青紫色や白の涼しげな花が印象的なアガパンサスは、梅雨時期から夏にかけて私たちを楽しませてくれます。花名のAgapanthus(アガパンサス)は、ギリシア語の「agape(無償の愛)」と「anthos(花)」を合わせたものが語源です。凛とした立ち姿が美しいアガパンサスは、基本的には植えっぱなしでも育つ丈夫な植物ですが、いくつか気遣いたいポイントもあります。そのひとつが水やりです。今回は、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する園芸研究家の矢澤秀成さんに、上手な水やり方法を教えていただきました。

Print Friendly, PDF & Email

アガパンサスを育てる前に知っておきたいこと

アガパンサスは、冬でも葉が枯れない多年草タイプの品種と、冬になると地上部が枯れる宿根草タイプの品種があります。また、1m以上育つ大型種から、鉢植え栽培しやすい30~40㎝程度の小型種まであり、“どのように育てたいか”で選ぶのがおすすめです。

まずは、アガパンサスと仲よくなるための基本情報を知っておきましょう。

アガパンサスの基本データ
学名:Agapanthus africanus
科名:ユリ科
属名:アガパンサス属
原産地:南アフリカ
和名:紫君子蘭(ムラサキクンシラン)
英名:Lily-of-the-Nile、African lily、Agapanthus
開花期:5月下旬~8月上旬
花色:白、紫、青、複色
発芽適温:20~25℃
生育適温:15~30℃
切り花の出回り時期:4~7月
花もち:7~10日

アガパンサスは種、苗、根茎の3パターンから、育て始めることができます。ただし、種はほとんど市販されてなく、育てても開花までに4~5年かかり、親の株と同じような花が咲くとは限りません。そのため、苗か根茎から育てるのが一般的です。苗および根茎の植えつけは4月中旬~6月上旬がベストで、9月中旬~10月中旬も可能。市販の苗と根茎も、ちょうどその頃に出回ります。

アガパンサスは、ガーデニング初心者がトライしやすい植物です。さらに、育て方のコツを知れば、栽培がより楽しめます。次の項以降で見てみましょう。

水やりの方法と、そのタイミング

アガパンサスの原産地である南アフリカは、夏は雨が少なく涼しい気候で、冬は日の照る時間が長く温暖な気候です。そのため、アガパンサスは多湿に弱く、常に湿っている状態だと根腐れしやすくなります。水を与える頻度は抑え、乾燥ぎみに育てましょう。

水やりは原則、朝に行います。たとえば、夏の昼間は、気温だけでなく地温(地表や地中の温度)が高くなります。もし、日中に水やりをすると、与えた水が土中でお湯に変化し、植物の根を傷めてしまいます。また、根に届く前に、強い日差しによって水が蒸発してしまうため、せっかくの水やりが無駄になります。これは、夏に限らず他の季節でも、日差しが強い日は同じリスクがあるといえます。ですから、アガパンサスをはじめ、植物の水やりは日が高くならない午前中、できれば朝のうちに行ってください。

アガパンサスは鉢植え、地植えのどちらでも栽培できますが、それぞれ水やりの頻度は異なります。次の項からは、植えつけ別の水やりを紹介しましょう。

鉢で育てている場合の、アガパンサスの水やり

鉢にアガパンサスを植えつける際は、水はけのよい土を使います。水はけが悪くて鉢の中が常に湿っていると、酸素不足で根が呼吸できなくなります。その状態が続くと、植物は根腐れを起こしてしまうので、気をつけてください。

水やりの頻度

用土が乾いたときだけ水を与えます。しかし、春の成長期はやや多めにあげるのが、理想的です。

水やりのコツ

水やりをするときはふんだんに与えます。鉢底から水が流れ出るまであげてください。アガパンサスの根は太く、地中深くまで張ります。そのため、土の表面上が濡れる程度では、根までしっかりと水が届きません。

水やりの確認方法

アガパンサスは水不足による見た目の変化が分かりにくいため、土を観察します。土の表面が白っぽくなっている、指で触るとカラカラに乾燥している、といったときは水をすぐにあげましょう。

地植えの場合の、アガパンサスの水やり

水やりの頻度

地植えの場合、雨水が当たる場所に植えているなら、植えつけ時以外の水やりはほとんど必要ありません。鉢植えに比べて、地植えは土の量が多く、地中に水分が蓄えられているからです。ただし、晴天続きで極端に土が乾燥していたり、雨が当たりにくい場所に植えていたりするときは、必要に応じて与えてください。

水やりのコツ

水を与えるときは、たっぷりと。土中深く張っている根の先端までしみ渡るように与えます。

水やりの確認方法

水不足でもすぐに枯れることがないため、アガパンサスの様子を見ただけではわかりにくいかもしれません。そのため、土を見て、極度の乾燥状態であったら、すぐに水を与えます。特に、夏場や極端に雨が降らない日が続いたときなどは要注意です。

水やりは、季節によっても多少変わります

水やりの具合は、天候のほか、植物の生育状態や季節で多少変わります。そこで、この項では季節ごとの違いを見ていきましょう。

春(鉢植え、地植え)

春は、苗と根茎の植えつけ適期です。鉢植えと地植えのどちらの栽培方法でも、植えつけ直後は水をしっかり与えます。また、成長期である春は”やや多めの水やり”が理想的です。その後は、鉢植えは土が乾燥したら水をたっぷりとあげる、地植えなら土の乾燥が激しいときのみ、が基本ルールです。

梅雨時(鉢植え、地植え)

アガパンサスは多湿が苦手なので、梅雨時期は多少の気遣いが必要です。鉢植えは、雨がかからない場所に移動させて、水やりは控えめに。地植えの場合は移動できないため、苗や根茎の植えつけ時に、水はけをよくしておきましょう。

夏(鉢植え、地植え)

暑さに強いアガパンサスは、夏も屋外栽培で問題ありません。水やりは春と同様に、鉢植えは土が乾燥したらたっぷりと、地植えは土の乾燥が激しいときのみ与えてください。ただし、与える時間帯には注意が必要です。「2.水やりの方法と、そのタイミング」で紹介したとおり、夏の昼間は、気温と地温が非常に高くなります。日中に水やりをすると、与えた水が土中でお湯に変化して根を傷めるため、必ず朝の早い時間帯に行なってください。

秋(鉢植え、地植え)

秋も、苗と根茎の植えつけ適期ですので、植えつけ直後は春と同じように水を与えます。すでに栽培中のものに関しては、土が乾燥したら与えるというペースで問題ありません。

冬~早春(鉢植え、地植え)

11~3月は、アガパンサスにとって”ひと休み”の時期。常緑種は半休眠(生育停止)状態に、落葉種は休眠状態になります。ただし、枯れ切っているわけではないので、鉢植えの場合は回数を減らして、引き続き水を与えます。寒冷地なら、冬期は室内で育ててあげるほうが安心でしょう。地植えの場合は、極度の乾燥にならない限り、水やり不要です。冬~早春は、それ以外の季節よりも”乾燥気味”に育てる、と覚えておいてください。

アガパンサスの水やり、注意点が知りたい

鉢植えの場合の注意点

鉢植えで育てている場合は、水を与えるタイミングと量に注意しましょう。

鉢植え栽培は、つい水やりをこまめに行いがちですが、土が湿った状態が続くと、株を弱らせたり根腐れを起こしたりといったトラブルを招きます。植物を健康的に育てるには、土が乾燥している期間と水分が含まれている期間が、バランスよく両方あることが大切です。

そして水やりは、水はけのよい環境で、土が乾燥したら適度に与えること。水を与えるときは、地中深く張った根の先まで水が行き渡るように、しっかりかけてあげるのがコツです。また、鉢受け皿を使っている場合は、鉢底から流れ出た水が溜まったら、きちんと捨てておきましょう。

地植えの場合の注意点

苗や根茎の植えつけ時に水を与える以外は、基本的に雨水で育てます。過剰な水分は植物を傷めるため、やめましょう。

ただし、夏場など乾燥しやすい時季や雨が降らない日が長く続いたときは、土の状態を確認してから、水をふんだんに与えます。土の表面だけを見るのではなく、指で軽く掘って地中も乾燥しているのを確かめてから与えてください。

水やりは水分補給だけでなく、水に含まれる新しい空気を植物に与え、土中に停滞している古いガスを排出する”換気”の役割を果たします。そして、植物に栄養分を供給し、温度を調節する効果があります。植物栽培にとって欠かせないお世話のひとつ、水やり。栽培方法や季節、天候などの環境を踏まえて、適した方法で行い、美しいアガパンサスの花を咲かせましょう。

Credit

記事協力

監修/矢澤秀成
園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長
種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。

構成と文・白神雅子

Print Friendly, PDF & Email