花の少なくなる晩秋から年末にかけて、一斉に出回る華やかな鉢花シクラメン。赤や紅色のオーソドックスなものだけでなく、昨今ではさまざまな花色が登場しています。「ワンシーズン楽しんだら終わり」と思われがちですが、ちょっとしたコツをつかめば、翌年以降も花を咲かせることができますよ。

Print Friendly, PDF & Email

シクラメンとはどういう花?

シクラメン

シクラメンは、サクラソウ科シクラメン属の多年生球根植物。原産地は、北アフリカから中近東、ヨーロッパの地中海沿岸にかけて。いずれも、夏に高温になっても湿度が低く、冬も比較的温暖な地域です。そんな環境のもと、野生のシクラメンは、低木の下や岩場などで群生しています。原種には、春に葉が出て開花する“春咲きタイプ”と、秋に花が咲いてから葉を出す“秋咲きタイプ”がありますが、現在出回っている園芸品種のほとんどが春咲きの「シクラメン・ペルシカム」から作出されたものです。

シクラメン

ヨーロッパでは、その球根を豚が食べることから「豚のパン(Sowbread)」と呼ばれていたため、明治時代に日本に入ってきたときには、「豚の饅頭」という和名に。その後、植物学者の牧野富太郎氏により、「カガリビバナ」という名前がつけられました。花びらが反り返って咲く様が見事に表現された美しい名前ですね。

シクラメンの花

日本では冬の鉢花の代表ともいえるシクラメン。華やかな姿でクリスマスや年末のギフトとしても人気です。その反面、「花が終わったらおしまい」のイメージを持つ人も多いようですが、シクラメンは球根を持つ宿根性植物。きちんと管理してあげれば、何年も楽しめますよ。

毎年新品種が登場して、突出した特徴があるものを除けば、一目では見分けがつかないほど多くの品種が出回っています。赤やピンク、白という従来からの花色に加えて、ブルー系やクリーム・黄色系など、今までなかったような色の品種も登場。さらに、覆輪や花弁がフリル状になるフリンジ咲き、花弁にウェーブがかかったロココ咲き(パピリオ咲き)、八重咲きなど個性的な花形も人気です。加えて、葉の美しさが注目されることも。ハート形(卵形や腎形のものも)が特徴的な葉は、緑色系と銀色系に大別できますが、光沢や斑の入り方など千差万別。花色とのコントラストにこだわってみてはいかがでしょう。

冬を代表する鉢花。けれども、寒さにはあまり強くない?!

シクラメン

シクラメンが市場に出回るのは10月末~年末にかけてですが、上手に管理すれば、3月くらいまで花を咲かせてくれます。初冬に入手して春先まで十分に楽しめる、開花期の長さも愛される理由といえそうです。

長く花を楽しむために、欠かせないのは温度管理です。シクラメンの生育適温は10〜15℃。出荷前までは農家の温室で15℃以上で管理されているので、まずは家庭の環境に慣れさせる必要があります。置き場所は日当たりのよい窓辺など。日光不足になると、葉が徒長して、花色や葉色が悪くなり、せっかくついているつぼみが枯れてしまうこともあります。暖かい日の日中は屋外に出して日光にしっかり当てましょう。

窓辺のシクラメン

耐寒性はあまりないシクラメンですが、反面、25℃以上の高温を嫌う性質もあります。冬場の管理においては、かつては低温のみ重視されていましたが、気密性が高く暖房が効きやすいマンションなどでは高温にも注意。室温が20℃以上になる環境であれば、暖房の風が当たらない、やや涼しい場所に移動するなどの配慮が必要です。

シクラメンのおすすめ品種10選

シクラメン

赤系のイメージが強いシクラメンですが、近年では、パステルカラーや青みがかった紫など、“シクラメンらしからぬ”品種が毎年のように発表されています。花の姿や葉の色もじつにさまざま。育てやすい品種から、ニューフェイスまで、おすすめをご紹介します。

1.ビクトリア

シクラメン ビクトリア

先端がフリルのように縮れ、白と赤のコントラストが可憐な「ビクトリア」。覆輪種の代表的な品種として根強い人気があります。品種改良が進み、フリンジ咲きや八重咲きなど多くの品種が誕生。たくさんつぼみがつき、長い期間楽しめるので、初心者にもおすすめです。

2.ピアス

白の花弁に先端から淡くピンクのグラデーションがかかる色合いが特徴。色の変化を楽しめることで、一大センセーションを巻き起こした品種です。花びらの先がうねる“ウェーブ咲き”のものや、花弁に切れ込みの入る「ギザ」シリーズなど種類も豊富に。高温になるとピンクが入りにくくなるので、やや涼しい場所に置いてあげましょう。

3.プラチナリーフ

茨城県の長谷川園芸が作出した品種「プラチナリーフ」は、光沢のある銀色の葉が特徴。

光を当てるとピカピカと輝く葉は、カラーリーフとして寄せ植えにも重宝しそう。開花時期が12月からと長いので、クリスマスの装飾にも適しています。花形もよく、色はピンクとパープル、赤、ライトピンク、白、バイオレットの6色。

4.パピヨン

丸みを帯びた花弁が飛んでいる蝶を思わせる花姿。濃い桃色の縁に、刷毛で入れたような白い斑が特徴的。

5.フェアリーバンビ

白い花弁の中心に紅色の斑が入る八重咲きのシクラメン。日当たりがよく、高温になりにくい場所で育てることで、発色が鮮やかになり、次々と花を咲かせてくれます。

6.ヴェスタ

「ビクトリア」を改良して誕生した晩生品種で、白花の中心と縁に赤が入る典型的な覆輪花。高温に強いので、夏越しさせやすい品種です。

7.黄色系品種

珍しい黄色系のシクラメンも登場しています。黄色みがかったアイボリーの‘ネオゴールデンボーイ’と、中心部分に口紅をさしたような‘ネオゴールデンガール’などがあります。

8.ブルーシクラメン

パープルや暗紫といった青みが強い花色のシクラメンも続々登場しています。サントリーが出した「セレナーディア」シリーズは‘ライラックフリル’など趣の異なる3色を展開。ほか、‘江戸ノ青’、‘胡蝶’といった美しい紫色の品種が人気です。

ブルーの品種紹介はこちら

9.ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメン

耐寒性が強い小型のシクラメン。冬の屋外でも次々と花を咲かせてくれるので、花壇や寄せ植えなどで長く楽しめます。3号ポットで売られている‘ミニメイト’や‘ミラクル’といった品種や、花もちがよく花色も豊富な「メティス」シリーズなどがあります。

10.コウム

シクラメン・コウム

コウム(学名Cyclamen coum 、英名Eastern Sowbread)は、一般的な園芸店などでも入手しやすい原種のシクラメン。花色は白から濃いピンク、紫までと幅広く、丸みを帯びた葉が特徴です。耐寒性があるので、屋外での越冬が可能。夏場は地上部が枯れて休眠します。

翌年も花を咲かせる夏越しの方法

2年目以降も楽しむためには、上手な夏越しがポイント。夏を越させるには、葉をつけたまま管理する「非休眠法」と、葉を枯らして球根だけにする「休眠法」の2つがあります。

シクラメンの原生地は雨季と乾季がはっきりと分かれている地域で、野生のシクラメンは雨季に生育が旺盛になり、乾季には生育せずに休眠する性質を持っています。原産地での開花期は「涼しい雨季」。そして、日本では冬が開花期になります。一方、「暑い乾季」は日本では「夏」にあたりますが、高温に加えて湿度も高くなるため、シクラメンにとってはより過酷な環境といえます。ここでは、日本の夏を上手に乗り切るコツをご紹介します。

1.非休眠法

窓辺のシクラメン

冬に購入した株の場合、4月近くになると、花数は極端に少なくなってきます。そして、5月に入り気温が高くなると、葉だけになります。枯れた花や色の悪くなった葉を取り除きつつ、普通に水をやりながら、雨がかからない日当たりのよい屋外に出して株を充実させましょう(ただし、強い直射日光に当てると葉焼けをおこすので注意)。

気温が25℃を上回る日が続くと、新葉は出なくなり、古い葉は黄変し、枯れていきます。6月に入り、葉が10枚以上残っていれば、生育させながら夏を越させる「非休眠法」が可能です。「控えめに水やりを続ける」「病害虫や根腐れに気をつける」といった手間はかかりますが、成長を止めないので株が大きくなり、10~3月までと半年近くも花が楽しめるメリットがあります。

屋外の風通しのよい場所に鉢を移動させて、水やりと薄めの肥料を与えながら育てます。蒸し暑くなる季節は、根からの給水が悪くなるので、与えすぎは根腐れの原因に。底面給水型の鉢では受け皿の水が減らず、藻が発生したり水が腐ったりするので、数日に一度は新しい水に取り換えましょう。また、普通の植木鉢では、鉢土の表面が乾くまで待ち、水を与えるときには鉢穴から流れ出るまでたっぷりとやります。

8月下旬になると、葉柄の付け根に、新しいつぼみを持った花芽が出てくるので、9月中旬頃までに植え替えを行います。

2.休眠法

シクラメンの夏越し

葉が急激に枯れてしまい、10枚以下になってしまった株でも、球根が傷んでいなければ休眠法で夏越しできます。まずは元気な球根かを見極めます。「指で押してみて柔らかい」「カビが生えて腐っている部分がある」「一部分の葉が次々枯れていく(萎凋病などの可能性あり)」「土は湿っているのに葉が萎れたまま(根腐れしている)」といった症状があれば、残念ながら夏は越せません。

休眠させるためには、6月に入ったら意図的に水やりを止め、鉢土を乾燥させます。葉をすべて枯らして、球根だけを残すのです。球根植物の性質を利用しての夏越し法なので、球根を腐らせるリスクは低いのですが、非休眠法に比べ開花期が1カ月程遅くなるため、花を楽しめる期間は短くなります。

一度水を切ったら、8月中旬を過ぎて新芽が動き出すまで一切水は与えません。完全に葉が枯れたら、北側の軒下など涼しい場所に置きましょう。断水中に水がかかると球根が腐ってしまうので、雨はもちろん、ほかの鉢植えへの水やり時にも注意しましょう。

8月下旬になり花芽がつきはじめたら、植え替えのタイミングです。球根が堅いことを確認したら、古い土を全て落とし、古い根の2/3程度を切り落として新しい培養土で植え付けます。

育てやすい品種からシクラメン栽培を始めよう

シクラメンの花

色鮮やかな花が少なくなる季節に、次から次へと花を咲かせるシクラメン。白、赤、ピンク、ブルー系に黄色系と花色だけでなく、フリンジ咲きや八重咲きなど、花姿や見た目の印象もバラエティーに富んでいます。一鉢あるだけで、冬の部屋も明るくしてくれることでしょう。まずは、育てやすい品種からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

1)Melanie Hobson 2)shutternelke 3)Sarit Richerson 4)Shulevskyy Volodymyr 5)Traveller70 6)AnnHirna 7)yoshi0511 8) Gurcharan Singh 10)Peter Turner Photography 11)natali_ploskaya 12)Furiarossa 13)Matthewshutter / Shutterstock.com
9)3and garden

参考文献:
『NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 シクラメン、ガーデンシクラメン』(吉田健一著 NHK出版刊)
『NHK趣味の園芸テキスト2019年12月号』(NHK出版刊)

Print Friendly, PDF & Email