すてきな家の外観を、よりいっそう引き立てるには、エクステリアの充実がポイント。オーストリア・ウイーンを代表する建築家、ハンス・ホライン(1934~2014年)は、「建物そのものでなく、主体を取り囲み影響を与える環境こそが建築である」と言っています。
エクステリアを充実させて、住宅をよりオシャレに演出してみませんか?
エクステリアのデザインを決める際のポイントや、実際の事例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Print Friendly, PDF & Email

デザインを依頼する前におさえたいポイント

エクステリアデザインを依頼する前におさえたいポイント
https://pic.takasho.jp/portfolio/4664

エクステリアとは、「外観」という意味の英語で、インテリアの対義語。昔は門扉や塀などの外構(がいこう)を指す言葉でしたが、今では、外構のみでなく、外壁、庭や物置、ガゼボ(西洋風あずまや)などの屋外工作物を含めた建物の外観全体を指す言葉として使われるようになりました。

よく、「敷地が狭いので、エクステリアで演出する余裕がない」とか、「特別好みがないので、どんなデザインにしてよいのか悩んでいる」などのお話を聞くことがあります。

敷地が狭い場合でも駐車スペースをアプローチと共有してデザインしたり、舗装のデザインしだいでステキに見せることができます。また、住宅に使われている仕上げ材や色の一部をエクステリアにも使うことで統一感が生まれ、まとまりやすくなります。

エクステリアのデザインを分かりやすくするために、代表的な3つのデザインスタイルをご紹介します。

オープンスタイル

開放感があるオープンスタイル
開放感があるオープンスタイル

門扉、塀などで囲いをつくらない開放感のあるスタイルです。外構工事の費用などがかからない分、費用は抑えられますが、公道から敷地内が見通せるため、植栽や目隠しフェンスなどで室内が見えにくくする工夫が必要です。光センサーなどで防犯対策も考慮しましょう。

セミクローズスタイル

開放感と落ち着きを兼ね備えたセミクローズスタイル
開放感と落ち着きを兼ね備えたセミクローズスタイル

ほどよい開放感と落ち着きを兼ね備えたオープンとクローズの中間的スタイルです。塀の代わりに生垣や角材を等間隔に並べるなど、敷地内が見え隠れするデザインです。門扉がない場合は、リフォームなどで後からでも門扉を設置しやすいように、門柱だけは設置しておくと便利です。

クローズスタイル

外部から見えない安心感があるクローズスタイル
外部から見えない安心感があるクローズスタイル

塀や門扉などで敷地をしっかり囲ったスタイルです。外部から敷地内の視線をカットするため安心感があります。しかし、侵入者は塀を乗り越えてしまえば外部から見られることがなくなるため、意外に犯罪者にとっては好都合なことも。ホームセキュリティーなどの防犯対策も行いましょう。塀で囲うため、圧迫感や単調なデザインにならないよう景観上の配慮や門回りをシンボリックにするなどの工夫をしたいものです。

イラストのように、それぞれのスタイルは、オープン→セミクローズ→クローズの順に外部から敷地内が見通せなくなっていくデザインです。一般に、外壁と塀、サッシと屋根つきテラスや角材、門扉、フェンスなどの素材や色調を合わせることで一体感が生まれ、まとまりのあるイメージになります。予算やお好みに合わせて検討しましょう。

デザインイメージの考え方

ところで、我が家のエクステリアのデザインは、どんなイメージにしてみるとよいのでしょうか? 思い浮かばない場合によい方法があります。それは、イメージキーワードをあげて、素材や色調を決める方法。

例えば…、

●「ナチュラル」/木、石、植栽などの自然なイメージ
→木目調の角材フェンスや門扉。

●「カジュアル」/カラフルで楽しいイメージ
→白ベースの中に赤、黄、青などをワンポイントで使ったポストなど。

●「エレガント」/シックで落ち着いた洋風のイメージ
→ベージュをベースに色ムラがある不ぞろいのレンガを積み上げた塀やアイアンフェンス。

●「シンプルモダン」/モノトーン、無機質で直線的なイメージ
→グレーや白をベースに、ステンカラーの門扉、表札、カーポート。

このように、イメージキーワードからデザインを想像してみると、楽しくデザインを検討できます。

メインガーデンもイメージキーワードから統一感を持たせて

デザインイメージのキーワードはメインガーデン(主庭)にも生かせる手法です。

事例写真をご紹介しますので、デザインの参考にしてみましょう。

◯リゾートホテル感ただようアウトドアリビング

●リゾートホテル感ただようアウトドアリビング
http://pic.takasho.jp/portfolio/243

庭の舗装のベージュに合わせて、木のデッキ、レンガや石の小端積の立ち上りでナチュラルにまとめつつ、白のポーチテラスやシェード、グレーのガーデンファニチャーを設置しモダンさをプラスしています。豊かな植栽も効果を発揮し、さわやかで清潔感のある贅沢なリゾートホテルのようなくつろぎ空間を演出しています。

◯オールグラスポーチのくつろぎスペース

オールグラスポーチのくつろぎスペース
http://pic.takasho.jp/portfolio/4033

屋根付きで全方向をガラス扉で仕切ったオールグラスポーチです。モノトーンの色調でモダンなイメージです。夏は屋根で日差しを遮りつつ、ガラス扉を開けて風通しをよくします。冬場はガラス扉を閉じればリビングとテラスが一体化して、庭の緑となじんだ開放感を味わえます。

◯大人の隠れ家バーのあるオールグラスポーチ

大人の隠れ家バーのあるオールグラスポーチ
http://pic.takasho.jp/portfolio/4629#prettyphoto[gal]/1/
屋上に設けられたポーチは「大人の隠れ家バー」のイメージ。壁面レンガタイル貼りと木目調の構成で、現代風クラシックな空間です。左側はオールグラスポーチで複数の来客を招いて会話を楽しむスペース、右側のカウンターバーは少人数でお酒をたしなむくつろぎスペースとして、空間を使い分けながら楽しめます。

エクステリアデザインの注意点

エクステリアは、素材や色調をじょうずにコーディネートしてデザインすることは大切ですが、機能面も重要です。注意すべき点を以下にあげます。

通路やテラスなどの床のバリアフリー対策

被介護者や身障者のいるご家庭では、アプローチから玄関までの段差をなくしてスロープにすることや、リビングからテラスに出るときの床をフラットにすることで、健常者も生活しやすくなります。現段階では被介護者がいなくても将来を見すえ、計画することも大切です。

効率のよい動線の確保

サービスヤード(家事などをするスペース)での洗濯機と物干し場の配置や、メインガーデン(主庭)でのガーデニングは、作業のしやすい動線を考えましょう。

防犯性

外から見えにくい場所があると、敷地内や室内への侵入が容易になります。エクステリアスタイルに合わせて、目隠しフェンスの設置や光センサー、ホームセキュリティーの防犯対策も考慮しましょう。

不在時の宅配

不在時の宅配便は、機能門柱や門袖などに設置されている宅配ボックスが重宝します。仕事などの外出のみでなく、お化粧前で人に会いたくないときやお風呂に入っているとき、また病気などの事情で宅配便を直接受け取れないときにも、宅配ボックスがあると便利です。

最後に、以下はデザインと機能がフィットしたカーポートの事例です。

カーポートの利便性

カーポートの利便性
http://pic.takasho.jp/portfolio/851

公道から玄関までのアプローチに、全面的に大きなカーポートを設置。その両サイドにはライティングを伴ったソテツをシンメトリーに配し、格調高い豪華な門構えと駐車機能を両立させています。完全なオープンスタイルのため、侵入者が隠れる余地はなく、防犯性も高いファサードです。

このように、塀やフェンスで目隠しをしなくても、アイデアしだいで機能性とビジュアルを両立したデザインができ、利便性や防犯性も保つことができます。

 

イメージどおりのエクステリアをデザインするには、建物の外壁色やサッシなどの一部の素材をエクステリアに取り入れると統一感が生まれます。オープン、セミクローズ、クローズの3つのエクステリアのスタイルを軸に、デザインを検討しましょう。また、イメージキーワードから要素を導き出すことで、面白く楽しい計画を立てることができます。

ビジュアルだけでなく機能面も含めて検討し、満足のいく快適なエクステリアを実現してくださいね。

Credit

文:松下高弘

文・イラスト/松下高弘(まつしたたかひろ)

長野県飯田市生まれ。元東京デザイン専門学校講師。株式会社タカショー発行の『エクステリア&ガーデンテキストブック』監修。ガーデンセラピーコーディネーター1級所持。建築・エクステリアの企画事務所「エムデザインファクトリー」を主宰し、手描きパース・イラスト・CG・模型等のプレゼンテーションや大手ハウスメーカー社員研修、エクステリア業の研修講師およびセミナープロデュースを行う。

著書には、『エクステリアの色とデザイン(グリーン情報)』、『住宅エクステリアのパース・スケッチ・プレゼンが上達する本(彰国社)』など。新刊『気持ちをつかむ住宅インテリアパース(彰国社)』、大手書店に続々登場!!

Print Friendly, PDF & Email