宿根草(しゅっこんそう)という植物のグループをご存知ですか? ガーデニングを始めたばかりの人には、初めて知るワードかもしれない宿根草。実は手間がかからなくて、とっても簡単に育つ宿根草もたくさんあります。「ガーデニングの初心者にこそ、宿根草をオススメしたい!」という「おぎはら植物園」店長の荻原範雄さんに、バラの季節に下草として役立つグラウンドカバーの宿根草を5種ピックアップしていただきます。

 バラの足元をきれいに飾る
ローズガーデンのグラウンドカバーに向く宿根草

いよいよ春本番! たくさんの草花が咲き、庭のバラのつぼみも開き始めます。宿根草など、多くの草花も咲き始めて、花々の競演が楽しみな季節です。バラは立体的に立ち上がり、上部は見事な花が咲き揃いますが、株元が少し寂しくなりがち。そこで、宿根草でバラの株元をカバーして、ワンランク上のローズガーデンにしましょう。丈夫で育てやすいグラウンドカバー向け宿根草の中から、バラと同じ時期に咲く宿根草を5種ご紹介します。

ローズガーデンの定番グランウドカバー
アルケミラ・モリス

バラの株元でこの花が咲くと、本格的なガーデンを思わせる組み合わせ。本場、ヨーロッパのローズガーデンには必ずと言ってよいほど使用される定番のカバープランツです。明るい黄緑色の花が、まるでライトアップするかのようにたくさん咲き、バラの美しさをぐっと引き立ててくれます。

柔らかな毛に覆われた葉は、他の季節も美しく朝露の水玉が水晶のように輝く様子は、とても神秘的です。また、ハーブとしても親しまれています。

【DATA】
■ バラ科  宿根草(耐寒性多年草)
■ 主な花期:晩春~初夏
■ 草 丈 : 50㎝前後(花丈も含む)
■ 耐寒性 : 強い(約-30℃くらいまで)
■ 耐暑性 : 普通(高温多湿に注意)
■ 日 照 : 日向から半日陰

手毬のような花が可愛い
フォプシス・スティローサ

ふんわりとしたカーペット状の草姿で、ちょうどバラのピーク頃に開花します。乾燥に強い性質なので、乾きやすいバラの株元には最適です。多少の日陰に耐えるのでバラの陰になっても花が咲いてくれます。

高温多湿を嫌うので、バラの花が終わる頃に、夏の蒸れ防止として、バラの剪定ついでに切り戻しておきましょう。

【DATA】
■ アカネ科  宿根草(耐寒性多年草)
■ 主な花期:春~夏
■ 草 丈 : 20㎝前後(花丈も含む)
■ 耐寒性 : 強い(約-20℃くらいまで)
■ 耐暑性 : 強い(ただし、高温多湿には注意)
■ 日 照 : 日向から半日陰

明るいパステルブルーがバラにぴったり!
フロックス‘ブルーパフューム’

春から初夏に咲く早咲きのフロックス・ディバリガータの品種。フロックスと言えば春に咲くシバザクラや夏に咲く背の高いフロックス・パニクラタが有名ですが、咲く時期や草丈など両種のちょうど中間的なフロックスです。バラが開花する時期に咲くので、ローズガーデンの下草におすすめ。さわやかな香りも魅力的です。

‘ホワイトパフューム’

ピンク系のバラによく合う‘ブルーパフューム’の他にも、白花の‘ホワイトパフューム’や交配種の‘ムーディブルー’、近縁種の‘ビルベーカー’などのバリエーションもあります。バラの花色に合わせて組み合わせてみては?

‘ムーディブルー’
‘ビルベーカー’

【DATA】
■ ハナシノブ科  宿根草(耐寒性多年草)
■ 主な花期:晩春~初夏
■ 草 丈 : 25㎝前後(花丈も含む)
■ 耐寒性 : 強い(約-30℃くらいまで)
■ 耐暑性 : 強い
■ 日 照 : 日向

繰り返し咲く可憐な小花
エリゲロン・カルビンスキアヌス

花期の長さは、宿根草の中でもトップクラス。春から晩秋まで咲きますが、もちろんバラの時期もたくさんの花が咲きます。野趣のある白い小花は、咲き進むとピンクに変化してとても可愛いらしく、低く広がる草姿なので、バラの邪魔をせず、引き立て役にぴったりです。

伸びて花が減ってきたら短く刈り込んでおくと、次の花の姿が整い、蒸れ防止にもなります。

【DATA】
■キク科  宿根草(耐寒性多年草)
■ 主な花期:春~晩秋
■ 草 丈 : 30㎝前後(花丈も含む)
■ 耐寒性 : 強い(約-12℃くらいまで)
■ 耐暑性 : 強い(ただし、高温多湿には注意)
■ 日 照 :日向

ふわふわとした葉がローズガーデンを飾る
ラムズイヤー

バラは光沢のある緑の葉が多く茂るので、足元に白系のカラーリーフが入ると、メリハリが効いて美しいです。特にラムズイヤーはふわっとした草姿なので、バラの幹の固く強いイメージを和らげてくれます。バラの開花のピーク時には、ラムズイヤーも花茎を伸ばし競演を楽しめます。

花後や、伸びすぎたときには短く切り戻すと、すぐに再生します。丈夫で乾燥に強く、植え場所も選ばないので、扱いやすい宿根草です。

■ シソ科  宿根草(耐寒性多年草)
■ 主な花期:初夏
■ 草 丈 : 40㎝前後(花丈も含む)
■ 耐寒性 : 強い(約-30℃くらいまで)
■ 耐暑性 : 強い(ただし、高温多湿には注意)
■ 日 照 : 日向

バラの株元に新しい彩りがプラスされることで、庭の雰囲気がぐんと変わるイメージ、が伝わったでしょうか?ぜひ、バラと組み合わせる草花選びのテクニックを覚えて、一年で一番いい季節を楽しくお迎えください。

あわせて『宿根草ショップの店長が教える! バラと一緒に咲かせる人気の宿根草』もご覧ください。

Credit

品種写真&文/「おぎはら植物園」荻原範雄
長野県上田市にある宿根草と山野草を扱う植物専門店「おぎはら植物園」の店長。1979年から植物の栽培と販売をスタートさせた「おぎはら植物園」では、現在、取り扱う宿根草と山野草は4千種を超える。全国に苗生産者のネットワークを持ち、海外からの新品種の導入なども積極的に行う。近著に『四季の宿根草図鑑 決定版』(講談社)。
「おぎはら植物園」https://www.rakuten.co.jp/ogis/