花壇がいつも同じ色合いになっていませんか? ガーデンには、一株でも存在感のあるモダンな色や模様を持った植物がたくさんあります。個性ある植物をオーソドックスな花にプラスして、もっとファッショナブルなボタニカルライフを!

Print Friendly, PDF & Email

一輪でも印象的な覆輪花は花壇の主役花

覆輪(ピコティ)という言葉をご存知ですか? 覆輪とは、花弁や葉の周囲に入る細い色の帯のことです。花弁を縁取るように異なる色がすっと入り、花の形がくっきりと浮き上がるとともに色のコントラストを楽しむことができます。覆輪の色は白色が多いですが、紅色やピンクなどあでやかな色が入ることも。覆輪の入った花弁は繊細ながら華やかな印象で、他の花と合わせて花束にしても目を引く存在。異なる色がバランスよく含まれているので、他の花との色合わせにも使いやすく、寄せ植えやガーデンの主役花としても活躍します。

覆輪が入る理由

花弁の周囲に入る覆輪は、斑入り模様の一種です。今日ある覆輪を持った園芸種の植物達は、ほとんどが掛け合わせや品種改良によって覆輪の模様を定着させて生まれたもの。かつての人々も覆輪を美しいと思い、それを生かしていこうと努力したからこそ、現在の私たちはこれらの花を楽しむことができるのです。

美しい覆輪花の品種

ペチュニア

華やかなチェリーピンクの八重咲き花に、くっきりと白い縁取りが入るペチュニア‘VIVA’。花つきが良いペチュニアの覆輪花は、一株でも十分に華やかで見ごたえのある鉢植えに。

カーネーション

母の日の定番として定着して久しいカーネーションは、カラーバリエーションも豊富。オフホワイトにピンク色の縁取りがにじむように入る‘フロリアーヌ’は優し気な印象です。

西洋オダマキ

きわめて多彩な花色と花形を持つ西洋オダマキには、もちろん覆輪の入る品種もあります。丈夫で育てやすく、ユニークな花を咲かせるオダマキは初心者ガーデナーさんにもオススメ。

クリスマスローズ

絹糸のように細く繊細な一筋の覆輪模様が入ったクリスマスローズの花弁は糸ピコティと呼ばれます。うつむき加減に咲く花の輪郭を際立たせる覆輪は、なんともいえない美しさ。

併せて読みたい

ペチュニアの育て方! 可愛い花をたくさん咲かせよう
庭の洗練度をアップする代表的なシルバーリーフおすすめ10選
夏の花壇に咲かせたい!涼しげな青い花7選

Credit

写真&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。
写真協力/大森プランツ

Print Friendly, PDF & Email