埼玉県熊谷市にある『花音の森』には、170坪ほどの庭があります。2019年12月に木がまったくない更地から、植物を植えて庭を作り、2年目の晩秋を迎えています。今回のお話は落ち葉について。落葉樹は掃除をするのが大変だから…と敬遠されがちですが、落葉樹は芽吹きから紅葉、落葉までさまざまな表情の変化を楽しめるのが魅力! それに落ち葉はゴミではありません。貴重な資源です。資源として生かす方法を知れば、植物との関わりももっと楽しいものになるかもしれません。

Print Friendly, PDF & Email

花音の森とは?

私の活動拠点「花音の森」では、植物のある暮らしで健康寿命を延ばす自然療法“ガーデンセラピー”をコンセプトに、植物の楽しみ方があれこれ学べるレッスンと、庭づくりを行っています。

加えてもう一つ、ここで『日本一暑い街・熊谷でエアコンに頼らず暮らす』実験をしています。家の性能と植物をうまく活用することで、夏は冷房なしでも過ごせ、冬は薪ストーブで暖かく暮らせる環境を考えて作りました。

日本一暑い街の夏は、年々過ごしにくくなっていることを肌で体感できるほど…。どうやったら、冷房に頼らず心地よく暮らせるか考え、屋根・壁・窓に直射日光が当たらないことが大事だと考えました。そのために、ぐるりと家を囲むようにコナラを配置しました。ゆくゆくは屋根を覆ってもっと涼しくなるだろうと期待しています。

春夏秋冬コナラが大活躍!

一方、冬の寒さ対策についても考えなければなりません。コナラは落葉樹。夏は葉が茂っていますが、冬は葉を落とし、屋根・壁・窓に直射日光を届けてくれるのです。このおかげで、冬の午前中は太陽が出ていると、部屋があたたかく、薪ストーブはつけずに過ごせます。

エアコンがなかった昔は、暮らしの質を向上させるために庭があり、室内の快適性も考慮して樹種選びをしたのだろうな、とも感じます。

春夏秋冬コナラが大活躍!

落葉樹は、一年を通して、芽吹きから新緑、紅葉、落葉までさまざまな表情の変化を楽しめるのが魅力! 特にコナラの葉の色が変わっていく様子は、本当に植えてよかったと思うほど、お気に入りです。

今年はコナラのどんぐりが大量に落ちてきて、庭中、あちこちに転がっています。そんな様子にもなんだかほっこり。花音の森にいらっしゃる生徒さんも、嬉しそうにどんぐり拾いを楽しんでいました。

ただいま紅葉の最中

そんなコナラは、ただいま紅葉の最中で、もう少しするとすべての葉が落ち、落ち葉のじゅうたんが楽しめます。

落ち葉は、陸の豊かさを守るための資源になる

最近、よく「サステナブル」という言葉を耳にするようになりましたね。サステナブルは、sustain(持続する)とable(〜できる)からなる言葉で、「持続可能な」「ずっと続けていける」という意味があります。

現在、国連が世界共通の目標として取り組み始めているのが「持続可能な社会」の実現。英語では、Sustainable Development Goals。この頭文字をとって、SDGs〈エスディージーズ〉と呼ばれます。SDGsでは、貧困、環境問題、経済成長やジェンダーなどの課題に対して17の目標が掲げられています。

その中の1つに、陸の豊かさを守ろう(陸上資源)があります。

落ち葉は、植物の栄養となる

落ち葉は、植物の栄養となる、非常に大事な存在です。

地上に落ちた葉は、次第に細かくなり、腐りながら土と混ざり、土へと変わっていきます。自分の葉を足元に落とし、循環させ、それが植物たちの成長の源になっていくのです。裏を返せば、落ち葉を人間がゴミとして捨ててしまうと、木の栄養が足りない・土ができない、ということです。

落ち葉は、陸の豊かさを守るための資源になるということを知ると、落ち葉の価値が上がり、葉っぱ1枚1枚が愛おしく思えてきませんか?

庭づくりをする時「落葉樹は、落ち葉が出るから避けたい」と言われることがあります。また、花音の森を見て「落ち葉を拾うのも大変そう」とも言われます。確かに落ち葉は出ますが、これをゴミととらえるか、資源ととらえるかで大きく気持ちが変わります。

庭を維持管理するのに、大変だと思うことを無理して続けていくと、いつかやりたくなくなってしまいます。逆に、自分の庭で、ラクに楽しめることだったら長く続けられますよね。なおかつそれが環境にもよい影響を与え、次世代にバトンタッチできるなら、さらに庭仕事にも意義があります。私はそんな気持ちで植物と接しています。

庭でSDGsを実践しよう! 落ち葉はごみにしない

庭でSDGsを実践しよう!落ち葉はごみにしない

というわけで、花音の森では落ち葉は捨てずに、木々の足元に戻しています。また、落ち葉は風で飛んで行ってしまうこともありますので、水やりの時に落ち葉にも水をかけ、重さを加えていますよ。

植物を育てている人はぜひお庭でSDGsにチャレンジ! 落ち葉はゴミにせず、資源として大切にリサイクルしてくださいね。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。一般社団法人日本ガーデンセラピー協会専門講師。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email