ネギのような見た目のチャイブというハーブをご存じですか? 見かけはアサツキにそっくりなのですが、口に含むとネギより味も風味もマイルドで、とても使い勝手のいいハーブなのです。加えて、手軽に育てられるのも魅力! 今回は、チャイブの育て方と、育てたハーブの活用レシピ・チャイブビネガーを使ったおいしいドレッシングをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

チャイブはどんなハーブ? チャイブの効能は?

チャイブはどんなハーブ?チャイブの効能は?

チャイブはユリ科の多年草。原産地はアジア・ヨーロッパで、和名はエゾネギです。

チャイブは、ネギの仲間で、主に料理に使います。小口切りにしても繊細で、スープやオムレツ・サラダの飾りにもぴったり。また、ネギの代わりに、そうめんや蕎麦の薬味にも〇。春に咲く花は、エディブルフラワーとして食べられます。花びらだけにして、サラダに添えていただきましょう。

チャイブには豊富なビタミンとミネラルが含まれています。特に注目すべき成分が「アリシン」という強い匂いを持つイオウ化合物の一種。主に、ニンニクやネギなどに含まれている、あの独特な強い香りの元です。ニンニクが疲労回復によい・スタミナがつくといわれているのは、このアリシンの働きによるものです。が、ニンニクはちょっと匂いが気になるな…という時にこそ、チャイブを使ってみてください。チャイブは、ニンニクやネギよりもマイルドで、とても食べやすいハーブ。疲労回復・健康維持のために、ちょっとずつ、毎日摂取することをおすすめします。

チャイブを育ててみよう! 栽培のコツは?

チャイブは、スーパーのフレッシュハーブコーナーで見かけるようにもなりましたが、パセリやバジルと比べると、まだまだ手に入りにくいハーブです。使いたい時にすぐに使えるように、ご自身で栽培してみましょう!

チャイブの育て方・植え付け

チャイブは、日向から半日陰で栽培します。ポット苗は4~6月頃、出回ります。ハーブ苗がそろう園芸店などで購入可能です。草丈は30cmほど。1苗につき30cm四方のスペースをとって植え付けます。ポットから出したら、根は崩さずそっとやさしく植えましょう。

チャイブの水やり・注意すべき病害虫

チャイブは土の表面が乾いたら、たっぷり水をあげてください。乾燥に弱いので、水切れには注意します。乾燥しすぎると、アブラムシやハダニがつきやすいので、葉をよくチェックしましょう。虫は見つけ次第、捕殺です。病気にはあまりなりません。

チャイブの収穫方法

チャイブは成育旺盛なハーブで、1年で3回ほど、根元からカットしても、またすぐ出てきます。慣れるまでは、切るのがちょっと怖いと感じるかもしれませんが必ず伸びて来るので大丈夫、チャレンジしてみてください。

チャイブは葉と花が食べられます。4月から11月、葉があるうちならいつでも収穫できますよ。草丈が20cmほどになったもの、大きくなったものから、収穫してみましょう。地際3cmほど残してカットします。途中でカットするのではなく、株元付近で切るのが再生させるポイントです。

なお、チャイブは加熱すると味や香りが落ちるのでフレッシュのまま使いましょう。

チャイブは2年目の5〜6月に丸い紫色の花が咲きます

また、チャイブは2年目の5〜6月に丸い紫色の花が咲きますが、花が咲くと葉が固くなってしまいます。花が咲いたら株元から切り取り、次の葉を育ててください。

チャイブは暑さにあまり強くないため、夏場、強い日差しに当たると株が弱ります。花が咲くと株は花に体力を使ってしまい余計に株が弱るので、そのままにせず収穫を兼ね、花後は一度バッサリとカットするのがベスト! 花が咲いたら、チャイブビネガーを作りましょう。作り方はこのあとご紹介します。

チャイブの冬越し

チャイブは多年草なので、来年また新しい葉が出てきますが、冬の間は葉がなくなります。11月末を目安に、地上部をカットして、腐葉土などで土の表面を覆うマルチングしておくと、関東以南は戸外で冬越し可能です。

なお、冬の間、地上部はなくなりますが、根は生きています。1~2週間に1回程度、水をあげましょう。3月下旬になると、新芽が出てきます。

チャイブの花が収穫できたら、チャイブビネガーを作ろう

チャイブの花が収穫できたら、チャイブビネガーを作ってみましょう。

チャイブビネガー

【材料】

◯りんご酢 150ml

◯チャイブの花 30個

◯150mlビン 1個

【作り方】

1. チャイブの花を摘んで、軽く洗い、しっかり乾かします。

2. ビンを煮沸消毒します。

3. ビンの中にチャイブの花を入れます。

ビンの中にチャイブの花を入れます。

4. りんご酢を注ぎ入れ、蓋をして、一度しっかり振ります。

蓋をして、一度しっかり振ります。

5. 冷暗所に置き、2週間ほど寝かせます。毎日1回、しっかり振りましょう。

6. 2週間後、濾して完成です。

濾して完成です。

2週間経ったら、フィルターなどを使って濾して、完成です。何も着色していませんが、こんな鮮やかなピンク色に! チャイブを30個入れたものが右、チャイブ10個のものが左です。30個のほうが、色も香りも濃く仕上がりましたが、10個でも充分チャイブの香りが楽しめますよ。

チャイブビネガーのドレッシングを作ろう

チャイブビネガーのドレッシングを作ろう

チャイブビネガーは、ドレッシングにするのがおすすめです。

【材料】

◯チャイブビネガー 50ml

◯オリーブオイル 50ml

◯塩 3g

◯コショウ 適量

作り方

作り方は簡単! 材料をすべて混ぜれば完成です。

自分で栽培したハーブを使って作る一品は、きっと格別においしく感じるはず。ぜひ、ハーブのある暮らしを楽しんでみてくださいね。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。一般社団法人日本ガーデンセラピー協会専門講師。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

リフォームガーデンクラブバナー

Print Friendly, PDF & Email