センス抜群の花セレクトと寄せ植えで、カリスマ的人気を誇る「Junk Sweet Garden tef*tef*」。ネット上の園芸セレクトショップとして開店して以来、10年以上右肩上がりのショップを営んできた槇谷桜子さんが、日本の園芸業界をさらにおしゃれに楽しくすべく、新しい取り組みを始めました。日本がかわいい花であふれかえってしまうかも!!

Print Friendly, PDF & Email

世界中でガーデニングブーム再燃中

今、世界的にガーデニングが流行していることをご存じですか? 新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす時間が増えたため、昨年からガーデニングを始めたという人がたくさんいます。ただし、ガーデニングに注目が集まっているのは、ただ「時間が増えた」ことだけが理由ではないようです。興味深いことに、社会的に情勢不安に陥ると、ガーデニングに脚光が当たるという歴史があります。不安を感じると、それを解消する手立てとして、人は緑を求めるのです。緑には、人を健やかに導く効果があることは、古くから人の経験則として知られてきましたが、近年の研究で血圧やホルモン数値の変化といった目に見える形での実証が行われ、ガーデニングは新しい価値と可能性を大きく広げています。

カリスマショップが園芸業界向け有料オンラインサロンを開始

そんななか、日本の園芸界に新たな潮流が生まれようとしています。Junk Sweet Garden tef*tef*の代表をつとめる槇谷桜子さんは、自社で培ってきた経験や知識、情報、経営哲学を同じ園芸店へ広め、良質な花苗の普及を増やして、園芸ファンを拡大させることで園芸業界全体の発展へつなげようと、昨年末、園芸業界向け有料オンラインサロンを開始しました。

Junk Sweet Garden tef*tef*
槇谷さんの感性と独自のテクニックで生み出されるJunk Sweet Garden tef*tef*の寄せ植え。植え込み直後から美しく、さらにここから生育し姿が変化していく様子も楽しめるよう作られている。「TEFNIQUE(テフニーク)」と命名。

Junk Sweet Garden tef*tef*は、花苗や園芸グッズのセレクトWEBショップで、「花が好き」という極めてシンプルな理由で12年前に槇谷さんが自宅で1人で立ち上げたのがその始まりです。槇谷さんの感性で選ばれた植物やそれらを使って作られた寄せ植えは、繊細な色合いと造作で、ファンを多数獲得。リピーター率9割という数字は、一過性でない園芸ファンの増加に大きな貢献を果たしていることを示すとともに、何よりも顧客満足度の高さを示しています。

槇谷さんのセンスによるセレクトが人気のtef*tef*のオンラインショップ。左上から時計周りに/フロックス・ドラモンディ 「クリームブリュレ」/八重咲きアネモネ「アンアリス」/tef*tef*で育種をしたオリジナルパンジー「ラグジュアリーセレクション オールドクラシカル」。群馬県の有名生産者「タカザワフラワーファーム」が生産。/人気の多肉植物生産者「いとうぐりーん」のエケベリア「レインドロップス」

「繁忙期は月に3,000件出荷する月もあります。お客様のほしいという声にお応えするために、場所を拡大しハウスを増やし、従業員も30名まで増やしましたが、それでも出荷が追いつかないのが現状です。sold outの表示を減らそうといろいろ施策しましたが、tef*tef*だけではお客様の希望にお応えするのに限界を感じると同時に、園芸業界全体が潤うシステムを作らなくてはという思いが近年強まっていきました」。

その第一歩としてスタートさせたのがオンラインサロンです。サロンメンバーには同じ園芸店、育種者、生産者、市場関係者、園芸雑貨メーカーなど園芸業界のさまざまな人々が参加しており、彼らが一つのグループとなることで、拡大する需要に合わせ安定供給を行い、ユーザーの満足度を高めるとともに、園芸業界全体の発展を目指しています。

Junk Sweet Garden tef*tef*の花
埼玉県「花日和」作出の八重咲きペチュニア「ホイップマカロンシリーズ」。tef*tef*では商品アップ後、即完売になる大人気品種だが、広くユーザーに届けるためにサロンメンバーでプロジェクトを進行中。

徹底した品質管理で感動のバトンをつなげる

そもそも、コロナ前の園芸業界は一時のガーデニングブームが去って以降、総体的に見れば低迷を続けており、そのなかでJunk Sweet Garden tef*tef*の人気と成長ぶりは異常とも言える事態。その快進撃の理由はさまざまありますが、最も大きいのは花への愛情から生まれるクオリティ。

「私、本当に単純に花が好きなんですよ。毎日、毎日これだけ花に接していても、飽きたり慣れたりすることなく、いちいちかわいいなぁと思って、しみじみ感動するんですよね(笑)。この感動をお客様にもそのまま届けたいし、そうするのが私の使命やと思うんです。この花を生み出してくれた育種者さん、苗を生産してくれる生産者さん、流通を担ってくれる仲買人の方や市場の方というふうに、たくさんのバトンが繋がれて、私たち園芸店は最後にお客様にバトンを届ける重要な役目を担っているわけです。感動のバトンをきちんと届けるために、考えうる工夫と努力はすべてする。私にとっては当たり前のことですが、それがクオリティに繋がり、お客様からも評価をいただいてきた理由なんだと思います」。

ピンセット
花苗の手入れに使っているピンセット。ショップでも購入可。

例えば、tef*tef*では仕入れた苗をそのまま出荷することはありません。1苗1苗の様子を確認し、花がらや黄変した葉は一つたりとも残さぬようピンセットで株の中まで丁寧に掃除し、必要に応じて肥料を与えたり、薬品を施します。

「花苗の種類によって定番の病気があるので、お客様のもとに届いてからも病気が発生しないよう、こちらであらかじめ予防を施しておきます。また、市場での仕入れから、お客様にお届けするまでにはインターバルがあるので、お客様の手元に届いた時に最高にいい状態になるよう時間を逆算して、ピンチしたり追肥を施したりもします」。

Junk Sweet Garden tef*tef*の寄せ植え
寄せ植えもギュッとつまって花が植えられているが、株元が蒸れないような工夫がされており、届いてから成長を見守りながら長く楽しめる。

手間も時間もかかりますが、ピンチした分、苗は枝数が増え、花がたくさん咲き、病害虫対策も施されているため、園芸初心者でも困惑することなく、どんな花も上手に育てられるのです。つまり、同じ品種の花であっても、どのような管理がなされているかでまったく花のパフォーマンスは異なり、花数も、開花を楽しめる期間も変わってくるのです。さらに、丁寧な梱包に感動しファンになるガーデナーも多く、ブログや動画などで届いた梱包の様子を伝えるお客さんもいるほど。運送中に花を傷めない養生はもちろん、花とお客さんとの初対面を感動的なものにしたいと、段ボール内での花の配置にもこだわりを持っています。

作り手とともに人気品種を生み出し、生産者を応援

また、希少種や新品種、オリジナル品種などの個性的な花苗が並ぶのもtef*tef*の人気の秘密。そうした品種はそもそも市場への出荷がなかったり、極端に少ないことが多くありますが、槇谷さんは育種者や生産者と密接に繋がり、作り手とともに人気品種を多数生み出してきた仕掛け人でもあります。

Junk Sweet Garden tef*tef*の花
埼玉県「花日和」作出のパンジー「シエルブリエ」。槇谷さんのアドバイスを経て大人気品種となり、生産量が10倍以上に伸びた。

「ときには育種者さんがそれほどでもないなぁと思っている花を私がすごく気に入って、ぜひそれを作ってほしいとお願いすることがあります。tef*tef*はネットショップなので、惚れ込んだお花に対し、写真や言葉や寄せ植えの実例などでその魅力を惜しみなくショップ内で宣伝し、人気品種に押し上げてきたという実績があります。要はお花のブランディングですよね。これって生産者さんでも同じで、先ほどもお話したように同じ花でも、誰が生産したかで花の品質って全然違うんですよ。発色がすごく綺麗だったり、なんなら育て方がうますぎて、生みの親である育種者さんも知らない本来の性質が出てくることもあるくらい(笑)。だから、tef*tef*では誰が育種した花で、誰が生産した花かというのを丁寧に伝え、価格にも反映させ、それを作り手さんにもフィードバックしてきました」。

オステオスペルマム
繊細な色が魅力の長野県「ゲブラナガトヨ」作出のオステオスペルマム。同社とは育種の過程で相談を受ける関係。

良質な苗を適正価格で売るのがポリシー

tef*tef*のショップには、のぞけばいつも名花が並ぶ。左上から時計周りに/ジャパンフラワーセレクションで優秀賞を受賞した岐阜県の銘花フランネルフラワー「フェアリーホワイト」渡邉祐一氏・生産 /有名育種家・生産家として知られる高知県「見元園芸」オリジナル白花多葉クローバー「天使のドレス マリッジ」 /埼玉県の生産者「横田園芸」作出の芳香宿根ネメシア・ネシア「トロピカル」/奈良県の生産者「北島園芸」作出のニチニチソウ 「フリンジビンカ フェアリーチーク」

tef*tef*の苗は一般的な園芸店より高めに設定されていますが、槇谷さんはそれを誇りだと話します。

「比較すれば高いかもしれませんが、私は適正価格だと思っています。叡智と技術、工夫と努力が積み重ねられたものは、それだけの価値があり、価格は最も分かりやすい品質の表明です。だから、安さを売りにしないのが私のポリシー。価値あるものを見極める目を磨き、伝える努力をし、感動をお客様に届ける花苗管理を徹底することに労力をかけたいんです。そうやって適性価格を貫き、作り手さんたちに利益をフィードバックすれば、さらにユニークでより良い花を生み出してもらえ、もっとお客様に喜んでもらえます」。

槇谷さんが作り手を大切にする訳は、彼らへのリスペクトと、日本の花農家が置かれている高齢化・減少化といった厳しい現実への危機感があります。減少化の理由の一つは、販売価格。園芸店に置かれる花苗のほとんどは、市場を通して全国に流通しています。市場にはセリの制度があり、セリでは生産者は自分で価格を決めることができないため、生産者が想定した価格よりはるかに安価に売買され、種代をようやく確保できるほどにしかならないケースもあります。そうなれば生産者は土の量を減らしたり、肥料を減らしたりせざるを得なくなり、結果的に粗悪な苗が出回ることにもなりかねません。

群馬県の生産者「k_plants」のハボタン「ヴィンテージベイン」。浮き上がる葉脈が芸術的。

 

「ただし、良質な苗を作る生産者さんの苗やユニークな品種は、“先取り”でどんどん売れてしまいます。“先取り”というのは、セリにかけられる前に生産者さんの希望価格で注文を受ける市場の卸売システムで、注目が高い苗は早い者勝ちで、すごいスピードで売れていきます。ですから、いい苗を仕入れるには、良質な苗を作る生産者さんの名前を覚えたり、最新品種の名前に敏感である必要がありますし、週2回の仕入れに備えてリサーチや準備が大切。そして、たとえ仕入れた苗の品質が低くても、リカバリーできる腕さえあれば、失敗も怖くないし、勉強の機会になります」。

Junk Sweet Garden tef*tef*の花
希少品種の仕入れは、園芸店の腕の見せ所でもある。左上から時計周りに/兵庫県の生産者「花芳」作出のオリジナル八重咲きペチュニア「ジュリエットモダンシリーズ」/群馬県の生産者「はなせきぐち」作出の希少クレマチス「貴婦人のたしなみ」/愛知県の生産者「広野園芸」のオリジナルヘデラ「雪ほたる」/埼玉県の生産者「塩原花園」作出のアジサイ「クイーンズブラック」。

市場関係者の協力を得て全国に高品質の花が行き渡る流通を整備

tef*tef*では日本最大級の花市場である愛知県の豊明花きを利用していますが、ここには全国から年間7,400万鉢、1万5千品種の花苗が揃います。市場から花を仕入れるには市場との売買契約が必要で、個人で営む園芸店などにとっては参買権の取得や市場との物理的な距離がハードルとなり、仕入れに悩む園芸店も多くいました。そこで、豊明花きでは、より多くの園芸店に仕入れの門戸を開くために、インターネットの売買システムを展開し、既に契約を結んでいる仲卸業者を通すことで、個々の園芸店は市場との直接契約がなくても市場から仕入れられるサービスを設けています。

Junk Sweet Garden tef*tef*の多肉
全国から植物が集まる市場を利用し、花苗だけでなく多肉や観葉植物など幅広い仕入れをしている。

tef*tef*でもこのサービスを利用して仕入れを行っており、仲卸業者や市場と長年に渡り信頼関係を築いてきました。オンラインサロンメンバーの中には、こうした市場関係者も参加しており、サロンメンバーの園芸店に対しても、市場のサービスが利用できる道筋を作ったり、鮮度の高い花を届けられるよう市場からの直送を行ったりなど、仕入れや流通に関して大きな協力を得ています。

「ただし、地元の市場で仕入れられるものは、地元で仕入れようとメンバーさんにはアドバイスしています。そのほうが仕入れの際の競争も避けられますし、鮮度もいいし、地元の市場や生産者さんの利益にもつながります。園芸業界はいろいろな人が関わって成り立っているので、自分だけの利益ではなく、業界全体のことを考えて動くことが大事だということもサロン内でお話しさせていただいています」。

サロンは勉強し、高め合い、個性を見つけられる場

Junk Sweet Garden tef*tef*の寄せ植え
“大人かわいい”がキャッチコピーのtef*tef*。シックな色合いでまとめつつ、植物一つひとつの個性が際立つ寄せ植えが魅力。

サロンメンバーのなかには、生産者や育種者もおり、品種の特性や手入れの仕方、病害虫対策などを丁寧に解説しています。じつは園芸店が直接、作り手から話を聞ける機会はこれまでにあまりありませんでした。ですから、園芸店にとってサロンはより花を学ぶための勉強会の場にもなっており、メンバーは熱心に質問し、仕入れた苗の品質向上に努めています。一方、生産者は園芸店からユーザーの声を聞くことで、新たな生産や育種の方向性を見つけることができます。

また、園芸店同士の横のつながりもtef*tef*オンラインサロンの大きな特徴で、例えば寒冷地での苗の特別な養生の仕方などを、経験豊富な園芸店がこれから園芸店を始める同じ地域の人に教えるというコミュニケーションも行われています。

「ただし、サロンは“みんな一緒”というイメージではなく、知識や経験は共有するけれども、それを個々に生かしていくのが理想的だと思っています。tef*tef*のセレクトは売れるので、私たちの仕入れのラインナップもサロンメンバーさんに共有していますが、それをそのまま仕入れればいいというより、あくまで参考にしてほしいと思っています。そもそも、園芸は気候と密接に関わっているので、店舗を構える園芸店さんは地域特性を捉える必要がありますし、地元のお客さんの傾向なども重要な要素です」。

Junk Sweet Garden tef*tef*のリース型寄せ植え
「TEFNIQUE(テフニーク)」の中でも人気が高いリース型の器の寄せ植え。生きた絵画のようで、見入ってしまう精巧な美しさ。

そうした特性を上手に生かし、それぞれが個性をもち、お互いに刺激を与え合い、成長し合える場にするのがサロンの目指す方向です。さらに、個々に強みを持った園芸店や関係者がメンバーとしてつながりを持つことは、問題やトラブルに際しても、協力し解決に導くことができると話します。

「実際、あるアクシデントがあり、売り先に困ってしまった花苗が市場で発生したことがありました。そこで、tef*tef*でお取引がある仲卸さんがどうにかしたいとそれを全部引き取って、私も限界までそれを仕入れて販売し、ほかの園芸店さんにも声をかけて売ってもらい、みんなで協力して廃棄を防いだということがありました。それが素晴らしい苗だったからこそできたことですが、力を持ったメンバー同士が密接につながることで、今問題になっているフラワーロスをなくすことにも貢献できます」。

日本のユニークな花文化を世界へ

 

このサロン立ち上げの同線上の未来に、槇谷さんが見据えるのは、日本の園芸業界が1チームとなって、世界に進出することです。

「果物やお米の食味レベルが世界に類を見ない高いレベルを誇るのと同様に、日本の花生産も独自の感性と技術力で、ものすごくレベルが高くユニークです。じつはSNSの普及で世界が日本の花に驚嘆し始めており、実際、海外ではtef*tef*の写真を無断使用した偽ショップが蔓延していて、早く本物が登場して事態を収束してくれと言われ、海外進出の計画も進んでいます。皮肉ですが、偽物が蔓延するほど世界は寄せ植えを含めた日本の花文化に価値を見出しているということです。ですから、世界的なガーデニングブームの高まりがある中で、日本の園芸業界が1チームとなれば、このユニークな花文化は世界に売って出られると私は本気で思っています」。

たった1人のwebショップから、年商2億を越す勢いで伸び続け、業界の発展、世界進出、という壮大な構想を抱くにまで会社を成長させてきた原動力を尋ねると、

「だって、かわいい花を見て嫌な気持ちになる人っていないでしょう。かわいい花に囲まれていたら、どんな時も穏やかに暮らしていけると思うんですよね」と槇谷さん。極めてシンプルかつ分かりやすいポリシーで、日本の園芸業界を爽やかに牽引してくれることを期待せずにはいられません。

GARDEN STORYでは、今後、Junk Sweet Garden tef*tef*のメンバー園芸店や生産者を取材し、ご紹介していく予定です。皆さんのお住まいの近くで、素敵な花に出会える日も近いかもしれません。

Credit

取材協力/Junk Sweet Garden tef*tef* https://shop.teftef.biz
写真/槇谷桜子(Junk Sweet Garden tef*tef*)

取材&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email