見た目よし!味よし! のイタリア野菜。日本ではまだ馴染みが薄いかもしれませんが、色鮮やかでユニークなフォルム、そして個性的な味わいがイタリア野菜の大きな魅力。ちぎって並べただけで(イカした皿ならなおよし!)ハイセンスな一品に仕上がってしまう便利なイタリア野菜ですが、なかなかスーパーではお目にかかることがありません。ならば自分で栽培してみましょう。秋冬はイタリアンレタスの栽培が始められますし、ビーツやチコリーは来春からの栽培にもおすすめです。これからのパーティーシーズンでも活躍してくれる、かんたん・映える・おいしい3拍子揃ったオシャレイタリア野菜をレシピとともにご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

晩秋から春まで収穫できる! イタリアの定番野菜6選

イタリア野菜

ハーブ専門農場「ポタジェガーデン」は、一年を通して150種100万個のハーブ苗を生産しており、冬に栽培を楽しめる品種も多数扱っています。今回は生産管理を担当する野呂さんが、冬栽培におすすめのイタリアンレタス3種(ロメイン、ロロロッサ、ロロビオンタ)と、これから人気沸騰の兆しがあるイタリア野菜3種(ビーツ、アーティチョーク、チコリ)をご紹介します。

ポタジェガーデン

ロメイン(学名:Lactuca sativa L. var. longifolia)

ロメインレタス

本場イタリアのシーザーサラダに使われているレタスと同じ品種。パリッとした食感で、かすかな苦味が美味しい。葉に厚みがあるので、スープや炒め物など加熱調理にも向く。

別名:コスレタス

食べ方:シーザーサラダやバーニャカウダ。シンプルなスープに入れてもGood。

ロロロッサ(学名:Lactuca sativa)

ロロロッサ

葉先にかけて赤く染まるフリルレタス。彩りがよくボリューム感もあるので、サラダの彩りにおすすめ。ハンバーガーに挟んでもおいしい。

食べ方:他のレタスや野菜と合わせて彩り豊かなサラダに。オニオンスライスと合わせると、白と赤のコントラストが食欲をそそるサラダになる。

ロロビオンダ(学名:Lactuca sativa)

ロロビオンダ

チリチリした明るいグリーンの葉が特徴。サラダ、サンドイッチ、レタス巻きにすると可愛らしい。新芽はベビーリーフとしても人気。

食べ方:サラダ、サンドイッチ、レタス巻き。フライドチキンに添えると皿が華やぐ。

イタリアンレタスの育て方

日あたりがよく、風通しのよい肥沃な土地で、水やりと間引きに気を使えば比較的簡単に栽培できます。土が乾いたらたっぷり水を与えましょう。サラダに入れるとボリュームが出るので、1株で1〜2人分くらいの量が目安です。

クリスマスパーティーにおすすめの「ツリーサンドウィッチ」

ツリーサンドイッチ
Kolpakova Svetlana/Shutterstock.com

星形に抜いたパンの間にイタリアンレタスと生ハムをサンドしてピックで留めつければ「ツリーサンドウィッチ」が出来上がり。てっぺんには星型にカットしたチーズを乗せると可愛さアップ。

クリスマスのテーブルが華やぐ「リースサラダ」

リースサラダ
Kolpakova Svetlana/Shutterstock.com

クリスマスリースをイメージしてお皿の中央にドレッシングの器を置き、周辺にぐるりとイタリアンレタスを配置。色鮮やかなオーナメントを飾るようにオレンジやリンゴ、星形に抜いたビーツやチーズで飾りつければ「リースサラダ」の完成。

ビーツ(学名:Beta vulgaris ssp. vulgaris var. vulgaris)

ビーツ

ポリフェノール色素を持ち、果肉も鮮やかな赤紫色。茹でて食べられることが多いが、甘みがあるので生のまま薄切りにしてもおいしい。ビタミンC、ビタミンB群、葉酸、ミネラルなどを含み、栄養満点。カブのような根の部分だけでなく葉も食べられる。

別名:ビート、ウズマキダイコン、かえんさい(火焔菜)

食べ方:野菜スープ、ボルシチ、ホイル焼き、ピクルス、茹でて塩やバーニャカウダで。

鮮烈な赤色で食卓華やぐビーツのかんたん料理3品

ビーツ料理
Oksana Mizina、Elena Eryomenko、ozgur bakir/Shutterstock.com

左上/茹でたビーツとフェタチーズ、イタリアンパセリをミックスしたビーツサラダ。

左下/茹でたビーツと紫チコリ(トレビス)、ブラックオリーブにオレンジを散らしたサラダ。

右/ビーツの蒸し焼き。火を入れると甘みが増し、柔らかくなる。

アーティチョーク(学名:Cynara scolymus)

アーティチョーク

松ぼっくりを逆さまにしたような花のつぼみ部分を食用にする。苦み成分が肝臓を労わるとしてメディカルハーブとしても注目を集めている。ダイナミックな花が咲くので、収穫せずに楽しむのもおすすめ。葉を乾燥させたハーブティーは、ほろ苦いが、食べ過ぎた後やお酒を飲んだ後に飲むと効果的。

別名:チョウセンアザミ、カールドン

食べ方:素揚げしたり、あく抜きとしてレモン汁と塩を加えて茹でるのが一般的。ガクを外した、ホクホクの芯部分がそら豆のような風味でおいしい。塩コショウした後、オリーブオイル漬けにして、お酒のおつまみにも。

アーティチョークとアスパラガスのグリル

アーティチョークのグリル
Lyudmila Mikhailovskaya/Shutterstock.com

半分にしたアーティチョーク、アスパラガス、ニンニク、レモンをグリルで焼き、オリーブオイルと塩、胡椒を振ったら完成。フォトジェニックなイタリア野菜が、シンプルな調理でもオシャレに見せてくれます。もちろん味も抜群!

チコリ(学名:Cichorium intybus)

チコリ

清楚な青い花が咲くチコリ。苦みが少なく柔らかい若葉を生のまま食べることが多い。チコリの根を乾燥させたノンカフェインの「チコリコーヒー」も有名。日光を当てずに育てる「軟白栽培」をすると、淡い薄黄色の柔らかい葉になり、すっきりした味に育つ。

別名:アンディーブ、キクニガナ(菊苦菜)

食べ方:アボカドとサーモンをトッピングした「チコリボート」や、サクサクの食感を生かしてカナッペの土台にチコリを使うとおしゃれ。バターで焼いたり、チーズと合わせて焼いてもおいしい。

生、グリル、ソテー チコリのかんたん3レシピ

チコリレシピ
Monkey Business Images、hlphoto、Digivic/Shutterstock.com

左/軟白させたチコリと紫チコリを交互に並べて、ブルーチーズ、リンゴ、くるみを散らしたサラダ。ドレッシングはシンプルなビネグレットソースで。チコリのほろ苦さがアクセント。

中/肉や野菜の付け合わせとして、半分に切ったチコリをグリルして岩塩を振って。

右/バターでソテーしたチコリーにカリカリに焼いたベーコン、ブリーチーズをのせて。簡単ながら白ワインとぴったりのアペタイザー。

簡単! 蒸しビーツ&アーティチョーク、生チコリのパーティーレシピ

ビーツ、アーティチョークを蒸して、チコリは生のまま、バーニャカウダを添えるとパーティー気分が味わえます。マヨネーズだけでもおいしく食べられます。シリコンスチーマーに入れて、レンジでチンすれば簡単に蒸し野菜が完成。

おわりに

イタリア野菜
Rawpixel.com/Shutterstock.com

今回は、冬でも育てて楽しめるイタリアンレタスと、パーティーにもおすすめの華やかなイタリア野菜を紹介しました。今年の冬は、自分で育てた野菜でほっこりおいしいおうち時間を過ごしてみませんか。

ベジトラグ
かがまずにハーブの世話ができるベジトラグ

Credit

株式会社ポタジェガーデン

香りが自慢のハーブ苗を全国にお届けしています。

インスタグラム https://www.instagram.com/potagergarden_/

楽天市場店 https://www.rakuten.ne.jp/gold/potager/ 

Print Friendly, PDF & Email