夏の庭で主役を引き継ぐようにアジサイからバトンタッチして咲き始めるのは、牡丹臭木。別名カシミア・ブーケ、グローリー・フラワーとも呼ばれ、手毬のように豪華な花が目を引く夏の花木です。神奈川の自宅の庭で25年以上ガーデニングを楽しむベテランガーデナーの遠藤昭さんが「牡丹臭木」の特徴と栽培のコツを解説します。

Print Friendly, PDF & Email

なぜ人気にならない? 夏の庭木「牡丹臭木」

ボタンクサギ

毎年、梅雨明け頃、アジサイから次のステージを引き継ぐように、また、アジサイに決して見劣りせずに豪華に咲く花が「牡丹臭木(ボタンクサギ)」だ。お洒落に別名で呼ぶなら、カシミア・ブーケまたはグローリー・フラワーともいう。

私は、この花は素晴らしく美しい花で、将来、有望な品種だと感じてきた。しかし、一向に人気が出ないし、ガーデニングの世界でも話題にならず長年、残念に思ってきた。ニオイクサギとも呼ばれている。見た目は美しいのに、何とも可哀そうな名前だ。

確かに、葉を傷つけたり、伸びた株を引き抜くと臭い! こんなに美しいのに、天は二物を与えてはくださらないのだ。この花には、ほのかな素敵な香りがするのだが、どうも葉や茎の匂いに負けてしまう。

牡丹臭木のプロフィール

ボタンクサギ
Peter Turner Photography/Shutterstock.com

学名:Clerodendrum bungei
和名:牡丹臭木、ニオイクサギ
別名:ヒマラヤクサギ、ベニバナグサギ、メキシコ紫陽花
英名:Cashmere bouquet、Glory flower
科名 :クマツヅラ(シソ)科
属名:クサギ属
原産地:インド・中国南部
開花期:7~9月
樹高:70~200cm

原産地は中国南部で、ヒマラヤ・インド・台湾などの海抜1,000~2,000mの高地に原生していたものがメキシコでも帰化植物となり、メキシコ紫陽花という名前もある。日本国内でも九州では帰化植物として一部、野生化しているようだ。

ボタンクサギのつぼみ

粒々のつぼみを次第に膨らませて、6月の末に咲き始める。

ボタンクサギ
11月にまだつぼみも見えている庭での開花の様子。

花期に関しては、神奈川の我が家では11月頃まで咲き続けることもある。

他国での呼び名に救いを求めて別名を調べる

ボタンクサギの花
アップで見れば見るほど可愛い花だ。

牡丹臭木は、20年位前から我が家に植わっていて、咲くたびにその美しさに感動し、幾度か「他の呼び方はないものか?」と、海外のサイトを含め検索をしたことがあった。

まず、Clerodendrum bungeiの学名からヒットしたのが英名「カシミア・ブーケ(Cashmere bouquet)」だ。おお美しい! お洒落なお名前。救われる思いだった。

ボタンクサギの花
カシミア・ブーケと呼ぶと、この一つひとつの小さな花もソフトで優しく、花嫁が持つ素敵なブーケのように見えてくる。Nick Pecker/Shutterstock.com

そして、世界で最も信頼ある園芸サイトの一つであるRHS(The Royal Horticultural Society・英国王立園芸協会)のサイトで、Clerodendrum bungeiの俗名が「glory flower」であることを見つけた。なんだか嬉しい。

Glory flowerというとMorning glory=アサガオも指してしまうようだが、ニオイクサギが「栄光の花」とは、汚名を返上する事ができたようで嬉しい。

ヤエザキクサギ
同じクマツヅラ科のヤエザキクサギ。ajisai13/Shutterstock.com

Clerodendrum bungeiの他に、同じクマツヅラ科のClerodendrum philippinum(ヤエザキクサギ)もCashmere bouquetと呼ばれており、Cashmere Bouquet Mild Beauty Bar Soapという固形石鹸まで売られているのだ。

ニオイクサギと呼ぶには可哀そうな、この可憐な花を「カシミア・ブーケ」と呼ぼうではないか。

ボタンクサギの育て方とコツ

ボタンクサギ

最近、NHKニュースでボタンクサギが綺麗な滋賀県のお寺「湖南三山 長壽寺」が紹介されていた。テレビで「ボタンクサギ」を見るのは初めてである。「おお、いよいよボタンクサギもテレビで紹介されるようになったか!」と嬉しかったのだが、もう一声、「別名、カシミア・ブーケとも呼ばれています」と付け加えてほしかった。

ボタンクサギの花

こんなに美しい花なのに、あまり人気がないのは、やはり葉をむしると独特な匂いがするのと、地下茎でとんでもないところまで伸びて暴れるからだろうか。地下茎は、周りに根止めフェンスを施しておけば暴れるのを防ぐのに効果があるだろう。

しかし、暴れるという事は、丈夫で元気な証拠。比較的、放置状態も育つ。そして、よく観察すると咲きかけの花から咲き終わりの花への変化が面白い。

ボタンクサギ
Peter Turner Photography/Shutterstock.com

【植え付け場所】

アジサイと同じ環境で育つといわれているので、ある程度の日照があったほうが花付きはよくなるが、西日は苦手。

原産地がインド・中国南部の高地の亜熱帯植物で、耐寒温度は-5℃程度と比較的寒さには耐え、どちらかというと暖かい地域に適した植物のため、関東以西では露地植えも可能だ。関東以北では鉢植えにして冬は屋内で管理する。

なお、繰り返しになるが、地植えの場合、地下茎が思わぬところまで伸びるので、根止めフェンスで囲っておくのを忘れずに。

ボタンクサギの芽
我が家では、2~3m離れた思わぬところから芽が出た。

【水やり・施肥など】

地植えは根が安定した後の水やりは不要。鉢植えは土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えよう。

施肥は、春~夏の成長期に緩効性肥料を株元に施すとよい。

病害虫は特になく、肥沃な土壌を好む。

【増やし方】

株分け、または挿し木で増やすことができる。株分けは3月中旬~下旬、挿し木は6~7月が適期。

ボタンクサギ
花つきがとてもよいボタンクサギ‘ピンク・ダイヤモンド’。写真協力/おぎはら植物園

最近は、斑入りの品種で‘ピンク・ダイヤモンド’(Clerodendrum bungei ‘Pink Diamond’)なども出回り、ますますお洒落な姿にうっとり。

ボタンクサギ
写真協力/おぎはら植物園

苗の取り扱いのある「おぎはら植物園」によると、ボタンクサギは色合いが綺麗で、強健でよい植物なので、人気商品になっているのだそう。

欠点は、ひこばえで増えすぎたり、ひこばえでは斑が消えることもあるそうで、極寒冷地では露地で越冬できないので注意しましょうとのことだった。

カシミア・ブーケ

カシミア・ブーケの存在、ご存じだっただろうか? ブーケに加えても見応えのあるひと束になる。お洒落な庭木として一緒に広めていきましょう!

Credit


写真&文/遠藤 昭
「あざみ野ガーデンプランニング」ガーデンプロデューサー。
30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了される。帰国後は、神奈川県の自宅でオーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストの受賞歴多数。川崎市緑化センター緑化相談員を8年務める。コンテナガーデン、多肉植物、バラ栽培などの講習会も実施し、園芸文化の普及啓蒙活動をライフワークとする。趣味はバイオリン・ビオラ・ピアノ。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)、『はじめてのオージープランツ図鑑』(青春出版)。
ブログ「Alex’s Garden Party」http://blog.livedoor.jp/alexgarden/

Print Friendly, PDF & Email