アースコンシャスが世界共通テーマの昨今、ボタニカルなライフスタイルはトレンドの最先端。東京にも自然を感じられるナチュラルスポットが続々増加中です。どこか遠くへ出かけなくても、都会にいながら自然を体験したり、草花を通して季節感を感じたり、食を通して田園を味わったり。「東京ボタニカルライフ」では、リラックス&のんびりできる東京のお出かけスポットをご紹介します。今回は花の複合おしゃれスポット「青山フラワーマーケット 南青山本店」をご案内。

Print Friendly, PDF & Email

花と花雑貨、カフェ、スクールが一体になった花の複合おしゃれスポット

青山フラワーマーケット今年、南青山・骨董通り側に最大面積のフラッグシップショップとしてリニューアルオープンした「青山フラワーマーケット 南青山本店」。花と緑にあふれるフラワーショップや国内外からセレクトされた約1,000種類の花瓶が並ぶフラワーベースギャラリー、エディブルフラワーを使ったメニューが大人気のティーハウス、デイリーフラワーを気軽に楽しむコツを教えてくれるフラワースクールも併設。都内にいながら花に囲まれ癒やしのひと時が楽しめます。

高感度の大人を魅了するセンスあふれる花と緑

青山フラワーマーケット
巨大な樺桜の幹を使ったダイナミックなディスプレイの店内。

国内122店舗を展開する青山フラワーマーケットのフラッグシップショップとしてリニューアルオープンした南青山本店。花のセレクトは店舗ごとに異なり、その土地の文化や人々の求めるものに応じて店長がそれぞれ仕入れをしています。南青山といえば、ファッションやアート、美食の最先端エリア。東京で最も感度の高い大人たちが集う街の花屋として、南青山本店には常時ハイセンスでユニークなセレクトの花が数多く並びます。夏はモカラやデンファレ、バンダなど花もちの良いラン類やクルクマ、ヒマワリがおすすめ。国内外のコンテストで受賞した花のコーナー「THE FLOWER」にはこの夏、グラマラスなリシアンサスが登場します。育種家の情熱が注がれた超進化系の花も見逃せません。

青山フラワーマーケット
旬の花をアレンジしたブーケコーナー。
青山フラワーマーケット
定番のバラにもユニークな品種が多数。

都会でヒマワリ畑が体験できる「青山ヒマワリ祭り」

青山ヒマワリ祭り
8月から開催される「青山ヒマワリ祭り」は、最初の3日間、ヒマワリづくしで店内が彩られる (画像は昨年ヒマワリ祭りを実施した、青山フラワーマーケット 新宿東口店の様子)。

8月1日(月)~8月7日(日)までは、ヒマワリが青山フラワーマーケット、ティーハウス、ハナキチの店内を埋め尽くす「青山ヒマワリ祭り」が開催されます。夏の太陽に向かって元気に花を咲かせる大輪花というイメージのヒマワリですが、近年はアレンジしやすい小輪や中輪、ふわふわとした八重咲き、色もレモンイエローからクリーム色、テラコッタカラー、2色咲きなどそのバリエーションはとても豊か。新しいヒマワリの魅力が発見できます。遠方の方にも一緒にヒマワリ祭りを楽しんでもらうため、Aoyama DIRECT(オンラインショップの産地直送サービス)や、高速バス輸送サービスを活用したヒマワリの販売がこの時期限定で南青山本店でも実施されます。

ヒマワリ
グラデーションカラーがおしゃれなヒマワリ。

夏の花を長もちさせるコツも伝授!「ケアツールフェア」

青山フラワーマーケット
花のある暮らしに欠かせない便利なグッズも充実。

夏は切り花のもちが悪くなりがちですが、その原因は水の汚れと栄養不足。切り花を長く持たせるコツは、スパッと切れ味の良い花ばさみと清潔な水。8月は花のある暮らしに役立つ選り優りのツールをテーマにした「ケアツールフェア」が開催され、限定オリジナル花ばさみの黒バージョンが並び、花を長もちさせるオリジナル切花鮮度保持剤「フレッシュフラワーフード」のタンクやミストメーカーなどがいつもよりお求めやすく購入できます。ヒマワリなどは茎に産毛が多く水が汚れる原因となるバクテリアが発生しやすいので、抗菌剤と糖分が主成分のフレッシュフラワーフードを使いつつ、花瓶の水を茎の先端が4〜5cm浸かる程度に加減すると夏でも花が長持ちします。

青山フラワーマーケット
2階は約1 ,000種類の花瓶が並ぶ 「フラワーベースギャラリー」。国内外からセレクトした花器や青山フラワーマーケット オリジナルベースなど、生けやすくおしゃれな花器が多数。
青山フラワーマーケット オンラインショップでも専用ページがあります。
https://www.aoyamaflowermarket.com/ext/flowervase.html

平日が狙い目の大人気カフェ「青山フラワーマーケット ティーハウス」

青山フラワーマーケット

移転前の店舗時から常に行列ができていた大人気のカフェ、「青山フラワーマーケット ティーハウス」は、“花農家の温室”がコンセプト。天井や窓辺などにディスプレイされた観葉植物が店内に瑞々しい空気感をもたらし、まさに都会のオアシスといった雰囲気。そんな癒やし空間のなかで提供されるメニューは「花かんむりのフレンチトースト」や「フラワーパフェ」、フレッシュハーブをたっぷりブレンドした「フレッシュハーブティー」、色とりどりの美しい花を加えた「フランス紅茶」など、エディブルフラワーやハーブを使った見目麗しい一皿ばかり。リニューアル後は席数を拡大していますが、休日のランチどきは並ぶので平日が狙い目です。

青山フラワーマーケットcafé
あちこちのテーブルから小さな歓声が聞こえる「花かんむりのフレンチトースト」。
青山フラワーマーケット
フレッシュハーブを5種使ったフレッシュハーブティー 。

自分のために花を飾ろう。デイリーフラワーのための花教室

青山フラワーマーケット

ティーハウスの奥にはフラワースクール「ハナキチ」も併設。青山フラワーマーケットのコンセプト「Living Wtih Flowers Every Day」を実践するための素敵に飾るコツや季節の行事に合わせた花あしらい、ブーケの作り方などを教えてくれます。また、外部のスペシャリストを招いた「花とワインの会 Flower Wine Night」などバラエティに富んだクラスも用意。素敵な大人のたしなみとして、季節の花をササっとあしらうテクニックを身につけてみませんか。

青山フラワーマーケット
8月は風情あるホオズキや草花と、複色のカラーを束ねるレッスンなどが開催。

花を買って、食べて、学べる青山フラワーマーケット南青山本店。花のある素敵な暮らしの扉を開きに、週末お出かけしてみませんか。

Information

青山フラワーマーケット 南青山本店

住所/東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山1階・2階
電話/03-3486-8787
営業時間/10:00~20:00、日祝 10:00~19:00

青山フラワーマーケット ティーハウス 南青山本店

電話/03-3400-0887
営業時間/8:00-19:00

ハナキチ

電話/03-3797-0704
営業時間/火-金:10:00-21:00 土日祝:10:00-18:00
定休日/月曜日 ※変動あり

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

写真提供/パーク・コーポレーション

Print Friendly, PDF & Email