朝夕に、ようやく爽秋の風を感じられる9月。菊月や長月の異称があるこの月は、重陽の節句やお月見、秋分の日など、季節の節目を祝う数々の行事があります。「夏から秋へと移ろう庭の草花や秋の実りをしつらえて、ささやかでも感謝の気持ちを込めて愉しみたい」と話すのは、神奈川県で小さな庭のある暮らしを楽しむ前田満見さん。秋を伝える庭の植物と行事、そして飾り花と込める思いを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

菊の花を愛でる「重陽の節句」

菊の花

「人日の節句」「上巳の節句」「端午の節句」「七夕の節句」に並ぶ五節句の一つが9月9日の「重陽の節句」。五節句の「節」は、中国の暦法で定められた季節の変わり目のことで、旬の植物から生命力をもらい邪気を払う中国の風習が伝来したと言われています。

以来、日本の風土や暮らしに上手く適合させ受け継がれてきた五節句は、季節の恵みに感謝し、無病息災や子供の健やかな成長を祈る年中行事として今も親しまれています。

五節句の最後を締めくくる「重陽の節句」の別名は、「菊の節句」。古来より菊は、邪気を払い長寿の効能があると信じられていたようで、菊の花を飾り、菊酒や菊湯、菊枕を愉しんでいたのだとか。何とも風流ですね。

シュウメイギク

わが家の「重陽の節句」の飾り花は、この時季、庭に咲くキンポウゲ科の秋明菊。できれば大好きな菊を飾りたいところですが、残念ながら庭の小菊の開花は10月半ば。夏から秋へと季節の移ろいをいち早く告げてくれる秋明菊が菊の花の代わりです。

楚々とした一重咲きの濃桃花と、華やかな八重咲きの白花の秋明菊は、一種活けはもちろんのこと、ホトトギスや色付き始めた西洋カマツカやヨウシュヤマゴボウの実を添えて。温かな色味の陶器に合わせると、より初秋らしさを感じます。

シュウメイギク

酷暑の夏の間も、人知れず秋へと季節を紡いでくれた秋明菊と草花たち。その健気な姿を一輪一輪手にとって眺めていると、いつの間にか残暑の熱気も和らぎ、秋を迎える歓びが胸いっぱいに広がります。

さまざまな菊の意匠に触れて心豊かに

重陽の節句

そして、「重陽の節句」に欠かせない愉しみが、菊の意匠の和菓子といただくお茶時間。「菊の節句」らしい風情を味わえる輪花皿や輪花茶碗、普段は食器棚にしまっている漆のお膳や菓子箱も用意します。特に、母から譲り受けた菊の花が描かれた漆の菓子箱は、とても上品で雅やか。「菊の節句」に華やぎを与えてくれる気に入りの品です。

さらに、庭の小菊の枝葉も添えて香りを纏わせます。和菓子を口に入れた時に鼻腔に抜けるほのかな菊の香のなんと風流なこと。こんなふうに菊の意匠の品々を愛でるだけでも、日常にはない優雅な気分を味わえます。

菊

菊は、天皇家の紋章や家紋、身近なものでは個人のパスポートにも用いられている、まさに日本を象徴する花。「重陽の節句」は、日本人としての自覚と誇りを改めて感じさせてくれます。

花言葉は「高貴」「高潔」「高尚」だそう。何だか、背筋もピンとしてきます。

菊

お月見は身近な草花や実りをしつらえて

お月見

一年で最も空気が澄み渡り、月が美しく見える旧暦8月15日の「仲秋の名月」。月を鑑賞しながら秋の実りに感謝するお月見は、今も広く親しまれている行事の一つですね。

わが家でも、毎年、庭の草花や旬の果物、手作りの月見団子をお供えして愉しんでいます。

タカノハススキ

月の神様の依り代として欠かせないススキは、庭に植えているタカノハススキ。斑入りの清々しい品種で、その模様が蛍や矢羽根に似ていることから、別名ホタルガヤ、ヤバネススキとも言われています。朝露の残る早朝にカットして新聞紙に包んで水揚げすると、葉っぱも乾燥することなく瑞々しく保たれます。普段は何かと脇役のタカノハススキですが、この日ばかりは主役。できるだけ美しく見えるようにひと手間かけます。

ススキを活ける

そして、その脇役として欠かせないのが、空き地や道端に生えている雑草です。風に揺れる穂に爽秋を感じるエノコログサやカヤツリソウは、ススキとの相性も抜群。草丈が短いので株ごと根引きし、きれいに洗って水揚げします。ススキと合わせて大ぶりの白磁の壺にバサッと活けると、凛とした立ち姿が際立ち、依り代に相応しい供え花に。また、土の風合いが残る焼締の壺には、初々しい実をつけた野ブドウを合わせます。聞くところによると、つる性のものは月と人の繋がりが強くなるという縁起のよいお供えものだとか。自然の臨場感に溢れたこんな取り合わせもなかなかいいものです。

秋

また、和室の窓辺と庭のガーデンテーブルに即席の月見台を設えて、旬の果物や穀物、月見だんごを供えます。葡萄や柿、早生みかん、山栗など、なるべく彩りよく。お供えものは、後に下げていただくことで、神様との結びつきが強くなるといわれているので、せめてお団子だけでもと手作りしています。意外と簡単にできるし、何より、一つひとつ丁寧に手のひらで丸める作業は、自然と心もこもります。

お月見団子

そのうえ、お供えした後に甘じょっぱい餡をかけていただくみたらし団子は、最高のお茶請けに。「どうか、今年も月の神様と縁結びができますように」と願いながら、一口一口味わいます。

日中はまだまだ残暑が厳しいものの、夕暮れには、庭の其処彼処から虫の音が….。

ランタンを灯して心地よい夕風に当たりながら、暫し空を見上げます。

晴れていれば名月。雲で隠れたら無月。雨が降ったら雨月。

さて、今年の仲秋は、どんなお月様を見ることができるでしょうか。

Credit


写真&文/前田満見
高知県四万十市出身。マンション暮らしを経て30坪の庭がある神奈川県横浜市に在住し、ガーデニングをスタートして15年。庭では、故郷を思い出す和の植物も育てながら、生け花やリースづくりなどで季節の花を生活に取り入れ、花と緑がそばにある暮らしを楽しむ。小原流いけばな三級家元教授免許。著書に『小さな庭で季節の花あそび』(芸文社)。
Instagram cocoroba-garden
Print Friendly, PDF & Email