「イギリスのバラ」といわれたダイアナ妃。2021年7月1日に生誕60周年を迎えました。今もなお、世界中から愛され続けるダイアナ妃の生涯を振り返りながら、ダイアナ妃に捧げられた2つのバラをバラ文化と育成方法研究家で「日本ローズライフコーディネーター協会」の代表を務める元木はるみさんに紹介していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

世界中から今も愛される亡きダイアナ妃

ケンジントン宮殿
ダイアナ妃の生誕60周年記念セレモニーが開催されたケンジントン宮殿。Loredana Sangiuliano/Shutterstock.com

2021年7月1日は、「イギリスのバラ」といわれたダイアナ妃が、生誕60周年を迎えた日でした。本国イギリスでは、ケンジントン宮殿の庭園に、ウィリアム王子、ヘンリー王子の両王子が、母ダイアナ妃の功績を称えるために建立を計画したダイアナ妃の銅像の除幕式等の生誕60周年記念セレモニーが執り行われました。

今回は、悲劇的な死を遂げながらも、今もなお、世界中から愛され続けるダイアナ妃の生涯を振り返りながら、ダイアナ妃に捧げられたバラについてもご紹介します。

ダイアナ妃
catwalker/Shutterstock.com

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ(ダイアナ元皇太子妃)(1961.7.1 – 1997.8.31)は、

イギリスの第1位王位継承権者・ウェールズ公チャールズ皇太子の最初の妃。

「ダイアナ」は、ギリシャ神話では、月と狩りの女神の名です。

ダイアナ妃
ダイアナ妃の生涯は、さまざまな書籍、映画、ドラマなどに描かれ、人々を魅了し続けています。

ダイアナ妃の生い立ち

父は、オルソープ男爵エドワード(第8代スペンサー伯爵)、母は、フェルモイ男爵を父に持つフランシス。ダイアナ妃は、英国貴族の名門スペンサー家の三女として、サンドリンガムの「パークハウス」に誕生しました。

姉の長女の名は「セーラ」、二女は「ジェーン」、また、ダイアナ妃の下には「チャールズ」(現・第9代スペンサー伯爵)という名の弟がいます。スペンサー一族は、王室からの信頼も厚く、代々、王室の侍従や女官の職務を任命されました。

オルソープハウス
現在、ダイアナ妃が敷地内に眠るスペンサー伯爵の本邸「オルソープハウス」。Paul Banton/Shutterstock.com

元々、スペンサー家は、15世紀に羊の輸送で材を成した商人が始まりで、1508年には、ジョン・スペンサーが、伯爵の爵位を獲得し、イングランド中東部の都市ノーサンプトン近郊に本邸「オルソープハウス」を建てました。「オルソープハウス」屋敷内には、ヴァン・ダイクやルーベンス、ゲーンズボロ、ネラー、レノルズ等の絵画が壁に飾られ、荘厳な貴族の邸宅の様相を表しています。

また、庭園には大きな池があり、現在ダイアナ妃の遺骨は、この「オルソープハウス」の敷地内の何処かに眠っているとのことです。

ダイアナ妃の両親は、1967年から別居をはじめ、1969年には離婚し、ダイアナ妃をはじめとする子供達の親権は、父スペンサー伯爵が持ちました。両親の離婚は、8歳の多感な時期のダイアナ妃に少なからず影響を与え、「子供たちに囲まれた、にぎやかで幸せな家庭をつくりたい」という将来への希望を、当時の養育係のメアリー・クラーク氏へ、よく話していたそうです。

生家「パークハウス」では、幼少期を弟のチャールズと過ごし、1970年にはノーフォーク州のリドルズワース・ホール寄宿学校、1973年にはケント州にあるウェスト・ヒース寄宿学校に入学しました。

チャールズ皇太子との出会いと成婚

チャールズ皇太子とダイアナ妃
Andy Lidstone/Shutterstock.com

1977年に、姉のセーラと交際していたチャールズ皇太子と初めて出会い、1979年に王室のサンドリンガム邸のパーティーで皇太子と再会したのがきっかけで皇太子と親しい関係になり、1980年に交際が深まりました。

1981年2月に、チャールズ皇太子と婚約し、7月29日には、セント・ポール大聖堂で盛大な結婚式が行われ、その模様は世界中のテレビに配信され、大きな注目の的となりました。

チャールズ皇太子との新しい生活

ケンジントン宮殿
ケンジントン宮殿 Tanya Kramer/Shutterstock.com

1982年5月から、チャールズ皇太子と共にケンジントン宮殿での新しい生活が始まり、ウィリアム王子とヘンリー王子が誕生。順風満帆で幸せな暮らしをしているかに思えましたが、チャールズ皇太子の結婚前から交際が続いていたカミラ夫人のことや、結婚生活や公務についての皇太子との考え方の違いなどが深刻化し、ダイアナ妃は過食症に苦しむようになってしまいます。

皇太子も1980年代半ば以降には、ダイアナ妃のいるケンジントン宮殿に戻らず、コッツウォルズ南に位置する小さな街テッドバリー近郊にある「ハイグローヴ邸」で暮らすことが増え、そこでカミラ夫人との時間を多く持つようになりました。

チャールズ皇太子とダイアナ妃
rook76/Shutterstock.com

1992年12月に、皇太子との別居生活が正式に発表され、1994年には皇太子自ら、自分の人生にとって、カミラ夫人が人生の中心的人物であることを公表しました。ダイアナ妃は、1995年11月にBBCのインタビューに、皇太子との結婚生活を「3人の結婚生活だった」と総括し、ダイアナ妃自身も元騎兵連隊将校ジェームズ・ヒューイット氏と5年に渡って不倫していたことを認め、「自分はイギリス王妃ではなく、人々の心の王妃になりたい」という希望を表明しました。

離婚後のダイアナ妃の活動

ダイアナ妃
spatuletail/Shutterstock.com

1996年8月に離婚が成立し、2人の王子の親権を皇太子と平等に持つことが認められ、莫大な慰謝料とセント・ジェームズ宮殿の執務室の維持費、ケンジントン宮殿での居住権を獲得しました。但し、HRH(ハー・ロイヤル・ハイネス=妃殿下)の称号は剥奪され、「プリンセス・オブ・ウェールズ」と呼ばれることになりました。

自らの「人々の心の王妃になりたい」という希望を有言実行するかのように、さまざまな慈善活動への取り組みを本格化させ、国民や世界中から注目と関心、そして人気を集めました。またこの頃からパキスタン人心臓外科医ハスナット・カーン氏との交際、1997年7月からは、当時高級百貨店ハロッズや、パリのホテルリッツなどの所有者であったエジプト人実業家モハメド・アルファイド氏を父に持つエジプト人映画プロデューサーのドディ・アルファイド氏との交際が始まり、離婚後も更にダイアナ妃はパパラッチから追われる身となりました。

悲劇的な最後

ダイアナ妃の葬儀
王旗がかけられた棺桶には、白いユリの花が添えられた。John Gomez/Shutterstock.com

1997年8月31日の深夜、ドディ・アルファイド氏と共に乗車していた車が、フランス・パリのアルマ橋下のトンネル内の柱に激突し、ダイアナ妃、ドディ・アルファイド氏、運転手のアンリ・ポール氏が突然死去してしまうニュースは、英国民のみならず世界中に衝撃と驚嘆、悲しみを与えました。あまりにもショッキングな出来事で、その死の真相は事故か陰謀か、さまざまな憶測が飛び交うこととなりました。

この時ダイアナ妃は、36歳という若さでこの世を去りました。

死後、イギリス王室がダイアナ妃の遺体を引き取り、準国葬の「王室国民葬」として葬儀が行われ、英国民の強いダイアナ妃哀悼の機運から、女王エリザベス2世が特別声明を出し、葬儀中にはバッキンガム宮殿に半旗が掲げられるという異例の処遇が取られました。

ダイアナ妃の葬儀
2人の若い王子の悲しみをこらえた姿が、多くの人々の記憶に刻まれました。誌面には「Goodbye,England’s Rose」の文字が。Lenscap Photography/Shutterstock.com

ダイアナ妃の功績

ダイアナ妃
neftali/Shutterstock.com

ダイアナ妃は生前、エイズ問題、ハンセン病問題、地雷除去問題などの慈善活動への人道主義的な取り組みが高く評価され、世界中の人々から生前のみならず永続的な人気を博すこととなりました。

また優雅で気品ある美しい容姿やファッションは、人々の羨望の的となりました。

日本への訪日は三度あり、1986年(昭和61年)の最初の訪日では、「ダイアナフィーバー」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。

ダイアナ妃の系図から紐解く

ダイアナ妃の系図の中には、イギリス第61代、及び63代首相ウィンストン・チャーチル(サー・ウィンストン・レナード・スペンサー・チャーチル1874年11月30日 – 1965年1月24日)の祖先でもあり、アン女王(1665年2月6日-1711年8月1日)から与えられたブレナムパレスの城主、初代モールバラ公爵ジョン・チャーチル、その妻でアン女王のお気に入りの女官であったサラ・ジェニングス、ステュアート朝チャールズ2世、ジェームズ2世などの名があり、イギリスの歴史を物語るかのような人物が多いことに驚きます。

ブレナムパレス
現、第12代マールバラ公爵チャールズ・ジェイムズ・スペンサー=チャーチル氏の居城である「ブレナムパレス」。
チャールズ2世
チャールズ2世。Sergey Goryachev/Shutterstock.com

チャールズ2世(1630年5月29日-1685年2月6日、在位:1660年5月29日 – 1685年2月6日)は、ピューリタン革命で処刑に追い込まれた父チャールズ1世の次男として誕生。

紅茶を飲む習慣をイギリスに持ち込んだポルトガルの王女キャサリン・オブ・ブラガンザを妻に迎えましたが、キャサリン妃との間には子は授かりませんでした。チャールズ2世は、13人いたといわれる愛人との間に、14人の子を設けましたが、それぞれの子には王位継承権が与えられず、その後王位は、弟のジェームズ2世に継承されました。

ジェームズ2世
ジェームズ2世。Sergey Goryachev/shutterstock.com

ジェームズ2世(1633年10月14日¬-1701年9月16日、在位:1685年2月6日 – 1688年)は、兄のチャールズ2世の死去により王位に就き、姉の侍女アン・ハイドと結婚。

8人の子が誕生しましたが、成人したのはたった2人の姉妹だけでした。その姉妹の内の姉のメアリーは、従兄弟のウィリアムと結婚し、メアリー2世、ウィリアム3世として共同統治を行いました。

2人には子がいなかったため、メアリー2世に続きウィリアム3世がこの世を去ると、メアリーの妹アンが女王に即位しました。アン女王は、1707年、スコットランドをイングランドに併合し、グレートブリテン王国が誕生すると、最初の君主となりました。しかし、17回の妊娠の内、6回の流産や6回の死産、また産まれた子も1人も無事に成長せず、その悲しみを紛わすために酒に頼り、「ブランディー・アン」というニックネームが付けられました。アン女王は、ステュアート朝最後の君主となりました。

このように、ステュアート朝直系の王位継承者は途絶えてしまったかに思えましたが、チャールズ2世とその愛人3人(ルーシー・ウォルター、ルイーズ・ケロワール、バーバラ・ヴィリアーズ)とのそれぞれの子、ジェームズ2世(1633年10月14日-1701年9月16日)とその愛人(アラベラ)の子が、ダイアナ妃の祖先の中に名を連ね、時を超えた現代に、ダイアナ妃が出産したウィリアム王子が将来王位に就くであろうことを考えると、まるで、ダイアナ妃は、過去と未来の王位継承の架け橋の役目を果たしたようにも思えてきます。

ダイアナ妃に捧げられたバラ

プリンセス・オブ・ウェールズ

プリンセス・オブ・ウェールズ
‘プリンセス・オブ・ウェールズ’(FL)/英ハークネス1997年作出
白バラ
交配親/’Sexy Rexy’ × (‘Pearl Drift’ × ‘Autumn Fire’)

1879年から続く英国ヨークシャーで設立された名門の育種会社ハークネス社が、ダイアナ妃存命中にダイアナ妃に捧げたバラです。うっすらとパウダーピンクがのるつぼみは、まるでダイアナ妃の少しはにかんだ表情の頬の色と重なり、開花と共に花弁には、まばゆいほどの純白が現れ、清楚で洗練されたエレガントな美しさに満ちたダイアナ妃と重なるかのようです。コンパクトな樹形に、花を際立たせる艶のある葉を持ちますが、日本の気候では、少々黒点病が出ることもあるようです。ハークネス社は、現在、育種・試作圃場等で、殺菌剤を使わずに新品種の選抜を行ない、より健康なバラ、なおかつエレガンスな香りのあるバラの育種に力を入れています。

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ

‘ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ’(現:エレガントレディ)
‘ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ’(現:エレガントレディ)(HT)/米Keith W. Zary1998年作出
ピンクのバラ
交配親/’Anne Morrow Lindbergh’ × ‘Sheer Elegance’

‘エレガント・レディ’ (旧品種名‘ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ’)は、ダイアナ妃が亡くなった翌年にダイアナ妃に捧げられ、この苗木の売上金の一部が「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ記念基金」に寄付することを約束して‘ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ’という名が付けられました。現在は「ダイアナ記念基金」との契約が切れたため、‘エレガント・レディ’と改名されました。

高芯剣弁咲きの淡いクリーム色の花弁の先にピンクの覆輪をのせて、時間の経過と共に徐々にグラデーションがかります。

また、今年2021年は、ちょうどウィリアム王子とキャサリン妃のご成婚10周年目の年でもあります。

ウィリアム王子&キャサリン妃
ご成婚時のウィリアム王子&キャサリン妃。rook76/Shutterstock.com
‘ウィリアム&キャサリン’
‘ウィリアム&キャサリン’(S)/英デビッド・オースチン2011年作出

2011年に、ウィリアム王子とキャサリン妃のご成婚を祝して命名されたバラです。

「イギリスのバラ」と云われたダイアナ妃は、ダイアナ妃が少女時代から望んでいた「愛し愛される」愛ある結婚には恵まれなかったのかもしれませんが、母を愛し続ける2人の王子に恵まれ、世界中の人々から永遠に愛される「人々の心の王妃」であり続けていくことでしょう。

ダイアナ妃
ミラー紙に掲載されたダイアナ妃の記事。Lenscap Photography/Shutterstock.com

Credit


写真&文/元木はるみ
神奈川の庭でバラを育てながら、バラ文化と育成方法の研究を続ける。「日本ローズライフコーディネーター協会」代表。近著に『アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり』(家の光協会刊)、『ときめく薔薇図鑑』(山と渓谷社)著、『ちいさな手のひら事典 バラ』(グラフィック社)監修など。TBSテレビ「マツコの知らない世界」で「美しく優雅~バラの世界」を紹介。
https://jrlc.exblog.jp
Print Friendly, PDF & Email