プチプラ雑貨を使って、もっと暮らしと花を楽しんでみませんか? 100均などのプチプラ雑貨とフラワーアレンジを日々楽しむ、フラワーデザイナーの川守由利子さんに、プチプラ花コーデを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

少し前に買って、キャンドウの器に飾っていたチューリップは、あまり花が開かないタイプでした。だんだん、花がおしまいに近づいてきたので、ちょっと遊んでみようと、以前セリアで購入したボウルを出してきました。これに、アレンジをしてみようと思います。

チューリップのアレンジ

このボウルの中に、くるっとチューリップを丸めて、入れていきます。無理に入れると、チューリップの茎が折れてしまいます。そこで、約1時間以上、チューリップを水から出して放置し、茎を柔らかくしました(ごめんよ、チューリップさん…)。

茎が少ししんなりしたところで、アレンジです♪ 水を入れたボウルに、チューリップを入れていきます。

チューリップのアレンジ

ボウルのカーブに合わせて、チューリップの茎をしならせて…。3本入れようと思ったら、1本のチューリップは手に持った瞬間にお花が壊れ、花びらがハラハラと…。

チューリップの花びら

よく見ると、白とピンクがきれいな花びらでうっとりです。自然の色合いってすごいな~。花びらがもったいないので、ボウルの中に入れてみました。

チューリップのアレンジ

茎の美しさも堪能できる、アレンジになりました。茎のグリーンと、ピンクの花びらが美しい!!

このセリアのボウル、お花の茎を美しく魅せてくれるので、ローテーブルの上などに置くアレンジに重宝しています♪

【材料】
*使用花材*
・チューリップ・・・3本390円
(以前アレンジに使用したもの)
*その他*
・ボウル(セリア)・・・100円
以上、価格は税抜き。

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

このボウルは、買っておいてよかったと思う100均グッズの一つです♪ いろいろなアレンジに使えそう~。

Credit

記事協力

川守由利子

川守由利子
『ブーケ・ドゥ(Bouquet Doux)』主宰。
花店勤務を経て、2006年に独立。『花時間』第6回フラワーアーティストオーディションに優勝し、現在、東京・自由が丘にて花教室を主宰している。アトリエ名は、“甘くやさしい花束”という意味の仏語から。その名のとおり、心なごみ笑顔になる、柔らかな印象のアレンジを中心に、雑誌やwebでも活躍中。手作りが得意で、プチプラ雑貨と“花”を組み合わせて楽しむアイデアを連載中。
http://bouquet-doux.com
https://www.instagram.com/bouquetdoux_flower

Print Friendly, PDF & Email