四季がはっきり変化する日本には、豊かな自然と幅広い植物群、そして花を美しく咲かせる技術力があり、海外からも注目されているガーデンがたくさんあります。全国各地で育まれ、訪れる人々を感動させる花咲く数々のスポット。人生で一度は訪れてほしい観光ガーデンへご案内します。

Print Friendly, PDF & Email

広大な花風景に癒されるスポット

1995年に開園した、34,000㎡もの面積をもつ「国営備北丘陵公園」。森と湖(国兼池)に囲まれた緑豊かな自然の環境に恵まれ、リフレッシュに訪れるのにうってつけの公園です。「ふるさと・遊び」をテーマにしたレクリエーション施設が多様に揃っていますが、花を愛でに訪れるなら「花の広場」「みのりの里」「ひばの里」エリアを園内マップでチェックを。大変広い敷地のため、公園全体を歩けば2時間以上はかかるため、目的のエリアにターゲットを絞って最寄り駐車場を利用するのがオススメです。

敷地の広さを生かして季節の花を群植し、面で魅せる風景が「国営備北丘陵公園」の魅力です。春はスイセン、チューリップ、ネモフィラ、初夏はアジサイ、夏はヒマワリ、秋はコスモスが満開になります。また、各季節の開花時期に合わせて「スイセンファンタジー」「備北花ピクニック」「備北夏まつり」「備北コスモスピクニック」などのイベントを開催。期間中の週末を中心に、ワークショップやコンサートが開かれます。

春は丘陵一面をスイセン、チューリップ、
ネモフィラが覆い尽くすように咲く

国営備北丘陵公園のスイセン

写真は「国営備北丘陵公園」にて、3月下旬〜4月上旬に見頃を迎える「みのりの里 スイセンガーデン」。約15,000㎡の敷地に約700品種、約150万本のスイセンが咲き乱れ、丘一面を覆い尽くします。このエリアでは3月下旬にウメが、4月上旬にハナモモが見頃に。花木とスイセンとのコラボレーションによる、華やかな景色を楽しみましょう。

国営備北丘陵公園 花の広場

「花の広場」のエリアでは、4月中下旬にチューリップが見頃を迎えます。15,000㎡の敷地に10品種、25万株のチューリップを群植。2018年春に「はなの展望台」がリニューアルし、展望台から花のカーペットを一望できるので、ぜひ登ってフォトジェニックな写真を撮りましょう。チューリップの後はビオラ、アイスランドポピーへと咲き継がれます。

また、同時期に「みのりの里 ピクニック広場」のエリアでは、ネモフィラが丘一面に咲く景色を楽しめるので、こちらへもぜひ足を運んでください。

初夏は1万株のアジサイを
夏は5万本のヒマワリを愛でよう

国営備北丘陵公園 アジサイ

「ひばの里」のエリアのアジサイは、6月下旬〜7月上旬が見頃。100品種、1万株が植栽されています。明治から昭和初期の里山の風景を再現した「ひばの里」の風景と共に、風情のあるアジサイの姿を楽しみましょう。ちなみに園内はリードをつけていればペットの同伴もOK。ワンちゃんと一緒に散歩を楽しむのもいいですね。

また、アジサイと同じ時期に見頃を迎えるのが、約50品種1,500株のハナショウブ。こちらは6月中旬頃が見頃です。

国営備北丘陵公園 ヒマワリ

「みのりの里」エリア内にある「ピクニック広場」では、約5,000㎡に、約5万本のヒマワリが植栽されます。8月上旬〜中旬が見頃のピーク。ヒマワリ畑に入ることはできませんが、周辺に道があるので間近に見ることができます。いっせいに顔を向けるヒマワリたちの姿は壮観のひと言!

秋はコスモス畑の壮大な景色を楽しみ
冬はイルミネーションのナイトガーデンを満喫

国営備北丘陵公園

「花の広場」エリアでは、9月下旬〜10月上旬に180万本のコスモスが一面を埋めるように開花します。この付近ではケイトウ、ジニアも見頃に。園内は飲食の持ち込みが自由ですから、空が澄んで、わたる風がすがすがしい秋のレジャーシーズンに、ピクニック気分で出かけてはいかがでしょうか。

国営備北丘陵公園 紅葉

「国営備北丘陵公園」では、11月10日〜翌年1月14日(2018〜2019年秋冬)に、イルミネーションが点灯します。点灯時間は17:30〜21:00(入園は20時まで)。

特に11月下旬頃の紅葉の時期は、ライトアップと相まって幻想的な景色に包まれます。

国営備北丘陵公園 イルミネーション

「ILLUMI&花火のコラボ」は、満天の星空の下、打ち上がる花火とイルミネーションの光景をお楽しみいただける大人気イベント!(開催日は毎年異なります。詳細はHPでご確認ください)。

樹木や地形を生かした奥行きのある光景が楽しめ、敷地の広い公園ならではのバラエティーに富んだ景色が広がります。ウインターシーズンならではの、光の花咲くナイトガーデンを楽しみましょう!

国営備北丘陵公園 ボタン

「ひばの里」エリアでは、1月下旬〜2月中旬に「冬咲きぼたん展」を開催。白雪の舞うなか雪囲いに守られて凛と咲く、冬咲きぼたんの可憐な姿には心を打たれるものがあります。

ちなみに「ひばの里」のすぐ隣のエリア「中の広場」には、「お食事処 中の茶屋」があるので、歩き疲れた時には休憩にご利用を。ランチの価格帯は550〜1,000円。ソフトクリームやかき氷などもあります。また、売店「ランバス」では、地元銘菓や特産品などが多数揃うので、お土産をお探しなら、ぜひ足を運びんでみてください。

Information

国営備北丘陵公園

所在地:広島県庄原市三日市町4-10
TEL:0824-72-7000(備北公園管理センター)
http://www.bihoku-park.go.jp/

アクセス:車/中国道庄原ICより、北入口:約5分、中入口:約10分
中国横断道三次東JCT・ICより、中入口:約15分

オープン期間:周年

休園日:月曜(「備北花ピクニック」「備北夏まつり」「備北コスモスピクニック」「備北イルミ」期間中は毎日開園)、12月31日、1月1日

営業時間:9:30~17:00 (3~6月・9~10月)、9:30~18:00(7~8月)、9:30~16:30(11月~翌年2月) ※入園は閉園時間の1時間前まで

料金:大人/450円、中学生以下/無料、シルバー(65歳以上)/210円

駐車場:有り・普通車2,460台、大型車40台(普通車310円/大型車1030円/二輪100円)

併せて読みたい

花の庭巡りならここ! バラが爛漫と咲き乱れる「河口湖オルゴールの森美術館」
花の庭巡りならここ! 自然美にため息がこぼれる「深山イギリス庭園」

Credit

取材&文/長田節子
ガーデニング、インテリア、ハウジングを中心に、ライフスタイル分野を得意とするライター、エディター。1994年より約10年の編集プロダクション勤務を経て、独立しフリーランスで活動。特にガーデニング分野が好きで、自身でも小さなベランダでバラ6姉妹と季節の草花を育てています。草花や木の名前を覚えると、道端で咲いている姿を見て、お友達にばったり会って親しく挨拶するような気分になれるのが醍醐味ですね。
https://twitter.com/passion_oranges/

Print Friendly, PDF & Email