冬の庭の主役クリスマスローズ。まだ花が少ない時期に庭を華やかに彩ってくれ、年々株が大きくなり花数が増えていく宿根草です。日本にはこの花の育種家が多数おり、毎年、新しい花形や花色が登場し、コレクションする人も少なくありません。鳥取県米子市で庭づくりをする面谷ひとみさんもその一人。15年以上前からさまざまなクリスマスローズを育ててきた面谷さんに、庭でクリスマスローズをかわいく咲かせる方法をうかがいました。注目の品種もご紹介!

Print Friendly, PDF & Email

花のバリエーションは無限! 多彩な花色・花形が魅力

クリスマスローズ

クリスマスローズを育てるようになって、かれこれ15年ほど。ありとあらゆる種類を育ててきましたが、私のクリスマスローズへの情熱はまだまだ冷めることがありません。それほどクリスマスローズは多彩な魅力を持つ花です。とにかく花のバリエーションがとても豊富。えんじ色、ピンク、白、黒、黄色、緑色、グラデーション、花びらの縁が糸のように別色で縁取られるピコティ、花形もシングル(一重)、ダブル(八重)、セミダブル (半八重)とじつに個性豊か。写真のようにクリスマスローズだけを集めても華やかでユニークなブーケが楽しめます。

冬の庭に立体感を出すのに最適

クリスマスローズ

冬から早春にかけては、庭で咲いている花はまだまだ多くありません。わずかに咲いている花も原種シクラメンやビオラなど、地際で小さく咲いているものがほとんどなので、庭が平面的に見えがち。そんななか、クリスマスローズは草丈が30cmほどあり、花の大きさも比較的大きいので、この季節の庭では存在感抜群。ペタッと見えがちな冬の庭にボリュームを出してくれる貴重な存在です。ですから植栽エリアの中〜後方へ配置して、手前の小さな花々と共演させることが多いです。写真のクリスマスローズはセミダブル (半八重咲き)で、花びらの縁が糸でかがられたように色づく「ピコティ」と呼ばれる花色です。

早春の庭

早春の庭の小径です。クリスマスローズが花の小径にボリュームを出してくれています。地植えにして2〜3年すると株が太って、ブーケのように花をたっぷり咲かせてくれるようになり、フラワーアレンジメントの花材としても活躍してくれます。花が終わった後も緑の葉が残るので、夏の庭もみずみずしく見せてくれます。

クリスマスローズと早春の花々との共演で個性を引き立てて

クリスマスローズの庭

私はクリスマスローズが小さな花々と共演する風景が大好きです。それぞれの花の個性が引き立ち合い、どれもこれもいっそう魅力的に見えます。クリスマスローズは宿根草なので毎年ここから出てきて咲いてくれます。原種シクラメンやアネモネ、クロッカスも季節になれば何年も咲いてくれる球根花です。一年草のパンジーやビオラは、毎年植え替えて組み合わせの変化を楽しんでいます。これらの花とクリスマスローズは好相性です。

クリスマスローズの寄せ植え

これはクリスマスローズと春の球根花の寄せ植えです。中央にクリスマスローズを配置し、周辺にピンク色のムスカリやアネモネ・フルゲンスなどの淡い花色の小球根を、鉢縁はベロニカで彩りました。

クリスマスローズは落葉樹がある庭にぴったり

クリスマスローズ
ウワミズザクラの下で咲く大株に育ったクリスマスローズ‘プチドール’。

クリスマスローズを上手に育てるコツは生育の特徴を理解することです。といっても、とても簡単。クリスマスローズは多くの花が生育旺盛になる初夏には半休眠状態になり、逆に他の花々が眠りにつく晩秋から翌年春までの寒い季節に生育します。眠りについている時はできるだけ涼しく、生育期間中は光合成を促すために日光を浴びられる場所が最適です。その条件にぴったり合うのが落葉樹の下です。落葉樹は、夏は葉を茂らせて日陰を作ってくれますし、冬は葉を落として日光を遮りません。私はベイリーズセレクト(ベニバスモモ)やウワミズザクラなどの落葉樹の下にクリスマスローズを植えています。またオリーブは常緑ですが、葉が小さく冬も木漏れ日がちょうどよく届くので、その下にも植えています。

クリスマスローズ
オリーブの木陰で育つクリスマスローズ。色が濃く草丈の高い種類は庭の隅など目立たない場所の彩りとしても活躍してくれる。
クリスマスローズ

北側の庭の木陰で花を咲かせるクリスマスローズ。寂しくなりがちな北側の庭も、クリスマスローズが好む条件です。ピンクの花は原種シクラメンで、クリスマスローズと同じ環境を好むので、共演の相手にぴったりです。

クリスマスローズ

この花壇は隣家との間のごくわずかなスペースにあり、コンサバトリー(温室)の窓下にあります。日が当たる時間は限られていますが、冬は太陽が低く日が差し込むのでクリスマスローズはきれいに咲いてくれます。うつむいて咲く花が多いので、窓のそばで身近で見られるのが気に入っています。

場所さえ合っていればどんどん増えるクリスマスローズ

早春の庭

基本的に多くの種類はとても丈夫で、上記のように場所さえ合っていればあまり手間なく大きく育ち、そしてよく増えます。クリスマスローズは株が太っていくだけでなく、じつはこぼれ種でもよく増えるのです。写真のクリスマスローズもここに植えたのではなく、こぼれ種でいつの間にか石の間から咲いたもの。こういう自然のサプライズはとても嬉しいものですし、人の手では生み出せないナチュラルな雰囲気が庭に生まれるのも気に入っています。

早春の庭

こんなレンガの隙間にもこぼれ種で育ったクリスマスローズが咲いています。陰になり涼しいところを選んで咲いているのですね。その下で咲いているピンクの花はユキワリソウです。この花もクリスマスローズと同じ環境を好みますが、山陰の夏の暑さはこの花には過酷。こうして残って咲いているのはとても貴重です。

クリスマスローズとの上手な付き合い方

クリスマスローズの鉢植え

クリスマスローズの花苗は数千円から希少種になると数万円という価格帯です。花苗のなかでは少し高めに感じられるかもしれませんが、前述の通り何年もよく咲き、こぼれ種でも増え、病害虫の被害もあまり心配することがないので、とてもコスパのよい花です。とはいえ、失敗したくはないですよね。一番の心配は夏の暑さで枯れることで、種類によって夏の暑さがとても苦手な場合もあります。ですから、私は新しい種類はいきなり地植えにせずに一年目は鉢植えで様子を見るようにしています。通気性のよい素焼きの鉢に植え替え、季節によって場所を移動しながら様子を見て、よく株が太るようなら地植えにします。希少種といわれる流通量が少ないものは大事に鉢で育てられることが多いようですが、育てにくいかというとそうとも限りません。意外と地植えにすると株が太って見事な花付きを見せることがあるので、あまり怖がらずに庭で楽しんでいます。

クリスマスローズ‘ヨシノ’
希少種の‘ヨシノ’も地植えで大株に育ってきている。

クリスマスローズの季節のお手入れ

【花がら切り】

クリスマスローズ

クリスマスローズは先ほど言ったように、夏は半休眠状態になります。花は遅くとも5月までには切って株の体力を温存します。「花」と言っていますが、じつはクリスマスローズの花に見える部分はガク片なので、「花びらが落ちる」ことがありません。段々と色があせてはいきますが、散ることがないのでなんとなくそのままにしてしまいがちですが、放っておくと中心部に種をつけます。種取りをしたい場合にはそのまま成熟させるとよいのでしょうが、種をつけると株は種の方に栄養を注ぎ込んでしまい、夏を越す体力がなくなってしまいます。ですから、花が色あせてきたなと思ったら、花がらをなるべく早く切るようにしています。切った花はフラワーアレンジメントにして楽しみます。

【肥料】

クリスマスローズのアレンジ

肥料はとりわけクリスマスローズのためだけに与えるというわけではありませんが、庭にはバラもたくさん植わっているため、秋や冬、早春の庭の花の植え替え時に定期的に庭全体に肥料をまいています。鉢植えの場合は生育期間中に定期的に緩効性肥料を施し、時々液体肥料を混ぜて水やりをします。

【葉切り】

クリスマスローズ

クリスマスローズは葉が大きくこんもりとよく茂りますが、秋に十分涼しくなったら古い葉は切り取り、こうして新しい葉と交代させます。そのままにしておくと株元の花芽に日光が当たらず、春になっても花が上がってこなくなってしまうことがあります。全部とってしまうと庭の自然な雰囲気が損なわれるように思うので、いくらかは残そうと思うのですがどれを残してどれを切るか、もっぱらの私の課題です。

【病害虫】

クリスマスローズ

夏の蒸れや加湿に注意すればあまり病害虫にも悩まされることなく丈夫に育ちますが、「ブラックデス」という葉や株元が黒く変色する病気には注意が必要です。クリスマスローズがかかるウィルス病ですが、薬剤がなく他のクリスマスローズに伝染するため、見つけたら残念ですが速やかに抜き取ります。他のクリスマスローズも感染していないかよく周辺を確認し、ブラックデスを触った手で他の花を触れないようにします。ブラックデスの株を抜き取ったり切ったりした園芸ツールも消毒が必要です。

ブラックデスは数カ月間の潜伏期間があるようで、病気が発生するまで気が付くことができません。潜伏期間中に他の株にウイルスが伝染しないようにするためにも、新しく買ってきた株はいったん鉢植えで育てて様子を見るのが無難です。

今、注目のクリスマスローズ

クリスマスローズ

ほとんどの花形・花色を育ててきたので、何か新しいものが育てたいなと思っていたところに、近年出会ったのが‘レッドサン’(左)と‘パピエ’(右)。花郷園というクリスマスローズのナーセリーの品種ですが、花が上向きに咲いているのが他のクリスマスローズとは異なる特徴です。華やかでエレガントな雰囲気なのと、バラのようなつぼみの姿も気に入っています。

クリスマスローズ ニゲル

ニゲルはクリスマスローズの原種で、クリスマスローズがクリスマスローズと言われる所以の花です。多くのクリスマスローズはクリスマスには咲かず、翌年2月以降になって咲きますが、ニゲルはまさにクリスマスの時期に咲きます。定番中の定番ですが、雪の中で咲いている姿は特別な美しさがあります。

クリスマスローズ チベタヌス

また、何度か挑戦しては枯らしてしまっているのに、どうしても育てたくなる魅惑のクリスマスローズがチベタヌスという原種のクリスマスローズです。クリスマスローズらしいうつむいて咲く姿と、ちりめんのような花びらの繊細な質感がたまらなく魅力的です。原生地では小川のほとりのような涼しい場所に咲いていて、水をとても好みます。山陰は夏に40℃近くになるので、いくら木陰とはいえチベタヌスには過酷なので、鉢植えで育てているのですがなかなかうまくいきません。今年は生育6年目の充実した株を奇跡的に手に入れたので、どうにか頑張って夏越しをさせたいと思います。成功したら、またご報告しますね。

Credit

話/面谷ひとみ
ガーデニスト。鳥取県・米子市で夫が院長を務める面谷内科・循環器内科クリニックの庭づくりを行う。クリニック開院にあたり、自らも看護師として大学病院などで勤務してきた経験を生かし、患者にも医療従事者にも癒やしとなる空間を作るために、バラと草花が調和する庭づくりを開始。一年中美しい風景を楽しんでもらうために、日々庭を丹精する。NHK出版『趣味の園芸』テキストで安酸さんとの庭づくりの日々の連載が2020年4月よりスタート。

撮影・取材・まとめ/3and garden

Print Friendly, PDF & Email