植物といえば、花の美しさや緑の木陰など、私たちにとって心地よい面ばかりが注目されがちです。しかし、時に危険な秘密のほうが人を惹きつけるもの。ここでは身近に見られるガーデンプランツの中から、人を死に至らしめるほどの毒性を持つ植物を紹介します。妖しい魅力を放つ毒草の世界を堪能してください。

Print Friendly, PDF & Email

禁帯出 ガーデン毒草図鑑

エンジェルストランペット

Louis Feuillée の植物画より。

植物データ

名称:キダチチョウセンアサガオ

英名・別名:angel’s trumpet、gardener’s mydriasis、ダチュラ

学名:Brugmansia

科:ナス科

有毒部位:全草 特に種子、地下茎

有毒成分:ヒヨスチン、ヒヨスチアミンなどのトロパンアルカロイド

もし、子どもが突然階段を踏み外したとしたら、いったい何が原因でしょうか? 近年、ある6歳の少女が自宅の子ども用のプールからから外に転がり落ちるという事件がありました。幸い命に別状はなかったものの、瞳孔が過度に拡大する散瞳の症状が見られたために、病院で検査を受けることになりました。散瞳は脳内出血などの際に起こり、ピントが合わせにくく、物が見えづらい状態を招きます。この少女の場合、散瞳を引き起こし、足元が不確かな状態になった原因は、脳内出血ではなく裏庭に植えられていた鮮やかな花を咲かせる植物でした。

キダチチョウセンアサガオ、またはダチュラと呼ばれるこの花は、下向きに垂れ下がった鮮やかな花が特徴です。日本では、エンジェルストランペットという園芸品種名で流通しています。その名の通り、オレンジ色や白色、淡紅色などの美しいラッパ状の花は印象的。寒さに強く、初夏に大きく葉を茂らせて大きな花を何十も下げる姿が目を引き、最近では住宅地の庭でもよく見かけます。しかしながら、この植物には「庭師の散瞳」という異名もあり、視力低下や幻覚などを招く毒性を含んでいるのです。エンジェルストランペットは、江戸時代に日本に渡来して麻酔薬として活用される一方、マンダラゲやキチガイナスビとも呼ばれ、口にすれば錯乱状態に陥ることで知られていたチョウセンアサガオの近縁種に当たり、よく混同されました。この2種は、花姿はもちろん同様の毒性を持つことでも似ています。これらの植物を摂取した場合、嘔吐やけいれん、幻覚などの症状が出て、呼吸困難が生じ、目に入れば一時的な視力障害をもたらします。しかしながら、これは一定以上の量を摂取してしまった場合なので、まずは心配しなくて大丈夫。家で育てている場合は、子どもやペットが誤食しないように気をつけましょう。また、全草に有毒成分を含むので、傷のある手で直接触れるのは避け、ガーデニング作業の際は手袋をはめると安心です。

天使のラッパという名前と美しい姿を持ちながら、実際には人を悪夢に導く幻覚や、一歩間違えれば実際に死出の旅に送り出してしまうエンジェルストランペット。なかなかにパンチの効いた皮肉ですが、それもこのエキゾチックな花の持つ魅力の一つなのです。

花つきがよく、地植えにして大株に育てれば、一株で100を超す花をつけることも。甘い香りも特徴的。寒さに強く、鉢植えでも栽培できます。
全草が有毒ですが、特に毒性の高いのが種子の部分です。これは近縁種のチョウセンアサガオの実。

Photo/1)Warawanai Neko/2)Sealstep/3)Pisit Sangkaboad/Shutterstock.com
参考文献/『邪悪な植物』エイミー・スチュワート著(山形浩生・守岡桜訳 朝日出版社刊)

Print Friendly, PDF & Email