/春の‘スノーグース’。右/冬の赤い実とアプリコットがかる花。

小輪の白い花をたわわに咲かせる様子は、雪におおわれたようです。咲き始めはほんのりとピンクがかり、次第に真っ白になっていきます。四季咲きで12月に入ると花より赤い実のローズヒップが実り、これも可愛いのです。チラチラと咲く冬の花は春とは異なり花数が少ないものの、アプリコットがかっています。樹高は2〜3mほどでトゲが少なく、しなやかな枝は誘引もしやすいです。

スノーグース
左端の白いバラが‘スノーグース’。

白いふわふわとした花の雰囲気に似合うように、株元には同じ白花でふわふわと咲く宿根草のセントランサス‘スノークラウド’を植栽して白いコーナーにしています。

セントランサス‘スノークラウド’
セントランサス‘スノークラウド’。宿根草で何年も同じ場所で花を咲かせますが、こぼれ種であちこちに増えていきます。

シックな赤と濃厚な香りの「スヴニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン」

スヴニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン

濃厚な赤色の中輪のつるバラで、バラらしいダマスク香が濃厚に香ります。赤色にもさまざまニュアンスがありますが、このバラは黒みを帯びてとってもシックな雰囲気。つるはわりとしっかり真っ直ぐ伸びるほうですが、トゲがほとんどないので扱いやすいです。本来の樹勢は普通なのですが、この庭では他のバラとコラボレーションさせることが多く、生育旺盛な‘メアリー・ディレイニー’のそばに植えていたら、4〜5年後に樹勢が負けて花付きが悪くなってきてしまいました(写真は3年目)。単体で植えるか、他のバラと組み合わせるときは、お相手選びを慎重にすることをおすすめします。

バラの競演
‘スヴニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン’と‘メアリー・ディレイニー’との競演。3年目くらいまでは見事でしたが、その後、‘スヴニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン’の樹勢が衰えてきました。

つるバラの病害虫対策

バラの庭

基本的に病気に強い品種を選んでおり、つるバラに消毒はしていません。バラの代表的な病気にはうどんこ病と黒点病があり、花の盛りが終わって夏になると黒点病にはかかります。黒点病にかかった葉は、ポツポツと黒い点ができ、やがて黄変して散ります。しかし、それでバラが枯れるということはなく、上の写真の通り、春になればまたみずみずしい緑の葉が展開し、わんさか花を咲かせるので気にしていません。四季咲き性のバラを秋にもたわわに咲かせたいと思ったら、葉を残しておく必要があり、消毒をする必要性も出てくるのでしょうが、秋はコスモスや寄せ植えを楽しんでいるので、バラはポツポツ咲くだけで私は十分満足しています。つるバラは5月に楽しめればOK!というスタンスで栽培すれば、消毒の面倒からは解放されます。

一方、葉がうどんこをかけたように白くなるうどんこ病にかかると、バラが枯れてしまうので気をつけなければなりません。この庭はクリニックの待合室でもあり、さまざまな体調の方がいらっしゃいますし、消毒の面倒も負いたくないので、私は初めからうどんこ病にかからない品種を選んでいます。ここでご紹介したつるバラは、これまでうどんこ病にかかったことはありません。

気を付けたいバラの害虫テッポウムシ

バラゾウムシ
バラの新葉やつぼみを枯らすバラゾウムシ。

同様にバラにやってくるバラゾウムシなどの害虫に対しても、基本的に見つけたら手でとるスタイルです。つるバラの多くは大きくなると花がたくさん咲くので、多少虫にやられたとしても、ガッカリするほどのレベルに至ったことはありません。ただし、カミキリムシの幼虫「テッポウムシ」だけは、大株のつるバラを枯らす被害をもたらすので注意が必要です。

テッポウムシ

株元をチェックしてオガクズが出ていたら、幹のなかをテッポウムシが食い荒らしている証拠なので、その時ばかりは穴のなかに細いノズルを差し込んで噴射する殺虫剤を使います。また、テッポウムシの成虫、ゴマダラカミキリムシは6月頃から庭に現れるので、産卵される前に見つけたら補殺します。

ゴマダラカミキリ
6月以降はこの虫に要注意。ike-yama/Shutterstock.com

つるバラの咲く庭の楽しみ

つるバラの庭
庭の「映えスポット」。記念撮影する人がたくさん。

つるバラは構造物に誘引して咲かせるので、ちょうど人が立った高さのところに花が咲いてくれ、香りを楽しむのにちょうどいいです。ですから、庭を歩いていていろんなバラの香りが楽しめるように、なるべく香りのあるものを選んでいます。そして、記念撮影をする時の「映えスポット」としても大活躍。バラが咲くと皆さんバラと一緒に、あるいはバラを背景に記念撮影をしてくださいますが、我が家の家族も必ず家族写真を撮るのですよ。美しいバラととともに家族の歴史を残すことができるのは、幸せなことです。

つるバラは空間を広く彩ってくれますが、地面のスペースはさほど必要ありません。次の記事では狭小スペースで育てているつるバラたちをご紹介します。

面谷さん
書籍出版の記念に夫と。可愛いピンクの‘デビュタント’が背景になってくれました。
Print Friendly, PDF & Email

人気の記事

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO