真夏の暑さで「猛暑」「酷暑」がスタンダートになりつつある昨今。クーラーに加えて、プラスαのアイテム「日よけ」が必須です。日よけもライフスタイルに合わせて選べば、室内温度の上昇軽減や目隠し効果に加え、夏のおうち時間を楽しめる空間づくりができます。夏に備えて、DIYで日よけを設置して、おうちでリゾートを叶えた実例と日よけの効果をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

設置簡単! クールサマーオーニングで快適デッキライフ

日よけ「新居での暮らしが始まって、南~南西向きのデッキエリアをイマイチ生かしてないなぁと思っていたところ、ウッドデッキに自分たちで日よけが取り付けられるアイテムを発見したんです!」と話すのは、I夫妻。

日よけ
I邸のデッキサイズは、幅360×奥行180cm。デッキ床から突っ張りの上部に当たるベランダの軒までの高さは250cm程なので、設置条件に合致。

さっそく、本格的な夏前に準備した商品は、「クールサマーオーニング ウォーターガード ベージュ3000」です。つっぱり式で軒下とデッキの間に自分たちで設置できる手軽さと、角度が自由に調整できることから選びました。設置工事の日程調整をすることなく、夫婦二人が揃った隙間時間でスムーズに取り付けが完了。付属のレンチで組み立てられるので、工具がなくてもDIYできるのも利点。

日よけ

カラーはナチュラルなデッキに合わせてベージュをセレクト。日差しを遮る生地は、紫外線対策の先進国であるオーストラリア製。撥水性もありながら通気性もあるので、熱気がこもりにくいのも特徴です。また、UVカット率は98%で、紫外線と強い日差しもカットしながらも、日中でも適度な明るさが保たれます。

「海に近く風が強い地域なんですが、取り外す面倒もなくて、とってもストレスフリーなんです」とI夫妻。

オーニング

軽く回せる付属のハンドルと伸び縮みするサイドのアームにより、シェードを長く伸ばして広い日陰の空間を作るなど、高さや角度をハンドルで自由に調整できるのも便利。もちろん、完全にシェードを巻き上げて収納するのもハンドルでラクにできます。

日よけ
角度を変えることで目隠しにも役立ちます。

日よけにリクライニングチェアーを置けば我が家がリゾートに

日よけ
我が家をリゾートに変える屋外家具は、風通しのよいメッシュ素材と天然木のリクライニングチェアー「マリーウッド リクライニングチェアー」。背もたれが7つの角度に調整でき、折り畳んでコンパクトに収納可能。折りたたみ式のサイドテーブル「キャリー サイドテーブル」。発売/青山ガーデン

日よけを備えたら、日陰の下でゆっくり過ごせる特等席を用意しましょう。リクライニングチェアーに座れば、そこは我が家のリゾートに。夕方、眩しかった日差しも和らいできたら、シェードを畳んで夜空の下で一杯のビールを。1日の疲れを癒やしてくれる屋外リビングは、日よけにプラス屋外家具があれば叶います。

クールサマーオーニング

クールサマーオーニング

カラーはアースカラーの4色/ベージュ(撥水加工)、モカ、アーバングレー、チャコールグレー。

間口サイズは2タイプ/窓2枚分の2000タイプ(間口194.5cm)と窓3枚分の3000タイプ(間口294.5cm)。

クールサマーオーニング

サイズ/約幅208・308×高さ201〜301cm
重量/約11kg(2000タイプ) 12kg(3000タイプ)
材質/本体:スチール 生地:ポリエステル
備考/つっぱり式のため、安全上2階以上の設置は不可

近年の暑さ対策には、クーラー+日よけが必須

ウッドデッキとオーニング
南~南西向きのウッドデッキに日よけを設置したI邸。

これまではクーラーで室温を下げるのが最も効果的な方法とされてきましたが、「猛暑」「酷暑」がスタンダートになりつつある昨今、クーラーに加えて、プラスαのアイテムが必要になってきました。そのプラスαが「日よけ」。環境省の調査によると、日よけなどで直射日光を避けると、体感温度は3〜7℃下がるとされており、日が差す窓辺に日よけをするのは暑さ対策としてとても有効です。

日よけを設置することで得られる効果には5つあります。

  • エアコンの冷房効率がアップし、省エネ効果も上がる
  • デッキやテラスなど保温性がある素材の床の温度上昇を軽減できる
  • 移動可能な鉢植えで強い日差しに弱い植物の一時避難場所として利用できる
  • ウッドデッキなどの劣化のスピードを抑えることができる
  • 隣家や公道など、外からの目隠しにも役立つ

日よけの選び方・自分で簡単に設置できる日よけ

日よけ

日よけにはさまざまなタイプがあり、専門店による施工を必要とするものから、自分で簡単に取り付けが可能なものもあります。ここでは自分で取り付けられる日よけをご紹介しますが、その中からも建物や用途に合わせて、適したものを選ぶ必要があります。自分ですぐに設置ができる製品には、主に「吊り下げ式」と「巻き上げ式」の2タイプがあります。それぞれのメリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

「吊り下げ式」のメリット・デメリット

吊り下げ式の日よけ

「吊り下げ式」は、掃き出し窓の上部などに金具を設置して、遮光性のある布地を垂らしたり、斜めに引っ張っぱるタイプ。

【メリット】

  • 必要がないシーズンは、折り畳んでコンパクトに収納可能
  • 価格がリーズナブル
  • 小窓や掃き出し窓、ベランダ、勝手口、駐車場など設置できる場所が多い
  • 一人で設置可能

【デメリット】

  • 設置場所に合わせて金具の取り付けに工夫が必要
  • 日差しに合わせて角度の調整は難しい
  • 台風などの雨風が強い時は取り外す必要がある

「巻き上げ式」のメリット・デメリット

巻き上げ式の日よけ

「巻き上げ式」は、軒とウッドデッキなどの間に突っ張り式のポールで固定するタイプや、重石付きのポールによって自立するタイプ。

【メリット】

  • 台風などの雨風が強い時でも、取り外す手間なく手動ハンドルで閉じることができる
  • 一度設置したら取り外し不要
  • 日差しに合わせて庇の角度が調整できる

【デメリット】

  • 吐き出し窓の前やテラスなど、設置場所が限られる
  • 価格は吊り下げ式より高値
  • 設置に必要な人数が2〜3人以上

ご紹介のように、「吊り下げ式」と「巻き上げ式」にはそれぞれ、メリット・デメリットがありますが、どちらかといえば「吊り下げ式」はより簡易的。毎夏必須のアイテムと考えると、一度取り付ければ日差しを自由にコントロールでき、カフェのようなおしゃれな雰囲気も出る「巻き上げ式」がおすすめです。

暑さ対策「シェード特集」はこちら

Credit

●青山ガーデン

青山ガーデン

“庭の暮らしを豊かに、幸せに”をコンセプトに、一人ひとりに合わせて「集う」「眺める」「くつろぐ」「育てる」など様々なライフスタイルの提案を行う、ガーデニング&エクステリア専門のオンラインショップ。
家族や友人、子どもたちの笑顔があふれ、季節の移ろいを感じられる憧れの庭に必要な全てのモノが揃うお店です。

本店サイト http://aoyama-garden.com
フェイスブック https://www.facebook.com/aoyamagarden
インスタグラム https://www.instagram.com/aoyama_garden

Print Friendly, PDF & Email