植物の力を閉じ込めたコスメをご紹介する連載「ボタニカル・パワー」。長年にわたり雑誌やウェブサイトで美容記事の編集をしてきた徳永幸子さんが毎回、Garden Story読者のために選りすぐりのコスメをピックアップ。今回は、ツバキやバラなどの力を閉じ込めたおすすめミスト化粧水のご紹介です。朝晩のお手入れ時だけでなく、会社のデスクに置いて乾燥を感じたらいつでも潤いを補給して美肌を守ってくださいね。

Print Friendly, PDF & Email

カメリアエキスとカメリアシードオイルがダブルの保護膜を作って潤いを逃がさない ファミュ「スーパーファイン モイスチャーミスト」

カメリアエキスとカメリアシードオイルがダブルの保護膜を作って潤いを逃さない ファミュ「スーパーファイン モイスチャーミスト」

“東洋の薔薇”といわれ、雪が降るなかでも花を咲かせる強い生命力を持つカメリア=ツバキの花を美の象徴と考え、ブランドのアイコンとしている「ファミュ」。カメリアほか厳選された花々のエッセンスを主な原料に使用し、それぞれの花が持つ個性をサイエンステクノロジーで引き出した化粧品がラインナップします。

こちらの『スーパーファイン モイスチャーミスト』は、カメリアの花から抽出したエキスを水の代わりになんと92.52%も配合。さらに、保湿力にすぐれたカメリアオイルを理想的なバランスで組み合わせた、しっとり潤うのにべたつきにくいミスト化粧水です。

角質層になじみやすいカメリアのエキス&オイルが肌にダブルの保護膜を作り、乾燥しやすい季節も潤いを逃がさない設計になっています。

また、肌の皮脂が酸化して起こる肌ぐすみ・ダークニングにアプローチする成分も配合。時間がたっても透明感のある肌が続きます。

粒子が細かく肌あたりがとても柔らか! 天然の花の香りにも癒やされる

スキンケアの大切な役割のひとつに、“幸福感”があると思いませんか? 肌にのせた瞬間、気持ちいいと感じる感触、深いリラックスをもたらす香り…。お手入れをしながら幸せな気持ちになれると、心だけでなく肌も確実にいい方向に変わっていくもの。

『スーパーファイン モイスチャーミスト』は、まさに使うだけで幸せになれる化粧水。

ふわふわと軽やかに宙を舞うほど繊細なミストは、肌あたりがまろやかでとにかく気持ちいい! また、ゼラニウム、シダーウッド、ジャスミン、白檀をブレンドした天然の華やかな香りは、嗅いだ瞬間に心癒やされ、一度使うと手放せなくなります。

オイル入りなので、洗顔後のブースターとして。また、メイクの上から吹きかけてもビシャッとしないので、メイク後のフィックススプレーとしてもおすすめですよ。

【商品概要】
ファミュ『スーパーファイン モイスチャーミスト』
120 ml 価格:4,600円(税別)

1本に約300輪分のオーガニックローズ水を使用! アルテヤオーガニック サハラ・インターナショナルグループ「アルテヤオーガニック ブルガリアンローズ ウォーター」

1本に約300輪分のオーガニックローズ水を使用! アルテヤアオーガニック サハラ・インターナショナルグループ「アルテヤオーガニック ブルガリアンローズ ウォーター」

世界一のバラ生産地であるブルガリア。中でも、その香りの高さから“バラの女王”と称されるダマスクローズは、ブルガリア産のものが世界でも最高品質とされています。

「アルテヤオーガニック」は、そんな世界トップクラスのローズオイル生産地であるブルガリアのバラの谷の中心部に本社を構えるオーガニックブランド。100年以上前から、高品質なローズオイルを、世界各国の高級コスメブランドに卸してきた“原料屋さん”が、1999年、満を持して設立したブランドなのです。

メイク落とし&洗顔、化粧水、高保湿化粧水、美容液、保湿クリームの5つがラインナップし、そのどれもが自社のオーガニック農園で栽培されたダマスクローズを使用。この『アルテヤオーガニック ブルガリアンローズ ウォーター』には、なんと約300本分ものローズウォーターが使われているんだそう。

かつては王侯貴族に愛されたといわれるローズウォーターですが、300本のバラからでやっと1本分しか作れないという貴重さなら、そりゃセレブ御用達になるのも納得ですよね。

現代でも、1gのローズオイルを作るのになんと10kgという大量の新鮮なバラが必要とのこと。

そういうわけで、最高品質のブルガリアダマスクローズ、しかもオーガニックなんてことになると、それを原料とするコスメは、一般的にはとても高価。

ところが、アルテヤオーガニックはもともと原料屋さんなので、1本1,800円という低価格を実現しているんです。100%天然成分、100%オーガニックでこの値段は、本当にびっくり!

ずっと浴びていたいほど、とにかく香りが格別!

私はバラのコスメが大好きで、これまでたくさんの種類のローズコスメを愛用してきました。その経験から、「値段と香りは比例する」というのが、これまでの考え方だったんです。この『アルテヤオーガニック ブルガリアンローズ ウォーター』に出会うまでは。

もう、本当にいい香り! バラそのものの甘くて優雅で華やかな香りが、スプレーした瞬間にブワッと広がり、深く深呼吸したくなります。もう、永遠にシュッ、シュッと顔や体にふりかけていたいほど。プチプラなので、惜しみなく使えます。

バラの香りには、嗅ぐだけでネガティブな感情やストレスで沈んだ気持ちを明るく前向きに変えたり、緊張を和らげる効果があるのは有名ですよね。なので、デスクに常備しておき、仕事中ストレスを感じたとき、落ち込んだときに使用するのもおすすめです。

もちろん美容効果もしっかり。バラの香りには女性ホルモンを活性化させる働きがあるほか、毛細血管の働きを強化し、新陳代謝を促す効果や、保湿、収れん、抗菌作用など、女性にとって嬉しい効果がずらり。

世界で最も厳しいといわれるUSDAオーガニック認証を受けているので、安心感もバッチリ。

心も肌もしぼみがちな現代女性に使ってほしいミストです。

【商品概要】
サハラ・インターナショナルグループ『アルテヤオーガニック ブルガリアンローズ ウォーター』
100ml 価格:1,800円(税別)

時短なのにエイジングケアまでできる! 1本5役の炭酸オールインワンミスト ステラシード「ボタニカルエステ ボタニカルシャワーミスト エイジモイスト」

時短なのにエイジングケアまでできる! 1本5役の炭酸オールインワンミスト  ステラシード「ボタニカルエステ ボタニカルシャワーミスト エイジモイスト」

上質なケアも時短美容もどっちも捨てられない。そんな女性のわがままを叶えてくれる濃密ボタニカルスキンケアブランドが、「ボタニカルエステ」です。オーガニック成分を含む厳選されたボタニカル成分を配合した、55秒でスキンケアが完了する「ボタニカルエステ シートマスク」シリーズほか、贅沢なほどたくさんの植物成分を配合した、忙しい女性のための時短ケアアイテムが揃います。

『ボタニカルエステ ボタニカルシャワーミスト エイジモイスト』は、ミスト化粧水ながら、なんと化粧水、美容液、乳液、オイル、エイジングケアの機能が一つになった、これ1本で朝晩のスキンケアが完了するオールインワンミスト。

オールインワンと聞いて、まずみなさんが思い浮かべるのは“ゲル”だと思いますが、ゲルってたしかに1ステップで完了するといっても、スパチュラで取る手間があったり、商品によっては肌にきちんとなじませるのにけっこう時間がかかり、サッと次のメイクまで進めないものもありますよね。

その点、こちらはスプレータイプなので顔全体にシューッと吹きかけるだけで、本当にお手軽! 肌にもスーッと素早く浸透します。

その上、肌が一気にイキイキすると話題の“炭酸スパ美容”が自宅でできる、重炭酸を配合。

“重炭酸”は、炭酸よりも揮発性が低く、水との親和性も高いため、皮膚から浸透して毛細血管を拡張させ、血流を増やしたり、新陳代謝を活性化させる作用が。微細なミストにすることでボタニカル美容成分を角質層にしっかり届け、 みずみずしく透明感のある肌へと導いてくれます。

22種もの厳選ボタニカル成分で年齢に負けない美肌に

配合されているのは、エイジングケアや女性ホルモン様作用で知られるザクロ果皮エキスやシャクヤク根エキスといった8種の保湿植物エキスのほか、セージ葉エキス、ラベンダー花エキスなどオーガニック保湿成分も8種配合しています。さらには、カニナバラ果実油、ツバキ種子油ほか6種の植物オイルもイン。

化粧水だけのミストは、スプレーしても水分がすぐに蒸発して乾きやすかったりしますが、こちらはオイルがたっぷり入っているため、肌の潤いを逃がしません。

使う前は「ミスト1本でスキンケアが完了するなんて、本当!? ちゃんと潤うの〜?」なんて疑心暗鬼でしたが、使ってみると思ってた以上に肌がしっとりもっちり。このラクちんさを知ってしまったら、もう手放せません!

アップルローズの甘く爽やかな香りも、使うたびに心をリフレッシュしてくれますよ。

【商品概要】
ステラシード『ボタニカルエステ ボタニカルシャワーミスト エイジモイスト』
160g 価格:1,300円(税別)

肌が乾燥していると、バリア機能が低下して肌トラブルを招いたり、小じわやくすみが目立つなど良くないことだらけ。乾きを感じたら、いつでもどこでもシュッと一吹きできるようにミスト化粧水を常備しておくのが正解です。

Credit

写真&文/徳永 幸子(とくなが さちこ)

早稲田大学卒業後、美容専門の編集プロダクション「レ・キャトル インターナショナル」でライター・エディターとしてのキャリアをスタート。『non・no』、『MORE』、『LEE』、『ar』 といった女性誌でライティングや、『美レンジャー』、『美的.com』などの美容系webメディアで編集に従事。エイジングケアコスメとチョコレートに目がない45歳。

Print Friendly, PDF & Email