花の香りをかいで気分がよくなったり、ホッとしたりすることってありますよね。でも、植物の香りにはそれだけではない効果があることが分かってきました。脳科学の目覚ましい発展によって、嗅覚のメカニズムが解明され始め、植物の香りにスポットが当てられています。

Print Friendly, PDF & Email

タイ料理で人気のトムヤムクンスープ。刺激的な辛さの中に爽やかな味わいと香りを添えているのは、レモングラスというハーブです。レモングラスはその名前の通り、レモンのような柑橘の香りをもつイネ科の多年草。香りがよいので料理やお茶の材料として使われるほか、石鹸や化粧品の香料としても用いられています。このレモングラスの香りには、ただ心地よいというだけでなく、認知機能を向上させる効果があることが日本の研究チームによって発表されました。

 

香り研究の第一人者で、日本アロマセラピー学会理事を務める塩田清二博士らが行った研究によると、レモングラスの香りをかぐと、脳の前頭葉の血流が増えることが分かりました。前頭葉は人の意思決定ややる気、記憶、行動などを司る司令塔の役割を果たしており、認知症患者はこの前頭葉の血流があまりよくない状態にあります。認知症の初期の症状に、出かけなくなった、やる気が起きない、ボーッとしているなどの変化が見られるのはそのためです。そこで、認知症患者に対し、レモングラスの芳香水を一定期間毎日2時間空気中に噴霧し、その後記憶力テストを行った結果、認知度が向上するというデータが得られました。この研究では、光トポグラフィーという脳の血流を画像化する装置が使われましたが、そのデータによると、レモングラスの香りでは前頭葉の内側の血流が増え、また別の香りをかいだ時には側頭葉の血流が増えていることが分かりました。つまり、香りの種類によって、血流の増える場所が異なるという発見も得られ、香りの研究の進展に注目が集まっています。

 

さて、レモングラスの香りには、認知機能を向上させるだけでなく、やる気や記憶といった機能を活性化させる効果も期待できるため、認知症患者に限らず暮らしのいろいろな場面で活用することができます。例えば、なんとなくやる気が起きない朝や、試験勉強に取り掛かる前などにレモングラスのお茶を一杯いただくだけで、意欲が湧いて良い結果が得られるかもしれません。ただし、一点気をつけて欲しいのは、レモングラスの香りには強力な覚醒作用があるため、夜眠りたいときには使用を控えましょう。間違って夜に使い、朝方まで眠れなかったという失敗談も実際にあります。

 

庭でレモングラスを栽培する際には、地植えか大鉢がよいでしょう。冬越しが難しいので一年草扱いとして育てるか、株分けして植木鉢で室内に取り込むなどするとよいでしょう。栽培には何も苦労がありません。レモングラスの香りには蚊を遠ざけるシトロネラという精油成分が含まれているため、害虫被害もありません。収穫した葉っぱや茎は生でお茶などに使えますが、刻んでドライにして保存しても香りは残ります。オリーブオイルに漬けて、ドレッシングなどに使っても香りが楽しめます。葉を収穫する際には、細かなギザギザがあるので手を切らないように注意しましょう。葉だけでなく、茎の根元の方も刻んで料理に使えます。

 

こうした植物が人の心身に与える作用について、専門家による医学的な検証と有効な活用方法の確立を目指し、2016年に「日本ガーデンセラピー協会」が発足しました。各分野の専門家によるセミナーを定期的に行っており、一般参加も受け付けています。次々に明かされる植物の効能と活用方法について、いち早く情報を得られる貴重な機会です。

 

Information

一般社団法人日本ガーデンセラピー協会

Tel 03-5413-3865   Fax 03-3475-8682

〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル

http://www.garden-therapy.org

Photo/ 1)pangcom/ 2)Chaikom/ 3)MK photograp55/ 4)frank60/ 5)Pushish Images/rodrigobark /Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email