初夏に大輪の豪奢な花を咲かせる牡丹。日本的なイメージもありますが、じつは英語圏でも「ピオニー」として広く愛される、ガーデナーにとっては憧れの花です。神奈川の自宅の庭で25年以上ガーデニングを楽しむベテランガーデナーの遠藤昭さんも、その美しさに魅了された一人。ちょっと意外な花との組み合わせから育て方まで、その魅力を幅広くご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

牡丹とピオニー

ピオニー

牡丹という言葉のイメージは、私の中では、花札を連想してしまい、ボタンッ! という濁音の響きと共に、何となく古くさい、あまりよいイメージがなかった。きっと私の育ちがヨロシクないからだと思う。

ピオニー

ところが、ある時、海外の園芸雑誌でピオニーを見た時に、余りの美しさに衝撃が走った。あの牡丹が…、西洋の建物を背景に英語の説明文を見ると、まるで別物に見えたのだった。…これが牡丹? 日本人として恥ずかしいことだが、ピオニーと英語で言われると別物のようで、新鮮なイメージになる。潜在的な西洋コンプレックスを持っているからだろうか? 一昔前では、園芸よりもガーデニングのほうがカッコよくお洒落に感じた人も多かったと思う。ちなみに、英語のピオニーには、牡丹とともに芍薬も含まれる。

ピオニー ピオニー

そんな、カルチャーショックのような経験の後に、「ピオニー」を育て始めた。この牡丹、いやピオニーは、欧米では高貴で美しい「高嶺の花」のようである。

ピオニー
ガーデンで咲くピオニー。
ピオニー
ピオニーは海外のガーデンでも主役花として見かける。Sergey and Marina Pyataev/Shutterstock.com

ピオニーと花々の組み合わせ

ピオニー

以前にオーストラリアのGlobal Gardenというガーデニングサイトのレポ-トで、庭のオージーのハーデンベルギアを背景に牡丹を写した写真をアップしたら、とても好評で、数通のメールを戴いた。The peonies are beautiful – especially combined with the hardenbergia.…と、やはりハーデンベルギアとの組み合わせは意外だったのだろう。まあ、オーストラリアのバンクシアなどとは対称的な花姿である。その時の品種は、‘花王’という豪華なピオニーだった。

ピオニー‘花王’
ピオニー‘花王’とハーデンベルギア。

このピオニーであるが、この本当の魅力は未だ知られていないと思う。直径が23cmほどもあるこの花王というピオニーは、ご覧の通り、横のストレリチア(極楽鳥花)でさえ小さくく見えてしまう程の迫力と豪華さなのだ。極楽を超える花…。このくすんだピンクもとても高貴な色だと思う。

ピオニー‘花王’
手の平と比較するとこれくらいの大輪花。

そして何よりも、ピオニーの魅力はこのどこまでも薄い花びらの美しさ。

ピオニー

その後、調子に乗って普通はピオニーと一緒に写真に収める人はいないであろう、オージープランツのエレモフィラ・ニベアやグレヴィレア‘ロビンゴードン’、羊歯のディクソニアとも撮ってみた。とっても新鮮!

エレモフィラ・ニベアとピオニー
白銀色が美しいエレモフィラ・ニベアと。
グレヴィレア‘ロビンゴードン’とピオニー
赤花がグレヴィレア‘ロビンゴードン’。
ピオニーとディクソニア

もう一つ、ニューサイランと共に撮ってみよう。ニューサイランを引き立て役にピオニーを浮き上がらせていた。

ニューサイラン

そして、もう一つの主役級の花、バラとも組み合わせてみた。

バラとピオニー

モッコウバラとも。

モッコウバラとピオニー

この‘花王’の実物を見たら、きっとロザリアンたちもピオニーに魅せられてしまうに違いない。バラが大人気の日本のガーデニングだが、流行に囚われずにさまざまな植物の目を向けると、自分らしいガーデニングが楽しめるようになると思う。鉢の置き場を変えるだけで、雰囲気も大分変わる。

ピオニー ピオニー

こんなことをやって遊んでいるうちに、ふと、これがガーデニングの醍醐味だな! と真面目に感じた。

花や植物を組み合わせ、より美しい世界を創り上げるガーデニング。オージープランツとピオニーを組み合わせることで、誕生する、今までに見たことにない新しい風景。自分の個性や創造性で作るガーデニングの世界。海外の園芸雑誌に掲載された「牡丹」=「ピオニー」をきっかけに、確実に自分のガーデニングの楽しみ方の世界が広がったことを実感した。

ピオニー ピオニー

ピオニーの育て方

ピオニー

さて、最後に、ピオニーの育て方に触れておこう。

バラの育て方をご存じの方は多いと思うが、植え付け・植え替え時期と、剪定時期以外は、ほぼ同じと考えていい。植え付け、植え替えは9月の彼岸過ぎから11月頃が適期、そして剪定は9月に行う。

バラ同様に水はけのよい土で、日当たりのよい場所で育てる。但し、真夏に西日や真冬の寒風は寒冷紗などで防いだほうがよい。植え付ける際は、50cm程度の穴を掘り、腐葉土・堆肥などと元肥を入れて植え付ける。肥料喰いなのもバラと同じなので、芽出し肥え、花後のお礼肥、そして9月に追肥をする。

発生しやすい病害虫もバラと似ていて、うどん粉病、黒斑病、そしてカイガラムシがつくため、適宜殺菌剤を散布し、カイガラムシは歯ブラシなどでの処理をしよう。

ピオニー

育て方の難易度はバラ程度だと思うので、気軽に「究極の美しさを放つピオニー」を育ててみませんか?

Credit


写真&文/遠藤 昭
「あざみ野ガーデンプランニング」ガーデンプロデューサー。
30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了される。帰国後は、神奈川県の自宅でオーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストの受賞歴多数。川崎市緑化センター緑化相談員を8年務める。コンテナガーデン、多肉植物、バラ栽培などの講習会も実施し、園芸文化の普及啓蒙活動をライフワークとする。趣味はバイオリン・ビオラ・ピアノ。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)、『はじめてのオージープランツ図鑑』(青春出版)。
ブログ「Alex’s Garden Party」http://blog.livedoor.jp/alexgarden/

Print Friendly, PDF & Email