プチプラ雑貨を使って、もっと暮らしと花を楽しんでみませんか? 100均などのプチプラ雑貨とフラワーアレンジを日々楽しむ、フラワーデザイナーの川守由利子さんに、プチプラ花コーデを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

サクラを買ってきました♪ これは啓翁桜(けいおうざくら)。ひと足先に、お花見気分を味わいたいと思います。

早速、シンプルな花瓶に、このまま活けてみます。

桜の枝

花瓶の横に桜を置いてみました。見比べて、水の中に入りそうな枝を落とします。

桜の枝のアレンジ

カットした短い枝は、また別の器に活けるとして…。

サクラの枝は、切り口に十字にハサミを入れました。枝ものは、こうしたほうが水あげがよくなります。

桜の枝の水揚げ

水の中には、切り花用の鮮度保持剤を入れます。

切り花用鮮度保持剤

これまで、鮮度保持剤は時々入れ忘れるときがありました( ̄∀ ̄)。しかし、先日の実験以降は、忘れずに毎回入れています。

こうした準備が整ったら、あとはシンプルにサクラを花瓶に入れるだけ。

桜の枝のアレンジ

つぼみがあるので、これから咲いてくるのも楽しみです!

 もうすぐサクラの季節になりますね!! アトリエ前はサクラの並木道。少しずつ、つぼみがふっくらとしてきました。

【材料】
*花材など*
啓翁桜(けいおうざくら)・・・250円×2本
以上、価格は税抜き。
ほかに、花瓶を用意。

今日もお読みくださり、ありがとうございました♪

サクラの季節は、サクラが見えるレストランを探して予約しようと、毎年この時期になるとそわそわ。最近は、アトリエ前のサクラ並木の通りに、カフェやイタリアンがいろいろとオープンしています。近場で、お花見気分を味わえそう~。皆さんも、お気に入りのサクラスポットありますか?

Credit

記事協力

川守由利子

川守由利子
『ブーケ・ドゥ(Bouquet Doux)』主宰。
花店勤務を経て、2006年に独立。『花時間』第6回フラワーアーティストオーディションに優勝し、現在、東京・自由が丘にて花教室を主宰している。アトリエ名は、“甘くやさしい花束”という意味の仏語から。その名のとおり、心なごみ笑顔になる、柔らかな印象のアレンジを中心に、雑誌やwebでも活躍中。手作りが得意で、プチプラ雑貨と“花”を組み合わせて楽しむアイデアを連載中。
http://bouquet-doux.com
https://www.instagram.com/bouquetdoux_flower

Print Friendly, PDF & Email