お祝いのギフトなどに使われることが多く、高級なイメージのあるコチョウラン。贈ることもあれば、いただく機会も多いのではないでしょうか。そんなコチョウランの基本的な知識や季節別の管理方法、注意点などをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

コチョウランについての豆知識をご紹介!

胡蝶蘭

コチョウラン(胡蝶蘭)はラン科の植物で、コチョウラン属(Phalaenopsis)の植物です。

もともとは東南アジアの原産で、温暖な気候を好みます。冬に最低気温が10℃を下回る九州以北では、栽培のために温室が必要となるため、希少性と相まってやや高額なブランド性のある花として扱われ、ギフトにもよく使われます。「幸せが飛んでくる」という花言葉も、贈り物としても好まれる理由の一つでしょう。

原種の中には芳香性のものもありますが、流通しているのは、どんなシーンでも使えるよう品種改良された香りがないものがほとんどです。花や株のサイズ、咲きやすさなど、さまざまな面で品種改良が進んでいます。

以前はコチョウランというと贈答用の大株が多かったのですが、近年は小型サイズの「ミニ」、ミニと大株の中間のサイズ「ミディ」なども作られるようになり、自分で買って楽しんだり部屋に飾ったりする人も増えています。

花色は白、黄色、オレンジ、赤、紫、青など多様で、これらのベースの色に異なる色の模様が入る品種なども作られています。栽培技術が確立されているので、温度管理された環境があれば通年開花させて楽しむことができます。

コチョウランの育て方や、管理で欠かせない大切なことをチェックしよう!

胡蝶蘭の育て方

コチョウランの育て方や、管理をする上でポイントとなることをご紹介します。

置く場所

コチョウランの育て方

コチョウランはもともと熱帯雨林の樹木の幹などに着生する植物です。

葉が茂った樹木の木漏れ日を浴びながら育つので、常に強い日ざしが当たるのは好みません。直射日光にあまり長い時間当たると、葉の一部が焦げたようになる「葉焼け」を起こしてしまいますが、気温が上がらない午前中に1時間程度当たるだけなら大丈夫です。終日明るい木陰や軒下、サンルーム、薄いカーテン越しの日光が当たるような場所が適しています。

コチョウランは全く風が動かない室内や、風が強すぎる環境は苦手なので、適度に風通しのよい場所に置きましょう。室内であっても、人の行き来があるような場所なら風通しは十分です。

マンションのベランダでも、特に高層階になると通風がよすぎるので、他の植物で風を遮ったり、風があまり当たらない場所を選んで置くようにしましょう。

室内に置くときは、エアコンの風が当たる場所は避けましょう。コチョウランはずっと風が当たっている場所が苦手で、なおかつエアコンのような乾燥した風はさらに苦手だからです。

コチョウランは花持ちのよいのが特徴ですが、いくつか気をつけるべきポイントもあります。

花の中心には雄しべと雌しべが一体になった、ずい柱という部位があり、ここには花粉の塊がついているのですが、触ると取れてしまいます。

花粉が取れると、花は、他の花に花粉を受け渡す役割を終えたと勘違いして、しおれてしまいます。花びらや花茎を多少動かしても花粉が取れることはないのですが、花の中心部は花粉が取れやすいので気をつけましょう。特に小さなお子さんやペットがいる場合は、花に触れないような置き場を工夫するとよいでしょう。

コチョウランだけではなく、多くの花は咲き進むに従って体内からエチレンガスを出します。エチレンガスは植物や果実の成熟を促す働きもあるのですが、同時に老化も促進します。特にリンゴなどの果物から多量に発生することが知られているので、コチョウランやその他の切り花も、果物のそばに置くことは避けましょう。

水やり

胡蝶蘭の水やり

ギフトでもらったり、一般に市販されているコチョウランは、ほとんどの場合、ポリポットに水ゴケで植えられています。水やりは、水ゴケがしっかり乾いてから行いましょう。

春から秋の生育期は根がよく水を吸い、気温も高くて水ゴケが乾きやすい時期ですが、それでも水やりの間隔は7〜10日程度はあけます。

風通しがよい場所では水ゴケの表面がすぐに乾いたり、表面に乾いた根しか出ていないこともあります。しかし、そんな状態でも鉢の中にはまだ湿り気が残っている場合もあるので、可能であれば、鉢やポットの底穴に指を入れて、ちゃんと乾いているか確認してみましょう。

市販のコチョウランだと透明のポリポットに植えられている場合もあります。透明のポリポットだと、鉢の内部の様子が目で見て確認できるので、まだ湿っているようであれば水やりは控えましょう。

1回に与える水の量は、鉢(ポリポット)の容積と同じくらい。部屋や家具を濡らさないように鉢受け皿を使っている場合は、毎回受け皿にたまった水を捨てましょう。水をためたままにしていると根が傷んでしまいます。

冬の間は、さらに水やりを控えます。

コチョウランの自生地では、寒い時期は同時に乾季でもあります。コチョウランは寒くなると葉や根を出して体を大きくする成長をやめ、根で水を吸う働きも弱くなります。そうした時期に水をたっぷりと与えてしまうと、過湿で根が傷んでしまいます。

もともとコチョウランは木の幹肌などにくっついて育つ植物(着生植物)で、根が空気にさらされた状態を好みます。したがって、冬の間は必要な分の水を吸ったら、すぐに根が乾く程度の分量の水やりを心がけましょう。鉢の表面に根が露出しているようであれば、そこにぬるま湯を霧吹きでかける程度でもかまいません。

冬は水道の水も冷たくなっています。室温〜30℃程度の水温のほうが根が傷みにくいので、手で触れても熱くない程度のぬるま湯を、鉢の容積の1/2〜1/3程度与えるとよいでしょう。鉢の表面に根が露出しているようであれば、底にぬるま湯を霧吹きでかける程度でもかまいません。

春から秋の生育期であれば、昼間の明るい時間に根がよく水を吸うので、午前中に水やりをすると、過湿状態が長く続くのを避けられます。

また、コチョウランは明るい昼間に光合成を途中まで行い、夜になると二酸化炭素を吸って光合成の続きを行います。このときに葉の気孔という穴を開くのですが、空中の湿度が低いと体力を消耗してしまいます。水やりに加え、夜寝る前に、コチョウランにサッと霧吹きをすると、その体力の消耗を防ぎ、より元気に育てることができます。

ギフト用のコチョウランの場合、ポリポットがラッピングされていたり、複数の株が大きな鉢に詰め込まれていたりします。この状態のままだと株が過湿になって傷みやすいので、ラッピングを外して一株ずつ育てましょう。

温度管理

胡蝶蘭の温度管理

コチョウランが最もよく生育するのは、気温20℃前後です。

朝、昼、夜では気温は変化しますが、一日を通して18〜25℃程度に収まるのが理想です。これは人が快適に暮らすことができる温度帯でもあるので、十分な明るさと通風があれば、エアコンなどで温度管理された室内で育ててもよいでしょう。

戸外で育てる場合、春であれば最低気温が15〜18℃を超える頃から外に出すことができます。気温が40℃近くなる真夏は生育が鈍るので、風通しのよい日陰に移動させるか、冷房が効いた室内に入れます。最高気温が30℃程度になってきたら、再び外に出し、最低気温が15℃になる頃を目安に室内に取り込みます。

部屋の中は、足元と天井近くでは10〜15℃の温度差があるといわれます。コチョウランは多少の時間であれば10℃程度までは耐えられますが、常時寒い場所では枯れてしまいます。冬の室内での置き場の注意点としては、第1に床に近い低い場所は避けること。第2に、外の冷気と接する窓のそばには置かないことです。

コチョウランは温かい時期に生育し、気温が下がってくると花芽ができて開花します。

現在流通している品種は、さまざまな原種を交配して作られたものが多く、種類によってどのくらいの気温で花芽ができるかはまちまちですが、夏の暑い時期を経て、最低気温が18℃程度になると、たいていの種類は花芽ができます。

同じ品種であっても、外で栽培していて早めに室内に取り込んだ株と遅れて取り込んだ株では、咲く時期がずれることがあります。涼しい戸外に置く期間を変えることで、開花をずらすこともできます。

胡蝶蘭は咲き終わった後の手入れが大切! また花を咲かせよう

胡蝶蘭の花後の管理

続いて、花が咲き終わってからの手入れの仕方をご紹介します。

手入れ方法

胡蝶蘭の花後の管理

育て方が分からず、そのまま枯らしてしまう人も少なくありませんが、咲き終わったコチョウランも、ちゃんと手入れをすれば、再び花を咲かせてくれます。

花が咲き終わったら、まずは花茎を支えていた支柱を外しましょう。

支柱と花茎はビニールタイやクリップなどで留めてあるので、まずこれを外します。支柱は植え込み材の水ゴケに差し込んであるので、引き抜きましょう。花茎はつけ根で切り取ります。

たくさんの花が咲いた株であれば、花茎の節(所々突起がある部分)を4〜5節残して切ると、条件がよければ1〜2カ月で新しい花芽が出て、2回目の花が咲きます。

ただし、咲くかどうか、また咲く花の数は、品種や栽培環境によります。特に、葉や根が傷んだ株は、体力を消耗しているため、あまり期待できません。また、小型のコチョウランは株が小さく、2度咲く体力がないものが多いので、花茎をつけ根で切り、春から秋までしっかり育てて株を充実させ、次の冬に花を咲かせることを目指しましょう。

飾り方

胡蝶蘭の切り花

花が満開になったら、切り花として楽しむことができます。花器に収まりやすい長さで花茎を切り、活けましょう。花だけを切って水に浮かべるのも美しく、おすすめです。

株のほうは、気に入った鉢や鉢カバーにそのまま入れるだけで、観葉植物として楽しむことができます。株姿を楽しむには、コルク板などに張りつかせる「着生」もおすすめです。着生させる素材としては、コルク板、ヘゴ板、焼き杉板、素焼きの植木鉢のかけらなどが適しています。

コチョウランを着生させるには、着生させたい素材の上に、水で戻した水ゴケを薄く広げ、その上に根をほぐしたコチョウランを木綿糸などで縛りつけて固定します。1年ほど経つと、根が素材に張りつき、野生味あふれる姿を楽しむことができます。着生させるのは、植え替え同様、春から秋の生育期が適しています。

コチョウランを長もちさせるための植え替え方法は?

胡蝶蘭の植え替え

コチョウランを長く育てるためには、植え替えが必要です。ここではその方法をご紹介します。

準備する

胡蝶蘭の植え替え

植え込みの用土(植え込み材、コンポスト)は、水ゴケか小粒のバークチップを使います。

鉢はポリポットか素焼き鉢を使います。

植え込み材は、水ゴケのほうがバークチップより水もちがよく、バークチップは水はけがよいという特徴があります。鉢は、ポリポットのほうが水もちがよく、素焼き鉢は植え込み材が乾きやすいです。鉢のサイズは、左右に広がった葉の先端同士の間が25cmを超えるような大株であれば4〜5号(直径12〜15cm)、ミニやミディであれば2.5〜3.5号(直径7.5〜10.5cm)程度のものを使います。

そのほか、ハサミや、あれば園芸用ピンセットなどの道具を用意します。

他の株から病気がうつらないよう、鉢は新しいものを使い、用具や手指はあらかじめ消毒用アルコールや漂白剤などで消毒しておきます。

乾燥水ゴケを使う場合は、丸1日水につけて戻し、ザルに上げて水を切っておきます。固く握っても水が滴り落ちない程度まで水が切れているのが理想です。

植え替える

胡蝶蘭の植え替え

植え替えは4月、最低気温が18℃を上回る頃が適期で、2年に1回を目安に行います(着生させている場合は不要)。

活発に成長している時期に植え替えるほうがその後の生育がよいのですが、真夏だと新しい根が出にくく、秋だと十分に生育する前に寒くなってしまいます。遅くとも6月頃までには済ませておきましょう。

コチョウランは通年流通しているので、手に入れる時期もまちまちかもしれません。理想としては、冬から早春に花が咲いたあと、暖かくなって気温が安定してきた頃に行いたいところです。真夏や秋に手に入れた場合は、春まで待って植え替えましょう。

ギフト用の大鉢は何株も植えられているように見えますが、じつは1ポットに1株ずつ植えたものが寄せ鉢になっています。ですから植え替えは、1株ごとに行います。

植え替えの作業としては、まず鉢から株を取り出します。

ポリポットの場合は、全体を軽く揉むと固まった根が緩んで取り出しやすくなります。根を傷めないように、ポリポットをハサミなどで切って外してもかまいません。

素焼き鉢の場合は、水ゴケと鉢の間にピンセットや割りばしなどを入れて、根鉢を少しずつ緩めながら取り出します。根が張りついていることがありますが、干からびていたら気にせずハサミなどで切ります。まだしっかりとした根であれば、鉢を金槌などで割ってもよいでしょう。

株を取り出したら、古い水ゴケやバークチップを取り除き、黒くなったり干からびたりしている根をハサミで切り取っていきます。

水ゴケ植えは、ガーデニングで行う鉢への植え付けとは、やや方法が異なります。まずゴルフボール大に水ゴケを固く丸め、植え替える株の真下に入れて、その周りを根が包むようにします。植え付ける予定の鉢の直径より一回り大きくなるよう、さらにその上に水ゴケを重ねていきます。これを鉢に詰め込みます。植え付け後、株をつかんで鉢ごと持ち上げても抜けないくらい固く詰め込むのがポイントです。

バークチップ植えは、一般的な草花の植え付けと似ています。

まず、鉢底が見えなくなる程度にバークチップを入れます。その上に株を置き、ウォータースペースが5mm〜1cmくらいになるようバークチップを追加していきます。割りばしなどでつついて、バークチップがしっかり鉢に入ったら完成です。

植え替え後の水やりは水ゴケ植えであれば15〜20日後、バークチップ植えであれば7日程度経ってから始めます。

ちなみに、植え込み材と鉢は、組み合わせによって乾き方が異なります。一般的な資材を使った以下の組み合わせでは①が最もよく乾き、④がもっとも乾きにくくなります。

①素焼き鉢にバークチップ植え

②ポリポットにバークチップ植え

③素焼き鉢に水ゴケ植え

④ポリポットに水ゴケ植え

①はとても乾きやすいので頻繁な水やりが必要になりますが、水やりが好きな人なら苦にならないかもしれません。

②は乾きやすいバークチップを使いますが、ポリポットに入れているので鉢内の湿り気は素焼き鉢よりも長く保たれます。水ゴケ植えだと根腐れさせてしまいそうな人は、こちらがおすすめです。

③は水もちのよい水ゴケを使いますが、水分が表面から抜けやすい素焼き鉢なので、湿りすぎにはなりません。水ゴケの中心部には水分が長く残るので、多少水やりの間隔があいても枯れにくいといえます。

流通しているコチョウランの多くは④の組み合わせで植え付けられています。水もちのよい水ゴケを、これまた水を逃がしにくいポリポットで植えることで、鉢内に長く水分が残り、頻繁な水やりをしなくてもよいという、数千〜数万ポットを栽培する生産農家がローメンテナンスで育てるための組み合わせです。

この組み合わせのコチョウランに、ガーデニングの草花と同様の頻度で水を与えてしまうと、あっという間に根腐れしてしまいます。

どうしても胡蝶蘭を根腐れさせてしまうという人は、植え替えの際に①〜③の組み合わせを選ぶとよいでしょう。そのまま育てるのであれば、多肉植物と同じペースで水やりをするといいかもしれません。

コチョウランの管理、季節別のポイント!

胡蝶蘭の育て方

コチョウランを管理する上で注意すべきポイントを、季節別にご紹介します。

春夏の管理

胡蝶蘭の春夏の管理

徐々に気温が上がり、安定して最低気温が18℃を超えるようになったら戸外に出すことができます。

植え替えをするなら、4月中に済ませましょう。暖かくなると同時に、月に1〜2回程度、液体肥料を施し始めます。「ハイポネックス原液」であれば2,000倍が目安です。市販の洋ラン用の肥料でもよいでしょう。

梅雨に入ると水ゴケが乾きにくくなるので、しっかり乾いてから水やりを行うようにしましょう。

猛暑の、時期はなるべく涼しい環境を用意します。室内に明るい場所があるなら、取り込んで冷房をかけておくと傷みにくいです。

秋まで外で育てる場合は、日が当たらず風通しのよい場所に置くとよいでしょう。ベランダは床が熱くなることがあるので、高い場所に置いたり、吊り下げたりするほうが夏越ししやすいでしょう。

秋から春までは多少直射日光に当たっても大丈夫ですが、暑い時期はあっという間に葉焼けするので、夏の間は日差しを避けましょう。

秋冬の管理

秋冬の胡蝶蘭の管理

近年では秋分の日を過ぎても猛暑が続くことがありますが、太陽の位置はだんだんと低くなってきます。

太陽の位置が低くなるに従って、夏の間は日が当たらなかった場所にも日が差すようになります。思わぬ葉焼けの原因となるので、突然強い光が当たらないように気をつけましょう。

徐々に気温も下がってきますが、一日の気温が18〜25℃に収まる時期はコチョウランにとって最も過ごしやすい時期でもあります。できるだけ明るい場所に長く置いて、しっかり生育させましょう。

外の気温が15℃を下回る頃までには、外に出しておいた株は室内に取り込みます。だんだんと根が水を吸わなくなるので、春夏のように水を与えていると、鉢の中の加湿状態が長く続くようになってしまいます。鉢の中がしっかり乾いたことを確認してから水やりを行いましょう。

室内では暖かい場所で管理しますが、暖房の温風が当たる場所は避けましょう。人が生活しやすい湿度50%前後を目安に加湿器をかけると、乾燥で株を傷める心配がありません。

コチョウランの管理で注意すべき点は?

傷んだ胡蝶蘭の葉

コチョウランを育てていると下の葉が黄色くなってくることがありますが、必ずしも株が傷んでいるわけではありません。

コチョウランは、他の常緑の植物と同様に、古くなった葉を落とすことがあります。下の葉が黄色くなったら、まずはその葉だけ取り除いて様子を見ましょう。

コチョウランの葉は肉厚で、中に水や養分を蓄えています。いわば多肉植物の葉のような働きをしています。多肉植物でも水やりが足りないとシワが寄ってくることがありますが、コチョウランも同じで、水が足りない時にはシワが寄ってきます。この場合は水を与えれば元の状態に戻ります。

水やりをしても葉のシワが改善しない場合は、根が傷んでいて水を吸い上げることができない可能性があります。

これは、根が過湿になっていることが原因で、根腐れをしていると起こる現象です。水をやってしばらくしても葉のシワが直らないようであれば、植え替えをして腐った根を取り除きます。

根腐れを防ぐためにも、水ゴケがしっかり乾くまで間隔を置いてから水やりをするようにしましょう。

コチョウランを何年も楽しもう! 二度咲きも期待できる

胡蝶蘭の花

お祝いやギフトとして贈られることも多いコチョウランは、しっかり管理すれば、手に入れたときにあった花茎からもう一度花が咲く二度咲きも期待できます。置き場所さえ適切なら、頻繁な水やりも必要なく、案外手のかからない植物であることに気づくかもしれません。ぜひ、管理のコツをつかんで、長く楽しんでみてください。

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Photo/ 1) Alina Fomenko 2)Sornram Yamtanom 3)Stanislav71 4)marvelouscity 5)VidEst 6)Jakub Rutkiewicz 7)VidEst 8)Agnes Kantaruk 9)Maya Kruchankova 10)OLHA TOLSTA 11)nieriss 12)Marvelous World 13)VH-studio 14)kongpons 15)NAPA 16)Viktoriia Kotliarchuk 17)Old Man Stocker/Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email