トップへ戻る

真夏の花盛りを涼しい部屋で楽しもう!華やかでおしゃれな観葉植物「木立性ベゴニア」

真夏の花盛りを涼しい部屋で楽しもう!華やかでおしゃれな観葉植物「木立性ベゴニア」

猛暑で庭の花も小休止するこの季節、涼しい室内で花を楽しみませんか。シャンデリアのような華やかな花が咲く木立性ベゴニアは、夏が花真っ盛り。花だけでなく、ルビー色の水玉模様の葉を持つものやメタリックな葉のものなど、観葉植物としての観賞価値も高く、まるで生きたアート。ベゴニアを生産・販売するナーセリー「花郷園」の野口貴子さんに、“花咲く観葉植物”として注目の木立性ベゴニアの魅力を伺いました。

Print Friendly, PDF & Email

真夏が花盛り!シャンデリアのような花が咲く「木立性ベゴニア」

ベゴニア
左は四季咲き性が強く、5月上旬の母の日にも花が咲く‘マザーズ・デイ’。小型ながら花つきがよく丈夫。右は鮮やかなオレンジ色の花の‘ナポリアン・サンセット’。中型種。

外に出るだけでジワリと汗が出るこの夏。屋外でのガーデニングはもはや危険レベル。庭の花たちも休みがちなこの季節は、無理をせず涼しい室内で植物を楽しみませんか。おすすめは、今まさに開花期を迎えているシャンデリア咲きの木立性ベゴニア。観葉植物といえば葉を楽しむもの、という固定観念を一変させる美しい花が咲く観葉植物です。

立体感のある株姿で、角度を変えて眺めてもおしゃれ。

華やかな開花期間が2カ月続く木立性ベゴニア

ベゴニア
左/くっきり水玉模様の葉に魅惑的なピンクの花がよく咲く‘流れ星’。中上/サーモンピンクとライムグリーンがグラデーションになる‘アイリーンナス’。中下/鮮やかな桃色の多弁花になる‘ザクセン’。右上/フリル入りの透明感のある白花は‘白雪姫’。右下/黒檀色の葉にオレンジの豪華な花が映える‘エボニー’。

室内で楽しむ観葉植物といえば、サボテンやゴムの木といったワイルドなイメージのものが主流。インダストリアル系のカッコいいインテリアやシンプルな部屋のアクセントとして大活躍しているのをよく見かけますが、これらは一年を通じてあまり大きな変化がないのが共通点です。一方、木立性ベゴニアは、夏にドラマチックな変化を見せます。それがシャンデリア咲きという呼び方に象徴される華麗な花。桜貝のようなピンク色や透明感のある白色、夕陽のようなオレンジ色など、愛らしい花が連なり、華やかに咲く姿は、エレガントなお部屋によく似合います。

しかもこの美しさは、ほんの一時ではありません。1段目の花が咲き終わると花茎が分枝し、次の段の花を咲かせることを繰り返して伸びていき、品種によっては5~6段の豪奢な花房になるものも! 開花期間は平均しておよそ2カ月と、驚くほど長期間にわたり美しい花が楽しめるのです。

観葉植物界のレディー・ガガ⁉︎ 個性派揃いの葉

ベゴニアの葉
左/水玉模様の葉の元祖となった原種の‘マクラータ・ワイティイ’。右上/レア品種の‘ミッドナイト・サン’。中下/メタリックな葉模様が美しい‘ルッキング・グラス’。花は咲かず葉を楽しむ品種。右下/ピンクの水玉模様が珍しい‘ピンク・スポット・ルツェルナ’。環境により色が濃く出てルビー色になることも。

花の楽しみがある一方で、葉の個性も観葉植物の中で群を抜くバリエーションを誇るのが木立性ベゴニアの魅力。単純な緑の葉はむしろ少なく、メタリックなシルバーやルビー色の水玉模様、鮮やかなオレンジの葉に緑色の葉脈が浮かび上がるものなどなど…。まるでアーティストの衣装のように強烈な個性を放つ葉は、観葉植物界のレディー・ガガとでも呼びたくなるほど。

木立性ベゴニアの基本情報

ベゴニア
左/大型の木立性ベゴニア‘ラナ’。右上/根茎性ベゴニア ボウエレ・ニグラマルガ。右下/球根性ベゴニア‘アメイジングレース’。

木立性ベゴニアは、常緑多年草のベゴニアの1グループで、他に根茎性ベゴニア、球根性ベゴニアなどのグループがあります。ベゴニアは世界の熱帯・亜熱帯地域(オーストラリア以外)に分布し、全体では3,000種類もの原種があります。

例えば、ガーデンプランツの中でも特に園芸品種数が多い植物として知られるバラの原種は150~200種程度。いかにベゴニアの原種が多いかが分かりますが、それらを掛け合わせて生まれる園芸品種に至っては、まさしく星の数ほど。耐陰性があるので室内で観葉植物として楽しめるほか、戸外の日陰や、木漏れ日が当たる程度の風通しのよい場所でも栽培できます。なかでも木立性ベゴニアは病害虫にも強く育てやすいので、初めてベゴニアを育てる人にもおすすめです。

膨大な品種数ですから、葉模様のみならず、株姿や性質も多彩です。直立して伸びるタイプや横に広がるように伸びるタイプ、日光を好むものからさほど光量を必要としないもの、ジメジメとした湿度が大好きなものなど、とても一括りにまとめられないほど。裏を返せば、限られたスペースや日差しが届きにくい一角など、ほかの植物が育てられないような環境であっても、ベゴニアならぴったりのものが見つかる可能性があります。

木立性ベゴニアの置き場所と飾り方のコツ

ベゴニア
大型種や中型種を取り合わせて飾ったベゴニア観葉コーナー。

木立性ベゴニアには、草丈が1m以上になる大型種と1m未満の中・小型種、つる性、這性があります。買ってきたばかりの苗は、いずれもたいていプラスチックの鉢に入っているので、花や葉の色、インテリアに合わせて、鉢もコーディネートしてあげましょう。鉢選びや飾り方のコツをご紹介します。

木立性ベゴニアの鉢選び

ベゴニア
艶やかな濃緑色の葉の間から、純白の花をシャンデリアのように咲かせる‘ダイアモンド・リリー’。花色に合わせて白色の深鉢をチョイス。花台を使うと花の姿が映える。

つる性・這性以外の品種は、ある程度高さのある深い鉢を選ぶのがポイント。上に向かって伸び、鉢に合わせて大株へと成長していく木立性ベゴニアは、浅い鉢では頭でっかちになってバランスが崩れ、倒れてしまう恐れがあります。あまり大きくしたくない場合は、鉢は大きくせず、素敵な鉢カバーに入れるのも一つの方法です。横に広がる這性の品種は、浅く広い鉢のほうが相性がよいでしょう。

木立性ベゴニアの飾り方のコツ

木立性ベゴニアは耐陰性がありますが、ベゴニアの中では比較的日照を好みます。ただし直射日光には弱いので、レースのカーテン越しの日差しなどに当てましょう。また、玄関ポーチなど日陰ができる場所も適しています。木立性ベゴニアは品種によって花が何段にも枝垂れて咲くので、台などを使って高さを出すと花の美しさが際立ちます。また、葉裏の美しいものや葉が枝垂れるタイプのものも、棚などの高い位置へ置くとその魅力を堪能できます。

ベゴニア
つる性タイプの‘オロココ’を飾り棚に。つる性や這性タイプはハンギング鉢で栽培しても枝垂れる葉の美しさが堪能できる。

木立性ベゴニアの基本の育て方

ベゴニア
室内ではレースのカーテン越しの光を。美しい葉模様が人気の‘シルバー・ミスト’。

【置き場所】

栽培適温は15〜25℃で、人が快適な空間をベゴニアも好みます。夏は直射日光を避けてレースのカーテン越しの光が当たる場所へ、冬は明るい窓辺でしっかりと日光に当てて育てます。春~秋の成長期は戸外の明るい日陰や、木漏れ日が当たる程度の風通しのよい場所へ。寒さには弱いので、冬は室内に取り込みましょう。

【ベゴニアに適した土】

ベゴニア栽培の用土は、排水性と保水性のある、やや弱酸性の土が適します。初心者の方はベゴニア専用の培養土を使うと簡単です。

ベゴニア栽培

【水やり】

水はさほど必要としないので、やりすぎに注意しましょう。鉢の表面が乾いて数日したら、鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと水を与えましょう。葉が繊毛に覆われているタイプは霧吹きで葉を潤し、適度に湿度を保ちましょう。

【肥料】

生育期の春~秋に固形肥料を置き肥し、開花中は2週間に1回程度液肥を与えます。35℃を超える盛夏は生育が緩やかになるので液肥をストップし、秋に再開します。冬は肥料を与えません。

【病害虫】

病害虫の心配はほとんどありませんが、高温期はハダニが発生することがあるので、葉の乾燥に注意し、発生してしまったらシャワーで洗い流します。

【植え替え】

生育旺盛なので、1年に1回を目安に、生育期の春から秋に一回り大きな鉢に植え替えます。特に葉が大きい品種は、鉢を大きくすると大株になります。コンパクトに育てたい場合は、鉢から株を抜き出し、根の先端を1/3カットし、元の大きさの鉢に新しい用土で植え付けます。

ベゴニア栽培

【剪定】

木立性ベゴニアは生育旺盛で、茂りすぎると根詰まりして勢いがなくなってきます。そんな時は、バッサリ切り戻しても大丈夫。節の上で剪定すると、切った後に節から新芽が出て元気な葉が増え、株がリフレッシュします。これを「切り戻し」といいます。日当たりが極端に悪いと葉と葉の間が間のび(徒長)して、姿が悪くなるので、その場合も同様にします。切った枝は切り花として楽しめます。じつはベゴニアは水揚げがよく、長期間楽しむことができます。花屋さんではまず見かけないベゴニアの切り花は、育てている人だけの特権です。

ベゴニアの切り花
切り戻した花は花瓶に飾って。花もちよく長く楽しめる。

ファーストベゴニアにおすすめ! 「花郷園」野口さんが選ぶイチオシ品種はコレ

木立性ベゴニア‘流れ星’

数ある木立性ベゴニアの中でも、ビギナーにおすすめなのが ‘流れ星’。愛らしいピンクの花が、夏も休まず春~秋まで本当によく咲き、葉には一番人気の水玉模様がくっきりと入ります。ガーデニング初心者にも育てやすく、エレガントな花とエキゾチックな葉という木立性ベゴニアの魅力が余すところなく味わえる品種です。

木立性ベゴニア‘ソフィー・セシール’

もう一つ、普通とは少し違ったベゴニアをお求めの方におすすめなのが‘ソフィー・セシール’。大胆な深い切れ込みが入り、葉裏のえんじ色がチラリと覗くところもカッコいいベゴニアです。人の背丈ほどにまで成長し、特に大型に育った株の存在感は格別。対照的に、花は優しい桃色です。光の届きにくい室内はもちろん、春~秋はシェードガーデンや木陰のフォーカルポイントとしても抜群のインパクトです。

木立性ベゴニア‘ソフィー・セシール’
大株に育った‘ソフィー・セシール’。
ベゴニア
‘流れ星’ ‘バングレス’ ‘アリス.N’。美しい葉と花はアートギャラリーのよう。

花郷園ではこのほかにも、数十年をかけて海外から集めたベゴニアの希少なコレクションが揃います。木立性ベゴニアだけでもその数は100種類以上。暑い夏、涼しい室内で優雅に花咲く木立性ベゴニアを観賞しませんか。

Print Friendly, PDF & Email

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO