春蘭(しゅんらん)は日本を代表する人気の野生ランの一つです。洋ランとしても人気のシンビジウムの仲間ですが、独特の清楚なたたずまいが魅力的で、日本だけでなく中国、韓国などでも人気のランです。また現在はそれらを東洋ランというカテゴリーでまとめ、世界から注目を集めるランとなっています。
この記事では春蘭の特徴と育て方について解説したいと思います。

Print Friendly, PDF & Email

春蘭とは

春蘭
goriyan/Shutterstock.com

春蘭はラン科シュンラン属の多年草。

学名をシンビジウム・ゴエリンギーCymbidium goeringiiといい、洋ランとして親しまれているシンビジウムの仲間です。

英語圏ではリバーストリームオーキッドRiverstream orchid=谷間のランと呼ばれる通り、山あいでひっそりと咲くランです。

日本と中国が原産地で、早春から初夏にかけての3〜5月に開花期を迎えます。

春蘭の特徴

髙尾山
goriyan/Shutterstock.com

春蘭は北海道から九州の山地に広く分布しています。里山の雑木林など、広葉樹の林床に自生していることが多いです。春の雪解けと共につぼみを膨らませ、野趣のある素朴で可憐な花と甘く、爽やかな香りがあります。ジジババ、ホクロなどの地域名があり、山菜として食したり、塩漬けにしてお茶にするなど、昔から人々の暮らしの中にある植物でした。

花の色が違ったり、葉に斑が入っていたりして通常の個体とは違う個体は珍重され、増やされてきました。現在でも古典園芸植物として人気があり、春になると多くの場所で品評会が開催されています。

春蘭の花言葉

春蘭
chasou_pics/Shutterstock.com

素朴な中にも気品を感じる美しさから「控えめな美」やうつむき加減で横向きに咲き、主張が少ないことから「飾らない心」、また林床部の薄暗い中でもしっかりと存在を漂わすことから「気品」という言葉が春蘭の花言葉になったようです。

春蘭の種類

春蘭
yoshi0511/Shutterstock.com

春蘭は基本的にシンビジウム・ゴエリンギーCymbidium goeringiiを指しますが、カンランを始めとする仲間は育て方も似ており、春蘭に近似のグループとして扱われます。

このグループに含まれるものにはいくつかの種類があります。代表的な種は以下になります。国内のシュンラン属は樹上着生のヘツカランを除き、ほかは土壌に根を張る地生ランです。また亜種や変種、シュンラン属同士の自然交雑種などもあります。

なかには根に共生した菌類から栄養をもらって成長する菌従属栄養植物(腐生植物)というカテゴリーに分類されるものもありますが、これは栽培に向きません。

○国内のシュンラン属

  • ホソバシュンラン
    Cymbidium goeringii var. angustatum
  • カンラン
    Cymbidium kanran
  • ナギノハヒメカンラン
    Cymbidium × nomachianum
  • スルガラン
    Cymbidium ensifolium
  • コラン
    Cymbidium koran
  • ヘツカラン
    C.dayanum Reichb. fil. var. austro‐japonicum
  • オオナギラン
    Cymbidium lancifolium
  • ナギラン
    Cymbidium lancifolium
  • アキザキナギラン
    Cymbidium javanicum var. aspidistrifolium
  • ホウサイラン
    Cymbidium sinense
  • マヤラン
    Cymbidium macrorhizon
  • サガミラン
    Cymbidium macrorhizon f. abberans
  • ハルカンラン
    Cymbidium × nishiuchianum

春蘭の育て方

春蘭
muhummhad siddik noppaka/Shutterstock.com

春蘭は日本に自生していることもあり、鉢栽培の場合は日当たりと通風、水やりに注意すれば難しいことはありません。ここでは春蘭の基本種についての育て方について解説します。

鉢植え

春蘭の鉢植え
yoshi0511/Shutterstock.com

春蘭は水はけと通気性をよくする必要があるので、素焼き鉢で鉢底穴の大きい、深めの鉢が適しています。「蘭鉢」と呼ばれる春蘭用の鉢なども販売されているので、そちらを利用してもよいでしょう。

また用土についても保水性と水はけのよさを重視し、粗めの軽石を主体とするか、赤玉土を混ぜた混合土にしましょう。こちらも東洋ラン専用の培養土が販売されているのでそれらの利用もおすすめです。

植え替え

春蘭の植え替え
shyshechka/Shutterstock.com

植え替えは4月から5月の花後がよいでしょう。鉢植えの場合は鉢を株から丁寧に外し、根に絡んだ土や枯れた根をきれいに取り去ります。またその際に傷ついた部分や株が込み入っている場合はバルブごと切り離しましょう。刃物を使う場合は刃先を火であぶるかアルコール消毒をするなどして、切り口から雑菌やウイルスの混入することを防ぎましょう。株分け後、植え付けるときは株元のバルブが表土から2cmほど埋まる程度にしてよく水やりし、鉢内のみじんを取り除きましょう。その後は風通しのよい、半日陰で様子を見ましょう。株や鉢の大きさにもよりますが概ね3年に1度は植え替えたほうが根詰まりなく健全に育てられます。

肥料

肥料
Ihor Matsiievskyi/Shutterstock.com

肥料は4月頃と9月頃に緩効性肥料を与えるようにしましょう。また新芽が成長し、翌年の花芽を形成する4~6月と、花芽充実期の9~11月には、液体肥料を2週間に1回程度与えるのがよいでしょう。緩効性肥料はできるだけ株から離して置くことで肥料焼けを予防できます。

水やり

水やり
Osetrik/Shutterstock.com

用土が乾いたらしっかりと鉢底から水が流れ出すまで与えます。その際は鉢の表面の用土だけが乾いているのではなく、鉢の内部の用土までしっかりと乾いていることを確認しましょう。春蘭は水の与えすぎにより根腐れしやすいので、乾いているときと水やり後の鉢の重さを把握しておき、水やりのタイミングの参考にしましょう。

また冬期は鉢内部の乾燥が緩やかになるので水やりは控えめに行います。暖かい日の午前中に表土が濡れる程度の水やりを行いましょう。

病害虫は?

春蘭
shyshechka/Shutterstock.com

注意すべきものとして病害虫があります。それにはどのようなものがあるのか、また対処法について解説したいと思います。

ウイルス病
A.Halff/Shutterstock.com

一番被害として挙げられるのはウイルス病です。その多くが株分け時などに使った刃物から感染するというものです。葉に斑点ができたり、かすり模様が出てきた場合はウイルス秒の可能性があります。一度ウイルスが混入してしまうと薬などでは対処できません。使う刃物の消毒をしっかりと行い、予防に努めましょう。

また高温多湿の時期は根腐病や軟腐病、低温多湿の環境であればカビ病にも注意が必要です。そのような時期は水やりに気をつけ、風通しのよい場所で管理し、定期的な薬剤散布で予防しましょう。

害虫

害虫
Catherine Eckert/Shutterstock.com

風通しの悪い場所などではハダニやナメクジが発生することがあります。また花芽形成時にアブラムシが付くこともあります。見つけ次第捕殺や薬剤散布を行うなどして対処しましょう。地植えをしている場合、野生動物による食害もあるため心配な場合は防護ネットを張るなどの対応をしましょう。

春蘭を育ててみよう

春蘭
lee boyoung/Shutterstock.com

春蘭は古典園芸植物として多くの品種があります。通常種を地植えにして素朴で可憐な花を愛で、春の訪れを感じるもよし、様々な品種をコレクションしたり、自分で交配してオリジナル品種を作出するもよし、春蘭の楽しみ方は多岐にわたります。この機会に美しい春蘭を育ててみましょう。

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email