プチプラ雑貨を使って、もっと暮らしと花を楽しんでみませんか? 100均などのプチプラ雑貨とフラワーアレンジを日々楽しむ、フラワーデザイナーの川守由利子さんに、プチプラ花コーデを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

マクラメハンギングなどにも使える素焼きの鉢は、近所の金物屋さんで110円で手に入れたもの。何個か買っていたのを保管していて、見るたびにペイントしたい衝動にかられていました! そしてダイソーの水性塗料はいつの間にか8色♪ これだけあるといろいろな色が作れそう。

ダイソーの水性塗料

今回はどれにしようかな。ちょうど先日、黄色のバラを買ったことだし、黄色でいってみよー!ということで、この鉢を黄色に塗ってみたいと思います。

鉢のペイント

いちど塗ったら、こんな感じに。

鉢のペイント

素焼きは塗っていると、塗料を吸い取るような感触があっておもしろいです。何度か塗ったあと、鉢の中にも少し塗っておきました。

鉢のペイント

塗った鉢にラベルを付けたくなったので、英字の紙を適当にカットして…。

英字のラベル

周りはやすりで、こすっておきました。

エイジング加工

最後に手でグチャっとして、木工用接着剤で鉢につけていきます。

英字のラベル 英字のラベル

雑につけるのがポイントです。

ラベル付き鉢

そこにお花を飾ります。今回は、先日飾っていた花と

バラ ローズマリー

生徒さんからいただいたローズマリーを一緒に!

飾る模様は、次回に続きます!

【材料】
*使用材料*
・素焼き鉢・・・110円(近所の金物屋さん・税込み)
・水性ペンキ(ダイソー)・・・108円(税込み)
ほかに
・ハケ
・木工用接着剤
・英字の紙
・ハサミなどを用意

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

私がよく使う英字の紙は、もう数年前に自由が丘の雑貨屋さんで買ったものでした。いろいろな種類がたくさん入っていて安かったです。今日の素焼きの鉢は、近所の金物屋さんのものです。うちの近所のダイソーは、もう少し大きめの素焼き鉢、大きさは2種類扱っていたので鉢が足りなくなったら、今度買ってみようと思います!

Credit

記事協力

川守由利子

川守由利子
『ブーケ・ドゥ(Bouquet Doux)』主宰。
花店勤務を経て、2006年に独立。『花時間』第6回フラワーアーティストオーディションに優勝し、現在、東京・自由が丘にて花教室を主宰している。アトリエ名は、“甘くやさしい花束”という意味の仏語から。その名のとおり、心なごみ笑顔になる、柔らかな印象のアレンジを中心に、雑誌やwebでも活躍中。手作りが得意で、プチプラ雑貨と“花”を組み合わせて楽しむアイデアを連載中。
http://bouquet-doux.com
https://www.instagram.com/bouquetdoux_flower 

Print Friendly, PDF & Email