花壇がいつも同じ色合いになっていませんか? ガーデンには、一株でも存在感のあるモダンな色や模様を持った植物がたくさんあります。個性ある植物をオーソドックスな花にプラスして、もっとファッショナブルなボタニカルライフを!

スタイリッシュな銀葉の植物

白く輝くような色彩が特徴のシルバーリーフ。特定の種類の植物を指すのではなく、白や銀色の葉を持つものを総称した言葉です。銀色に輝くものから、柔らかな緑白色に近いもの、グレーがかった紫色まで、その色合いはさまざま。硬質な銀の色味を生かしてモダンな印象をつくったり、パステルカラーの花と合わせて優しい色調にまとめたり。色合わせに使うとグッと表現の幅が広がるため、寄せ植えで人気の素材です。

リクニス・コロナリア
フランネルソウの別名でも知られる夏の宿根草。産毛に覆われたベルベットのような葉と茎が美しい。白花の他に鮮やかなピンク色も。

 

植物と‘銀色’

自然界に白い花は数多ありますが、実は白色の色素というものはありません。銀葉の植物は、緑色の色素が少ないか、細かい白い毛で覆われているために白く輝くような色彩に。そのため、多くのシルバーリーフでは、表面の毛によるふわふわモコモコとした触り心地も楽しめます。

 

魅力的な銀葉の植物の数々

シロタエギク シルバーリーフの中でも代表的なもの。白く短い毛でびっしりと覆われた葉は柔らかで、触り心地も楽しい。
シロタエギク
シルバーリーフの中でも代表的なもの。白く短い毛でびっしりと覆われた葉は柔らかで、触り心地も楽しい。

 

ギボウシ(ホスタ) 青緑色に白を落としたような、涼し気な葉を広げるギボウシは、シェードガーデンの定番。銀葉に限らず、緑や斑入りなど葉色の種類も豊富です。
ギボウシ(ホスタ)
青緑色に白を落としたような、涼し気な葉を広げるギボウシは、シェードガーデンの定番。銀葉に限らず、緑や斑入りなど葉色の種類も豊富です。

 

ラムズイヤー まるで子羊の耳のような見た目と、ずっと触っていたくなるほどの手触りが特徴。寒さに強く、丈夫でよく増えるのも人気の秘密。
ラムズイヤー
まるで子羊の耳のような見た目と、ずっと触っていたくなるほどの手触りが特徴。寒さに強く、丈夫でよく増えるのも人気の秘密。

 

ラミウム メタリックな輝きの銀葉を持つラミウムは、低く広がるのでグラウンドカバー向きの植物。春に咲く小さなピンクや黄花もかわいい。
ラミウム
メタリックな輝きの銀葉を持つラミウムは、低く広がるのでグラウンドカバー向きの植物。春に咲く小さなピンクや黄花もかわいい。

 

ニシキシダ パープルシルバーの色合いがなんともいえず美しいニシキシダ。特徴ある葉姿とも相まって、シェードガーデンでひときわ目を引く存在です
ニシキシダ
パープルシルバーの色合いがなんともいえず美しいニシキシダ。特徴ある葉姿とも相まって、シェードガーデンでひときわ目を引く存在です。

 

ブルネラ‘ジャックフロスト’
シルバーに緑色の葉脈が際立つ大きな葉が美しい品種。春早くに細い茎を伸ばしてワスレナグサによく似た青紫色の小さな花を咲かせます。

 

エリンジューム‘シルバーゴースト’
シルバーの大きなガクが個性的な夏の宿根草。同種の中でも花が最大級で庭での存在感は抜群。

 

ベゴニア‘シルバー・スプレンダー’
観葉植物として個性的な葉の美しさを楽しむレックス・ベゴニアの仲間。

 

セラスチウム
スノー・イン・サマー、ナツユキソウの別名の通り、シルバーリーフに白い花をびっしり咲かせてカーペット状に広がります。
Photo/7)Flower_Garden/8)Del Boy/9)Wiert nieuman/10)Mariola Anna S/Shutterstock.com