「ガーデンダイアリー」の自慢は素敵なお庭の取材記事です。剛腕エディター明田川奈穂美が組む取材スケジュールは、いつもとんでもなく超ハード。ちょうど5年前、創刊号準備のために取材でお訪ねしたお庭の数は、なんと1日に13軒!このムチャクチャな記録はいまだ更新されていません。どんなふうに1日に13軒のお庭を取材できたのか?「怒濤の八王子ガーデンツアーその3」の今日は9軒目から。取材日程を組んだ張本人、明田川奈穂美がご案内します。

Print Friendly, PDF & Email

仕事は過酷なものよね。

こんにちは。「ガーデンダイアリー」の‘あけ’こと明田川奈穂美です。八王子のガーデンツアーを楽しんでいただけていますか? こうして、フォトグラファー、福岡将之さんの撮った写真を見ていると、あらためて5年前の取材の日のことを懐かしく思い出します。日が暮れてしまうまえに最後のお庭までたどり着けるように、移動時間を計算して、写真を撮っている「ふくちゃん」に張り付いて、「あと10分」「あと5分」と、タイムカウントをしていました。思えば、重いカメラを構えて、集中して写真を撮っている傍らで、タイムカウントをされる「ふくちゃん」も気の毒でした。仕事とは苛酷なものです(笑)。でも短時間で撮ったとは思えないくらい写真が美しいのですから、結果オーライと言わせてもらいましょう。

秋咲かないと捨てられてしまいます。

それでは9軒目のお庭です。9軒目はS邸。Sさんは、四季咲きのバラにこだわって品種を集めています。

その結果、春も秋も同じくらいみごとにバラが咲くお庭になっています。毎年、こちらの秋のお庭に遊びに行くたびに、「来年こそはうちの庭にも秋バラを咲かせよう」と、決心するのですが、どういうわけか、私の庭で秋バラが美しく咲いたことがないのです。

そんなわけで、「秋バラを咲かせるコツを解説する特集記事」用のストックとして、春の庭と対比させて見せる写真を撮っておくために立ち寄ったのでした。「四季咲き」と、ラベルに明記されているバラの中にも、秋にはほとんど咲かないものがあります。秋にきっちり咲かないバラは、この庭を追い出されて欲しい人にもらわれていくそうです。

だから、このお庭のバラは秋も確実に咲くバラばかりです。秋にもバッチリ咲くバラについては、また別の機会に改めてご紹介します。滞在時間20分

バラ「アルベリック バルビエ」の白い花の下で食べたダックワースが忘れられません。

10軒目は秘密の花園M邸。北玄関で道路に面したM邸の庭は、外からはまったく見えません。家の西側の通路を進んで南向きのお庭に入ると、ガゼボにあふれ咲くアイスバーグが出迎えてくれます。

大きな庭ではないけれど、テラスを半円に囲むように小径がつくられていて、その両側に白やピンク、挿し色のクリムゾンのバラや宿根草がきれいに咲いています。

そして、この庭の主役のバラは‘アルベリック・バルビエ’。しなやかな枝をパーゴラや窓辺に伸ばし、クリーム色を含んだ白い花を咲かせています。病気に強い照葉は、夏にも美しく繁り、パーゴラの下に涼しい木陰をつくります。

さて、その‘アルベリック・バルビエ’のパーゴラの下でお庭を眺めながらいただいたダックワースのおいしかったこと。編集長は、好みのバラと植物が美しく咲く庭に見とれながら、「このお庭が欲しい!」と言いました。私はお菓子つくりの名人、Mさんの「料理の腕が欲しい」と思いました。滞在時間1時間

ため息しか出ない贅沢なお庭です。

続きまして、11軒目のY邸です。重厚なレンガづくりの建物に、特注のバラのオーナメントのついたアイアンのフェンス、ため息しか出ない贅沢なお庭です。

この家に植えられたバラは、すばらしくゴージャスな光景をつくります。

屋根まで伸びてこぼれ咲く‘ポールズ・ヒマラヤン・ムスク’、柔らかくしなやかに伸びて、家を包むように咲く‘アルベリック・バルビエ’、大きなオリーブの木を背景に艶やかな黄色が美しい‘クラウン・プリンセス・マルガリータ’、アイアンの手すりに飾られたバラのモチーフに寄り添って咲く‘クレール・ジャッキエ’。建物と構造物とバラが一体化して、この邸宅のゴージャスかつシックな雰囲気をつくりあげています。

Y邸にはご主人のアンティークのステンドグラスのコレクションルームがあります。特別に見せていただいた時間も含めて、滞在時間30分

はい。今日はここまでにしましょう。まだまだ続きます。1日って案外長いものですね。

・9軒目S邸 ガーデンダイアリーVol.2 P60掲載
・10軒目M邸 ガーデンダイアリーVol.1 P54掲載
・11軒目Y邸 ガーデンダイアリーVol.2 P30掲載

Credit

文/明田川奈穂美
八月社の「裏番」あけ。年間100軒の庭を巡る自称「ガーデンストーカー」。素敵なガーデンの噂を聞くと、即出没。ある日、あなたの庭の前に立っているかも。

写真/福岡将之
写真家。「ガーデンダイアリー」では写真撮影だけでなく、ブックデザインも担当。世界中を飛び回って、風景や植物を撮影。全国のアマチュア写真家に撮影指導も行っている。

製作/八月社(ガーデンダイアリー編集部) http://hachigatsusha.net/

Print Friendly, PDF & Email