ぷくぷくと膨らむ葉や彩りも幅広く、かわいらしい見た目が魅力的な多肉植物の一つ、セダム。園芸店でもたくさんの寄せ植えが並んでおり、他の植物にはない魅力があるので、栽培に興味がある方も多いのではないでしょうか。この記事では、セダムの栽培について詳しくご紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

セダムの特徴!丈夫で種類が豊富

セダム

「セダム(sedum)」という名前はラテン語の「sedre(座る、という意味)」に由来します。これはセダムが岩石や壁に着生することにちなんでつけられたともいわれています。

このように、セダムは山地や海岸地などの岩上のわずかな土に根を張って生育する植物です。花壇苗としても流通している、非常にポピュラーな春秋生育型の多肉植物で、日本には30種類以上があるといわれています。

セダムの楽しみ方

セダム

セダム類は乾燥に強く、繁殖力が強い植物で、グラウンドカバーに向いている植物です。

ごく少ない土壌で生育でき、軽量で風に強い緑化ができるため、屋上緑化にも適しています。

そのほかにも石垣の間に植えたり、ロックガーデンや寄せ植えにも最適です。小ぶりなセダムはリースにアレンジすることもできます。その際は適切な大きさにカットして日陰でしっかりと乾燥させること、性質や育て方が異なる植物と一緒にしないことが必要ですので注意しましょう。

セダムの種類

セダム

色々な種類があるセダムですが、ここで代表的なものをご紹介します。

虹の玉

セダム虹の玉

虹の玉は丸い葉がかわいらしい、中米原産の品種です。秋になり気温が低くなると全体的に葉の色が赤くなり紅葉も楽しめます。開花の時期は春で、繊細な黄色の花が咲きます。

ゴールデンカーペット

セダムゴールデンカーペット

セダム ‘ゴールデンカーペット’ は成長のスピードが早く、暑さや寒さにも強いため、多肉植物初心者でも育てやすい品種です。

高さがなく、横に広がって増えていくタイプなので、庭でグラウンドカバーとして使うのにも適しています。

秋になると葉の色が赤く色づく紅葉も楽しめます。この品種は葉挿しには向かないので増やす時は注意が必要です。

ミセバヤ

ミセバヤ

ミセバヤは日本原産の品種で、茎が伸びて高さが出るタイプのセダムです。

2年目以降の株は葉の縁がピンク色になるかわいらしい様子を見せてくれます。

冬は地上部は枯れてしまいます。

挿し芽で増やすことができるセダムのなかでは、やや上級者向けの種類といえます。

セダムのライフサイクル

セダム

セダムの開花時期は品種によりさまざまですが、およそ2~10月となっています。

植え付けや植え替えに適している時期は3~4月の春頃か、9~10月の秋頃です。

真冬の寒い時期は活動が鈍りますが、春から晩秋まではよく育ち、夏には暑さで生育が緩やかになるというライフサイクルです。

セダムを育てる準備

セダムの鉢植え

色々な種類があり、可愛らしいセダムですが、育てるためにはどのような準備が必要なのでしょうか。ここからはセダムの栽培のための準備について詳しくご紹介します。

栽培環境

セダム

セダムは日本では春秋生育型として栽培するのが基本です。

全ての落葉種と一部の常緑種は耐寒性が強いため、強い霜に当たっても傷むことはありません。

一方で、高温多湿には弱いので、梅雨から夏にかけては雨に当たらない風通しがよい場所だと傷みにくいでしょう。

秋になったら戸外の日当たりのよい場所に移動させましょう。庭などに地植えする場合は水はけのよい場所に植え、夏場に雨が当たらずに半日陰になる場所が理想的な環境です。

植え付け・植え替え

セダムの植え替え

セダムの植え替えは1~2年に1回程度行います。

鉢植えの場合は、底に穴が開いているものであればどんな容器に植え付けても構いません。

根が落ち着くまでの4日~1週間程度は水やりを行わずに日陰において休ませ、根が定着したら日当たりのよい所で管理します。

地植えの場合は過湿を嫌うため水はけのよい用土を準備します。植え付ける場所を決めたら10cm程度の深さに庭土を掘り起こし、苗の根をほぐしながら植え付けます。根が落ち着くまでの4日~1週間のうちは水やりを控えるようにします。

セダムの育て方

セダム

セダムを育てるにはどのようにすればよいのでしょうか。ここからはセダムの育て方について詳しくご紹介します。

温度・湿度

セダム

セダムは0~25℃が育成に適切な温度です。

高温多湿が苦手な植物ですので、夏の暑さには注意が必要です。

また、冬の寒さには耐えられる品種が多いですが、霜や雪にあたって株が凍ると弱ってしまいますので、冬の寒冷地域では室内に入れて管理したほうがよいでしょう。

水やり・肥料

セダム

セダムは多肉植物ですので葉に水をため込む性質があります。過湿の環境が苦手な植物ですので、水やりは鉢植えの場合は3~6月と9~11月の生育期に、2~3日に1回ほどの頻度で土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにします。冬は生育が衰えるため、月に1~4回霧吹きで水を与える程度にします。梅雨~夏の多湿の時期も水やりの回数を減らします。庭植えの場合は自然の雨のみで十分なので基本的に水やりの必要はありません。

剪定

剪定

セダムの剪定は3月または9月ごろに行います。剪定は新芽の生育を促すことにつながる大切な作業ですので、1年に1回行います。グラウンドカバーによく使われる、こんもりと広がるタイプのセダムは蒸れやすいので、枝が込み合っている場合はすいたり、半分くらいの高さでカットして風通しをよくします。

セダムの病害虫

セダム

湿気が苦手なセダムは乾燥気味にして育てるため、害虫を洗い流せなくなります。ここではセダムにつきやすい害虫とその対策をご紹介します。

【カイガラムシ】

貝殻のような形のものが葉の部分につきます。排泄物がウイルスを媒介したり、スス病という病気を媒介することもあります。葉に白い粉のようなものがついているように見える時は、消毒用アルコールをピンセットや楊枝につけてかきだすように除去しましょう。

【ネジラミ】

土の中につくため他の害虫に比べて被害が分かりにくく対策が難しい害虫です。葉が枯れていたり成長していないように感じたら、一度鉢から取り出して清潔な土に植え替えをします。

【ハダニ】

葉につく害虫で、被害にあった部分が白や黄色に変色します。

セダムの増やし方

セダムの葉挿し

セダムは形状にあわせて「挿し芽」、「葉挿し」、「株分け」といったさまざまな方法で増やすことができます。セダムを増やす時期は植え替えと同じ時期が最適です。

挿し芽は、一番増やしやすい方法です。カットした茎の切り口を乾燥させて、根が出てきたら新しい土に植え付けます。

株分けは、大きく成長した株で行う方法です。親株の根から土を取り除いて小分けにし、根の部分を乾燥させて行います。

葉挿しは、落ちたり取れたりした葉で行います。取れた葉は色がきれいなものであれば葉挿しに使えます。清潔な土の上に葉を置き、軽く土をかけて根が出るまで半日陰の場所に置きます。

個性的で丈夫なセダムを育ててみよう!

セダム

この記事では、セダムの基本的な情報から詳しい育て方までをご紹介しました。さまざまな見た目が揃ってその変化が可愛らしく、楽しみ方も幅広いセダム。ぜひこれを機に育ててみてはいかがでしょうか?

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Photo/ 1) Gerry Bishop 2) Kimberly Boyles 3) Hana Kolarova 4) MillaF 5) saranya33 6) panattar 7) Nahhana 8) Viktoriya Krayn 9) stock_studio 10) gubate 11) sasiko kaan 12) Julia Karo 13) Zawinul 14) helshik 15) Vovantarakan 16) patchii 17) Luoxi 18) asharkyu /Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email