なにか収穫できるものを育てましょう。立派な畑がなくても大丈夫。朝食一食分の収穫なら、小さな庭やベランダの鉢植えでも十分つくれます。毎日少しずつ収穫して料理に使えば、一度に使いきることなく長く楽しめます。

Print Friendly, PDF & Email
プチトマトのミニキッシュ from フランス

Menu.1 プチトマトのミニキッシュ from フランス

キッシュはフランスのロレーヌ地方の家庭料理。パイやタルト生地でつくった器の中にアパレイユというクリーム液と具材を入れ、オーブンで焼いた料理です。このレシピでは市販のタルト生地を使うので、とても早く簡単にできますよ。一口サイズなのでアペタイザーやワインのおつまみにぴったり。トマトに加え、キノコやサーモンなどを入れても美味しくいただけます。

 

How to cook

材料:ミニトマト約10粒、アパレイユ(卵1個、牛乳・生クリーム各50cc)、タルト生地(焼いてあるもの)10個、パルメザンチーズ適量、塩少々

  1. ミニトマトはヘタを取って半分に切ります。オーブンを180度に予熱しておきます。
  2. アパレイユの材料を混ぜ合わせてタルト型に入れます。
  3. ミニトマトのタネ側が上部へ向くよう2の中に浮かべ、塩少々を振ります。
  4. お好みでパルメザンチーズをかけて、オーブンで10〜15分焼いて完成。アパレイユの固まり具合を見ながら時間を調整してください。

 

ドライトマトとサーディンのブルスケッタfrom イタリア

Menu.2 ドライトマトとサーディンのブルスケッタfrom イタリア

ブルスケッタとはイタリアのおつまみ。ガーリックトーストをベースにしたもので、バゲットの上に野菜や生ハム、チーズなどさまざまな具材をトッピングします。このレシピではドライトマトを使いますが、ミニトマトなら長時間かけてドライにしなくても、簡単にドライ風に味を濃縮させることができます。家庭菜園でたくさん採れるミニトマトの消費にもオススメです。

 

How to cook

材料:ミニトマト約20個、バゲット、ローズマリーパウダー少々、砂糖大さじ1、塩小さじ1/2、ニンニク1片、オリーブオイル、オリーブの実、オイルサーディン、コショウ、あればディルの葉

  1. ミニトマトのヘタを取って半分に切り、タネの方を上にしておきます。上から砂糖と塩、ローズマリーパウダーを混ぜたものをまんべんなく振ります。
  2. フライパンを熱し、ミニトマトのタネの方を下にして弱火〜中火で水分がなくなるまで焼きます。
  3. バゲットを2〜3cm厚に切り分けて、表面をオーブントースターなどでカリッと焼きます。
  4. パンが熱いうちに、縦半分に切ったニンニクの切り口を、表面に2〜3回すりこむように塗り、オリーブオイルを垂らします。
  5. 4に細かく刻んだオリーブの実、2のミニトマト、オイルサーディンをのせ、ディルの葉を散らしたら完成。

 

How to grow ミニトマト栽培にチャレンジ

ミニトマトはトマトの中でもとりわけ育てやすく、プランターでも栽培できるので、栽培の初心者にもオススメです。土は市販の野菜の培養土でかまいませんが、しっかりとした支柱を立ててあげる必要があります。支柱は1本では心もとないので、3本をピラミッド状に立てて頂部を麻ヒモなどでしばってまとめるか、オベリスクなどを使用します。植え付け後、草丈が伸びるに従って、茎を麻ヒモなどで止めつけてやります。ミニトマトは他のトマトと異なり、脇芽摘みの必要はありません。病虫害の心配はほとんどありませんが、テントウムシダマシと呼ばれるニジュウヤホシテントウという害虫が葉を食い荒らすことがあるので、見つけたら捕殺しましょう。ミニトマトの味をよくするコツは乾燥気味に育てることです。表土がすっかり乾いて白くなってから水やりをしましょう。また、多肥は禁物。追肥は必要ありません。実は赤くなってから雨に当たると割れてしまうので、雨の前に収穫するか、雨のときは軒下などに移動しましょう。ですから、家庭では移動可能な鉢植えの方が育てやすいかもしれません。

併せて読みたい

ミニトマトの成長にあわせた支柱でベランダ菜園
自家製トマトソースの作り方【家庭菜園の楽しみ】
プランターで育てよう! ミニトマトの栽培方法【植え付け編】

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Photo/1)Anastasia_Panait/2)Timolina/Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email