フランス人にとって、一年でいちばん大切な日はクリスマス。敬虔なクリスチャンも、そうでない人も、この日は家族全員が集まってごちそうを囲むのが伝統です。ちょうど日本のお正月のよう。今回は、多くの著名人を顧客にしている超高級ホテル『リッツ パリ』のクリスマスを紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

ラグジュアリーホテルのお迎え花は、赤~ピンクが定番

リッツ パリのアレンジ

『リッツ パリ』のエントランスは、専属フローリストのこだわりから、赤をベースにピンクから赤紫色が定番カラー。この日も写真のような印象的な組み合わせで、ゲストを迎えてくれました。そして、クリスマスシーズンになると、館内を飾るクリスマスツリー。さまざまな表情で、来た人の気分を盛り上げてくれます。

『リッツ パリ』のクリスマス 『リッツ パリ』のクリスマス

現代的な要素を取り入れ、2016年にリニューアルオープンをした『リッツ パリ』。新しい顔となっているひとつが、「サロン・プルースト」です。ここは、本連載のVol.9でも紹介したとおり、マドレーヌと紅茶のフランス流ティータイムのために生まれた、特別なサロン。『リッツ パリ』を愛した作家マルセル・プルーストの名を冠し、内装は落ち着く書斎風です。

『リッツ パリ』のフラワーアレンジメント

中央のテーブルには、いつもボリュームたっぷりの赤い花がいけてあります。訪れた日も、赤一色のアレンジ。グラデーションなしの深紅の花たちは、重厚な雰囲気の「サロン・プルースト」によく似合います。

パティシエのこだわりが詰まった、クリスマススイーツ

毎年恒例のクリスマスの楽しみが、『リッツ パリ』のクリスマスケーキ。今回ご紹介するのは、2018年の『リッツ パリ』でお披露目された、フランス南西部のピレネー地方のハチミツを使用した、黄金色に輝くビュッシュ・ド・ノエルです。日本では、ブッシュ・ド・ノエルと書いたほうが、ピンとくるかもしれませんね。

ビュッシュ・ド・ノエルは、フランス伝統のクリスマスケーキです。薪を模したロールケーキが基本の形で、最近はさまざまなタイプが登場しています。デザイナーとのコラボ作品も多く、毎年、テレビや雑誌で話題に。パティシエにとっては、一年でいちばんの腕の見せどころかもしれません。

『リッツ パリ』のブッシュドノエル
© Aimery Chemin

「叔父が趣味でハチミツ作りをしていたことから、僕は小さな頃からハチミツに親しんできました。いまではハチミツを求めて旅をするほど、好きな素材です。ピレネー地方の生産者と出会い、ミルキーなテクスチャーとアーモンドの風味をもったハチミツを知って、2018年はこれを使おう!と、決めたのです」と、シェフパティシエのフランソワ・ペレさん。

彼はフランスのテレビ番組にも出演する、人気パティシエです。気さくなかたなので、『リッツ パリ』で見かけたら声をかけてみてください。「J’aime votre travail ! (ジェイム・ヴォートル・トラヴァイユ! あなたの作るものが大好きです)」とひと言伝えれば、きっと歓迎してくれますよ。

ビュッシュ・ド・ノエルに使われた、ピレネー地方のハチミツは、色は黄金がかった乳白色で、テクスチャーはとてもクリーミー。ほのかに、マツの木に似た爽やかな香りがします。口に含むとさらりとした食感で、風味ははっきりしていますが、しつこい後味は一切なし。強い風味であっさりしている、不思議なハチミツです。

『リッツ パリ』のブッシュドノエル

ビュッシュ・ド・ノエルには、このハチミツの特徴が最大限に生かされています。ロールの中心に入っているムースに、ハチミツが使われています。

ほかに、クリスマスシーズンを彩るお菓子たちには、下の写真のドライフルーツがぎっしり詰まった焼き菓子や、ジンジャーが効いたクッキー、チョコレートのシュケット(シュー生地を焼いたもの)などがあります。

『リッツ パリ』のクリスマスケーキ 『リッツ パリ』のクリスマススイーツ

フランス人にとって、クリスマスのお菓子のイメージはチョコレートであり、オレンジ(みかん)であり、クローブやシナモンなどのスパイスであり、ジンジャーであり…。『リッツ パリ』では、クリスマスの要素をたっぷりと盛り込んだ、焼き菓子たちが用意されています。

クリスマスシーズンのこの時期、一年でいちばん輝きを放つのは、ホテルやレストランの花やスイーツだけではありません。パリの街自体が、いつもよりさらに一層、華やかさを増しています。今年は海外旅行は難しいと思いますが、ぜひ、いつか、足を運んでみてください。

『リッツ パリ』

リッツ パリ Ritz Paris
ホームページ/https://fr.ritzparis.com/fr-FR
住所/15, place Vendome, 75001 Paris

Credit

記事協力

角野恵子 Keiko SUMINO-LEBLANC
在仏日本人ジャーナリスト、コーディネーター。日本の企業に就職後、東京在住フランス人ジャーナリストのアシスタントを経て、1997年よりパリに移住し、在仏歴21年に。食とライフスタイルを中心に、日仏の雑誌およびwebで活躍中。共著に「DIYでつくるパリのインテリア」(エクスナレッジ)「パリでうちごはん そして、おいしいおみやげ」(小学館)など。プライベートでは、ふたりのパリジェンヌの母。
HP
Instagram

Print Friendly, PDF & Email