夫婦で「ジャッド」と愛称で呼ぶ収納小屋にバラが絡み、103株のバラを育てる埼玉県の中村真美さん。彼女の夢は、「小屋の屋根を‘ポールズ・ヒマラヤン・ムスク’で覆うこと」。SNSに投稿された庭に惹かれて、写真家でエッセイストの松本路子さんが庭を訪問しました。今年の5月、バラ咲き乱れる庭で伺った、真美さんの花に彩られた素敵な暮らしぶりを、美しい写真とともにレポートします。

Print Friendly, PDF & Email

バラの芳香あふれる庭

バラの庭
庭から家を望む。左のバラは‘ブリーズ’。右はガーランドに仕立てた‘ポール・トランソン’。

つるバラや木立ちバラが咲き誇り、その周りにクレマチスや野趣あふれる草花が配された端正な庭。個人のお宅とは思えないほど、充実した庭をつくり上げたのは中村真美(まなみ)さん。今年5月、バラの最盛期に埼玉県入間市にあるご自宅に伺った。

バラの庭
ガーデン入口の瀟洒なアイアン・ゲート。左のピンクの‘モン・クール’、右奥のオレンジとオフホワイトの‘ギスレーヌ・ド・フェリゴンド’が客人を迎える。

真美さんの庭を知ったのは、彼女が発信するSNSの写真からだった。1年間かけて夫と2人でつくり上げたという小屋の写真と、「その小屋の屋根をバラ‘ポールズ・ヒマラヤン・ムスク’で覆うのが夢」という話に惹かれ、訪ねてみたいと思った。

6年目の景観

手作りの小屋
1年間かけて手作りした、おとぎ話に出てくるような小屋「ジャッド」。屋根には‘ポールズ・ヒマラヤン・ムスク’、ドアの脇には鉢植えの‘ペレニアル・ブルー’が可憐な花姿を見せている。

庭に招きいれられてまず向かったのは、彼女が「ジャッド」と呼んでいる、農具やガーデニング用品を収納する小屋。鹿児島弁の「じゃっど」(そうだ)と、ガーデンシェッドを掛け合わせた楽しい造語だ。基礎を専門家に頼んだほかはすべて手作りで、彼女がペンキを塗ったという青い壁が日差しの中で輝いている。屋根の上から‘ポールズ・ヒマラヤン・ムスク’が顔を出していた。

バラの庭
左/ガーランドに仕立てた‘ポール・トランソン’ 右/木に絡んで咲く‘ポールズ・ヒマラヤン・ムスク’。バラの特性を生かした立体的なデザイン。

現在の地に家を建て、庭づくりを始めたのは6年前。だが、つるバラの茂り具合や、木々に絡まる様子などは、長い年月を経たかのように、のびやかで、自然に見える。

庭づくり
6年前、庭づくりを始めた頃の様子。煉瓦やタイル、石などをひとつずつ並べていった。丁寧に敷いたので、今でもゆるんではいないという。*

図面に沿って、小道に煉瓦を敷き、タイルや石を配すなどの庭作りは、自らの手作業で行ったというからさらに驚かされる。

「1日に1mとか、煉瓦50個とか目標を決めて、少しずつ作業を進めました。鉄製のアーチ以外、木製のパーゴラなどもすべて手作りです」

煉瓦の重さや敷き詰める労力を推し量ると、庭への熱情が並大抵のものではないことがよくわかる。

バラとの出会い

バラ‘ロココ’
リビングルームに近いオベリスクに咲く‘ロココ’。大輪の花姿は、ロココ調の装飾のように優美だ。

真美さんがバラと出会ったのは、1999年、第1回「国際バラとガーデニングショウ」の会場だった。今まで見たことのないバラの花を目にして、すっかり魅了された。当時、会場だった所沢の西武球場近くに住んでいたので、毎年5月に開かれるこの催しに出かけ、購入した苗を腕いっぱいに抱えて帰った。バラ作りには20年以上の年期が入っているのだ。この頃から理想のバラの庭の構想が生まれていたのかも知れない。

土作りからのスタート

バラの庭
左/リビングルームからの風景。鉢植えのバラは‘バーガンディ・アイスバーグ’。右/庭の小道をたどると、さまざまなシーンが現れる。足元の植栽も豊かだ。

6年前に現在の場所に移ってきたのは、夫が定年退職後に畑で農作物を作りたいと、広い土地を探したのがきっかけだった。彼女がユーモアをこめて「畑部長」と称する彼は、近くの農地を借りて無農薬の野菜作りに励んでいる。そこで収穫される野菜の味は格別だという。

バラの庭
家の入口、隣家との境の壁を、‘ピエール・ド・ロンサール’が彩っている。

庭は彼女のバラのために設計され、家が完成した直後、近所の乗馬クラブから2トン車で2回ほどの馬糞堆肥が運ばれた。まずは土作りからのスタート。以来、毎年寒肥を入れる際に馬糞堆肥を追加している。植物たちが元気な秘訣は、豊かな土壌にあるのだ。

お気に入りのバラ

バラ
左/‘つるアイスバーグ’。右/リビングルームのテーブルに飾られた‘ジュード・ジ・オブスキュア’。香りのバラだ。

以前の家から移植したバラは30株ほど。現在は88種類、103株に増えている。オールドローズが好きで、中でも香りのよいバラに惹かれるという。

「今一番気に入っているのは‘ジュード・ジ・オブスキュア’という名前のバラ。フルーティな香りがきわだっています。でも最後に一株だけ残すとしたら、やはり‘アイスバーグ’でしょうか。いろいろな点で、愛すべきバラです」

庭の時間

バラの庭
庭で花がら摘みをする真美さん。念入りな手入れが、バラたちを輝かせている。この日のランチタイムは、友人を迎えてのワインパーティー。

これだけ見事なバラを咲かせるのには、どれだけの手間と時間がかかることか、想像に難くない。彼女にたずねると、毎日朝6時から8時、夕方4時から6時が庭の手入れの時間だという。鉢植えのバラへの水やり、剪定、花がら摘みなど作業は山積している。

「庭仕事で大事なことは、よく見ること。目が行く、そして手が行くことですね」

オープンガーデン

バラの庭
左/白のコーナー。‘マダム・アルディ’と‘プリンセス・スノー’。右/いくつものアーチやオベリスクが連なる、表情豊かな庭。ピンクのバラは‘リアンダー’。

こうして手入れされた庭は、年に1度、5月の第4日曜日のオープンガーデンでお披露目される。その日はローズガーデン・マルシェとして、コーヒーのキッチンカーや、焼き菓子、パンなどの作り手が出店する。

4年ほど習っているヘルマンハープの演奏を披露することもあるそうだ。バラに囲まれ、ハープの音色に耳を傾けるのは、さぞ心地よいことだろう。

庭とともにある暮らし

バラ‘アンリ・マルタン’
ジャム用に摘み取った‘アンリ・マルタン’。ジャムにするバラは無農薬で育てている。ジャムにしたときに映えるのは、鮮やかな色のバラ。*

バラは、年に1~2度だけ農薬を散布する低農薬で育てている。‘アンリ・マルタン’と‘ルイーズ・オジェ’という2つのバラだけは、ジャム作りのために無農薬に徹している。自家製のバラジャムを味わったら、やめられないという。

バラの庭
自然な花姿。手前のピンクのバラは‘春霞’。白は‘ポールズ・ヒマラヤン・ムスク’。道路に面したフェンスに咲く‘アンジェラ’‘ロイヤル・サンセット’‘コーネリア’が、道行く人を楽しませている。

こうした庭仕事と同時に、自宅にてフラワーアレンジメントの教室を主宰し、近隣の家のバラの庭づくりも指導している真美さん。庭に寄り添い、花に彩られた素敵な暮らしぶりに出会えた、バラ日和だった。

Credit

写真&文/松本路子
写真家・エッセイスト。世界各地のアーティストの肖像を中心とする写真集『Portraits 女性アーティストの肖像』などのほか、『晴れたらバラ日和』『ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅』『日本のバラ』『東京 桜100花』などのフォト&エッセイ集を出版。バルコニーでの庭仕事のほか、各地の庭巡りを楽しんでいる。2018-22年現在、造形作家ニキ・ド・サンファルのアートフィルムを監督・制作中。

『秘密のバルコニーガーデン 12カ月の愉しみ方・育て方』(KADOKAWA刊)好評発売中。www.matsumotomichiko.com/news.html

写真協力/中村真美(*印)

Print Friendly, PDF & Email