世界のガーデンの歴史や、さまざまなガーデンスタイルを、世界各地の庭を巡った造園家の二宮孝嗣さんが案内する、ガーデンの発祥を探る旅第25回。今回は、現代の南半球オーストラリアのフラワーショウと、一般家庭のガーデニングやその他の庭風景について解説していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

南半球最大のフラワーショーを開催

秋のカールトン庭園と王立展示館
秋のカールトン庭園と王立展示館。 Adam Calaitzis/Shutterstock.com

今回で最終回となる連載「世界のガーデンを探る」のテーマは、オーストラリアのガーデンショーと庭です。

南半球オーストラリアで開催されるフラワーショーは、大陸南東部のビクトリア州の首都、メルボルンで毎年開催されています。会場は、ユネスコ世界遺産でもある王立展示館とカールトン庭園(Royal Exhibition Building and Carlton Gardens)です。メルボルンの中心地からゆるい坂を登ってすぐの場所にあり、とても立地条件がよく、フラワーショーの開催中は多くの人が訪れます。「メルボルン国際フラワー&ガーデンショー(ROYAL EXHIBITION BUILDING& CARLTON GARDENS)」の開催は毎年3月。2019年の開催は第24回を数えています。

メルボルン国際フラワー&ガーデンショー

前回書いたニュージーランドのエラズリーフラワーショーの開催がなくなってしまった現在、メルボルンフラワーショーは南半球では最大規模のフラワーショーとなっています。それがなんと来年2020年は25周年の記念大会(2020年3月25〜29日開催予定)ということで、歴代の「BEST IN SHOW」受賞ガーデンデザイナーの中から7名が招待選手として招かれます。私は、2008年に「セイセイ亭」でBEST IN SHOWとゴールドメダルをいただいたことから、海外から唯一の招待選手として現在声がかかっています。このフラワーショーは毎年いろいろなイベントの関係もあり、現地では秋にあたる3月に行われています。秋という季節柄、どうしても使える植物に制限がかかってしまいますが、テニスやゴルフ、F1オーストラリアグランプリなどのイベントが目白押しの季節であるという事情もあるそうです。

メルボルン国際フラワー&ガーデンショー

庭と室内展示の予定配置図
庭と室内展示の予定配置図。

このフラワーショーは公園の敷地内に「SHOW GARDEN部門」とその他の「小庭園部門」の庭がつくられます。フラワーアレンジなどは、王立展示館の建物の中で行われます。ちなみに南半球では、正午に太陽が北側を通過するので、北半球の日本に育った私は、すぐに方向がわからなくなってしまうのです。余談ですが、書店では南が地図の上方になっている世界地図も売っています。

2008年に出品した「セイセイ亭」の庭
2008年に出品した「セイセイ亭」の庭。ゴールドメダル ベストガーデン 施工賞受賞。

それまで何度か審査員として参加していたのですが、2008年には「セイセイ亭」をつくり、私自身もコンテストへ参加。メルボルンで本格的な庭をつくったのはこの年が初めてとなりました。

海外で庭を作るのに一番大変なのは、自分の庭に使う色々な材料を見つけることができるかどうかです。主催者としては和風庭園を期待していますので、我々は違和感の少ない材料を見つけに行かなくてはいけません。ですので、最初は現地の施工業者と一緒にガーデンセンターや資材屋に出向き、そこで色々な材料を探します。中でも一番難しいのが、庭石を見つけることです。多くの場合は、近くの石切場に行って、そこに捨ててあるような石を利用します。

フラワーショー打ち合わせ
開催前、施工業者とスポンサーの熱い打ち合わせの様子。
メルボルン近郊にある石切場
メルボルン近郊にある石切場。

白っぽい御影石が見つかればベストなのですが、多くの場合は火成岩なので、国によっては白っぽい石が全く見つからない場合もあります。オランダで庭を作った時は、御影石が見つからなかったので、南ドイツの砕石場まで石灰岩系の石を買いに行きました。イギリスの場合は、ウェールズに鉄錆のついたよい石が見つかりましたが、ニュージーランドでは火山国にも関わらず、気に入った材料を見つけることができませんでした。

海外でのショーガーデンをつくる時の苦労

ショーガーデンをつくる際、植物確保の前に、庭の骨格となる石材調達の目処をつけ、続けて砂利を探します。メルボルンの資材屋へ行った時の様子をご紹介しましょう。

庭に敷くさまざまなウッドチップ
庭に敷くさまざまなウッドチップがずらり。

色々な色と大きさが違うウッドチップ、何種類もバリエーションがあって驚きました。

石材料などを扱っている資材屋
主に石材料などを扱っている資材屋の様子。
資材屋
資材屋では、苔むした御影石の平板が。輸入したいくらい素敵な素材でした。

メルボルンでは、上写真の資材屋で思いがけず「苔むした御影の平板」を売っていましたので、その場で即決し、使うことにしました。

砂利のチェック
水で濡らして砂利の色を見る。

白っぽい石材を見つける次に大変なのが、「さび砂利」を見つけることです。海外では日本のような御影のさび砂利を見つけることは不可能でしたので、メルボルンでは白い砂利と黒い砂利を混ぜてさび砂利の雰囲気を再現しました。

ショーガーデンづくりの現場

植栽土の搬入
植栽土の搬入。

会場となるカールトン庭園では、芝生を傷めてはいけないので養生シートを敷いてから、その上に植栽土を入れました。写真のような、こんな可愛いトラックで土を運んできてくれました。陽気なドライバーだったのでこちらも嬉しくなったのを思い出します。

ショーガーデンづくり

地面は、搬入したての土のため柔らかく、大きな石が落ちつかずに苦労しました。

池の水位と石橋のレベルチェック
池の水位と石橋のレベルチェック。

オーストラリアをはじめ、海外では石の扱い方が違うので全て私がやらなくてはいけません。ただ、欧米人は恐ろしく力持ちなので、重機が去った後でもある程度の石は動かすことができました。

施工途中の延段(のべだん/石張りの通路)と待合
施工途中の延段(のべだん/石張りの通路)と待合。
ショーガーデンづくり
植物を仮置きして全体の様子を見る。

待合の壁材には、思った砂が見つからなかったので、モルタルにインスタントコーヒーを一瓶混ぜて、砂壁っぽい色合いにしました。そのため、審査の日まで待合にはいい香りが漂っていました。

制作チーム
完成した庭を背景に、チーム隊長と仲間たち。

こうした苦労を経て、皆さんの協力のおかげで満足のいく庭が完成しました。

メダル
ゴールドメダル、ベストガーデン、園芸協会からのゴールドメダル。

いただいたベストガーデンのトロフィーには、毎年受賞者の名前が刻み込まれます。これは持ち回りなので1年経つと主催者側に返還して、代わりに小さなトロフィーを翌年いただきました。

ショーガーデン

2008年に受賞した「セイセイ亭」の庭は、メルボルンの中心地に林立する高層ビル群を借景として、現地の植物を混ぜながらモミジなどを植栽しました。

私が海外で庭をつくる際、できるだけ現地の素材を使って庭をつくることを心がけています。多くの場合、現地に入る時は、日本から黒いシュロ縄だけを持参しています。それ以外の材料は全て現地調達です。道具はハサミとノコギリ、特に竹引きノコギリだけは必ず持っていきます。日本とは勝手が違い、色々困難なことやハプニングもありますが、それを現地の材料で工夫しながら庭を完成させていくことはとても楽しいことです。2020年のメルボルン国際フラワー&ガーデンショーでは、どんな庭を披露できるか。今からワクワクしています。

オーストラリアの個人邸のガーデン

オーストラリアの庭
真っ白な木のオーソドックスなフェンス、淡いグレーのサイディング、植物に淡い暖色系を使って優しい雰囲気を作り出しています。Shuang Li/Shutterstock.com
オーストリアの街中の個人のお宅
街中の個人のお宅。

メルボルンは面積の4分の1を公園が占め、ガーデンシティーと呼ばれています。オーストラリアの中でも四季がある街で、オープンガーデンもガーデニングもとても盛んな場所です。住宅は、古き良き時代であるビクトリア調の飾りがついた落ち着いた雰囲気のクラシカルな個人宅も多く、写真のような独特なベージュ色のフェンスには赤い色の花がよく似合っていました。

オーストリアの庭

こちらのお宅はレンガ色の古い石材が外観を包み、落ち着いた雰囲気です。庭に植わっている白と赤い花はバラのスタンダード仕立てで、その後ろのピンクの花はブーゲンビレア。手前の公道に植わる街路樹は、日本産の八重桜‘関山’です。

オーストリアの庭

こちらもブーゲンビレアにオレンジ色のバラ、それに紫のツルハナナス(ヤマホロシ)が組み合わされていました。日本から見ると斬新な植物合わせですが、ほとんど霜が降りない地域であるメルボルンでは普通に見られる組み合わせです。これにさらにアブチロンやハイビスカスまでが混ざり咲く様子を見かけることもあるので、理解しがたい? のですが、これがメルボルンならではの植栽なのでしょう。

郊外のワイナリーなどの植栽

オーストラリアのワイナリー
どこまでも広がるワイナリー。手前の左右の柱につるバラが開花。

ブドウ畑のそばにバラがコンパニオンプランツとして植えてありました。これは、ダニやアブラムシが発見しやすいバラがあることで見つけやすくなるという効果を狙っています。

オーストラリアでの個人邸の庭
乾燥したオーストラリアでの個人邸の庭。

原産地らしくユーカリやトベラの仲間が多く植えられています。さまざまなベンケイソウやグレーのオーナメンタルグラス。それにギョリュウバイやグレビレア、メラルーカ、ブラシの木など乾燥に強そうな現地産の樹木が使われています。

オーストリアの庭

きれいに手入れされたボーダー花壇では、赤や白のバラをアクセントカラーに、手前にはオレンジ花の大根草の仲間。それにセージやサルビアが混植されていました。奥の樹木はユーカリです。

オーストラリアのフォーマルガーデン

フォーマルガーデンもとてもきれいに手入れされていました。白い花は南アフリカ原産のアガパンサスです。メルボルンでは、アガパンサスはとても元気で、街中でも庭でも一番多く見かける植物の一つです。刈込みに使われている樹種は、手前はジュニパー、奥のスタンダード仕立てはピトスポルムの一種です。

メルボルンの港の夕日
メルボルンの港の夕日です。このあと暗くなってくるとペンギンが防波堤の石垣に戻ってきました。

Credit


写真&文/二宮孝嗣
長野県飯田市「セイセイナーセリー」代表で造園芸家。静岡大学農学部園芸科を卒業後、千葉大学園芸学部大学院を修了。ドイツ、イギリス、オランダ、ベルギー、バクダットなど世界各地で研修したのち、宿根草・山野草・盆栽を栽培するかたわら、世界各地で庭園をデザインする。1995年BALI(英国造園協会)年間ベストデザイン賞日本人初受賞、1996年にイギリスのチェルシーフラワーショーで日本人初のゴールドメダルを受賞その他ニュージーランド、オーストラリア、シンガポール各地のフラワーショウなど受賞歴多数。近著に『美しい花言葉・花図鑑-彩と物語を楽しむ』(ナツメ社)。

Print Friendly, PDF & Email