チューリップは、球根を秋に植えつけることで、春の花壇を華やかに彩ってくれる植物です。日本で本格的に球根栽培が始まって普及し始めたのは、大正時代以降。昭和初期より童謡にも歌われたことから、いまでは子どもから大人まで、誰もが知っている馴染み深い花となりました。このチューリップを、よい状態で育て、きれいな花を咲かせるためには、土が重要です。チューリップの植えつけと土作りについて、掘り下げてみましょう。All Aboutガイドで、ガーデンライフアドバイザーの畠山潤子さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

チューリップを育てる前に知っておきたいこと

チューリップは秋植えの球根植物で、多種多様の品種があります。その数は5000種を超えるとも。花色や花姿が豊富で、早春から春の花壇を彩りとして、欠かせない植物です。

チューリップの基本データ
学名:Tulipa
科名:ユリ科
属名:チューリップ属
原産地:中央アジア~地中海
和名:鬱金香(ウコンコウ、ウッコンコウ)
英名:tulip
開花期:3~5月
花色:赤、ピンク、黄、オレンジ、白、緑、紫、黒、複色
生育適温:5~20℃前後
切り花の出回り時期:12~3月
花もち:5~7日

チューリップは、園芸ビギナーの方にも育てやすい植物です。チューリップを球根から育てるなら、秋、10~11月頃が植えつけの適期です。翌年の1月中頃から芽出し球根のポット苗も出回ります。球根を植えそびれた場合は、このポット苗から育て始めるとよいでしょう。

チューリップにとっての、土の役割とは…

チューリップは土中に根を張り巡らせることで、自分自身の体を支えています。それと同時に、土中の根で呼吸を行ったり、水で溶け出した土中の栄養分を根から吸い上げたりしています。つまり、チューリップの根は、人間でいうと、体を支えるための足であり、呼吸をするための肺であり、栄養補給をするための口(胃)であるといえるでしょう。

また、土は、その大切な根を、夏の強い日差しや高温、乾燥、風といった急激な環境変化から守る役割を担っています。これは人間にたとえると、「住まい」にあたる役割を果たしているといえます。

元気に育てるための、チューリップの土作り

用土とは、園芸で使われる土のこと。さまざまな種類があります(※後述)。培養土とは、数種類の用土がブレンドされ、そのまま使用できる土のことです。

チューリップは水はけのよい、弱酸性の土を好みます。

チューリップの球根を鉢植えにする場合は、市販の草花用培養土で問題ありません。「球根用」とか「チューリップ用」と書かれた培養土も市販されています。

植えつけの際は、清潔で新しい培養土を使うようにしましょう。古い土は「団粒構造(※後述)」が崩れ、水はけが悪くなりがちです。古い土には、病原菌や害虫の卵などが潜んでいることがあるので、注意しましょう。

なお、製品により、チューリップに対しては水はけが悪いこともあります。そういったときは、砂やパーライトを足すことで改善されます。

自分で単用土(※後述)をブレンドして作る場合には、赤玉土と腐葉土、パーライトを6:3:1の割合で混ぜます。

地植えの場合には、日当たりと水はけのよい場所を選び、あらかじめ堆肥や腐葉土をすき込んで耕しておきます。水はけが悪いときは、川砂も加えて、水はけをよくしてください。

酸性土の中和のために、苦土石灰を施したり、用土に籾殻くん炭や草木灰を混ぜたりするのも有効です。

いずれの場合も、あらかじめ元肥として緩効性肥料を施しておきましょう。

よい土は、水はけ、水もちに優れています

チューリップをはじめとした植物の栽培には、水はけ(排水性)、水もち(保水性)、通気性、保肥性に優れた「よい土」が必要となります。

「よい土」とは、園芸用語でいう「団粒構造をもつ土」のことです。団粒構造とは、砂や粘土など、さまざまな土の粒子(単粒)がくっつきあって、小さな固まり(団粒)を形成して重なっている状態を指します。団粒のなかには小さい隙間が、団粒と団粒の間には大きな隙間があります。それらの隙間が、それぞれ排水、通気、保水、保肥に役立ち、植物が根を張りやすい環境を作っているのです。このようなよい土は、フカフカとしていて、よい匂いがします。

ホームセンターや園芸店には、たくさんの土が販売されています。あらかじめメーカーでブレンドされ、袋詰めされた培養土のほかに、「赤玉土」とか「黒土」などの単用土も販売されています。園芸ビギナーの方は、どれを買ってよいのか迷われるかもしれません。次の項で紹介する用土の特性を参考に、育てる環境や選んだ商品に合わせて、混ぜる用土を見極め、「よい土」に仕立ててください。

補足として、赤玉土7~6:腐葉土3~4のブレンドは、ベースとして、ほとんどの植物に使えます。覚えておくとよいでしょう。

種類を知ることが、適した土作りへの近道

土の種類について知ることは、植物栽培に必要な「よい土」作りに役立ちます。ここでは、ひととおり、土の種類とその特徴を見てみましょう。

黒土
畑土などにみられる、黒い土。粒子が細かく、多用すると水はけが悪くなるため、コンテナなどの容器栽培には不向きとされています。

赤玉土
関東ローム層の赤土をふるって粒子を揃えたもので、水はけ、水もちがよいのが特徴。小粒・中粒・大粒と選別されて袋詰めになっています。ほかの用土とブレンドして使うときは、中~小粒のものを選びます。

鹿沼土
栃木県鹿沼地方で産出される粒状の軽い土。水はけ、水もちがよく、性質は赤玉土に似ています。酸性なのでツツジやサツキ、山野草などの栽培向き。

腐葉土
広葉樹の落ち葉を腐熟させたもので、水はけ、水もち、通気性に優れています。肥料分はそれほどありませんが、土中の微生物を増やして土を活性化する働きがあります。袋を開けたとき、カビや嫌な匂いのするものは使用を避け、しっかり完熟したものを使いましょう。

堆肥
藁、落葉、野菜くずなどを腐熟させたもので、土中の微生物を増やし、水はけや通気性をよくする働きがあります。腐葉土よりは、有機質の肥料分が含まれます。 腐葉土同様に、しっかり完熟したものを使います。

ピートモス
水ゴケ、シダなどが堆積し泥炭化したもので、軽くて水もち、通気性がよいのが特徴。 酸性が強いので、一般的な草花には「酸度調整済み」のもの、酸性の土を好む植物には「酸度未調整」と表記されたもの、と使い分けてください。

バーミキュライト
蛭石を高熱処理して膨張させた人工用土で、軽いのが特徴。水はけ、通気性、保肥力に優れています。

パーライト
真珠岩を高熱処理して膨張させた、白い粒状の軽い人工用土。 配合することで、水はけ、通気性がよくなります。


水はけや通気性をよくするために用いられます。川砂が一般的ですが、 群馬県桐生地方で産出される「桐生砂」や、富士山周辺から産出される「富士砂」は火山砂礫で、主に山野草の栽培などに使われます。

水ゴケ
湿原のコケ類を乾燥させたもの。軽くて通気性がよく、保水性に優れています。

籾殻くん炭
籾殻を燻して炭化させたもの。水もち、通気性に優れ、根腐れ防止の効果があります。アルカリ性なので、酸性土の中和にも使われます。

たとえば、いつも水やりしすぎて過湿で植物を枯らしてしまう場合は、ベースに砂やパーライトを加えることで、水はけをよくすることができます。用土の種類と特性を知っていれば、このように、自身で調整し、より「よい土」を作ることができるのです。

※市販の「○○用」などと銘打った培養土は、これら用土の特性を生かして、配合割合を各社で研究してブレンドしたものになります。

チューリップの植えつけの時期

チューリップの球根は、10~11月頃が植えつけの適期です。チューリップの根の生長適温は、10℃前後なので、気温が下がりにくい地域では12月初旬までなら、植えつけることができます。

1月中頃から、園芸店やホームセンターの園芸コーナーなどに「芽出し球根」が出回ります。苗から育て始める場合は、購入したポット苗をできるだけ早く定植しましょう。

土のほか、植えつけ時に準備したいもの

用土について理解を深めたら、実際の植えつけについて、紹介しましょう。チューリップの球根を鉢に植えつけるときは、以下のものを用意します。

準備するもの(鉢植え、地植え共通)
・適した土(前述のとおり)
・植え付けるチューリップの球根
・土入れ、移植ゴテ(球根植え用のバルブプランター、ディバー)
・ジョウロ

*鉢植えの場合は、下記のものも用意
・鉢(浅鉢は避けます)
・鉢底ネット
・鉢底石(なくても可、砕いた発泡スチロールで代用も可能)

チューリップは過湿により球根が腐ってしまうことがあるので、植えつけ用の鉢は、それ自体に吸水性、通気性がある素焼き鉢が望ましいです。しかし、寒冷地では鉢の水分が夜間の冷え込みで膨張し、鉢が割れてしまうことがあります。近年はポリカーボネートやグラスファイバー製など、多種多様な鉢が出回っていますので、環境にあったものを使用しましょう。

鉢底石は排水の意味でもよいのですが、球根を植えたあと根が伸びるスペースを確保したいので、鉢の高さにあまり余裕がない場合は、鉢底ネットの上に培養土だけでも構いません。もちろん、培養土は水はけのよいものを使用します。

鉢底石の代わりとして、砕いた発泡スチロール(清潔なもの)を使うこともできます。

チューリップは日向を好みますので、植え場所や鉢の置き場所も考慮しておきましょう。

チューリップの植えつけ方法が知りたい

必要なものを準備したら、次は実際の植えつけに。手順は以下のとおりです。

鉢植えの場合

①鉢に鉢底ネット、鉢底石を入れ、培養土を鉢の上端から8~10㎝くらい(球根の高さ+ウォータースペース分)まで入れておきます。鉢植えの場合は、根張りのスペースを取りたいので、球根の頭が隠れる程度の浅植えになります。
②培養土の上に球根を並べます。球根同士の間隔は、球根1個分が目安です。このとき、球根の向きに注意してください。球根は上から見ると円ではなく、平らな面とふっくらしている面があります。これを一定の向きに揃えて植えることで、その後に展開する葉の向きが揃います。
③球根の上に覆土をして、植えつけ完了です。

球根植えに特化した穴掘り(バルブプランター、ディバー)がある場合は、鉢の上端から2~3㎝くらいウォータースペースを確保して培養土を入れ、穴を開けます。球根の向きを揃えて配置して、覆土をします。

地植えの場合

①事前に土作りを済ませて、よく耕しておきます。
②球根の植え穴を掘ります。深さは、球根の高さ2~3個分が目安です。
③植え穴に球根を並べます。植え付け間隔は、球根2~3個分が目安です。
④球根の上に覆土をして、植えつけ完了です。

鉢植え同様に、耕してならした地面に、穴掘りで穴を開けて植えつけても構いません。地植えした場合は、誤って掘り起こしてしまわないよう、どこに植えたのか、わかるように印をつけておくとよいでしょう。

鉢植え、庭植えとも、植えつけ後、たっぷりと水やりをしておきます。

植えつけをするときの注意点はこちらです

球根を植えつける際に間隔を詰めすぎると(密植)、花が咲いたときは豪華ですが、その後来年に向けての球根の肥大はあまり望めません。球根は1年限りと割り切って植えるのであれば、開花期の違うものを組み合わせたり、花色を変えてデザインして密に植えると、春の開花時には見応えのあるものができます。

なお、球根の上に覆土をする際は、ギュウギュウと力を入れて押しつけると、土中の空気が抜けてしまいます。球根が安定する程度に、優しく押さえるようにしましょう。

Credit

記事協力

監修/畠山潤子
ガーデンライフアドバイザー
花好きの母のもと、幼少より花と緑に親しむ。1997年より本格的にガーデニングをはじめ、その奥深さや素晴らしさを、多くの人に知ってもらいたいと、ガーデンライフアドバイザーとして活動を開始する。ウェブ、情報誌、各種会報誌、新聞などで記事執筆や監修を行うほか、地元・岩手県の「花と緑のガーデン都市づくり」事業に協力。公共用花飾りの制作や講習会講師などの活動も行っている。
All Aboutガーデニングガイド
Flower Garnet

Print Friendly, PDF & Email