秋は食欲の季節。だけじゃなく、ハーブを育て始めるのにも最適の季節です。今回は、今から育てて収穫が楽しめる秋植えにおすすめのセリ科ハーブを5つご紹介します。セリ科ハーブは、マンションのベランダで簡単に育てられるうえ、料理にも手軽に取り入れられるのが魅力。さらに、秋栽培はメリットもいっぱい! 食欲の秋こそ、おうちでハーブを味わいましょう!

Print Friendly, PDF & Email

秋植えにおすすめ! セリ科の代表的なハーブ5選

ハーブ専門農場「ポタジェガーデン」は、一年を通して150種100万個のハーブ苗を生産しており、秋から栽培を楽しめる品種も多数扱っています。今回は苗の生産を担当する田村さんが、秋植え用に選んだセリ科の代表的なハーブであるディル、チャービル、イタリアンパセリ、パクチー、フェンネルの5種についてご紹介します。

ポタジェガーデン

ディル(学名:Anethum graveolens

ディル

魚料理に合うハーブとして有名。スモークサーモンとクリームチーズとともにバゲットなどのパンに挟むと絶品の仕上がりに。生のままはもちろん、ピザやスープにトッピングしても風味が豊かになる。

別名:いのんど、蒔蘿(じいら)
おすすめの料理:魚料理、マリネ、ピクルス、エディブルフラワー

チャービル(学名:Anthriscus cerefolium

チャービル

肉・魚・卵料理に合う万能ハーブ。「美食家のパセリ」と呼ばれ、パセリよりも優しい風味と甘い香りが特徴。生で食べるとチャービルの香りをより楽しめる。

作用:セルフィーユ、フレンチパセリ、茴香芹(ウイキョウゼリ)
おすすめ料理:オムレツ、パスタソース、肉料理のトッピング

イタリアンパセリ(学名:Petroselinum neapolitanum

イタリアンパセリ

一般的なパセリよりも苦みが少なく香り高い。くせが少ないので、パスタからスイーツまで幅広く使えます。色どりも、料理の味も引き立てる名脇役。

別名:プレッツェモーロ
おすすめ料理:パスタ、肉・魚料理のトッピング、サラダ、ブーケガルニとして

パクチー(学名:Coriandrum sativum

パクチー

タイ料理でお馴染み。手軽にエスニック風の味付けが楽しめるが、じつはオリーブオイル・塩・レモンと合わせると地中海風の味になる魔法のハーブ。

別名:コリアンダー、香菜(シャンツァイ)、コエンドロ
おすすめ料理:トムヤムクン、フォー、サラダ、マリネ

フローレンスフェンネル(学名:Foeniculum vulgare)

フローレンスフェンネル

主に鱗茎(りんけい)と呼ばれる膨らんだ株元を食用にする。美しく可憐な花が咲くので、エディブルフラワー(食用花)としても楽しめる。

別名:フィノッキオ、フヌイユ、茴香(ウイキョウ)、イーチョーバー
おすすめ料理:ポテトサラダ、ガーリックトースト、魚介類のグリル

秋植えはメリットがたくさん
セリ科ハーブを秋から育てて食べよう

セリ科ハーブ

セリ科ハーブの育て方&秋植えのメリット

できるだけ日当たりがよく、風通しのよい環境で育てます。葉が茂りすぎると蒸れて病害虫が発生しやすくなります。適宜、下葉や脇芽を摘んで風通しがよくなるように手入れしましょう。水やりの際は、泥が葉につくと病気の原因になるので、泥はねに注意しながら静かに水やりします。

秋植えは、春植えの時期と比べると生育スピードがゆっくりですが、「病害虫が発生しにくい」「雑草が生えにくいので草むしりの手間が少ない」「蒸れにくい」など、秋からハーブ栽培をスタートするメリットはたくさんあります。

誰でも簡単! セリ科ハーブの美味しい食べ方のコツ

ハーブ料理
ハーブ
食パンを丸い型で抜き、クリームチーズ、サーモン、ディルをのせた簡単アペタイザー。Mateusz Gzik/Shutterstock.com

セリ科ハーブは、その香りを存分に味わうため、摘みたてを軽く洗ってそのまま料理に使いましょう。生のままパクチーやイタリアンパセリをサラダに混ぜたり、ディルやチャービルを魚・肉料理にちぎって乗せるだけで美味しくなります。特にディルは魚料理との相性抜群で、魚のグリルやカルパッチョに添えると絶品です。

ハーブ料理

例えば、ディルやチャービルをカツオの刺身に散らしてから、オリーブオイルと醤油をかけていただくと、おうちご飯が、まるでイタリアンレストランの味わいに! ディルとツナと和えて、バゲットに乗せるだけの簡単レシピも美味しくておすすめです。

ピクルス
Elena Blokhina/Shutterstock.com

またセリ科のハーブは、ビネガーとの相性がよいので、ピクルスの瓶に一緒に浸け込んだり、バルサミコ酢を使った料理に使うと、味と香りが引き立ちます。香りは加熱すると飛びやすくなるので、加熱が必要な場合は、魚や肉に香りが移るようにハーブを巻き込んで調理するのがコツです。

ちょっと上級! フローレンスフェンネルの調理法

フローレンスフェンネル
イタリアの市場で売られるフローレンスフェンネル。

フローレンスフェンネルは、葉や花も生のまま食べられます。料理に葉や花を添えれば見た目にも素敵に。丸く膨らんだ株元は、イタリア料理によく使われます。生のままカットしてサラダにしたり、魚や肉と一緒に炒めても美味しく食べられます。

フローレンスフェンネル
C Teubner/Shutterstock.com

根の部分を四つ切りにしてレンジで加熱し、バルサミコ酢をかけるだけでもお洒落な一皿になります。さらには、ポトフなどのシンプルなスープにすると味や食感がしっかり味わえます。火の通りが早いので肉や野菜を加熱した後、最後に加えるのがポイント。トマトスープに入れても美味しいので、ぜひお好みのスープで試してください。

セリ科ハーブは、アブラナ科の野菜のコンパニオンプランツに

ハーブ
Mariana Romaniv/Shutterstock.com

コンパニオンプランツとは、「一緒に育てるとよい影響がある植物」のことで、「共栄作物」と呼ばれ、香りの強いハーブたちを他のハーブや野菜のそばで育てることで、病害虫の発生を抑えたり、風味や味が良くなるなど、互いに支えあう効果が期待できる栽培テクニックの一つです。

ご紹介した、ディル、チャービル、イタリアンパセリ、パクチー、フローレンスフェンネルなどのセリ科ハーブは、アブラナ科と相性がよいので、カブ、キャベツ、ブロッコリーなどと一緒に育てると病害虫が発生しにくくなり、収穫量アップが期待できます。小松菜やラディッシュなど、家庭菜園でよく作られる野菜にはアブラナ科が多いので、セリ科ハーブをコンパニオンプランツとして育てれば、栽培時にも活躍するうえ、食べても美味しくて一石二鳥ですよ。

おわりに

今回は、秋植えにおすすめのセリ科ハーブを紹介しました。春よりも手のかかりにくい秋に、病害虫にも強く食べても美味しいセリ科ハーブをおうちで育ててみませんか?

ベジトラグ
かがまずハーブの世話ができるベジトラグ

Credit

株式会社ポタジェガーデン

香りが自慢のハーブ苗を全国にお届けしています。

インスタグラム https://www.instagram.com/potagergarden_/

楽天市場店 https://www.rakuten.ne.jp/gold/potager/ 

Print Friendly, PDF & Email