バラに冠せられた名前の由来や、人物との出会いの物語を紐解く楽しみは、豊かで濃密な時間をもたらしてくれるものです。自身も自宅のバルコニーでバラを育てる写真家、松本路子さんによる、バラと人をつなぐフォトエッセイ。今回は、イタリア・ルネサンス期の天才画家に捧げられたバラ‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’との出会いやゆかりの地とともに、花の魅力をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

バラとの出会い

バラ‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’
わが家のバルコニーに咲く‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’。やや遅咲きで、例年5月のバラの最盛期の最後を彩る。

わが家に‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’がやってきたのは、10数年前のこと。

イタリア、ルネサンス期の天才画家に捧げられたそのバラは、濃いピンク色で、花姿と名前に惹かれた私は、バラ園から裸苗を取り寄せた。バルコニーで毎年艶やかな花を咲かせ、何度も返り咲く花を見るにつけ、画家の生まれたイタリアの村を訪ねてみたいと思い始めた。だがその願いはいまだ果たせないでいる。

一昨年はトスカーナ地方で、造形作家ニキ・ド・サンファルの映画の撮影を行なった。ダ・ヴィンチの生家のあるフィレンツェにそう遠くない場所だったが、足をのばす時間的余裕がなかった。私にとってこれから旅したい地の一つが、ダ・ヴィンチゆかりのイタリアと、フランスの町や村となっている。

ヴィンチ村からフィレンツェへ

レオナルド・ダ・ヴィンチの故郷ヴィンチ村
レオナルド・ダ・ヴィンチ生誕の地、ヴィンチ村。丘の上に立つ城が、現在ダ・ヴィンチ博物館となっている。StevanZZ/Shutterstock.com

レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci,1452-1519)は、フィレンツェから20km離れたヴィンチ村で生まれた。村には彼が生まれた家が500年経った今も残され、修復されて当時と同じような様子で公開されている。

ダ・ヴィンチは14歳の時(一説には15歳)に、フィレンツェのアンドレア・デル・ヴェロッキオの工房に見習いとして入り、画家としての修業を始めた。時は15世紀後半、ルネサンス最盛期で、フィレンツェは自由と活気に満ちていた。

10代の頃からその才能を開花させ、師のヴェロッキオは彼の絵を見て、絵筆をとることをやめたというエピソードが伝わっている。当時の美しいがパターン化された描写に対して、天使がそこに存在するかのごとく、人の心の奥底に響く絵を描き出していたのだ。

「最後の晩餐」

フィレンツェで16年間を過ごしたダ・ヴィンチは、30歳の時にミラノに居を移した。ミラノでは後世に残る代表作のうちの2つを制作している。一つは「岩窟の聖母」。そしてサンタ・マリア・デレ・グラーツィエ修道院の食堂の壁に描いた「最後の晩餐」。「最後の晩餐」はダ・ヴィンチが43歳の時に書き始めて、3年かけて完成させている。「モナ・リザ」と並び、画家を語るうえで欠かせない作品だ。

「モナ・リザ」

ヴェネツィア滞在を経て、ダ・ヴィンチは再びフィレンツェに向かった。この頃は人体解剖や土木工学などの分野にも才能を発揮している。そして「モナ・リザ」を描き始めたのは、1904年、52歳の時だった。

バラ‘モナ・リザ’
千葉県のバラ園で見かけた‘モナ・リザ’という名前の四季咲きのバラ。1980年にドイツのコルデスによって作出された。

ポプラ板に描かれた油彩の肖像画は「リザ夫人」と名づけられてはいるが、モデルの女性が誰であるか真相は不明のままだ。ダ・ヴィンチの自画像ではという説まで出現し、その謎めいた微笑とともに、さまざまな物語を纏っている。

ルーヴル美術館の「モナ・リザ」

モナ・リザ
いつもたくさんの観客に囲まれているルーヴル美術館の「モナ・リザ」の展示風景。過去に盗難や事故にあっているので、厳重なセキュリティで守られている。Takashi Images/Shutterstock.com

何度かルーヴル美術館を訪れているが、館内で最も人が多いのが「モナ・リザ」の絵の前。それだけ世界的によく知られている名画だ。展示室の奥の壁面に防弾ガラスで囲まれたその絵を最初に見た時、意外なほど小さいのに驚かされた。イメージが脳裏に焼き付いていて、人物像が実物大であるかのように錯覚していたのだろう。実際は77×53cmの油彩画である。オリジナルの絵を見つめていると、その微笑が一層謎めいて見えてくる。

バラ‘スーリール・ド・モナ・リザ(モナ・リザの微笑)’
‘スーリール・ド・モナ・リザ(モナ・リザの微笑)’という名前の四季咲きのバラ。2008年にフランス、メイアン社によって作出された。

バラ園で‘スーリール・ド・モナ・リザ(モナ・リザの微笑)’という鮮やかな赤いバラに出会った時、絵のイメージがバラに重なって見えた。

フランス、ロワール地方の城

クロ・リュセ城
ダ・ヴィンチが晩年の2年半を過ごし、終焉の地となったフランス、ロワール地方にあるクロ・リュセ城。Vlasyuk Inna/Shutterstock.com

ダ・ヴィンチは最晩年をフランスで過ごしている。1516年、64歳の時にフランスの国王フランソワ1世に招かれ、王の居城アンボワーズ城の近くのクルー城(のちのクロ・リュセ城)を住まいとして与えられたのだ。ダ・ヴィンチはその地で67年の生涯を終えるまで、さまざまな実験や発明を試みている。

館にはイタリアから3枚の絵を携えてきていた。「聖アンナと聖母子」「洗礼者ヨハネ」そして「モナ・リザ」である。「モナ・リザ」については、死の直前まで絵に筆を入れ続けていたという。

クロ・リュセ城は現在一般公開されていて、画家の寝室や居間、アトリエなどが見学可能だ。資料展示室ではあらゆる学問に精通していたダ・ヴィンチの足跡を辿ることができる。

城の公園と庭園

城の周囲に広がる7ヘクタールのレオナルド・ダ・ヴィンチ公園は、発明機械20点の屋外展示場となっている。

レオナルド・ダ・ヴィンチ公園
Vlasyuk Inna/Shutterstock.com
クロ・リュセ城の庭園
クロ・リュセ城の庭園。ダ・ヴィンチが残したスケッチをもとに植えられた植物や、名前にゆかりのバラが、訪れる人を迎えてくれる。Vlasyuk Inna/Shutterstock.com

さらに公園に隣接するのが、ダ・ヴィンチの描いた風景をもとにつくられた緑溢れるレオナルドの庭園。池には彼が設計した二重橋が架けられ、そのまわりには植物学者でもあったダ・ヴィンチがスケッチを残した、ロワール地方の植物が植栽されている。

バラ‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’

バラ‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’

ダ・ヴィンチに捧げられたバラは、1994年にフランスのメイアン社によって作出された。アティアス・メイアン氏によると、クロ・リュセ城のダ・ヴィンチ研究チームがメイアン社の数ある新作のバラから、このバラを選んだのだという。

バラ‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’

深みのあるローズピンクのロゼット咲きの花が、房になって開花する姿は見事だ。花径は8~10cmで、やや厚めの花弁が、波打ちクラシカルに重なる。樹形は直立型。欧米では木立バラに分類されているが、樹高1.5mほどのつるバラとしても設えることができる。

このバラの枝変わりではないが、同じメイアン社から2003年に‘レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ’と名づけられた、クリムゾンレッドの花色のバラが作出されている。

Information

ダ・ヴィンチの生家

Casa natale di Leonardo da Vinci

Via di Anchiano 50059 Vinci Fl. Italy

電話:0571-933-248

開館:10:00~19:00 (11月から2月は18:00まで)

休館日:なし

入場料:大人11€、子ども8€

アクセス:フィレンツェから列車でエンポリ駅下車。エンポリ駅からヴィンチ村までバスで20~25分。

クロ・リュセ城

Le chateau du Clos Luce

2rue de clos Luce 37400

Amboise Val de Loire France

電話:+33(0)2 47 57 00 73

Fax:+33(0)2 47 57 62 88

http://www.vinci-closluce.com

開館:時間は月ごとに変わるのでご確認ください。

休館日:12月25日、1月1日

入場料:
大人17,50€ (4月1日~11月15日), 14,50€ (11月1日~3月31日)
子ども15,50€ (4月1日~11月15日)12,50€ (11月1日~3月31日)
7歳未満 無料

アクセス:パリ、オーステルリッツ駅から直通で2時間。アンボワーズ駅下車。駅から市の中心部までバス。

Credit

写真&文/松本路子
写真家・エッセイスト。世界各地のアーティストの肖像を中心とする写真集『Portraits 女性アーティストの肖像』などのほか、『晴れたらバラ日和』『ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅』『日本のバラ』『東京 桜100花』などのフォト&エッセイ集を出版。バルコニーでの庭仕事のほか、各地の庭巡りを楽しんでいる。2018-21年現在、造形作家ニキ・ド・サンファルのアートフィルムを監督・制作中。

新刊『秘密のバルコニーガーデン 12カ月の愉しみ方・育て方』(KADOKAWA刊)が、91日に発売されました。www.matsumotomichiko.com/news.html

Print Friendly, PDF & Email