プチプラ雑貨を使って、もっと暮らしと花を楽しんでみませんか? 100均などのプチプラ雑貨とフラワーアレンジを日々楽しむ、フラワーデザイナーの川守由利子さんに、プチプラ花コーデを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

5/1はスズランの日です。フランスの風習で、大切な方へスズランのお花を贈る日♪

スズラン

スズランは、キャンドウの瓶に飾りました。

キャンドゥの瓶

スズランは、葉も一緒に飾りたい。そこで、背の高い器だとスズランの葉を生かせないので、どれがよいか探していたら…。キャンドウで買った、この瓶がぴったりでした。

同じくキャンドウで買ったタグを瓶につけて、あとは水を入れてスズランを入れるだけ。

スズラン

爽やかな香りに癒やされます! 下に敷いたのは去年セリアで買って、この季節に飾ろうと思っていたスズランの絵が入ったトレイ。

スズラン

活躍の時期になりました。

スズランを1本飾りたいときは、キャンドゥで買ったこの小瓶↓や、

キャンドゥの瓶
スズラン

先日「セリアのオイルポットは、素敵な一輪挿しになります」の記事で使ったセリアのオイルビネガーポットもぴったりです。

スズラン

スズランの日が終わっても、スズランの季節はしばらく続くので、楽しみたいと思います♪

【材料】
*花材など*
・スズラン・・・1本 150円×3
*その他*
・ガラス瓶(キャンドゥ)・・ 100円
以上、価格は税抜き。

ほかに、タグなどを用意。

今日もお読みくださり、ありがとうございました♪

スズランの画像をもう1枚(^^♪。

*スズランには毒がありますので、活けた水などをペットや小さな子どもが飲んだりしないようご注意ください。

スズラン

幸福が訪れますように~。

Credit

記事協力

川守由利子

川守由利子
『ブーケ・ドゥ(Bouquet Doux)』主宰。
花店勤務を経て、2006年に独立。『花時間』第6回フラワーアーティストオーディションに優勝し、現在、東京・自由が丘にて花教室を主宰している。アトリエ名は、“甘くやさしい花束”という意味の仏語から。その名のとおり、心なごみ笑顔になる、柔らかな印象のアレンジを中心に、雑誌やwebでも活躍中。手作りが得意で、プチプラ雑貨と“花”を組み合わせて楽しむアイデアを連載中。
http://bouquet-doux.com
https://www.instagram.com/bouquetdoux_flower

Print Friendly, PDF & Email