これまで長年、素敵な庭があると聞けばカメラを抱えて、北へ南へ出向いてきたカメラマンの今井秀治さん。カメラを向ける対象は、公共の庭から個人の庭、珍しい植物まで、全国各地でさまざまな感動の一瞬を捉えてきました。そんな今井カメラマンがお届けするガーデン訪問記。第35回は、宮崎の「こどものくに」にあるバラ園。何度も通い、ベストシーズンを探りながら撮影の機会を得るまでのストーリーとともに、美しい写真をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

育種家ビオラの聖地、宮崎へ初訪問

僕が初めて宮崎を訪れたのは2019年2月のこと。ずっと行きたいと願っていた、宮崎育種家ビオラの聖地「アナーセン」で行われる「パンジー&ビオラ展」を取材するためでした。案内を買って出てくれた橋本景子さんは別便で一足先に宮崎入りし、待ち合わせに指定された場所が「こどものくに」のバラ園でした。橋本さんはバラ園で冬の手入れ作業中でしたので、しばらく青島神社辺りを観光してみることに。もともと神社仏閣には特に興味もなく、観光名所とは縁のない僕でしたが、このちょっとエキゾチックな青島神社に思いがけず魅了されてしまい時間を忘れて撮影に没頭。「こどものくに」の駐車場に着いたのは、もう夕方近くになっていました。

宮崎こどものくに
こぼれ種でどんどん増えたセンニチコウやノゲイトウが遠路にはみ出して、ナチュラルな雰囲気を作るバラ園の道。

駐車場から電話をすると、橋本さんは手が離せないとのことで、迎えに来てくれたのはガーデナーの源香さんでした。丁寧な挨拶からはじまり、バラ園までご案内くださる道すがら、ずっと1939 年に開園した「宮崎こどものくに」の歴史や、創始者の岩切章太郎さんの話を聞かせてくれました。

バラ‘チャイコフスキー’
2000年にフランスで作出された四季咲き性バラ‘チャイコフスキー’。

源さんの説明を聞きながらバショウなどが育つ熱帯を思わせる林を抜けると、バラ園に到着。バラ園は、僕が想像していたよりも小さく、何本かの園路で仕切られたスペースに木立ち性のバラが並ぶオーソドックスなスタイルで、植えられている品種は、少し古いタイプのハイブリッドティー(HT)が多い印象。この段階では2年後に本気で撮影に伺うことになるとは想像もしていませんでした。

バラ‘シークレット・パフューム’
2009年にアメリカで作出されたブルー系の四季咲き性バラ‘シークレット・パフューム’。

ただ、僕がいろいろなバラ園に行っている経験があるからか、熱心に質問してくれる源さんとバラ談義をしながら園内を歩いているうちに、「ここを、宮崎の皆さんに喜んでもらえるバラ園にしてみせる」という源さんの熱い想いが伝わってきました。帰る頃にはすっかり打ち解けて「僕の好きなチャイナローズなら宮崎の気候にも合うと思うので苗を送りますよ」なんて約束までしていました。

ラナンキュラス・ラックスが作る美しい風景との出合い

2度目に「こどものくに」に訪れたのは翌々月の4月。2月にパンジー&ビオラ展に伺った際、「アナーセン」の川口のりこさんが写真教室を企画してくれて、20数名の生徒さんと宮崎のいろいろなガーデンをバスで巡った時になります。ガーデン巡りの最後の目的地が「こどものくに」で、着いたのはもう午後5時を過ぎていました。この時期、バラ園はまだ花は咲いていないのですが、橋を渡った隣の海側エリアではラナンキュラス ・ラックスの花壇がちょうど見頃に。ちょうど沈みかける夕陽をバックに、逆光の光でラックスが美しく輝いているではないですか。ラックスは、花弁に光沢のある宿根草ということを知ってはいましたが、これほど見事に風景を作る光景を見るのは初めてで、興奮してシャッターを切ったことを覚えています。

こどものくにのラナンキュラス・ラックス
4月の宮崎「こどものくに」の主役は、この色とりどりのラナンキュラス・ラックス(園芸ガイド2020冬号掲載)。

この見事なラックスは、作り手である隣町の綾町にある綾園芸の草野さんが2014年に100株寄贈した株だそうで、その後、源さんが大切に育て、守ってきた宝物の一つです。このエリアは、春はラナンキュラス・ラックス、秋はミューレンベルギアが美しいグラスガーデンの2交代制になっていて、このミューレンベルギアが、源さんのもう一つの宝物になります。

3度目の宮崎で庭撮影のタイミングを逃す

宮崎こどものくに

その年の11月には、最新のパンジー&ビオラの買い付けに全国からやってきた花屋さんたちに混ぜていただいて、3度目の宮崎入りをしました。今回は皆さんと同様に僕もパンジー&ビオラの新花が目的でしたが、バラ園には帰りの飛行場に向かう途中にちょっとだけ立ち寄ることができました。滞在の最終日のわずかな時間しかない中、訪れたバラ園は、ちょうど満開の秋バラとたくさんの宿根草が混ざりあい、美しい風景を作っていましたし、橋の向こうのエリアでもミューレンベルギアがじつに見事。しかし、残念ながらフライト時間が迫っていたため、撮影は翌年にすることを心に誓って、後ろ髪を引かれながら急いで飛行場に向かいました。

宮崎こどものくに

翌2020年も11月にパンジー&ビオラの新花の撮影を計画していたのですが、この年は天候不順でパンジー&ビオラの開花が遅れていると連絡が入り、他の仕事との兼ね合いもあって、宮崎行きは12月に入ってからになりました。12月10日に宮崎に入りしてすぐ「こどものくに」に向かったのですが、11月の末、来場の方々にバラを切って持って帰ってもらうという「チョキチョキカッティング」というイベントがあったため、バラ園では宿根草だけが美しく風に揺れていました。

宮崎こどものくに

11月の最終週までに来ていれば、この宿根草の間に満開のバラが咲いていたのかと想像するとがっかり。座り込んでしまいたいほど悲しい気分に。来年こそは、源さんのフェイスブックもチェックしながらバラ園の撮影を最優先でスケジュールを立てなければ! と心に決めたのでした。

2021年は撮影の万全なタイミングを図る

宮崎こどものくに
昇ったばかりの朝日を浴びてセンニチコウやノゲイトウ、グラスなどが本当に美しい。

2021年も11月に入り、源さんのフェイスブックを見ていると、10日過ぎから南国特有の夕方の赤っぽい光に浮かび上がる満開のバラ園や、逆光に輝くミューレンベルギ アなどワクワクする写真が次から次へとアップされ出しました。今年はちょうどこの時期にパンジー&ビオラもどんどん咲き出しているようだし、これはいよいよ宮崎行きのベストタイミングが近づいてきたと確信。10日間の宮崎の天気予報をチェックして、晴天が続く13〜15日の3日間の予定で宮崎に出発しました。

宮崎こどものくに
朝陽に輝くカンナとミューレンベルギア・カピラリス。

13日午後3時半にバラ園に到着。満開のバラと、そのバラを覆い隠すほど大きく育った宿根草に出迎えられて、満足しながらカメラをセット。太陽の位置を確認しながらファインダーを覗いてみると、赤やオレンジのバラの周りに、紫の千日紅や赤いケイトウが咲き誇り、その後ろには大きなグラスが風に揺れています。これは、まさに源ワールド! 深呼吸をして数枚のシャッターを切り、右を見ると大きなカンナが伸びやかに育っています。左にレンズを向ければ、そこも全然違う風景が広がっていて……。そのまま撮影をスタートしました。

バラ‘パパメイアン’
1963年にフランスで作出された香りのよい名花‘パパメイアン’。

バラと宿根草の美しいコンビネーションを撮ったり、ちょっと懐かしい昔のハイブリッドティーの名花を撮ったり、忙しく撮影をしているうちに時間があっという間に過ぎていて、気がつけば、西の山の向こうに陽が沈んでしまいました。橋の向こうのミューゲンベルギアをまだ撮っていないことに気づいて、三脚をかついて走り、グラスガーデンに行ってみると、ダイナミックなグラスの中に赤いカンナが混ざり育っていて、ここもバラ園とは違う、もう一つの源ワールドに。

2年前に植えたという秋に見頃のケイトウが。こぼれ種からこんなに大きくなることに驚き。

残念ながら陽は既に沈んでいて、グラス類を撮る時に絶対に必要な逆光ではありませんでした。宮崎滞在はあと2日。このグラスガーデンにはもう一度来ることにして、この ガーデン全体の写真を撮るアングルを探してみると、西側にカメラを構えてレンズを東に向けるのがよさそう……。ということは、撮影は朝の光で、東の海から昇ってきた逆光の太陽の光で撮るのがベストと分かりました。

14日早朝は、別のガーデンに行く予定にしていたので、このグラスガーデンは15日早朝と決めて初日の撮影は終了しました。

早朝から約2時間が撮影の勝負

グラスガーデン
ミューレンベルギアをはじめ4種類のグラスで構成されるグラスガーデン。

15日午前6時45分。日の出前の時間はさすがに宮崎でも寒く、三脚にカメラをセットして、陽が昇るのを足踏みしながら待っていると、ガーデンの後方にある木々の下方がだんだんオレンジに染まり始めました。いよいよ撮影開始です。少しずつ露出を変えながら数枚のシャッターを切ったら、また足踏みをしながら5分待ってシャッターを切り、また5分待ってシャッターを。と、7時過ぎまでシャッターを切って、太陽が木々の上にまで昇り、光が強くなったタイミングで場所を移動。逆光に白く輝くグラスの穂 を撮ったり、光に透けるカンナの葉を撮ったりしてグラスガーデンの撮影は終了です。

宮崎こどものくに
ノゲイトウとチャイナローズの‘ムタビリス’のコンビネーション。

急いでバラ園に移動して、朝の光で見るバラ園は一昨日の夕方見た景色とは全然違う表情を見せています。ここでも昇る太陽と競争しながら、8時過ぎまで撮影し、こうして何年越しの「こどものくに」の撮影を終了しました。

この年の滞在中は、源さんも忙しくてすれ違いばかり。ゆっくり話を聞くことができなかったのですが、この原稿を書くにあたり、メール取材の中で、こんなに宿根草がバラ園にある理由を聞いてみました。

パープルファウンテングラス
見事に茂るパープルファウンテングラス。宮崎では越冬するので、大きくなるのに時間がかからないそう。

2017年までバラ園を担当していた方が高齢となり、退職後を引き継ぐ人がいなかったことから、まだ当時はバラにはそれほど興味のなかった源さんが引き継ぐことになったそうです。「『こどものくに』が好きな人と花好きの人が集まれば、何とかなる」という思いで「ときどき花くらぶ」というグループを作り、仲間たちとバラ園の管理を始めました。初めの頃は草取りばかりで大変だったので、作業が少しでも楽しくなるようにと、好きな草花を持ち寄って植えているうちに今の姿になったそう。今後は、バラが好きな人は「バラ組」、椿が好きな人は「椿組」、グラスの好きな人は「グラス組」というように、いくつかのグループを作って、学校のクラブ活動のように楽しく学べる場所にしていきたいと源さん。

宮崎こどものくに
満開のラナンキュラス・ラックスを前に、源香さん。

バラ園の宿根草や、グラスガーデンのミューレンベルギアの植栽も、ダイナミックに景色を作る源さん。人生の目標もダイナミックで素敵な源香さんが、今後どんなガーデンをつくってくれるのか、今から楽しみです。

Credit


写真&文/今井秀治
バラ写真家。開花に合わせて全国各地を飛び回り、バラが最も美しい姿に咲くときを素直にとらえて表現。庭園撮影、クレマチス、クリスマスローズ撮影など園芸雑誌を中心に活躍。主婦の友社から毎年発売する『ガーデンローズカレンダー』も好評。

Print Friendly, PDF & Email