世界のガーデンの歴史や、さまざまなガーデンスタイルを、世界各地の庭を巡った造園家の二宮孝嗣さんが案内する、ガーデンの発祥を探る旅第26回。今回は、新大陸、南北アメリカ大陸の庭文化と風景について解説していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

新大陸に住み着いた人々

南北アメリカ

今までヨーロッパ、アセアニアと見てきた【世界の庭を探る】シリーズ記事もいよいよ終盤。今回は、新大陸(南北アメリカ大陸)に目を向けます。

人類は4万〜1万年ほど前に、蒙古系の人々がベーリング海峡が陸続きだった頃、ユーラシア大陸から歩いて渡り、インディアンやインディオとなって新大陸に住み着きました。10世紀頃には船に乗ってバイキングがやってきましたが、住み着くことはありませんでした。

そして、いよいよクリストファー・コロンブスが1492年にヨーロッパからやってきて現在の新大陸を発見し、その後入植。などなど、いろいろあって今のアメリカが1776年、カナダが1931年にイギリスから独立して現在に至ります。

イギリス人たちはまずは東海岸に住み着き、その後西へ西へとアメリカ大陸を開拓者が新天地を求め、19世紀のゴールドラッシュと相まって西海岸までたどり着きます。

カナダの名園「ブッチャートガーデン」

ブッチャートガーデン

そんな時期、「ザ・ブッチャート・ガーデンズ(The Butchart Gardens)」の初代オーナーであるロバート・ブッチャートと妻のジェニーは、石灰岩を探しながらカナダ西海岸にたどり着きました。20世紀の初めに石灰岩を取り尽くしたブッチャート夫妻は、この採石場を庭園としてつくり変えようと考えました。しかし問題は石灰岩の採石場だったので、土が中性かアルカリ性なので多くの植物は育つことができませんでした。そこで大量の土を周りの畑から運び込み、きれいな庭をつくりました。それが新大陸で最も有名な「ブッチャート・ガーデン」の始まりです。

ブッチャート・ガーデン

「ブッチャート・ガーデン」は、サンクンガーデンやローズガーデン、イタリアン・ガーデン、ジャパニーズ・ガーデンなど、世界の庭デザインを再現した広大な場所で、今では年間100万人もの入園者が訪れる新大陸で最も有名な庭になりました。

メインエリアのサンクンガーデン

ブッチャート・ガーデン

この庭の特徴はもともと採石場であったことから、石灰岩を掘り取ったあとにできた高低差のある土地であり、入り口から敷地に入っていくと、メインの場所となる、サンクンガーデンを俯瞰しながら降りていくことができます。この庭で最もポピュラーな場所となるサンクンガーデンは、一年中色とりどりの花が咲き乱れて、訪れた皆さんの期待に応えるところです。

ブッチャートガーデン

緩やかにカーブする散策路と曲線で区切られた花壇。花壇は盛り土され、訪れる人たちの間近で花が見えます。

ブッチャート・ガーデン

石垣を積み上げた花壇に背が高くなるチューリップが植わっています。このように、高い位置に背の高い植物を植えることで、より花の稜線が強調されて見えます。このガーデンの特徴的な見せ方ですね。

ブッチャート・ガーデン

展望台へ上る階段の両サイドにも、花は絶えることがなく、歩くたびに変わる景色が楽しめます。

ブッチャート・ガーデン

夜になるとライトアップされて、とても幻想的なガーデンです。

ブッチャート・ガーデン

カフェやお土産もののショップが入っているビジターセンターに囲まれたイタリアン・ガーデンも、季節の花で目を楽しませてくれます。

モスグリーン調の差し色がシックなビジターセンターと、優しい色のチューリップが素敵なコンビネーションを演出。とかくサンクンガーデンは、原色系の色使いが多いので、このような優しい色合いだと日本人としてはホッとしてしまいます。

ブッチャート・ガーデンの数々のエリアをご案内

ブッチャート・ガーデン

「ブッチャート・ガーデン」の園路をどんどん降りていくと、一番奥まったところにダイナミックに吹き上がる噴水のある池にたどり着きます。ここは、「ロスファウンテン」と名称がつけられた、ブッチャート夫妻の孫のロス氏が開園60周年を記念して作られたエリアです。

【世界のガーデンを探る旅2】でご紹介したイタリア「チボリ公園」の噴水を思い出させます。

ブッチャート・ガーデン

こちらは、立体的にうまく構成されているローズガーデンです。ここでの配色は、赤いバラがアクセントとなり、手前の優しい色から奥へ向かってオレンジ系のバラを配置して、グラデーションの効果で、より広く見えるように考えられています。

この地域は、蒸し暑い日本と違って夏でも涼しいので、バラは初夏から秋までずっと咲き続けます。他の花も同様に、春から秋まで色々な花が咲き続けてくれます。季節ごとに花を入れ替える必要がある日本から見ると、羨ましい気候です。

ブッチャート・ガーデン
緻密な色彩のイタリアン・ガーデン。

こちらは、ボウリング場(芝生で楽しむスポーツ)とテニスコートを改造してつくられたイタリアン・ガーデンです。ここでも土地の高低差をうまく利用して、訪れる人を飽きさせません。

ブッチャート・ガーデン
立体的なイタリア式花壇。

芝生の緑やイチイの刈り込みをうまく配置して、手前の景色と遠くまで見渡せる景色の融合を楽しめます。

ブッチャート・ガーデン
きれいに紅葉した日本のモミジも見られるジャパニーズ・ガーデン。

「ブッチャート・ガーデン」につくられたジャパニーズ・ガーデンは、横浜の庭師だった岸田伊三郎氏が関わった自然風な日本庭園です。日本の植物の中で、とりわけモミジは多く使われ、特に紅葉の季節はその美しさに多くの人が惹きつけられています。なぜなら、ヨーロッパなどでは紅葉といえば黄色なので、日本のように赤く紅葉するモミジやマユミなどは好んで庭に植えられます。そのような日本の植物の多くは酸性土壌が好きなので、特に海外では植える場所に気をつけなければなりません。

魅力的な庭は他の地域の庭づくりの刺激になる

ブッチャート・ガーデン

ご紹介してきた「ブッチャート・ガーデン」の特徴は以下の3つです。

  1. 採石場の跡地だったことをうまく利用して、高低差のあるダイナミックな構成になっています。
  2. 自然にできた地形に沿ったゆるやかな動線は、訪れる人を優しい世界に導いてくれます。
  3. テイストの変化に富んだ庭の演出で飽きない構成。最後にたどり着くフォーマルなイタリア式庭園と落ち着いた雰囲気のゲストハウスでは、おしゃれにアフタヌーンティーをいただきながらイギリスのように庭を楽しむことができるのも魅力です。

年間100万人の来園者が訪れている事実が物語っているように、とても印象的な庭です。イギリスの「キフツゲイト・コート・ガーデン」も起伏がある土地につくられた庭ですが、「ブッチャート・ガーデン」にヒントを得たと聞いています。私が富山県の氷見につくった「フォレストフローラル氷見あいやまガーデン」も、オーナーである増井さんが、「ブッチャート・ガーデン」を見たことをきっかけに、依頼を受けて始まったものでした。

「フォレストフローラル氷見あいやまガーデン」
「フォレストフローラル氷見あいやまガーデン」https://www.aiyamagarden.jp

富山湾と立山連峰を見渡せる小高い丘にある「フォレストフローラル氷見あいやまガーデン」は、「ブッチャート・ガーデン」をイメージして、沈床庭園やフォーマルガーデン、水辺エリアなど変化に富んだガーデンとなっています。

「フォレストフローラル氷見あいやまガーデン」
フロントガーデン(「フォレストフローラル氷見あいやまガーデン」)

一般公開されている個人オーナーの庭ですが、よく手入れされています。オーナーである増井さん親子の花大好きな気持ちがよく伝わってきます。

フォレストフローラル氷見あいやまガーデン
所在地は、富山県氷見市稲積字大谷内112番1。

カナダの大自然に生きる高山植物

ロッキー山脈
オダマキの仲間が育つロッキー山脈。

せっかくカナダまで来たのですから、ちょっと足を伸ばしてロッキー山脈をご紹介しましょう。ここではダイナミックな地球の植物たちの姿を見ることができます。我々にとって、北アメリカは遠い彼方に思われるかもしれませんが、なんとロッキー山脈の植物たちは人類と同じように、北アメリカがユーラシア大陸と地続きだった時代に、中国南部からユーラシア大陸を北へ北へと分布を広げ、一つは日本に渡ってきて現在の植生になりました。一方ではユーラシア大陸をさらに北へ分布を広げ、なんとロッキー山脈までたどり着きました。ですからロッキー山脈で見る植物は、日本の高山植物とほぼ同じといってもいいくらいです。

ロッキー山脈

こちらの写真では、日本の高原では馴染み深いヤナギランとモミが見えます。氷河の溶けた水をたたえる湖は、独特の淡い水色です。

中国南部を源とする東アジア系の植物は北へ北へと分布を広げて、一つは日本、もう一つはロシア、そしてベーリング海峡を渡ってロッキー山脈までたどり着いたものなので、日本でも馴染みの植物が多いのです。緯度が違うので日本の高山植物がそのまま平地で多く見られることには驚きです。

コバイケイソウ
日本でもお馴染みのコバイケイソウ。

車で移動していると道端にはチョウノスケソウやオダマキ、クモマグサやコケモモ、イワウメなどを見ることができて、親しみを感じます。是非機会があったら、「ブッチャード・ガーデン」見学の続きに、ロッキー山脈まで足を伸ばしてダイナミックな地球の歴史を感じてみてください。

Credit

写真&文/二宮孝嗣
長野県飯田市「セイセイナーセリー」代表で造園芸家。静岡大学農学部園芸科を卒業後、千葉大学園芸学部大学院を修了。ドイツ、イギリス、オランダ、ベルギー、バクダットなど世界各地で研修したのち、宿根草・山野草・盆栽を栽培するかたわら、世界各地で庭園をデザインする。1995年BALI(英国造園協会)年間ベストデザイン賞日本人初受賞、1996年にイギリスのチェルシーフラワーショーで日本人初のゴールドメダルを受賞その他ニュージーランド、オーストラリア、シンガポール各地のフラワーショウなど受賞歴多数。近著に『美しい花言葉・花図鑑-彩と物語を楽しむ』(ナツメ社)。

Photo/1)Birdiegal 2)Lara Fields  3)Russ Heinl 4)Kevin_Hsieh 5)2009fotofriends 6)Birdiegal 7)2009fotofriends 8)pr2is 9/10)2009fotofriends 11)kavram 12)Inge Looser 13)NelzTabcharani316 14)NelzTabcharani316 15)2009fotofriends  16)2009fotofriends 21)Danita Delmont 22)alet 23)Roschetzky Photography/ Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email