トップへ戻る

庭仲間が選んだ! ガーデニングビギナーでも植物を育てる喜びをたっぷり楽しめる「初心者におすすめの植物」15選!

庭仲間が選んだ! ガーデニングビギナーでも植物を育てる喜びをたっぷり楽しめる「初心者におすすめの植物」15選!

新しいことに挑戦したいこの季節、ぜひ、植物を育てることにもチャレンジしてみませんか? とはいえ、初めて育てる植物は何がいいのか迷ってしまうかもしれません。そこで、庭づくりを日々楽しむガーデンストーリークラブの会員さんが、今までに育てたことのある植物の中から「ガーデニング入門にぴったり!」と選んだおすすめの植物を大公開! 屋外だけでなく、お部屋の中、また日陰の庭や雑草対策ができる植物など、さまざまなシーンで活躍する15種を、栽培の体験談とともにご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

1.丈夫に進化! 華麗なガーデンの主役花 バラ

バラ
写真/Bloom Calendarさん

学名:Rosa
バラ科
開花期:5月中旬~6月上旬、6月中旬~11月(種類により異なる)
主な花色:白、赤、ピンク、オレンジ、黄、紫、茶、黒、複色、緑
園芸分類:落葉低木
樹高:1~3m以上(種類により異なる)
日照:日向

「あえて、バラを最初にオススメしたいです。僕の庭を訪れるほとんどの方が『バラは難しいから…』とバラを諦めていましたが、その度に『今はそんなことありませんよ、耐病性が改善されたバラがありますから』とお伝えし、実際に何人かの方がバラを育て始めています。バラをオススメする点は、4つ。
・四季咲き性であれば開花期が長く、初冬まで繰り返しよく咲き、お庭/ベランダに常に彩りと活気を与えてくれる。
・低木類なので、むしろ一般的な草花たちよりも丈夫で、頼り甲斐がある。
・耐病性が強いバラであればさらに安心。
・香るバラであれば、朝から本当に幸せな気分になれる。
想像してほしい、バラの香りと共に1日が始まることを。あなたはバラの“本当”の香りを、知っていますか?

バラ
写真/Bloom Calendarさん

僕はガーデニングを始めて数カ月後に、初バラの‘クロード・モネ’をお迎えしています。実際に咲いた花を見て購入したい場合は初夏頃に、少しでも安く購入したいなら晩秋頃に流通する大苗を購入するのがオススメ。シーズンによって開花姿にかなり差があるので、事前にインスタなどで、購入したいバラの開花時の様子をチェックしておきましょう!

栽培のポイントは肥料。バラは草花に与える量の何倍もの肥料が必要で、特に鉢植えの場合は水やりのたびに肥料分が流出していくため、毎月与える必要があります。また、雨の当たらない場所で育てる場合は、ハダニが発生しやすいため、水やりの際に葉の裏側に葉水をかけて予防を。バラをきれいに育てるには、必要に応じて薬剤も散布して育てるとよいでしょう。」(愛知県・Bloom Calendarさん)

ミニバラ
写真/アイスバーグさん

「バラにはたくさんの種類がありますが、ご紹介するのはミニバラで、その中でも一番のおすすめの‘グリーンアイス’。とにかく年中咲きます。色もグリーンから白に変化し、ミニバラでも存在感抜群で、どの花とも合います。剪定は花後に1/3くらいに刈り込みます。剪定後も繰り返し、年に4回は咲く印象です。普通のバラ同様に虫はつきますので、殺虫スプレーで月1回くらい予防し、肥料は剪定後に。冬は強剪定(注:短く切る剪定)して休ませています。小さいので普通のバラより簡単です。大きなバラを育てる前に、手入れに慣れるのにもおすすめです。」(東京都・アイスバーグさん)

ガーデンの花形といえば、やっぱりバラ。基本的に切り花のバラは香りが薄いため、バラの香りを味わえるのはガーデンローズを育てる人の特権です。‘クロード・モネ’ はピンクに淡いオレンジイエローの絞りが入る大輪花を咲かせ、香りも強い華やかな品種。ミニバラ‘グリーンアイス’は咲き進むにつれて緑に変化する爽やかな花で、こちらは微香の品種です。

(編集部より)

2.雑草対策にもおすすめ! 日陰でも育つアジュガ

アジュガ
写真/bluemoon cottageさん

学名:Ajuga
シソ科
開花期:4~6月中旬
主な花色:青紫、ピンク
園芸分類:常緑多年草
草丈:10〜30cm
日照:日陰~半日陰

「園芸店で購入し、20年以上前から育てています。紫色やピンク色のお花が群生するシーンはとても綺麗なため、鉢植えより地植えがオススメ。地下茎でどんどん増えるので、雑草対策としても重宝しています。日向より半日陰のほうが、夏の葉焼けの被害が少ないです。」(愛知県・bluemoon cottageさん)

日当たりの悪い庭でも育ち、地面をはうように広がり雑草を抑制するグラウンドカバーとしても効果的なアジュガは、地植えの庭でぜひ育ててみたい花。春に咲く花も可愛らしいですが、トリカラーの葉を持つ‘バーガンディグロー’や紫を帯びた‘パープレア’など、葉色が豊富で常緑なので、カラーリーフとしても一年中楽しめます。

(編集部より)

3.イングリッシュガーデンに咲く憧れの花 ジギタリス

ジギタリス
写真/yukkyさん

学名:Digitalis
オオバコ科
開花期:5~6月
主な花色:白、ピンク、オレンジ、黄、紫、茶、複色
園芸分類:二年草
草丈:30~180cm
日照:日向~明るい半日陰

「有名なガーデンやイングリッシュガーデンでもよく見られて、一際目を引く植物、ジギタリス。絵本の挿絵にも出てきたり、憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。育ててみるにはちょっと勇気がいりそうな風貌ですが、意外と鉢植えでも育てられるので、興味のある方はぜひチャレンジしてほしい花です。私は内径25cm、高さ30cmの鉢で育てたことがありますが、ちゃんと咲いてくれました。肥料分の豊かな土のほうが育ちがいいので、当時は牛糞、鶏糞などを入れ、日向で育てました。鉢植えだと、地植えよりも草丈は少し低くなります。
二年草なので、ホームセンターの苗を秋に買い、しっかりと冬の寒さにあてることが、開花させるのにとても大事なポイントです。乾燥気味に育てるとうまくいきます。
我が家のジギタリス‘キャメロットラベンダー’は、つぼみはクリーム色で、咲き進むにつれてピンク色に変わっていきました。」(岡山県・yukkyさん)

ジギタリス
写真/yukkyさん

柱状に高く伸びて花を咲かせる姿は、イングリッシュガーデンには欠かせない光景。バラと同時期に咲くので、バラに合わせる花としても人気があります。yukkyさんの育てるジギタリス‘キャメロットラベンダー’は、クリームイエロ―からラベンダー色へと咲き進む、パステルカラーの品種ですが、濃いピンクや白、オレンジなど、さまざまな花色があります。

(編集部より)

4.ラン入門にぴったり! 丈夫で可愛い花が咲くシラン

シラン
写真/bluemoon cottageさん

学名:Bletilla striata
ラン科
開花期:5~6月
主な花色:紫、白、ピンク、
園芸分類:宿根草
草丈:40~70cm
日照:日向

「和の庭の日向に、25年以上前から植えてあります。何のお世話もしていませんが、毎年可憐な花を咲かせてくれます。無農薬でも害虫の被害もなく、丈夫な植物です。」(愛知県・bluemoon cottageさん)

ランというと栽培が難しいイメージがありますが、このシランは植えっぱなしで毎年花が楽しめ、次第に増えて広がる丈夫な種類。紫花のほか、白花や唇弁の先だけが濃色になるもの、側弁がリップ化したゴージャスな三蝶咲きの品種などがあります。生育旺盛で、特に鉢植えの場合はすぐにいっぱいになってしまうので、2年に1回は植え替えをするとよいでしょう。

(編集部より)

5.バリエーションはピカイチ! カラーリーフの王道ヒューケラ

ヒューケラ
写真/アイスバーグさん

学名:Heuchera
ユキノシタ科
開花期:5~6月
主な花色:赤、ピンク、白、緑
園芸分類:常緑多年草
草丈:20〜50cm
日照:日向~半日陰

「カラーリーフのおすすめはヒューケラ。他の花と合わせた寄せ植えにも人気ですが、私はヒューケラだけの寄せ植えをおすすめします。丈夫で手間がかからず、訪れる人が必ず素敵と言ってくれる鉢植えです。
手入れとしては、できれば年に1回、土替えと株分けをするだけ。地植えもしてますが、結構難しいと感じるので、まずは鉢植えで育てるのがおすすめです。」(東京都・アイスバーグさん)

カラーリーフとは葉を楽しむ植物で、観賞期間が花よりずっと長いため、庭を一年中美しく保つのに重宝する植物です。その代表的な植物が、なんといってもバリエーション豊かな葉色が魅力のヒューケラ。赤、黄色、オレンジ、ワインレッドなどの色のほか斑入りなど、多様な葉色の品種があります。そのため、アイスバーグさんのようにヒューケラだけでも十分シックで素敵な鉢植えに! 葉色の異なる品種を合わせて寄せ植えやリースにしてもいいですね。初夏には花も楽しめます。

(編集部より)

6.可憐な花が毎年楽しめるコバノズイナ

コバノズイナ
写真/bluemoon cottageさん

学名:Itea virginica
ズイナ科
開花期:5~7月
主な花色:白
園芸分類:落葉低木
樹高:0.5〜2m
日照:日向

「芽出しの頃の葉っぱがとても綺麗です。そして、バラの季節に咲いてくれる花が、また何とも言えない可憐な美しさで見るたびに心ときめいています。さらに、秋には葉っぱが紅葉し、それもまた風情がある植物です。
大好きなガーデナーさんが庭に植えていたので、私も育ててみたくなり、園芸店で購入しました。南側の、日当たりがよく西日の当たらないところに地植えして早5年以上(8年以上かも?)になりますが、成長はゆっくりなので、鉢植えでも育てられると思います。無農薬ですが害虫の被害もなく、肥料も特に与えていませんが丈夫に育っています。」(愛知県・bluemoon cottageさん)

コバノズイナ
写真/bluemoon cottageさん

星のような形の小さな白い花が、穂状に垂れ下がって咲くコバノズイナ。アメリカ原産の低木ですが、盆栽や生け花にも利用され、和の風情が感じられる低木です。自然に樹形が整いやすいので、剪定がほとんど必要ないのも嬉しいところ。bluemoon cottageさんのおすすめのように、季節を通じてさまざまな姿へと移ろう楽しみの多い庭木です。

(編集部より)

7.こぼれ種でもよく増えるトラディスカンティア(オオムラサキツユクサ)

トラディスカンティア
写真/ma-bonさん

学名:Tradescantia × andersoniana
ツユクサ科
開花期:5~7月
主な花色:青、紫、ピンク、白、複色
園芸分類:宿根草
草丈:30~80cm
日照:日向~明るい日陰

「おすすめは、ツユクサの園芸種であるトラディスカンティア。特に‘スイートケイト’など、黄金葉の品種は庭を明るく見せてくれます。丈夫で少しずつ周りに広がっていってくれるところも、うれしいポイントです。」(栃木県・ma-bonさん)

道端や野原で小さな青い花を咲かせるツユクサはなじみ深い存在ですが、北アメリカ原産の園芸種トラディカンティア(オオムラサキツユクサ)は、大きな3枚の花弁がよく目立ち、花色も豊富で華やかです。育てやすく植え場所も選ばないので、地植えにすればほとんど手がかかりません。晴れた暑い日は花が早くしぼんでしまいますが、雨の日などは夕方頃まで楽しめますよ。

(編集部より)

8.純白の花がボリュームたっぷりに咲く! アメリカアジサイ‘アナベル’

アナベル
写真/アイスバーグさん

学名:Hydrangea arborescens ‘Annabelle’
アジサイ科
開花期:6~7月
主な花色:白、ピンク
園芸分類:落葉低木
樹高:1〜1.5m
日照:日向~半日陰

「今年2年目ですが、たくさん咲きました。育てている株は、じつは見切り品で、ノーブランドで1,000円くらいで購入したもの。茎が細いので、生きてるか死んでるか心配でしたが、2年目から大輪です! 剪定も枯れ姿を3月まで楽しんだ後でよいため、緑から白、さらに茶色と一年中楽しめます。
肥料は芽出し時期と剪定後に。アジサイは肥料やりが少ないので、初心者の方におすすめの花。その一方で水は大好きなので、水やりは鉢栽培なら頻繁に行いましょう。地植えなら水やりをしない方もいますが、猛暑にはあげたほうがいいと思います。」(東京都・アイスバーグさん)

アナベル
写真/アイスバーグさん

ふわふわでまん丸の手毬のような花が咲くアメリカアジサイ‘アナベル’は、ガーデンのポイントとしてはもちろん、ドライにして部屋に飾っても素敵です。アジサイの多くは、花後すぐに剪定を行わないと、翌年の花芽を落として咲かなくなってしまいますが、アメリカアジサイ‘アナベル’は春に伸びた新芽に花が咲くので、ゆっくり花を楽しんだ後、早春までに剪定すればOKと、剪定のタイミングをほとんど選ばないのも人気の理由。ライムグリーンから純白の花が咲く、爽やかな色合いの基本種に加え、花がピンクがかる品種や、非常に大きな花を咲かせる品種もあります。

(編集部より)

9.育てやすくて春~秋まで楽しめるホスタ(ギボウシ)

ホスタ
ホスタ‘スリーピングビューティー’。写真/yukkyさん

学名:Hosta
キジカクシ科
開花期:7~8月
主な花色:白、紫
園芸分類:宿根草
草丈:15~200cm
日照:半日陰~明るい日陰

「芽出しから新葉、開花、黄葉まで、四季を通じて長期間楽しめます。直射日光が当たると葉焼けするので、日陰が◎。かなりたくさんの品種があるので、株の大きさ、斑入り、葉色、花の色などをピックアップして、自分好みのタイプを探すのも楽しいですね。地植えの場合、冬に地上部が完全に無くなるので、目印にプランツタグをさしておくことをおすすめします。
大きな庭がないけれど育ててみたいなという人は、農協の苗売り場や道の駅をぜひチェックしてみてください。小さな鉢植えでも育てられる、コンパクトな可愛いホスタが売られていたりします。」(岡山県・yukkyさん)

ホスタ
ホスタの花。写真/yukkyさん

育てやすくて半日陰でも栽培でき、観賞期間が長く、毎年芽を出すコスパ抜群のホスタは、海外では「パーフェクトプランツ」とも呼ばれ、落葉樹の下などを彩る定番のガーデンプランツ。シックな青灰色、明るい黄緑色、斑入りや細葉などバリエーション豊かな葉は春から晩秋まで庭を彩り、初夏に咲く花も涼しげです。yukkyさんの育てる‘スリーピングビューティー’は青みがかった葉にクリーム色の縁取りが入る品種。病害虫も少なく、半日陰のグラウンドカバーや鉢植えなどで活躍してくれます。

(編集部より)

10.猛暑もクリア! 丈夫で長くたくさん咲くジニア

ジニア
写真/かおるるさん

学名:Zinnia
キク科
開花期:5~11月
主な花色:赤、白、ピンク、オレンジ、黄、緑、複色
園芸分類:一年草
草丈:15~100cm
日照:日向

「地植えの庭があるなら、パラパラと種子を播いただけで、失敗なくすくすくと育ってくれて大いに楽しめるジニアもおすすめです。最初は失敗してもショックが少ないように、100均の『2袋¥100』の種子でトライしましたが、期待以上に育ってくれました。丈夫でよく咲き、12月半ばまで約半年間咲き続けていたので、1袋50円でコスパ抜群でした! 虫たちの人気者で、チョウやハチなどをじっくり観察できましたよ。同じく種まきから簡単に育った菜の花、カモミール、コスモス、ヒマワリもおすすめです。」(東京都・かおるるさん)

ジニア
写真/かおるるさん

ヒャクニチソウという別名を持つジニア。春播きの一年草ですが、長期間にわたって次々と花を咲かせるため、コスパは抜群です。生育旺盛で育てやすく、猛暑や強い日差しの下でも花を咲かせ、夏花壇の強い味方に。ポンポン咲きやカクタス咲きなど変わった花形を持つもの、丈夫でパフォーマンスのよい人気の‘プロフュージョン’シリーズなど、豊富な種類があるので、好みのものを選んで楽しめますね。

(編集部より)

11.よく増えて小径の彩りにも! エリゲロン・カルビンスキアヌス

エリゲロン
写真/yukkyさん

学名:Erigeron karvinskianus
キク科
開花期:5~11月
主な花色:白、ピンク
園芸分類:常緑多年草
草丈:10~30cm
日照:日向

「背丈が低く、こんもり花のドームを作ってくれるので、小径に植えるのにぴったり。日向で育てていますが、場所を選ばず、水はけのいい場所、土が多少しっとりしているところでも育つ印象です。草姿が乱れてきたら、剪定バサミで丸く散髪するように整えてあげると可愛いですし、再び咲いてくれます。我が家のエリゲロンにはアオスジアゲハも来てくれました。」(岡山県・yukkyさん)

エリゲロン
写真/yukkyさん

細い茎を伸ばし、ピンクと白の小花を春から秋まで長く咲かせるエリゲロン。小さな庭でも圧迫感がなく育てられ、花壇はもちろん、グラウンドカバーや小道の縁取り、石垣やステップの隙間にも咲かせられますよ。こぼれ種でよく増えるので、移植などでコントロールしながら育てましょう。

(編集部より)

12.栽培しやすくほぼ一年中開花! 色鮮やかなゼラニウム

ゼラニウム
写真/Bloom Calendarさん

学名:Pelargonium
フウロソウ科
開花期:3月~12月上旬
主な花色:赤、白、ピンク、オレンジ、紫、複色
園芸分類:常緑多年草
草丈:20~100cm
日照:日向(屋内でも栽培可)

「お庭/ベランダでの“存在感”という視点から、オススメするのはゼラニウム。ゼラニウムは、僕がガーデニングを始めたときの最初のお花です。DIYで制作したせっかくの出窓、その外にお花を置きたくなり、「ベランダ」「鉢植え」「四季咲き性」「耐暑性」「耐寒性」を考えてゼラニウムを選びました!
ゼラニウムをオススメする点は、6つ。
・四季咲き性が非常に強く周年開花するため、常に彩りと活気を与えてくれる(僕のベランダでは常にゼラニウムが咲いています)。
・虫が寄らず、病気にもならないので育てていて安心感がある。
・多肉質な茎を持ち乾燥に強いため、水やりの頻度がとても低い。そのため雨の当たらないベランダで育てるのに非常に向いている。
・夏は入射角が高くなるため日陰になりやすく、逆に冬は入射角が低く日がたっぷり当たるベランダは、ゼラニウムにとって過ごしやすく開花もしやすい環境。
・房状の花は、特に赤花は一房咲いているだけでもかなりの存在感がある。
・室内でも、光や風など条件が揃えば育てることができる。

ゼラニウムはどのシーズンでも購入できますが、5号鉢植えなど大きなものは冬に出回ります。栽培のポイントは、水はけがよく乾きやすい土で育てること。液体肥料は窒素分の入っていないものを使うと花付きがよくなります。」(愛知県・Bloom Calendarさん)

ハンギングバスケットやウィンドウボックスとして、ヨーロッパの街並みを鮮やかに彩るゼラニウム。乾燥に強く丈夫で、四季咲き性なので一年中美しい花が楽しめます。葉に芳香のあるセンテッドゼラニウムや枝が下垂するアイビーゼラニウムなど、大きく4つのグループに分かれるので、環境や好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

(編集部より)

13.育てやすくて長くたっぷり咲く! パンジー&ビオラ

ビオラ
写真/カヨフラワーさん

学名:Viola
スミレ科
開花期:10月下旬~5月中旬
主な花色:赤、ピンク、オレンジ、黄、白、紫、複色
園芸分類:一年草
草丈:10〜30cm
日照:日向

「秋から春にかけて長期間花が咲いてくれ、育てやすくかわいいです。今年も10月頃に園芸店で購入しました。ハンギングにしても花が元気です。手入れも、枯れた花を摘み取るだけで、あまり手がかかりません。日向に置いたほうが花がよく咲いてくれます。冬の寒い時期も強いので、初心者さんにおすすめです。同時期に咲くプリムラ・ジュリアンもおすすめです。」(奈良県・カヨフラワーさん)

ビオラ
写真/カヨフラワーさん

花が少ない冬に咲いてくれるパンジー&ビオラは、定番の人気花ですが、花色も種類も非常に豊富! 新品種が続々登場し、毎年でも飽きずに育てることができます。園芸店ではそろそろ終盤ですが、春になると株の勢いが増してこんもりと咲き、5月までまだまだ楽しめますよ。こまめに花がらを摘み、追肥を与えればさらによく咲き続きます。カヨフラワーさんのように、同時期に咲くプリムラ・ジュリアンなどと組み合わせても可愛いですね。

(編集部より)

14.育てやすく何年も楽しめるクリスマスローズ

クリスマスローズ
写真/ma-bonさん

学名:Helleborus × hybridus
キンポウゲ科
開花期:1~3月
主な花色:白、ピンク、黄、緑、紫、茶、黒、複色
園芸分類:常緑多年草
草丈:10~50cm
日照:半日陰

「春が訪れる前から長く楽しめるクリスマスローズ。花びらに見える部分はガクなので、長期間楽しめます。”二つとして同じ花がない”というところも、お気に入りの花を見つける宝探しのような気分になれます。」(栃木県・ma-bonさん)

クリスマスローズ
写真/ma-bonさん

名前に「クリスマス」とついてはいますが、ほとんどの園芸種は2月以降に花を咲かせます。シングル(一重咲き)やセミダブル(半八重咲き)といった花形から、細い覆輪が入るピコティー、小さな斑点が入るスポット、脈状の模様が入るベインなど、花弁の模様の入り方も非常に多彩なので、ma-bonさんのようにお気に入りの花を探してみるのも楽しいですよ。

(編集部より)

15.香りのよい春の花 ヒヤシンス

ヒヤシンス
写真/かおるるさん

学名:Hyacinthus orientalis
キジカクシ科
開花期:3~4月
主な花色:赤、ピンク、白、青、紫、黄
園芸分類:球根
草丈:約20cm
日照:日向(開花は屋内でも可)

「初心者の方にまずおすすめしたいのは、ヒヤシンスです。秋頃から花屋さんやホームセンターで、チューリップなどと一緒に球根が売られています。そのまま栽培してもよいのですが、しっかり寒さに当てると花付きがよくなるので、私は購入してから1カ月ほど、紙袋に入れて冷蔵庫に置いてから水栽培しました。ヒヤシンスの水栽培は、球根の底にギリギリ触れるくらいの水を入れて、お部屋に置くだけ! 根が伸びるまでは涼しい部屋、根が伸びてきたら明るい部屋の窓辺で育てます。寒い冬ですが、お部屋の中で毎日根が伸びていく様子を見ることができ、育てる喜びも感じられて楽しいです。

今冬は、12/4に冷蔵庫から出して水栽培を始め、1/24に花が咲き始めました。花の形もベル型でとても可愛く、何より香りが大好きです♪ 部屋に入ると花の香りがして 幸せな気持ちになります。
水栽培のほか、12月頃になると、近所のお花屋さんで販売し始めるヒヤシンス3球入り鉢植えも、毎年つい購入してしまいます。こちらは明るい窓辺に置くだけです! 鉢植えのほうが開花は早く、お正月には咲き始めました♪ 家族が集まる時期に華やかな雰囲気を作ってくれますね。」(東京都・かおるるさん)

お部屋の中で一足早く春が楽しめるヒヤシンスの水栽培。花はもちろん、根っこが伸びていく様子が楽しめるのも、水栽培ならではの魅力です。寒さに当たると花芽が動き出すので、特に暖かい室内で栽培する場合は、かおるるさんのように、冷蔵庫に入れて寒さに当てるのがおすすめです。

(編集部より)

庭仲間が選んだおすすめ植物でガーデニングを始めよう!

ここでご紹介した15種はどれも、会員の方々が実際に育てたものなので、その魅力や育てやすさはお墨付き! ガーデニングの初めの一歩として、ぜひ選んでほしいものばかりです。

ガーデンストーリークラブは、ガーデニングを始めたばかりのビギナーからベテランガーデナーまで、花と庭を愛する人が集まるオンラインコミュニティ。ガーデンストーリークラブ会員専用サイトでは、ここでご紹介しきれなかったおすすめ植物もまだまだ紹介されています。閲覧ご希望の方や、会員さんと交流したいと思われた方には、ぜひクラブ会員サイトへのご入会をおすすめします。ご入会お待ちしております!

●ガーデンストーリークラブについてのご案内はこちらのページをご覧ください。

クラブバナー 庭づくり
Print Friendly, PDF & Email

人気の記事

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO