切り花でも個性的なフォルムで、インパクトがある花束に使われることが多いプロテアやピンクッション、リューカデンドロン。オージープランツ(オーストラリア原産の植物)と勘違いされていることが多いこれらが、じつは違う国の植物なのはご存じでしょうか。神奈川県の自宅の庭で25年間、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主、遠藤昭さんが、日本ではまだ広く知られていない南アフリカの植物を紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

オーストラリアでも勘違いされている南アフリカの植物とは

南アフリカは草花の宝庫として知られ、たくさんの草花が日本にも入ってきている。その中のいくつかの植物は、オージープランツに非常に似ていて、実際オーストラリアでもたくさん見かけたし、オーストラリア人でもオーストラリア原産だと思い込んでいる植物が多いんだなぁと感じていた。そんな植物には、最近人気のプロテアやピンクション、リューカデンドロンなどがあげられるが、これらはバンクシアなどと同じヤマモガシ科の植物。そして、育て方も共通している。

南アフリカの花
Ramann/Shutterstock.com

元々、アフリカ大陸とオーストラリア大陸は繋がっていて、2億年前に分裂したとされている。気候も南アフリカとオーストラリアの一部地域は地中海式気候で共通しているので、オーストラリアでは、プロテア、ピンクッション、リューカデンドロンの切り花の生産地にもなっており、日本にも輸出されている。

今回は、そんな3つの植物を紹介しようと思う。

大きな花が印象的な「プロテア」

プロテア

僕が初めて、オーストラリアでキングプロテアの花を見た時は、その存在感に圧倒された。直径が20cmもあり、美しさと共に、力強さをも感じさせてくれる特異なオーラを発する姿に、花というより芸術品に出合ったような感動を受けた。

プロテアの名は、ギリシャ神話のプロテウスに由来するという。自分の意志でその姿を自由自在に変えられる海神プロテウスだ。神レベルの立派な豪華さに荘厳を持ち合わせた花なのだ。

プロテア

プロテアは南アフリカ共和国の国花に指定されている。切り花での流通が多いが、最近は鉢植えの苗を時々見かける。

僕自身、実生や鉢植えで幾度か栽培に挑戦したが、随分と失敗もした。

正直、育てるのは、かなり難易度の高い植物だと思う。冬の寒さと共に、日本の梅雨時の蒸し暑さと過肥が苦手な植物だ。のちほど育て方にも触れようと思う。

プロテアというと、どうしてもキングプロテアを連想するが、最近は、もう少し小ぶりな園芸品種も出回っている。

プロテア‘ジュリエット’
プロテア‘ジュリエット’
プロテア‘ピンク・アイス’
プロテア‘ピンク・アイス’

一つはプロテア‘ジュリエット’(Protea ‘Juliet’/Protea magnifica x pudens)で、もう一品種は、プロテア‘ピンク・アイス’(Protea ’Pink ice‘/Protea neriifolia x susannae)だ。

どちらも、プロテアの中では比較的日本で育てやすく、丈夫で水やりも少なくローメンテナンスだ。このローズピンクの花は、生花にもドライフラワーにも使用できる。

針山のような花「ピンクッション」

ピンクッション

さて、次に紹介するのは、ピンクッションだ。正式には、レウコスパルマン(Leucospermum)。

針山のような形をしているので、ピンクッションと呼ばれる。南アフリカ原産の樹木だが、多くの原種は極めて限られた地域に生育し、絶滅の危機に瀕しているといわれるが、この常緑で華やかな大きな花木は、園芸品種として世界各地で栽培され、切り花用としても人気だ。樹高最大1.5m程度の直立した常緑低木だ。

ピンクッション
常緑低木のピンクッション。
ピンクッション

花は球形で、直径10〜12cm。色は黄色、オレンジ色、または紅色などがある。

このピンクッションも、オーストラリアやニュージーランドでもよく見かけた。

ピンクッション
クライスト・チャーチにて。

新品種の流通がスタートしている「リューカデンドロン」

リューカデンドロン
Dorothy Chiron/Shutterstock.com

3つ目は、リューカデンドロンだ。この植物も、よくオージープランツに間違えられる。オーストラリアで生産されている切り花が日本に入ってきているせいかも知れない。

リューカデンドロンの魅力は、さまざまな葉の色合いだ。特に最近、世界各国の育種家により、じつにさまざまな園芸品種が作出・流通し始めていて、これから益々人気が出ること間違いなしの植物だ。

リューカデンドロン
Tom Meaker/Shutterstock.com

リューカデンドロン‘サファリ・サンセット’(Leucadendron ”Safari Sunset’)は秋から春にかけて、華やかなバーガンディの花を咲かせ、特にフラワーアレンジメントに人気だ。しっかりした株立ちの性質を持ち、庭のさまざまな用途に適している。品種によって花期が異なるが、この品種は、花後の春に剪定をして樹形を整える。

リューカデンドロン‘サマー・サンセット

リューカデンドロン‘サマー・サンセット(Leucadendron ‘Summer Sunset’)は、初夏にクリームイエローの花を咲かせる。

用土は、水はけのよい弱酸性を選ぶ。乾燥には強いが、植えて根付くまでの1年目は、土が乾いて水切れを起こさないようにこまめに水やりが必要だ。

リューカデンドロン‘イエロー・デビル’
リューカデンドロン‘イエロー・デビル’
リューカデンドロン‘デビル・ブッシュ’
リューカデンドロン‘デビル・ブッシュ’

上写真の2枚は、地際から最大2mまで数本の茎を出す常緑の雌雄異株の低木だ。花期が長く、初冬から春まで咲く。花の周りをカラフルな葉と苞葉が囲み、魅力的な庭木だ。

丈夫な根株を持つ株立ちの低木で、山火事の後でも新芽が出る。樹高は75cm~2 mになる。温暖な気候から雪や霜の降りる山岳地帯までさまざまな環境下で育つ。グリーンイエローから、鮮やかなオレンジや赤の葉や苞葉などさまざまなバリエーションがある。

近年の多くの新品種や交雑種は、南アフリカやニュージーランド、オーストラリア、そして、ヤマモガシ科を育てている国々の育苗家の手により、さまざまな葉色や花の時期が異なる品種が作出されている。

また、南アフリカの最南端に近いポートエリザベス近くの海岸から標高2,000mの地域でも栽培されている。強剪定に強いので切り花として生産者には魅力的な植物だ。

通常、リューカデンドロンの園芸品種は挿し木で増やす。挿し木の方法は、その年に成長したしっかりした茎から6〜10cmを切り出し、ホルモン液に4秒漬け、25℃に保たれたミスト室で管理する。その成長は早く、1年後には移植できるほどにまでなる。

プロテア、ピンクッション、リューカデンドロン育て方ポイント

プロテア、ピンクッション、リューカデンドロン

プロテア、ピンクッション、リューカデンドロンの育て方は、オーストラリア原産のグレビレアバンクシアと同じ。カモモガシ科の植物ということからも、育て方も共通しているのだ。

育て方で最も特徴的なのは、肥料だ。バンクシアやグレビレア同様に、リン酸成分に対してセンシティブだ。その理由は、もともとリン酸分の少ない土地で育ったためだ。これらの植物は、「プロテロイド・ルーツ(proteoid-roots)」と呼ばれる、毛細状の根が発達し、微量のリン酸分でも生存できる根のシステムを持つ。従って、リン酸分の多い化成肥料や液肥を与えると根を傷めてしまい、枯らすことになる。

ちなみに、パースのオージープランツ専門のナーサリーで配布していたチラシには、「外来種(つまり豪州以外の原生の植物)と原生種(豪州の植物)を花壇で混ぜて植栽する時の注意点として、肥料の与え方があり、Lechenaultia(初恋草),Boronia(ボロニア),Banksia(バンクシア)等はリンに抵抗力がないので、化成肥料は避け、油かすや堆肥等自然の緩行性の肥料を与えるように」と書かれていた。なお、ユーカリやブラキカムはリン酸に抵抗力があるとされていた。

栽培に失敗しないため気を付けることとは

今回紹介した植物は、本来は現地では手間のかからない植物とされている。日本で育てるうえで、多くの失敗の原因は、「水のやり過ぎ」、「肥料(特にリン酸)の与え過ぎ」。つまりは過保護にしてしまうことだ。鉢植えの場合は、水はけのよい、養分の少ない用土を使用し、地植えの場合は、根鉢の下に数センチ軽石を敷いて、これらの植物を植えると、かなり改善されるようだ。

日本の気候にはちょっと気難しい植物たちだが、それ故に開花の喜びは大きい。

さあ、栽培にチャレンジしてみよう!

Credit


写真&文/遠藤 昭
「あざみ野ガーデンプランニング」ガーデンプロデューサー。
30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了される。帰国後は、神奈川県の自宅でオーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストの受賞歴多数。川崎市緑化センター緑化相談員を8年務める。コンテナガーデン、多肉植物、バラ栽培などの講習会も実施し、園芸文化の普及啓蒙活動をライフワークとする。趣味はバイオリン・ビオラ・ピアノ。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)。
ブログ「Alex’s Garden Party」http://blog.livedoor.jp/alexgarden/

Print Friendly, PDF & Email