みなさん、ペルシカリアという植物をご存じですか? 秋のナチュラルガーデンでその真価を発揮してくれるタデ科の植物です。丈夫でよく増えることから、園芸初心者の方でも上手に活用することができるでしょう。ここではそんなペルシカリアについて詳しく解説していきます。

Print Friendly, PDF & Email

ペルシカリアの主な特徴

ペルシカリア
Irene Fox/Shutterstock.com

まず、ペルシカリア属の主な特徴について解説します。

基本情報

ペルシカリア
Orest lyzhechka/Shutterstock.com

ペルシカリアはタデ科イヌタデ属の多年草、宿根草です。原産地はヒマラヤ、ヨーロッパなど。道端で時々見られるイヌタデもこのペルシカリア属に含まれます。草丈は品種によって差はありますが、概ね40~200cmほどです。株幅は前後左右に大きく広がるため60~100cmほどを想定しておくとよいでしょう。花色は赤い品種が多いですが、中には白色やピンク色の品種もあります。暑さ寒さに強く、日本の気候で問題ありません。冬期に地上部は枯れて、また春に芽吹きます。

ペルシカリア属の仲間

ペルシカリア
Rudenko Yevhen/Shutterstock.com

ペルシカリア属には日本でもなじみのある植物が多くあります。例えばよく目にするミズヒキやイタドリ、ヒメツルソバやイヌタデも、ペルシカリア属の植物です。中でもヒメツルソバはピンク色や白色の細かな丸い葉を多数つけ、可愛らしく、栽培も簡単でよく増えることから、グラウンドカバープランツとして見かけることも多いでしょう。イタドリは日本各地に分布する多年草で、草丈2mと大きく育ちます。茎が太く中には空洞があり、山菜や漢方薬として古来より食されてきました。春の新芽は爽やかな酸味があり、そのまま食べたり、和え物や佃煮などにしても美味しいです。また道端によく生えているイヌタデは至る所で見られる一年草で、茎の先に小さな赤色の花穂をつけ可愛らしいです。タデ科には食べられる種類のものがありますが、イヌタデの「イヌ」には「偽の」や「食べられない」という意味合いがあります。

育て方の基本

ペルシカリア
Orest lyzhechka/Shutterstock.com

丈夫なペルシカリアですが、環境次第では株が暴れてしまったり、病気になってしまったりすることもあります。ここではペルシカリアの育て方についての基本を解説します。

適した栽培環境

ペルシカリア
aga7ta/Shutterstock.com

ペルシカリアは日当たりのよい場所から半日陰の環境であれば問題なく育ちます。ただし、半日陰など日照量が少ない場所だと茎が伸び、葉姿がまとまり無く暴れやすいので、できれば日当たりのよい場所でコンパクトに育てたほうが扱いやすいです。土壌もさほど気にすることはありませんが、水はけと水もちが良い場所を好みます。土壌の乾燥にはあまり強くなく、適度に湿り気のある所を好みます。大きくなる種類が多いので鉢やプランター栽培よりも地植えにしてしっかりと育てる方が本種の魅力が発揮するでしょう。鉢などから植え替える場合、腐葉土とバーミキュライトを混ぜ込んであげると水はけも良くなり、適した土壌にすることができます。

水やり・肥料

水やり
Irene_A/Shutterstock.com

地植えの場合、しっかりと根付いていれば自然の降雨だけで問題ありません。乾燥には弱い面があるので、夏の降雨が少ない場合にのみ水やりしてください。肥料の必要はほとんどありません。生育不良なときや、大きく育てたい場合は緩効性肥料を生長期に与えてください。

植え付け・植え替え

ガーデニング
DeepGreen/Shutterstock.com

植え付けは、春か秋の天気のよい時に行いましょう。植え替えは芽吹き始める3~4月と、地上部が枯れて休眠し始める秋が適期です。また株が大きく育ち、混み合ってきたときも株分けを兼ねて植え替えることができます。

剪定・切り戻し・花がら摘み

剪定
mihalec/Shutterstock.com

ペルシカリアは成長とともに茎が伸び、剪定しないと草丈が高くなるので、倒れやすかったり、暴れやすかったりします。そのためコンパクトにまとまるよう剪定が必要です。秋に花を咲かせる種では初夏に一度切り戻しをしておくと、株がまとまった状態で花を咲かせるためおすすめです。花が咲き終わったら、次の花芽の上で摘み取っておきましょう。また枯れ葉はその都度取り除いておくと株が蒸れず、健全に育てられます。

夏越し・冬越し

冬越し
Petr Bonek/Shutterstock.com

耐暑性、耐寒性ともに強く、日本の環境では基本的に心配することはありません。夏は水切れに注意し、また冬は地上部を枯らして越冬するため、植えてある場所に目印を付けておくとよいでしょう。霜よけなど、冬越しの必要はありません。

病害虫

病害虫対策
Monika Wisniewska/Shutterstock.com

特に注意する病害虫はありません。葉が混んでいたり、風通しが悪い環境ではハダニが付くことがあります。放っておくと植物の成長を阻害し、進行すると枯らしてしまう害虫のため、見つけた場合は薬剤を散布して対処しましょう。少しでも残っているとすぐに増えるので、葉裏、葉表の両面に丁寧に散布しましょう。また時々葉裏にも水をかけてやると、ハダニ予防につながります。

増やし方

株分け
VH-studio/Shutterstock.com

ペルシカリアは株分けで増やすことができます。適期は春と秋です。とても丈夫で、成長期であれば株分け時に多少傷ついても回復や根付くのは早いです。そのため、株分けの際に伸びすぎの根や傷んだ根は取り除くとよいでしょう。株が大きくなり、掘り上げる必要が出てきたときも、株分けをするよい機会です。丁寧に掘り上げたら古い土を落とし、切り分けましょう。分けたら植えたい場所に植え付け、水をしっかりと与えましょう。

代表的な品種

ペルシカリア
Wirestock Creators/Shutterstock.com

ペルシカリアには多くの品種があります。ここでは代表的な園芸品種について解説します。

シルバードラゴン

ペルシカリア シルバードラゴン
photoPOU/Shutterstock.com

春の芽吹きとともに赤黒い葉を展開し、進むにつれ、中心部が銀葉に変化してきます。その外側はまるでV字模様のような緑の縁取りとなり、美しいです。夏から秋にかけて白く小さな花をまとまって咲かせます。また春から秋にかけては葉色の変化も楽しめるのでカラーリーフとしても魅力的です。茎は細く長く伸び、グラウンドカバーのように育ちます。

レッドドラゴン

ペルシカリア レッドドラゴン
photoPOU/Shutterstock.com

‘シルバードラゴン’に似ていますが、葉の展開が進むにつれて、紫や赤、緑や銀色が混ざり合い、より多彩な色の葉になります。‘シルバードラゴン’より茎はしっかりとしていて自立しやすい種です。白くまとまった小さな花を多数付けます。草丈は25cmから60cmほどになります。

ブラックフィールド

ペルシカリア ブラックフィールド
AngieC333/Shutterstock.com

アンプレキシカウリスの花色の濃いものを選抜した品種です。鮮やかな赤色の花を多数付け、ゆらゆらと風に揺れる様は野趣もあり、とても綺麗です。国内での流通はまだ少なめです。

ポリモルファ

ペルシカリア ポリモルファ
forest pictures/Shutterstock.com

草丈、根張りともに2m程度になる大型の原種のペルシカリアです。まるで樹木のようになり、開花期には小さな白い花が集まってモコモコとした雲のようになります。植栽の後方に植えるとよい雰囲気となるでしょう。流通はあまりありません。

ピンクエレファント

ペルシカリア ピンクエレファント
AngieC333/Shutterstock.com

アンプレキシカウリスの改良品種です。夏にピンク色の踊るような花を多数付けます。他の種に比べて草丈は低く40cm程度。小さな庭や花壇前方にも植栽しやすい品種です。葉は明るいライムグリーンで、夏になると斑点が現れます。

さまざまなテイストの庭によくなじむペルシカリア

ペルシカリア
weha/Shutterstock.com

ペルシカリアは道端などで見かける種もあり、ともすると雑草の仲間と思われがちなタデ科の植物ですが、その強健さと花の可愛らしさはうまく活用することで庭の名脇役になることでしょう。使い方次第で和の庭にも洋の庭にもマッチするペルシカリア、ぜひ育ててみてはいかがでしょうか。

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email