フランスのロワール渓谷といえば、シャンボール城やシュノンソー城など、フランスの古城巡りのメッカです。このロワール河畔に佇む古城の一つ、ショーモンシュルロワール城で毎年行われる「国際ガーデンフェスティバル」は、園芸愛好家から家族連れまで、多くの人々が楽しみに訪れるフランス最大規模のガーデンショーです。広大な敷地で行われたこのショーを、前編・後編に渡ってフランス在住の庭園文化研究家、遠藤浩子さんがレポートします。

Print Friendly, PDF & Email

アートと自然が出合うロワールの古城、ショーモンシュルロワール城

ショーモンシュルロワール城

15世紀以来の歴史をもつフランス王家に縁の深いショーモンシュルロワール城に、現在に続く英国風の庭園が作られたのは19世紀になってから。この城の面白いところは、歴史的であるばかりでなく現代においてもどんどん進化している点です。

城館は現代アートセンターとなって、若手や国際的な巨匠の作品制作や展示の場になり、庭園にも数多くの一流の現代アートのインスタレーション作品が設置されます。

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル
フェスティバル会場の庭園内、素敵な温室もあります。

また、毎年春から秋にかけての約7カ月に渡り、フランス最大規模のガーデンフェスティバルが開催されるなど、アートと自然を結ぶクリエイティブな活動が常に注目される、非常に魅力的な場所なのです。

30周年を迎えた老舗国際ガーデンフェスティバル

ショーモンシュルロワール城
フェスティバル会場からお城を眺める。

今年で30周年を迎える、ショーモンシュルロワール城の国際ガーデンフェスティバルは、多い年には約53万人もの入場者を集める人気のガーデンショーです。毎年異なるテーマに沿って公募された、300件を超える応募作品の中から選ばれた二十数個の庭デザインが、それぞれ約200㎡強の区画のショーガーデンとして作庭・展示されます。

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル
沼地や森の中の渓谷の流れといった、自然風景が取り込まれた散策路。

城の庭園の一角に位置するショー会場は、敷地の庭園や森林とシームレスにつながっており、自然な雰囲気の中でのどかな散策を楽しみつつ、ショーガーデンの見学が出来るのも大きな魅力です。

若手庭園デザイナーの登竜門

応募書類は匿名で審査され、フランスでは若手の庭園デザイナーの登竜門として定評あるガーデンショーで、また庭園デザイナーや造園家ばかりでなく、アーティストや建築家など他分野のクリエーターたちとの混合チームでの作品なども多く見られるなど、開かれた雰囲気のショーでもあります。

今年の出展者の顔ぶれは、フランス、イギリス、ベルギー、ドイツ、オランダ、イタリア、チェコスロバキアや米国からの参加者が揃います。コロナ禍以前には毎年、日本や中国、韓国などのアジアからの出展者もあり、ヨーロッパ地域が多いながらも国際色豊かです。

出来上がったガーデンデザインには、さらなる審査があり、全体的なクリエイションのクオリティ、アイデアの斬新さ、植栽のハーモニーなど様々な基準で選ばれる幾つかの賞が用意されており、授賞式は6月に行われます。

国際的な著名造園家の招聘

ジャクリーヌ・オスティのガーデン
ジャクリーヌ・オスティによるショーガーデン「理想の庭」。

また、30周年という節目の年ゆえ、ショーガーデンにカルト・ヴェールと名付けられた自由裁量の招聘枠が加えられ、キャスリーン・グスタフソンやジャクリーヌ・オスティといった、国際的な大御所ランドスケープ・アーキテクトがデザインした小さな庭が見られるのも、今年の面白いところです。

今年のテーマは「理想の庭」

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル
フランスのデザイナー2人組によるガーデン「Grenade ザクロ」。地中には「Oya」と呼ばれる貯給水用の素焼きの鉢が埋められており、羽子板の羽根のようなデザインオブジェの羽は日除けや雨水を集めるなどの働きをする、乾いた土地を緑にする装置なのだそう。

さて、毎年異なるフェスティバルのテーマは、時代のトレンドを反映したものが多いように思われます。30周年を迎える今年のテーマはズバリ「理想の庭」。

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル
イギリスのクリエーターたちによる「希望の種」。植物と昆虫が共生する安らぎの場をイメージ。

都市化がこれ以上ないほど進み、地球温暖化が目前の問題となっている現在の、人と自然の関係性から見た「理想の庭」とはどんなものなのか? 癒やしの空間、または安心安全な野菜や果物を育てるポタジェ、あるいはアートと同じような価値を持つ空間かもしれない?

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル
米国チームによる「相互性の庭」。お互いを支え合う自然と人との関係に改めて想いを馳せる。

「理想の庭」からインスパイアされる、新たな演出方法や素材や技術を用いて表現する庭とはどんなものだろうか? みなさんなら、どんな庭を想像しますか?

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル
左上から時計回りに「ニンフ(水の精)の庭」、「エデンの園」、「緑のコクーン」、「理想のベルジェ(果樹園)」。

季節を追って変化する植栽デザイン

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル
春はまだ若い苗が、このあとどのように景色をつくっていくのかも楽しみ。

さて、このガーデンショーの大きな特徴は、長期に渡る開催であること。春から晩秋にかけて約7カ月に渡って開催されるため、ロンドンのチェルシーガーデンショーなど、数日間の開催期間中に最高に完成された姿のガーデンを演出するガーデンショーとは異なり、季節の変化に合わせて、成長し変化する植栽を工夫しなければなりません。

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル

春先と盛夏、または晩秋では、同じショーガーデンでも植栽次第でその表情が大きく変わっていくのも面白いところです。訪れる園芸愛好家にとって、変化していく植物の姿をそのまま見れるので、自宅の庭づくりにも参考にしやすいという利点もありそうです。ちなみに園内のガーデニング関連のショップでは、植物の種子や苗を購入することもできます。

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル
併設のショップには、庭園内で見られる植物の種子や苗の他にも、園芸関係の書籍やガーデングッズなど充実した品揃え。

見学を充実させる豊かなアメニティ

ショーモンシュルロワール城・レストラン
木陰に爽やかな風を感じるオープンエアのレストラン・コーナー。地元産のオーガニック食材を使ったランチメニューに、ローカルワインも必須です。

このように、ガーデンショーの展示をゆっくり眺めるだけでも軽く半日は楽しめますが、敷地全体には、隣接するイギリス式庭園や、城や旧厩舎の展示、ポタジェ、クレマチスなどのプランツコレクション、さらには隣接するグアルプ公園の異文化からインスパイアされたさまざまなガーデンが見どころ……。などなど、全部を見て回ろうとしたら、一日あっても足りないほど。幸い素敵なレストランやカフェも充実しており、丸一日、大満足で過ごすことができます。

敷地内の他のガーデンについても、また次の機会にご紹介できたらと思います。

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル

●ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル(後編)は近日公開!

Information

ショーモンシュルロワール城・国際ガーデンフェスティバル 

2022年4月21日~11月6日

https://domaine-chaumont.fr/ja/kokusai-teien-fesutibaru(公式HP日本語)

Credit

遠藤浩子

写真・文/遠藤浩子

フランス在住、庭園文化研究家。
東京出身。慶應義塾大学卒業後、エコール・デュ・ルーヴルで美術史を学ぶ。長年の美術展プロデュース業の後、庭園の世界に魅せられてヴェルサイユ国立高等造園学校及びパリ第一大学歴史文化財庭園修士コースを修了。美と歴史、そして自然豊かなビオ大国フランスから、ガーデン案内&ガーデニング事情をお届けします。田舎で計画中のナチュラリスティック・ガーデン便りもそのうちに。

blog|http://www.hirokoendo.com
instagram|moutonner2018

Print Friendly, PDF & Email