ヤマボウシという雑木をご存知でしょうか。初夏にまるで雪をかぶったように白い花が株全体に咲き誇る姿は、大変ダイナミックでシンボルツリーとしての魅力を発揮します。秋には果実を収穫することもできますよ! この記事では、庭木として人気の高いヤマボウシの魅力や特性、利用の仕方、育て方などについて、詳しくご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

ヤマボウシとは

ヤマボウシの花
Peter Turner Photography/Shutterstock.com

ヤマボウシは、ミズキ科サンシュユ属(ヤマボウシ属)の落葉高木で、原産地は日本、朝鮮半島、中国。日本では沖縄、九州、本州の山地に自生しており、環境に馴染みやすく初心者でも育てやすい樹木です。江戸時代には欧米に渡り、美しい花木として人気を博しています。

花色には白、うっすらとグリーンを帯びた白、ピンクなどがあります。花色と書きましたが、花に見える部分は苞で、葉が変化したものです。苞はもちがよいので、観賞期間も長いのが長所といえます。花は苞の中央にあるグリーンの球状のものです。

名前の由来

ヤマボウシの花
islavicek/Shutterstock.com

ヤマボウシの名前は、苞の中央に集まるグリーン色をした球体の花が坊主頭に見え、4弁の白い方をまとっていることから、比叡山延暦寺僧兵である白い頭巾をかぶった山法師をイメージして名付けられたとされています。

ヤマボウシの学名は、Cornus kousa。属名の「Cornus」は、ラテン語で「つの」という意味で、材質が堅いことからこの名前がついたようです。

英語では「Kousa dogwood」「Japanese dogwood」と呼ばれています。これは樹皮を煮た汁を犬の皮膚病治療に使うことからとされていますが、諸説あるようです。

開花時期、見ごろは?

ヤマボウシの花
Iva Vagnerova/Shutterstock.com

ヤマボウシの開花時期は、5〜6月です。春に開花する花木が一通り咲き終えた頃の端境期に爛漫に咲くので、ひときわ目立つ存在となります。花茎を伸ばした頂部に、白い4弁の苞がつき、その中央にボール状の淡いグリーンの花が咲きます。

ちなみに、ヤマボウシのライフサイクルは、以下の通りです。3月頃から新芽を出し、葉をたくさん茂らせます。5〜6月に開花し、9月頃には赤い実が熟し、収穫することができます。11月頃に紅葉を楽しんだ後は、すべての葉を落として休眠。新緑、開花、結実、紅葉と、一年を通して表情を変え、四季の移ろいを伝えてくれる樹木です。

ヤマボウシの花言葉

ヤマボウシの花言葉
MirSiwy/Shutterstock.com

ヤマボウシの花言葉は、「友情」です。端境期にたっぷりと開花して存在感をアピールする樹木として人気が高く、花言葉に気持ちを託してプレゼントに利用されることもあるようです。

ヤマボウシの品種

ヤマボウシの品種
Ken Schulze/Shutterstock.com

ヤマボウシは、人気の樹木だけにさまざまな園芸品種が生まれています。従来種に比べて大変花つきがよく、木全体を覆い尽くすように咲く‘ミルキーウェイ’、濃いピンク色が目を引く‘ミスサトミ’、葉に白い斑が入ってカラーリーフとして利用できる‘ウルフアイ’がおすすめです。

また、常緑のヤマボウシも出回っており、大変花つきのよい‘月光’、黄色味が強く大輪の‘金陽’、白い花弁の縁にほんのりとピンク色がさす‘レッドムーン’などがあります。

ハナミズキとの見分け方

ハナミズキとヤマボウシ
左が丸みのある苞を持つハナミズキで、右がやや先端が尖る苞を持つヤマボウシ。Leene(左), tamu1500(右)/Shutterstock.com

ヤマボウシは、ハナミズキと外見がそっくり。それもそのはず、ハナミズキは和名を「アメリカハナボウシ」といいます。ヤマボウシは日本原産で、ハナミズキはアメリカ産の外来種です。ヤマボウシは苞の先端が少し尖っているのに対し、ハナミズキは全体に丸みを帯びた苞の姿をしているので、じっくりと苞を見比べるとその違いが見えてきます。開花期も異なり、ヤマボウシは6〜7月で、4月中旬〜5月中旬に咲くハナミズキよりも遅く開花するので、花が咲く時期によって見分けることもできます。

ヤマボウシは食べられる?

秋に実をつけるヤマボウシ。じつはこの果実は食べられることを知っていますか? ここでは、ヤマボウシの果実についてスポットを当ててご紹介します。

実が食べられる!

ヤマボウシの実
nnattalli/Shutterstock.com

ヤマボウシは、5〜6月頃に開花した後、9月頃に小さな果実をつけます。表面は赤またはオレンジ色で、十分に熟したら食べることができますよ!

ヤマボウシの利用の仕方はさまざま。生で食べることができ、乾燥させてドライフルーツとして楽しんでもOK。また、ジャムや果実酒に加工しても美味しくいただけます。果肉にはたくさんの種が入っていますが、香りがよく甘みがあり、マンゴーやバナナのような風味が特徴的です。ヤマボウシの実には、ビタミンやカロチン、アントシアニンなどが含まれ、疲労回復の効果があるとされています。

ジャムの作り方

ヤマボウシの実
JanoJano/Shutterstock.com

熟したヤマボウシをよく洗い、ヘタと硬い皮の部分を取り除き、ボウルに入れます。果肉を軽くつぶして砂糖を入れながら混ぜ合わせ、1時間ほど寝かせましょう。鍋にすべて入れて中火にかけ、沸騰したらザルなどで果肉をこす作業を繰り返します。こし終えたら、木ベラで混ぜながら焦げないように火にかけて水分を飛ばし、とろみが出てきたらレモンを加えて完成。冷えたら煮沸消毒しておいた瓶に入れて保存します。

ヤマボウシの実は意外に甘いので、砂糖は少しずつ入れて味見をしながら調整していくとよいでしょう。

果実酒の作り方

ヤマボウシの実
Peter Titmuss/Shutterstock.com

収穫したヤマボウシをよく水洗いし、ヘタと皮の硬い部分を取り除きましょう。キッチンペーパーなどで水気を拭き取り、煮沸消毒しておいた保存瓶に実を入れて実の3倍の量のホワイトリカーを入れます。ホワイトリカー1ℓに対し氷砂糖100g、レモン1/4個を目安に、作る量に合わせて氷砂糖とレモンを加え、しっかりふたをして寝かせましょう。2〜3カ月後に果肉を取り出し、さらに半年以上寝かせたら飲み頃です。

庭木として人気!

ヤマボウシの木
High Mountain/Shutterstock.com

新緑、開花、結実、紅葉と、季節が巡るごとに表情を変えていく落葉樹で、季節感を強く感じられる樹木として人気が高いヤマボウシ。軽やかな葉をつける野趣感漂う雑木ながら、開花期には木全体を覆うように開花し、大変華やかな姿を見せてくれるので、シンボルツリーにもおすすめです。成長スピードはやや遅めで、樹形も自然に整います。地植えではほとんど水やりの手間がいらず、病害虫にも強いため、初心者でもメンテナンスしやすい樹木です。

ヤマボウシの育て方

ここまで、ヤマボウシのプロフィールや魅力、利用の仕方などについて、ご紹介してきました。では、ここからはガーデニングの実用編として、詳しい育て方について解説していきます。ぜひ栽培の参考にしてください。

植え付け

植え付け
SujaImages/Shutterstock.com

ヤマボウシの植え付け適期は、落葉したのちの休眠期にあたる、12〜3月です。

【庭植え】

日当たりと風通しがよく、西日が照りつけない場所を選びます。また、水はけ、水もちがよく腐植質に富んだ肥沃な土壌を好みます。

植え付けの2〜3週間前に直径、深さともに50㎝程度の穴を掘りましょう。掘り上げた土に腐葉土や堆肥、緩効性肥料などをよく混ぜ込んで、再び植え穴に戻しておきます。粘土質や砂質、水はけの悪い土壌であれば、腐葉土や堆肥を多めに入れるとよいでしょう。土に肥料などを混ぜ込んだ後にしばらく時間をおくことで、分解が進んで土が熟成し、植え付け後の根張りがよくなります。

土づくりをしておいた場所に、苗の根鉢よりも一回り大きな穴を掘って植え付けます。しっかりと根づくまでは、支柱を立てて誘引し、倒伏を防ぐとよいでしょう。最後にたっぷりと水を与えます。

【鉢植え】

樹木用にブレンドされた、培養土を利用すると手軽です。赤玉土(小粒)7、腐葉土3の割合でよく混ぜ、配合土をつくってもよいでしょう。

鉢で栽培する場合は、8〜10号鉢を準備します。用意した鉢の底穴に鉢底ネットを敷き、軽石を1〜2段分入れてから樹木用の培養土を半分くらいまで入れましょう。苗木をポットから取り出して鉢に仮置きし、高さを決めます。水やりの際にすぐ水があふれ出すことのないように、土の量は鉢縁から2〜3cmほど下の高さまでを目安にし、ウォータースペースを取るとよいでしょう。土が鉢内までしっかり行き渡るように、割りばしなどでつつきながら培養土を足していきます。しっかりと根づくまでは、支柱を立てて誘引しておくとよいでしょう。最後に、鉢底から水が流れ出すまで、十分に水を与えます。一年を通して日当たり、風通しのよい場所に置いて管理しましょう。

鉢植えで楽しむ場合は、成長とともに根詰まりしてくるので、2〜3年に1度は植え替えることが大切です。

水やり

水やり
Vladimir Gjorgiev/Shutterstock.com

【庭植え】

植え付け後にしっかり根づいて茎葉をぐんぐん伸ばすようになるまでは、乾いたら水やりをしましょう。根づいた後は、地植えの場合は下から水が上がってくるので、ほとんど不要です。ただし、真夏に晴天が続いて乾燥が続く場合は水やりをして補いましょう。真夏は昼間に水やりすると水の温度が上がってすぐお湯になってしまうので、朝か夕の涼しい時間帯に与えることが大切です。

【鉢植え】

日頃から水やりを忘れずに管理します。土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出すまで、たっぷりと与えましょう。茎葉がややだらんと下がっていたら、水を欲しがっているサインです。植物が発するメッセージを逃さずに、きちんとキャッチしてあげることが、枯らさないポイント。特に真夏は高温によって乾燥しやすくなるため、朝夕2回の水やりを欠かさないように注意します。真夏は気温が上がっている昼間に水やりすると、水がすぐにぬるま湯になって株が弱ってしまうので、朝夕の涼しい時間帯に行うことが大切です。冬は休眠し、表土も乾きにくくなるので控えめに与えるとよいでしょう。与える際は、気温が十分に上がった日中に行います。

肥料

肥料
Vaakim/Shutterstock.com

庭植え、鉢植えともに2〜3月頃に緩効性化成肥料を与え、土によくなじませましょう。生育期を迎える前に肥料を与えることで、新芽を出すエネルギーとなり旺盛に枝葉を広げることにつながります。

注意する病気や害虫

カミキリムシ
feathercollector/Shutterstock.com
  • 病気

ヤマボウシがかかりやすい病気は、うどんこ病、すす病です。

うどんこ病は、発生すると葉の表面に白い粉が吹いたようなカビが見られます。光合成を阻害されたり、葉から養分を吸収されたりして、生育が悪くなります。放任してひどくなると枯れてしまうこともあるので注意。木の勢いがなくなり、見た目としても不愉快になってしまうので、兆候が見られたら早期に殺菌剤などを散布して対処しましょう。梅雨の時期に発生しやすい傾向にあるので、水もち、水はけのよい土壌作りと、適切な水やりの管理が回避のカギです。窒素成分の多い肥料を与えすぎるのも、発症のきっかけになります。

すす病は、カビの一種が原因となる病気で、植物に黒い粉が吹いてすすがついたような状態になるのが特徴です。樹勢が衰えるうえに見た目にも悪いので、発見次第適用する薬剤を散布して防除しましょう。

  • 害虫

ヤマボウシにはほとんど害虫の被害は出ませんが、テッポウムシが現れることがあります。テッポウムシは、ゴマダラカミキリの幼虫のことです。成虫が幹などに産卵し、木の内部に入って食害します。幼虫は1〜2年にわたって木の内部を食害し、木は徐々に樹勢が弱り、枯死することも。木の周囲にオガクズが落ちていたら、内部にテッポウムシがいることが疑われます。発見次第、侵入したと見られる穴に薬剤を注入して駆除しましょう。

剪定

剪定
mihalec/Shutterstock.com

ヤマボウシの剪定適期は、休眠中の12〜2月です。

開花のための花芽ができる期間は7月下旬〜8月です。ヤマボウシは5〜6月に開花すること考えると、開花期と花芽分化期が大変近いといえます。そのため、花後に剪定すると花芽分化に影響することがあるので、避けた方が無難です。剪定適期の12〜2月には、尖った葉芽とふっくらと丸い花芽の見分けがつきやすいので、この時期に形を整える程度の剪定を行います。

地際から立ち上がっている「ひこばえ」は元から切り取りましょう。木の内側に向かって伸びている「逆さ枝」、垂直に立ち上がっている「立ち枝」、勢いよく伸びすぎている「徒長枝」も元から切り取ります。1カ所から3本以上の枝が出ることが多いので、間引いて枝を透かすとよいでしょう。

育てる時のポイント

ヤマボウシの木
ingehogenbijl/Shutterstock.com

ヤマボウシは、5〜10mほどにまで成長する樹木です。樹高を抑える剪定によってコンパクトにまとめることはもちろん可能ですが、シンボルツリーとしてたっぷりと枝葉を茂らせることで、その魅力を発揮できます。シンボルツリーとして大きく育てたい場合は、植える際に余裕のある広さの場所を選びましょう。日当たりが悪くなってほかの植物が育たない、軒や車庫に枝葉がぶつかって邪魔になってしまう、など後々のトラブルを避けるようにします。

ヤマボウシは、種まきして育てることも可能ですが、発芽率が低く、花を咲かせるまでには7〜8年育成する必要があります。そのため、苗木の購入からスタートするのが一般的です。

また、ヤマボウシは比較的乾燥を好む性質を持っています。水やりをしすぎると根腐れしてしまうこともあるので注意。適切な水分管理をして、健やかに育てましょう。

自分で育ててみよう!

ヤマボウシ
Photology1971/Shutterstock.com

この記事では、ヤマボウシの魅力や特性、育て方について詳しく解説してきましたが、少しでも身近に感じていただくことに、役立つことができたでしょうか。ヤマボウシは新緑・開花・結実・紅葉と姿を変えていき、庭にあると季節が巡るのを強く感じることのできる樹木です。ぜひシンボルツリーとして庭に植えてはいかがでしょうか。

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

(参考文献)
上条祐一郎『切るナビ! 庭木の剪定がわかる本』NHK出版 (2017年第17刷)

Print Friendly, PDF & Email