皆さん、『オープンガーデン』という言葉をご存じでしょうか。オープンガーデンの歴史は英国から始まります。住みよい都市や国々を中心に、日本でも各地域に広がりを見せ、花を愛する仲間がどんどん増えています。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​マナーを守って気持ちよく観賞しましょう。

Print Friendly, PDF & Email

オープンガーデンを楽しもう

オープンガーデンの歴史

オープンガーデンとは、言葉のとおり、ガーデンをオープンに公開しますということで、対象は一般の住宅や施設、コミュニティーエリアなどの庭です。期間限定や事前の申し込みが必要など、各庭により制限がありますが、大切なことは、その目的です。

オープンガーデンの歴史は古く、1927年英国のナショナル・ガーデン・スキーム(NGS)という組織から始まりました。当初の目的はチャリティーでした。現在この組織が発行しているイエローブック(ガーデンの紹介Book)は世界的にも知れ渡り、他の国々にも大きな影響を与えています。

イングリッシュガーデンの元祖であるイギリスはもとより、ニュージーランド、オーストラリア、カナダと世界でも住みよい国々を中心に、日本でも各地域に広がりを見せています。

普及に伴ってコミュニケーションがよくなり、自然や花を愛する人が増え、ガーデンのつくり方も、家の見せ方も大きく変わってきました。

英国オックスフォードにある一般住宅。 アーチにあるNGSの黄色いサインがオープンガーデンの目印です。
英国オックスフォードにある一般住宅。
アーチにあるNGSの黄色いサインがオープンガーデンの目印です。

 

日本での普及は?

私たちの国、日本においても独自の形態で普及が進んでいます。現在、おそらく50を超えるオープンガーデンの組織が活動をしています。それぞれの地域や組織から、暮らしのガーデニングのスキルアップだけでなく花と緑の町づくり、人々の交流、学習、環境美化などさまざまな成果が報告されています。

日本の場合、地域によって風習や気候環境がかなり異なっているため、全国標準化は困難ですが、花や緑を愛する人々が、それぞれの素敵なガーデンをデザイン的、技術的、機能的に一生懸命、創意工夫されていることは、大変素晴らしいと思います。

「家の価値は庭で決まる」とよくいわれますが、「生活価値」「資産価値」「地域価値」という3つの価値が大事とされている今、このオープンガーデンの果たす役割も大きくなっていくでしょう。

これからガーデニングを始める方はもちろん、すでに長年やってきた方も、身近で参考になることがいっぱいです。皆さんも、ぜひお近くのオープンガーデンをのぞいてみてはいかがでしょうか。

39_p03

 

オープンガーデンの訪問マナー

オープンガーデンは、個人の庭がほとんどです。マナーを守って、楽しい庭めぐりの旅を堪能しましょう。

  • オープン期間や決められた時間は守りましょう。
  • 予約が必要な庭は、必ず予約してから行きましょう。
  • 庭の草花を傷つけたり、花・種などを勝手に持ち帰るのはやめましょう。
  • 庭を観賞する際、ご近所への配慮を忘れないよう心がけましょう。
  • 自分のゴミは持ち帰りましょう。
  • 留守中見せていただく時もルールとマナーに気をつけましょう。
  • 「ここからはご遠慮ください」とあったら入るのはやめましょう。
  • 庭を見せていただいた後は感謝の気持ちを伝えて帰りましょう。
  • 「外からどうぞ」と書かれている庭はチャイムを鳴らさないようにしましょう。

 

見事なクライマーローズの演出
見事なクライマーローズの演出

 

たくさんの人が訪れる様子
たくさんの人が訪れる様子

 

庭での食事に会話もはずみます
庭での食事に会話もはずみます

 

コレがオススメ! つる性のバラとカラーリーフで演出

つるアイスバーグ
つるアイスバーグ 清楚な美しい白バラで、晩秋には薄いピンク色を帯びる。

 

バレリーナ
バレリーナ 可愛らしく、清楚な雰囲気のシュラブ系のつるバラ。

 

ピラカンサ‘ ハーレクィーン’
ピラカンサ ‘ハーレクイン’ 斑入りの葉が冬季から早春にかけてピンクに発色。

 

メギ‘ ピンクラトラクション’
メギ ‘ピンクラトラクション’ 赤葉系のメギの中でもピンクの混じる優しい色彩の品種。
Print Friendly, PDF & Email