神奈川・横浜で30坪(約99㎡)の庭を持ち、15年庭づくりをしてきた前田満見さんが、2016年に友人と2人で初めてイギリスを訪ねました。テーマは、憧れのイングリッシュガーデンを巡る旅。湖水地方からコッツウォルズ、ロンドンで訪れた数々のガーデンは、想像と期待を遥かに越えた美しさと、言葉では言い尽くせないほどの感動を与えてくれました。

Print Friendly, PDF & Email

ヒドコートマナーガーデンからのどかな道を歩いて約15分。ヒドコートの次は、キフツゲートコートガーデンへ向かいました。現在、イギリスの名園の多くがナショナルトラストによって管理されていますが、この庭園は、今なお、母娘3代の女性によって受け継がれていることで有名です。初代のヘザー・ミュアー夫人が、庭づくりを始めたのが1918年といわれているので、なんと約100年もの間、ミュアー家の女性たちによって守られてきたのです。わが家の小さな庭でさえ、一年一年維持していくことは容易ではないのに、その費やした時間と労力を想像するだけで気が遠くなります。

しかも、ヘザー・ミュアー夫人が植えたバラが絶えることなく、初夏には満開の花を咲かせるのだそう。後に新品種‘ロサ・フィリッペス・キフツゲート’と命名された有名な白いつるバラです。まさに、キフツゲートコートガーデンを象徴する花。ひと目見られたらと胸が高鳴りました。

 

エレガントな建物と植栽のハーモニー

庭園の入り口には、庭主さんと思しき女性が簡素な椅子に座って受け付けをしていました。訪問者の一人ひとりに、にこやかな笑みを浮かべながらチケットを渡しています。これまで見て来た庭園と違って、とてもアットホームな雰囲気。「ようこそ、わが庭へ」と、お招きされたような気分になりました。

ワクワクしながら庭園に入ると、まず目の前に現れたのが、ルーフバルコニーのあるエレガントなお屋敷。蜂蜜色の明るい石壁には、満開の藤の花が絡んでいました。まるで、「ロミオとジュリエット」の映画のような光景に、しばしうっとり。その正面のツゲで囲われた花壇には、紫〜ピンク色のグラデーションの優しい色調の花々が植栽されていました。

中でも目を奪われたのが、変わり咲きのシャクヤク。アジア原産のこの花は、古来より、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と、高貴で華やかな女性を表す花として、日本人に愛されてきました。その優美さが、国を超えてイギリスでも愛されていることに、親しみと感動を覚えました。きっと、ミュアー家の女性の皆さんは、このシャクヤクのような方々に違いありません。

 

ロイヤルブルーの椅子と噴水のある憩いの場所

以前、ガーデン雑誌でキフツゲートコートガーデンの写真を見た時、目に焼きついた一つが、ロイヤルブルーの椅子です。草花よりも目立つ鮮やかすぎる色に、実は、ちょっと違和感を感じていました。けれども、実際に見てみると、その鮮やかな色こそが、広い花壇の引き締め役になっていることに気がつきました。しかも、アイキャッチ効果が抜群なので、思わず座って写真を撮りたくなります。実際、訪れていた方のほとんどが、噴水の水音を聞きながら、この椅子に座って写真を撮っていました。「庭づくりにガーデンチェアーの色選びは重要」、そう学んだ気がしました。

 

ロックガーデンからローアーガーデンへ

庭園の地図には、噴水の庭の先のローズボーダーの脇に、楽しみにしていた‘ロサ・フィリッペス・キフツゲート’があると記されていました。けれども、残念なことに、花も蕾さえも見ることができませんでした。やはり、訪れた時期が早かったようですね。それでも、歩く度に変わる景色を楽しみながら進むと、斜面に沿ってロックガーデンが現れてきました。

次第に針葉樹や落葉樹の大木が辺りを囲み、山の斜面を下っているような感覚に。心なしか空気もひんやりと感じました。足元には、樹木の微かな木漏れ日を浴びるように、フウロソウやオダマキ、エリゲロン、シレネなどの可憐な愛らしい花がたくさん咲いていて、なかなか前に進めませんでした。

そして、樹木の間から斜面の下に見えてきたのが、緑鮮やかな芝生と半月形のプール。どうやら、ここがローアーガーデンのようです。手入れの行き届いた芝生に降りると、目の前がパーッと開け、コッツウォルズの町並みが広がっていました。高台から見下ろすその景色のなんと美しいこと。まるで、一幅の絵画を見ているようでした。私たちはベンチに座り、野鳥の楽しげなハーモニーと爽風に擦れる木々の葉音を聞きながら、暫くその景色に見とれました。

同時に、このキフツゲートコートガーデンに注がれ、脈々と受け継がれてきたミュアー家の女性たちのガーデニングへの情熱と、コッツウォルズの美しい自然への敬意。まさに、イングリッシュガーデンの真髄を目の当たりにしたような気がして、痺れるような感動が心の底から湧き上がってきました。

 

写真&文/前田満見

Print Friendly, PDF & Email